【巨大】コストコの「サーモンの蒲焼き」はうなぎの代わりになるのか? 食べてみた結果…

全国6000万人の “うなぎラヴァーズ” を取り巻く環境は厳しい。ご存じの通り、うなぎは2013年に「絶滅危惧IB類」に指定されており、土用の丑の日が近づくたびに「まだ食べてもイイ」「食べるべきではない」……などと、各種メディアで報じられている。

結局のところ、我々はどうするべきなのか? 答えはまだ見つかっていないが、1つだけ言えることは「代わりがあるに越したことはない」ということだ。今回は巨大スーパーマーケット「コストコ」で発見した『サーモンの蒲焼き』を購入、うなぎの代替品になるのか確かめてみたのでご覧いただきたい。

・コストコの鉄板、アトランティックサーモン

コストコの中でも特に人気なのが「食料品コーナー」である。パンやマフィン、肉、野菜、寿司……とそのどれもがジャンボサイズかつお手頃価格であり、休日は身動きできないほどの人であふれ返ることもしばしばだ。

その食料品コーナーの中でも「魚」に関して言えば、コストコが最も注力しているのは「サーモン」であろう。ノルウェー産のアトランティックサーモンは脂の乗りもよく、生でも焼いても猛烈にウマい。冷凍すれば保存もできるので、個人的にもよくお世話になる商品である。

だがしかし、つい先日コストコで発見した「サーモンの蒲焼き」には目を疑わざるを得なかった。いくらコストコのサーモンが激ウマでも、蒲焼きにしてしまうとは大胆にも程がある。というか、そもそも「鮭の蒲焼き」なんて聞いたことがない。

とはいえ世界のCOSTCO様が、やっつけ仕事でサーモンを蒲焼きにするハズがないではないか。これは勝算があるハズ……! さらに言うならば、コストコはうなぎの代替品を独自に開発しているのではあるまいか? だとするならば食べてみるしかあるまい。

・コストコにしては高い

というわけで、購入したサーモンの蒲焼き。お値段は100グラム368円だから、ハッキリ言ってバカ高い。いつも記者が購入する牛肉が100グラム210円程度であることを考えると、加工の手間があったとしても破格と言えるだろう。

それでもうなぎと比べれば格安であることは明らかだ。これでうなぎの代わりになれば何の文句もない。そう思い、1キロ近い超巨大なサーモンの蒲焼きをフライパンで温めて食べてみると……。

うむ、ウマい。

……んが。

うなぎの代わりにはならないかな~。

うなぎとは質が違うものの、脂の乗りという意味ではサーモンの脂肪分もなかなかのものだ。特にハラスの部分はジューシーで、とろけるような食感であった。また身の部分もパサついている感じはせず、そのまま食べてもご飯にのせて食べても十分にウマい。

ただ、うなぎとは違う。

・味は良いが

かなりのウマさであることは間違いないので、逆説的に言えば「蒲焼きにすればなんでもウマくなる説」が浮上するが、それは置いておこう。今回ハッキリしたのは「サーモンの蒲焼きはウマい。だが、うなぎの蒲焼きの代替品とは捉えづらい」ということである。

とか言いながら、仮にうなぎが絶滅した未来、サーモンの蒲焼きがあたり前になる可能性もゼロではないハズ。大切なのは今のうちに代わりを探しておくこと。そして、あたり前と思わずにありがたく食べ物をいただくことである。

参照元:環境省コストコ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【なぜ揚げた】てんやの「うなぎ蒲焼きの天ぷら」を食べてみた結果 / うなぎと山椒の相性の良さをかつて無いほど実感した

天丼チェーンの「てんや」が、2019年7月19日から「うなぎの蒲焼きの天ぷら(税込み230円)」を販売開始した。7月27日が土用の丑の日なので、そこにあわせて高まるうなぎ需要を狙ったのだろう。

その姿勢はいい。商機を逃すまいとするのは商業主義的にもすばらしいことだと思う。しかし聞きたい。なぜ揚げた? 素直に蒲焼きでよかったのでは? もしかしたら天ぷらにするほどの理由があったとか? もはや何もかもが謎すぎたので、食べて確認してきたぞ!

・乱心のてんや

まあ、食べる前からいつもの てんや の乱心だろうとは思っていた。ロケットニュースではこれまでも乱心の果てに意味不明な暴挙に走る てんや の謎メニューの数々についてお伝えしてきている。

一応 てんや の名誉のためにも述べておこう。謎メニューの多くは、どんな思考プロセスをもってすればそこに行き着くのかこそ意味不明ながらも、割とウマい。たとえばポテトサラダを揚げた「ポテサラ天」は激ウマだ。

その「ポテサラ天」に、さらに「コーンポタージュ天」などという意味不明すぎる天ぷらをぶち込んだ『コーンポタージュポテト天と華味鳥天丼』についても意外なウマさで記者の あひるねこ を困惑させている。

しかし「うなぎ蒲焼きの天ぷら」はさすがにいかがなものか。蒲焼きの時点で完成されているのに、そこからさらに揚げて天ぷらにする意味がわからない。実は てんや は、何もかもを天ぷらにしようとたくらむ狂気の秘密結社なのではないかと疑いたくなるレベル。

・夏の風物詩

公式Twitterによると、取り扱いの無い店舗もあるそうだ。なぜか公式HPではメニューを確認できなかったのだが、たぶん店頭に張り紙が出ている店舗なら大丈夫だと思う。

なお、張り紙には「夏の風物詩」などと書いてある。どうやら てんや の住んでいる世界ではそういうことになっているらしい。しかし、少なくとも筆者の住んでいる世界において「うなぎ蒲焼きの天ぷら」はただの意味不明な謎メニューで、風物詩ではない

「うなぎ蒲焼きの天ぷら」は丼ものや定食にはなっておらず、単品での提供のみ。今回は天どんにしてみようと思ったので、ノーマルの天どんとあわせて注文することに。

・中身はうなぎチックなうなぎ

ほどなくして出てきた「うなぎ蒲焼きの天ぷら」。見た目は普通の天ぷらだ。よくわからないけど、まあ魚かな? って感じ。サイズはだいたいボールペン2、3本分くらいだろうか。

中身がどうなっているのか気になったので半分に割ってみると、これがかなりやわらかい。箸の先端が吸い込まれるように刺さり、あっさりとちぎれた。そして中からは見覚えのある うなぎチックな黒い色と、これまた うなぎ 感のある脂分多目の白身が。

なるほど、思ったよりちゃんと うなぎ じゃないか……。もしかしたら、うなぎの蒲焼きは天ぷらの素材として、そう悪くないのかもしれない。ということで、一緒に注文したノーマルな天どんから……

海老を取り払って「うなぎ蒲焼きの天ぷら」と置き換え、「うなぎ蒲焼きの天丼」を作成。

食べてみると……

_人人人人人人人_
> うなぎ強! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

めっちゃ うなぎスメルがする。あと、けっこう脂っこい。そう、うなぎはそもそもが脂がたっぷり乗っている魚。そのジューシーな脂もまた、うなぎの蒲焼きのウマさの一側面ではある。

しかし考えてみてほしい。天ぷらもまた油が多いのだ。ジューシーな脂たっぷりの うなぎの蒲焼きを天ぷらにしたら、オイリー感が突き抜けるのは当然の展開。また、衣に包まれたおかげか うなぎ の脂フレーバーが濃縮されている。

これは好みの問題もあるだろうが、個人的にはちょっと うなぎ スメルが強い……と、ここで思い出したのが一緒に出された山椒。

瓶ごと渡されていたのだが、なるほど山椒との相性はバツグンだ。山椒はうなぎの臭みや脂っぽさを緩和してくれるみたいな、そんなことをどこかで聞いたことがある。

最初からちょっとだけかけてはいたが、これは山椒がはかどりますわ。山椒が強くなると、もともと強めだった うなぎスメルがいい方向に引き立つ。うなぎ に山椒がセットな理由について、歴史や科学的にどうなのかは正直わからない。

しかし合わさるととてもウマい。前々から「どういう経緯で山椒なんだろう」と疑問に感じつつも、まあ合うよなとは思っていた。その、合うという事実をここまで強く実感したのは今回が初めてである。

ということで、山椒とセットなら「うなぎ蒲焼きの天ぷら」はまあウマかった。天どんにして、天ぷらのたれをかけたのもなかなかいい感じだった。ウマいかマズいかでいえば、ちゃんとウマかった。

でも、蒲焼きは蒲焼きのままで良かったんじゃないかなって。どうしても天ぷらにしないといけないなら、カリッカリに脂が落ちるまで白焼きにして、塩とかで食べたほうが合う気がしたんだけど、どうでしょう。ジャッジのためにも、皆さんも食べてみてください。

参照元:Twitter @tendon_tenyaてんや
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24