【名古屋メシ】ひつまぶしの超有名店「あつた蓬莱軒」に初めて行ってみて分かったこと → ひつまぶしは一人で食うべきものである

先日、日帰りの出張で名古屋に行ってきた。ひと仕事を終えた後、まだ少し時間があったので、名古屋名物でも食べてから東京に帰ることに。こうなったら行くか……! ひつまぶし……!! となれば、場所は “あそこ” しかあるまい。

創業140年、名古屋市内に3店舗を構える ひつまぶしの老舗「あつた蓬莱軒」。言わずと知れた超が付くほどの有名店である。口コミ等を読む限る凄まじい大行列だそうだが……もう決めたぞ。私は今日、初の「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食らうッ!

・ひつまぶしの超有名店

市内に3軒ある「あつた蓬莱軒」の中で、今回私が選んだのは名古屋駅からもっとも近い「松坂屋店」である。地下鉄で10分程度と出張客も行きやすい立地だ。駅直結の松坂屋10階に店舗はあった。

いくら行列店とは言っても、平日の夕方でまだオープン前だし余裕やろと思っていたら、店の前ではすでに20人ほどが列をなしている。マジかよ、さすが有名店……! 貼ってあった案内によると並び方はあらかじめ決まっていて、行列がフロア全体に及ぶことも どうやらありそうだ。

・緊張の初来店

オープン後しばらくしてカウンター席に案内される私。店内は高級感が漂い、秩序立った非常に良い雰囲気である。特に理由はないが、これは飲まざるを得ないだろう。というわけで、瓶ビールの中瓶(税込750円)を注文し一人乾杯。本当にありがとうございます。

さて、ひつまぶしは湯葉のお吸い物と漬け物が付いて税込3990円となっている。肝吸いに変更する場合はプラス250円とのことだ。決して安くはない金額のため脳裏に一瞬サイゼのメニュー表がよぎるも、おひつのフタを開けるとそんな考えは彼方へブッ飛んでしまった。

キ……

キ、キキ……

キターーーーーーーーッ!!!!

・歓喜の瞬間

中には、うなぎがギッシリ詰まった至高のひつまぶしが……! くッ、なんちゅう眩しさだ! あまりに眩しすぎる!! このルックスだけでビールをもう1本イケそうではないか。まだ食ってないけど、名古屋最高ォォォォオオオオ!

うな丼感覚でガツガツかっ込みたくなるのをグッと堪え、ここは正しい食べ方でうなぎに感謝を示していきたい。はじめにおひつの中をしゃもじで十文字に4等分します。

・3通りの堪能法

そう、1杯目はありのままのうなぎの味を楽しむのです。食べてみるとこれがまた、外はカリッ&中はフワッという完全無欠の仕上がりでして、もうこのまま全部食ったろうかなという気になってしまいました。ひつまぶしとか関係あらへん。

それを再びグッと堪え、2杯目はねぎ・わさび・のりの薬味三銃士を心のままバシがけ。う、うめェ……。特にうなぎとわさびの相性の良さは異常である。うなぎの香ばしさ、そして上質なその旨みを、わさびがどこまでも引き立てるのだ。これなら無限に食べられそう。ていうか食べる。

という衝動をまたまたグッと堪え、3杯目は薬味三銃士の上から出汁をかけてお茶漬けに。うなぎの脂を出汁と薬味がサラリと洗い流し、上品な余韻だけを残していく。まるで素晴らしい映画を観終わった時のような気分だ。アタシ今、人生で一番幸せよ。

・どうすればいいのか

しかし、問題は4杯目である。この3つの食べ方の中から一人だけを選ばねばならないという、『バチェラー』も真っ青な無慈悲展開。私は一体誰を選んだらいいのか。そもそも一人になんて絞れるのか。果たして、自分はそこまでの男なのか。選べない……。

こうして何度も何度も自問自答を繰り返した結果、最終的に私が選択したのは4分の1をさらに3等分して12分の1にし、それぞれを3通りの食べ方でもう一度楽しむという掟破りの荒技であった。ナンバーワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリーうなぎ。

・うなぎの声を聞く

「あつた蓬莱軒」のひつまぶしを食す──。それはもはや食事ではなく、私とうなぎとのある種の対話だったと言ってもいいのではないか。ひつまぶしと向き合っている間は他のことなどを考えている余裕はなく、その後の食べ方も含め、常に100%うなぎに集中しなければならない。

周囲を見渡すと、一人客よりも誰かと一緒に来店している客の方が多いようだ。皆、それぞれに会話をしながら食事を楽しんでいる。だが私はこう言いたい。それで本当にうなぎと言葉を交わせるのかと。生命の力に満ち満ちたうなぎのすべてを受け止めきれるのかと。

・孤独のグルメ

まあ、突き詰めれば食事とはすべてそういう行為なのかもしれないが、特にひつまぶしに関しては うなぎとの対話が必要不可欠。よって私は、ひつまぶしとは一人で食べるべきものだと考える。「あつた蓬莱軒」は、彼らの声を聞くのにこれ以上ない場所だった。県外の方もぜひ足を運んでみてほしい。もちろん、一人でね。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 あつた蓬莱軒 松坂屋店
住所 愛知県名古屋市中区栄3-30-8 松坂屋名古屋店南館10F
時間 11:00~14:30、16:30~20:30(平日)、11:00~20:30(土日祝)
休日 不定休(松坂屋名古屋店に準ずる)

参考リンク:あつた蓬莱軒
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【巨大】コストコの「サーモンの蒲焼き」はうなぎの代わりになるのか? 食べてみた結果…

全国6000万人の “うなぎラヴァーズ” を取り巻く環境は厳しい。ご存じの通り、うなぎは2013年に「絶滅危惧IB類」に指定されており、土用の丑の日が近づくたびに「まだ食べてもイイ」「食べるべきではない」……などと、各種メディアで報じられている。

結局のところ、我々はどうするべきなのか? 答えはまだ見つかっていないが、1つだけ言えることは「代わりがあるに越したことはない」ということだ。今回は巨大スーパーマーケット「コストコ」で発見した『サーモンの蒲焼き』を購入、うなぎの代替品になるのか確かめてみたのでご覧いただきたい。

・コストコの鉄板、アトランティックサーモン

コストコの中でも特に人気なのが「食料品コーナー」である。パンやマフィン、肉、野菜、寿司……とそのどれもがジャンボサイズかつお手頃価格であり、休日は身動きできないほどの人であふれ返ることもしばしばだ。

その食料品コーナーの中でも「魚」に関して言えば、コストコが最も注力しているのは「サーモン」であろう。ノルウェー産のアトランティックサーモンは脂の乗りもよく、生でも焼いても猛烈にウマい。冷凍すれば保存もできるので、個人的にもよくお世話になる商品である。

だがしかし、つい先日コストコで発見した「サーモンの蒲焼き」には目を疑わざるを得なかった。いくらコストコのサーモンが激ウマでも、蒲焼きにしてしまうとは大胆にも程がある。というか、そもそも「鮭の蒲焼き」なんて聞いたことがない。

とはいえ世界のCOSTCO様が、やっつけ仕事でサーモンを蒲焼きにするハズがないではないか。これは勝算があるハズ……! さらに言うならば、コストコはうなぎの代替品を独自に開発しているのではあるまいか? だとするならば食べてみるしかあるまい。

・コストコにしては高い

というわけで、購入したサーモンの蒲焼き。お値段は100グラム368円だから、ハッキリ言ってバカ高い。いつも記者が購入する牛肉が100グラム210円程度であることを考えると、加工の手間があったとしても破格と言えるだろう。

それでもうなぎと比べれば格安であることは明らかだ。これでうなぎの代わりになれば何の文句もない。そう思い、1キロ近い超巨大なサーモンの蒲焼きをフライパンで温めて食べてみると……。

うむ、ウマい。

……んが。

うなぎの代わりにはならないかな~。

うなぎとは質が違うものの、脂の乗りという意味ではサーモンの脂肪分もなかなかのものだ。特にハラスの部分はジューシーで、とろけるような食感であった。また身の部分もパサついている感じはせず、そのまま食べてもご飯にのせて食べても十分にウマい。

ただ、うなぎとは違う。

・味は良いが

かなりのウマさであることは間違いないので、逆説的に言えば「蒲焼きにすればなんでもウマくなる説」が浮上するが、それは置いておこう。今回ハッキリしたのは「サーモンの蒲焼きはウマい。だが、うなぎの蒲焼きの代替品とは捉えづらい」ということである。

とか言いながら、仮にうなぎが絶滅した未来、サーモンの蒲焼きがあたり前になる可能性もゼロではないハズ。大切なのは今のうちに代わりを探しておくこと。そして、あたり前と思わずにありがたく食べ物をいただくことである。

参照元:環境省コストコ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【なぜ揚げた】てんやの「うなぎ蒲焼きの天ぷら」を食べてみた結果 / うなぎと山椒の相性の良さをかつて無いほど実感した

天丼チェーンの「てんや」が、2019年7月19日から「うなぎの蒲焼きの天ぷら(税込み230円)」を販売開始した。7月27日が土用の丑の日なので、そこにあわせて高まるうなぎ需要を狙ったのだろう。

その姿勢はいい。商機を逃すまいとするのは商業主義的にもすばらしいことだと思う。しかし聞きたい。なぜ揚げた? 素直に蒲焼きでよかったのでは? もしかしたら天ぷらにするほどの理由があったとか? もはや何もかもが謎すぎたので、食べて確認してきたぞ!

・乱心のてんや

まあ、食べる前からいつもの てんや の乱心だろうとは思っていた。ロケットニュースではこれまでも乱心の果てに意味不明な暴挙に走る てんや の謎メニューの数々についてお伝えしてきている。

一応 てんや の名誉のためにも述べておこう。謎メニューの多くは、どんな思考プロセスをもってすればそこに行き着くのかこそ意味不明ながらも、割とウマい。たとえばポテトサラダを揚げた「ポテサラ天」は激ウマだ。

その「ポテサラ天」に、さらに「コーンポタージュ天」などという意味不明すぎる天ぷらをぶち込んだ『コーンポタージュポテト天と華味鳥天丼』についても意外なウマさで記者の あひるねこ を困惑させている。

しかし「うなぎ蒲焼きの天ぷら」はさすがにいかがなものか。蒲焼きの時点で完成されているのに、そこからさらに揚げて天ぷらにする意味がわからない。実は てんや は、何もかもを天ぷらにしようとたくらむ狂気の秘密結社なのではないかと疑いたくなるレベル。

・夏の風物詩

公式Twitterによると、取り扱いの無い店舗もあるそうだ。なぜか公式HPではメニューを確認できなかったのだが、たぶん店頭に張り紙が出ている店舗なら大丈夫だと思う。

なお、張り紙には「夏の風物詩」などと書いてある。どうやら てんや の住んでいる世界ではそういうことになっているらしい。しかし、少なくとも筆者の住んでいる世界において「うなぎ蒲焼きの天ぷら」はただの意味不明な謎メニューで、風物詩ではない

「うなぎ蒲焼きの天ぷら」は丼ものや定食にはなっておらず、単品での提供のみ。今回は天どんにしてみようと思ったので、ノーマルの天どんとあわせて注文することに。

・中身はうなぎチックなうなぎ

ほどなくして出てきた「うなぎ蒲焼きの天ぷら」。見た目は普通の天ぷらだ。よくわからないけど、まあ魚かな? って感じ。サイズはだいたいボールペン2、3本分くらいだろうか。

中身がどうなっているのか気になったので半分に割ってみると、これがかなりやわらかい。箸の先端が吸い込まれるように刺さり、あっさりとちぎれた。そして中からは見覚えのある うなぎチックな黒い色と、これまた うなぎ 感のある脂分多目の白身が。

なるほど、思ったよりちゃんと うなぎ じゃないか……。もしかしたら、うなぎの蒲焼きは天ぷらの素材として、そう悪くないのかもしれない。ということで、一緒に注文したノーマルな天どんから……

海老を取り払って「うなぎ蒲焼きの天ぷら」と置き換え、「うなぎ蒲焼きの天丼」を作成。

食べてみると……

_人人人人人人人_
> うなぎ強! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

めっちゃ うなぎスメルがする。あと、けっこう脂っこい。そう、うなぎはそもそもが脂がたっぷり乗っている魚。そのジューシーな脂もまた、うなぎの蒲焼きのウマさの一側面ではある。

しかし考えてみてほしい。天ぷらもまた油が多いのだ。ジューシーな脂たっぷりの うなぎの蒲焼きを天ぷらにしたら、オイリー感が突き抜けるのは当然の展開。また、衣に包まれたおかげか うなぎ の脂フレーバーが濃縮されている。

これは好みの問題もあるだろうが、個人的にはちょっと うなぎ スメルが強い……と、ここで思い出したのが一緒に出された山椒。

瓶ごと渡されていたのだが、なるほど山椒との相性はバツグンだ。山椒はうなぎの臭みや脂っぽさを緩和してくれるみたいな、そんなことをどこかで聞いたことがある。

最初からちょっとだけかけてはいたが、これは山椒がはかどりますわ。山椒が強くなると、もともと強めだった うなぎスメルがいい方向に引き立つ。うなぎ に山椒がセットな理由について、歴史や科学的にどうなのかは正直わからない。

しかし合わさるととてもウマい。前々から「どういう経緯で山椒なんだろう」と疑問に感じつつも、まあ合うよなとは思っていた。その、合うという事実をここまで強く実感したのは今回が初めてである。

ということで、山椒とセットなら「うなぎ蒲焼きの天ぷら」はまあウマかった。天どんにして、天ぷらのたれをかけたのもなかなかいい感じだった。ウマいかマズいかでいえば、ちゃんとウマかった。

でも、蒲焼きは蒲焼きのままで良かったんじゃないかなって。どうしても天ぷらにしないといけないなら、カリッカリに脂が落ちるまで白焼きにして、塩とかで食べたほうが合う気がしたんだけど、どうでしょう。ジャッジのためにも、皆さんも食べてみてください。

参照元:Twitter @tendon_tenyaてんや
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

伝説のうなぎ屋が監修した「松屋のうな丼」ってどれくらいウマいの? 大のうなぎ好きがズバリ斬る

2019年も7月中旬に入ったことで夏本番……かと思いきや、全国的に季節が逆戻り。「土用の丑の日」に向けて うなぎ がいろんな店頭に並ぶようになってきたが、らしくない気候が続いている。

近年ではチェーン店でも提供され、より身近な存在になったうなぎ。中には「てやんでえ!」的な商品もあるが、牛丼界から新たな刺客が登場した。これまでなかったことが意外だが、なんと松屋が初めてのメニューとなる「うな丼」を2019年7月9日から発売開始したのだ。これは味を確かめてみねばなるまい!

・伝説のうなぎ屋が監修

うなぎはピンキリの激しい食べ物だけにどうなの? そう思う人も多いだろうが、なんでも松屋のうな丼はかつて伝説のうなぎ屋と言われた京橋(現在は東高円寺)の名店「小満津(こまつ)」が監修しているらしい。

同店を調べてみたら完全予約制だったので期待度は天井を突き抜けたが、ここで求められるのは冷静な判断であろう。目には目を、うなぎにはうなぎを。ということで、うなぎを愛してやまない男に味を確かめてもらった。そう、当編集部の編集長・GO羽鳥である!

「食べ物で一番うなぎが好き」というだけでなく、数々の名店に足を運んできた男の舌は松屋のうな丼をどう評価するのだろう。あっぱれか、はたまた喝か。ちなみにうな丼の並は830円、うな丼ダブルだと1390円という値段だ。

・マッハで出てきたうな丼

チェーン店らしい値段設定だけに、期待と不安を胸に入店。券売機でPayPayして買ったチケットを店員さんに渡すと、ものの30秒でうな丼が出てきた。おいおい……いくら何でも早すぎるだろ!

と、いきなり不安になってしまったが、まぁチェーン店で焼き立てのうなぎが出てくることは考えられないから、あらかじめ準備しておいたのだろう。うな丼にはミニお新香、山椒小袋、そして松屋ということで当然のように味噌汁がついている

さて、ここからはうな丼の実食である。一口パクリ……じっくり味わった うなぎ大好きマンの第一声は「待て……待て……」だった。いきなり不穏な空気が漂うも、「そりゃちゃんとしたうなぎ屋さんには遠く及ばないんだけど……」と前置きした上でこう続けた。

「これはですね、あっぱれです。ウン、あっぱれを出しましょう。なんというか、牛丼屋さんのうなぎってダメなイメージだけど、これは割とイケる。1番いいのはうなぎの裏面ね。ここがプニュプニュしていると安いうなぎだなぁと思うんだけど、いわゆる本当のうなぎの部分……皮にゴムみたいなところがないね。

プニュプニュしていないし、これは合格。ホントうまくやってる。ありだなぁ、だいぶありだなぁ。湯煎ないしチンにしては、香ばしさに関してもかなり頑張っている」

「おそらく、タレも元のお店に近いのかな。830円という値段を考えたらあり。でも、もうちょっと高い値段出したらうなぎ屋さんの小さいものが食べられそうではあるが……。でもでも、1番のポイントはうなぎがブニュブニュしていないこと。

もしかしたら個体差があったのかもしれないけど、きちんとイイうなぎを使っている。欲を言えばもう少し量を多くして欲しかったくらいかなぁ。それでも、いやぁ美味しかった。ごちそうさまでした」

・「うなぎコンボ牛めし」という商品も

──と、なんと「あっぱれなうな丼」とのことだった。で、私はうなぎコンボ牛めしという商品(並)が990円で同時に発売されていたので食べたのだが、個人的な感想を言うと「ちょっと欲張ったかなぁ」といったところ。

うなぎの量を増やしたいけど、1000円をオーバーしてしまう……どうにかしてボリュームを……といった感じで作られたメニューなのだろう。たぶん。

私としては、うなぎはうなぎだけで食べる方が美味しいだけに肉ナシの方がよかったような気がする。ともあれ、うな丼はサイドメニュー的な感じで出されている店に比べると、高いクオリティーに仕上がっていると感じた。なお、うな丼は一部店舗を除く全国の松屋で数量限定で発売中。7月27日の「土用の丑の日」に食べるもよし、夏バテしないよう食べるもよしだ。

参考リンク:松屋「うな丼」
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24