使い捨ておしぼりを掃除に。用途に適した使い分けを解説

お弁当やサンドイッチなどを買うともらえる使い捨ておしぼり。お出かけのときにあったら便利そうと、使わなかったぶんを持って帰ってストック。でも結局使わないまま、たまる一方…。

「じつはこの使い捨ておしぼりが、お掃除に使えるんです!」と教えてくれたのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。乾いて使えなくなってしまう前に、掃除にガンガン使って有効活用しましょう。

使い捨ておしぼりいろいろ

おしぼりの素材によって用途を使い分ける

じつは、使い捨ておしぼりには種類があって、それぞれにどんな掃除に向いているかが違います。ざっくり分けると、伸びやすいものと伸びにくいものの2つ。その見分け方と使い方を紹介します。

広範囲の掃除に向く、伸びやすいおしぼり

伸びやすい素材のおしぼり
筒型に丸められているおしぼりには、伸びる系が多い気がします。凹凸加工がなく、生地が柔らかいのも特徴です。

伸びる素材のおしぼりは、やぶれにくくて丈夫なうえに、すべりもよく、細かいゴミやホコリを繊維がからめとってくれます。床や壁、机の上など広範囲の拭き掃除がスイスイすすみます。

フローリングワイパーにつけて使う

フローリングワイパーに取りつけて掃除することもできます。

ウエスがわりに使える、伸びにくいおしぼり

伸びにくい素材のおしぼり

長方形にたたんであるおしぼりは、伸びにくく、凸凹のあるエンボス加工のものが多いと思います。この凹凸が汚れをかきだします。おしぼりで汚れを拭きとる

すべりにくい素材なので、細かい部分の掃除向き。フライパンやボウル、食器についた油分を取ったり、コンロ周りのゴミを拾ったり、排水口のゴミを集めるのに役立ちます。

乾燥したおしぼりはどうやって使う?

乾燥したおしぼりは濡らして使う

乾燥したおしぼりは、水や除菌スプレーで濡らして再生。

拭き掃除に使う

リビングの床、壁、扉などいろいろな場所で使えます。トイレの床や便座の拭き掃除にも重宝。素材によっては水に溶けないものもあるので、トイレ掃除後に便器に流さないように気をつけましょう。

家にため込んでいる使い捨ておしぼりがあったら、ぜひ掃除に活用してみてください。

Source: 日刊住まい