「すきやばし次郎」の焼のりでおにぎりを作ったらどれだけ美味いのか? 試したら、開封時が1番盛り上がった

普通だった。ごく普通のおにぎりだった。決してマズくはないが、特別に美味しい印象はなかった。もっと言うならば、コンビニのおにぎりの方が上かもしれない。少なくとも私はそう思った。

とはいえ、海苔が悪かったわけではない。むしろ海苔は文句なしに美味かった。その証拠に、試食した誰もが海苔を絶賛した。悪いのは、おにぎりとの相性……というか、おにぎりの塩加減が海苔と合っていなかっただけな気がする。

──いきなり結論を書いてしまったが、そういうことだ。「すきやばし次郎」の焼のりでおにぎりを作ったらどれだけ美味いのか確かめようとしたところ、「マズくないが超美味くもない普通のおにぎり。ただし、海苔だけ食ったらマジウマ」との結果になった。

早い話が、『すきやばし次郎』の焼のりでおにぎりを作るのは、あまりオススメしない。良い海苔なのだから、もし手に入れたら手巻き寿司などの王道的な使い方をするのがいいだろう。私なら絶対にそうする。

じゃあ最初からそうしておけばいいのに……!

──と思うかもしれないが、通販で「すきやばし次郎」の焼のりが買える(半切れ10枚入りで約2000円)と分かり、本日6月18日がおにぎりの日と知ったら、確かめたくなるのが人間というものではないか。

ちなみに、今回の「すきやばし次郎おにぎり」は、海苔の実力をたしかめるため、コンビニで買ったパックのレンチンご飯を使用。それを当編集部の佐藤に握ってもらい、5人で試食した。完全に海苔頼みの布陣である。

すると、私も含めた3人が「美味しいけど、普通のおにぎりとの違いは微妙かも」的な感想で、2人が「やっぱり違う」「海苔らしい風味がある」「上品な香ばしさがある」と回答。意見が割れたことを考えれば、おにぎりでも『すきやばし次郎』らしさは出ているのかもしれないが、少なくとも私には分からなかった。

・一番盛り上がったタイミング

私が唯一わかったのは、「今回の検証で一番盛り上がったのは、海苔が届いたタイミングだった」ということ。これは間違いない。実際、海苔が届いた時のテンションはこんな感じだった。

うぉおおおおおおおおお!

ダンボールにすきやばし次郎って書いてるぅぅぅうう!

しかも……

すきやばし次郎からの手紙もあるぅぅううう!

うぉおおおおおおおおお!

っていうか……

海苔の周りにめっちゃ緩衝材入ってるぅぅうう!

どんだけ厳重に運ぶねん!!

すげぇぇぇえええええ!

──という感じで、開封時は楽しかったのだが、実際におにぎりを食べる段階になると みんな「う〜ん」の連続。すきやばし次郎の海苔を使ったおにぎりにあるはずの “特別な何か” が分からなさすぎて、サイゼリヤの間違い探しをやっているときのような空気になってしまった。

唯一、編集部内で迷わずに「これは違うな」と言ったのは、おにぎりを握った佐藤だけであった

参考リンク:すきやばし次郎「オリジナル商品」、今日は何の日
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

最高の「焼きおにぎり」を求めて……セブンイレブンと売上NO1の冷凍食品を食べ比べたら思わぬ結末に / 6月18日はおにぎりの日

本日6月18日は「おにぎりの日」。なんでも、由来は石川県中能登町で「日本最古のおにぎり」の塊「チマキ状炭化米塊」が出土したからだそうな。また、中能登町は旧・鹿西町(ろくせいまち)。そこから「6」と毎月米食の日である「18」をとって、6月18日になったらしい。

へぇ〜と初めて知った人もいるだろうが、いずれにしても今日は年に一度の特別な日。そこで「おにぎりの日」を祝うべく、冷凍の焼きおにぎりに注目してみることにした。現在、売上NO1はニッスイの「大きな大きな焼きおにぎり」だが、忘れちゃいけないのが成長著しいコンビニの冷食……ずばりセブンイレブンの商品である!

・各商品のスペック

ニッスイとセブンイレブンの焼きおにぎりを食べ比べるにあたり、まずはそれぞれのスペックを見ていこう。先攻はニッスイの「大きな大きな焼きおにぎり」から。お値段277円(スーパーで購入)で6個入り、つまり1個あたり約46円になる。

袋から取り出すと、切り離せるトレイにおにぎりが入っていた。商品名に大きめとあるが、1個80gと片手サイズでコンビニで売っているおにぎりのサイズよりも少しばかり小さいといったところだ。

一方、セブンイレブンは2個入りで170円。1個あたり85円で、大きさは105gと通常のコンビニおにぎりと同じくらいのサイズだった。

こちらもトレイを切り離すことができて1個ずつ食べられる。ちなみに共に国産の米を使用。あまりに細かすぎる計算になるが、1gあたりだとニッスイがおよそ0.5円。セブンイレブンは0.8円とニッスイがほんの少しだけ安い。

・いざ実食

ここまで明確な差はないが、情報が出揃ったところで実食といこう。どちらもレンチンのみで出来上がる簡単仕様で、何ら難しいことはない。レンジに放り込んで数分温めると……

醤油の香ばしい匂いが漂ってきて完成! パッと見は大きさくらいしか違わない。同じ焼きおにぎりだから当たり前とは当たり前なのだが、ここから思わぬ結末を迎えたのだった。な、なんと……!!

・セブンがしょう油多め?

まさかまさかそのまさか。味がビックリするほど同じなのである。しょう油をはじめ、かつおエキスやこんぶエキスと似た原材料を使っているので似るのは仕方ないが、目隠しして食べたら正直どちらか分からなくなりそうなくらいソックリ。先ほど同様に同じ焼きおにぎりではあるが、こんなことってあるの!?

もしかしたら記者のバカ舌が見分けることができないのかもしれないが、明らかに違ったのは焼きおにぎりについた しょう油くらい。セブンイレブンのものは皿の上に置くと……

ペロッとしょう油が残ってしまった。ただ、ホントに違いはコレだけ。個人個人で味覚に差はあるが、まさかここまで違いが見出せないとは思わなかった。もう商品を選ぶ基準はサイズくらい。味はどちらもレンチンと思えないほど美味しいので、自分に合った量で選ぶといいだろう。

・おむすびの日もある

最後に豆知識を1つ。6月18日が「おにぎりの日」と制定されている一方で、1月17日は「おむすびの日」となっている。これは1995年に発生した阪神大震災がキッカケ。炊き出しで被災者が励まされたことから善意を忘れないようにと定められている。あわせて覚えておこう。

参照元:石川県中能登町、セブンイレブン「香ばしい焼おにぎり」、ニッスイ「大きな大きな焼きおにぎり」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24