おにぎりで「チキンラーメン」と「どん兵衛」を再現! ローソン新商品の『カップ麺風おにぎり』2種類を食べ比べてみた!

お湯を注いで数分待つだけで食べられるカップ麺。もはやカップ麺の存在は当たり前のようになっているが、改めて便利な商品だと思う。今ではいろいろな種類があって、味も自由に選べるので好きな人は多いのではないだろうか。

そんなカップ麺を使った新しい商品が、2019年9月17日からローソンで発売された。その名も「チキンラーメン風おにぎり」と「どん兵衛風おにぎり」という商品である。有名な2種類のカップ麺がおにぎりとは、気になる人も多いと思うが果たしてその味は……。

・「チキンラーメン風おにぎり」&「どん兵衛風おにぎり」

両商品ともに、パッケージはカップ麺に近いデザインをしている。「チキンラーメン風おにぎり」はひよこのキャラクターが大きく描かれており、「どん兵衛風おにぎり」は緑色のパッケージに大きくどん兵衛と書かれている。

ちなみに値段は両商品とも税込み120円。コンビニおにぎりの相場で、場所によっては「チキンラーメン」や「どん兵衛」のカップ麺とも同じくらいの値段をしている。

・カップ麺の再現率

まずは袋から出して、おにぎりを見比べてみる。両商品ともに、海苔はついていないタイプのおにぎり。お米は既に味がついていそうなきつね色をしており、特に「チキンラーメン風おにぎり」の方が全体的に色が濃い。

そして本当にカップ麺のあの味なのかという疑問だが、特に気になるところだと思うのでそこから言及させてもらう。もし再現度を点数で5点満点でつけるならば、「チキンラーメン風おにぎり」は満点の5点。「どん兵衛風おにぎり」は美味しいが 3.5点くらいだと私は感じた。ただしタイプが全く違う2種類だったので、詳しい味はについてはこれから説明をしていく!

・「チキンラーメン風おにぎり」

「チキンラーメン風おにぎり」は、食べてすぐに「チキンラーメン」だと感じる。ローストしょう油の風味がとても香ばしく、「チキンラーメン」の主張がかなり強い!  そもそも「チキンラーメン」の麺がおにぎりに入っており、そのままの味がベースになっている。

それに加え、「かやく」に似たネギやたまごも入っており、具の雰囲気も全て「チキンラーメン」。どこを食べても「チキンラーメン」を元に作られたおにぎりだということが分かる。

・「どん兵衛風おにぎり」

一方「どん兵衛風おにぎり」は、「どん兵衛」感があまりない。というのも「どん兵衛」の味はかつお出汁を使っているため、かつお出汁の炊き込みおにぎりという感じが強い。「どん兵衛」はジャンク感があまりないので、味ではカップ麺だと分かりづらかった。

また「どん兵衛風おにぎり」にも、カップ麺と同じようにきざみ揚げやかまぼこなど、「かやく」に似たものが入っていた。しかしこれが、より炊き込みごはん感を強めているように感じた。

・タイプが違う2つのおにぎり

両方ともおにぎりではあるものの、「チキンラーメン風おにぎり」はカップ麺寄りのおにぎりで、「どん兵衛風おにぎり」はおにぎりに寄ったカップ麺の商品だと思った。どちらにも個性があるので、気になる人は食べ比べすると面白いかもしれない。

個人的には、「チキンラーメン風おにぎり」の方がカップ麺独特のジャンクさもあって好きだった。だが、カップ麺とおにぎりの融合度でいうなら、私は「どん兵衛風おにぎり」をオススメする。またこれら商品は数量に限りがあるそうなので、気になる人は見つけ次第お早めにだぞ~!

参考リンク:ローソン
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

最高の「焼きおにぎり」を求めて……セブンイレブンと売上NO1の冷凍食品を食べ比べたら思わぬ結末に / 6月18日はおにぎりの日

本日6月18日は「おにぎりの日」。なんでも、由来は石川県中能登町で「日本最古のおにぎり」の塊「チマキ状炭化米塊」が出土したからだそうな。また、中能登町は旧・鹿西町(ろくせいまち)。そこから「6」と毎月米食の日である「18」をとって、6月18日になったらしい。

へぇ〜と初めて知った人もいるだろうが、いずれにしても今日は年に一度の特別な日。そこで「おにぎりの日」を祝うべく、冷凍の焼きおにぎりに注目してみることにした。現在、売上NO1はニッスイの「大きな大きな焼きおにぎり」だが、忘れちゃいけないのが成長著しいコンビニの冷食……ずばりセブンイレブンの商品である!

・各商品のスペック

ニッスイとセブンイレブンの焼きおにぎりを食べ比べるにあたり、まずはそれぞれのスペックを見ていこう。先攻はニッスイの「大きな大きな焼きおにぎり」から。お値段277円(スーパーで購入)で6個入り、つまり1個あたり約46円になる。

袋から取り出すと、切り離せるトレイにおにぎりが入っていた。商品名に大きめとあるが、1個80gと片手サイズでコンビニで売っているおにぎりのサイズよりも少しばかり小さいといったところだ。

一方、セブンイレブンは2個入りで170円。1個あたり85円で、大きさは105gと通常のコンビニおにぎりと同じくらいのサイズだった。

こちらもトレイを切り離すことができて1個ずつ食べられる。ちなみに共に国産の米を使用。あまりに細かすぎる計算になるが、1gあたりだとニッスイがおよそ0.5円。セブンイレブンは0.8円とニッスイがほんの少しだけ安い。

・いざ実食

ここまで明確な差はないが、情報が出揃ったところで実食といこう。どちらもレンチンのみで出来上がる簡単仕様で、何ら難しいことはない。レンジに放り込んで数分温めると……

醤油の香ばしい匂いが漂ってきて完成! パッと見は大きさくらいしか違わない。同じ焼きおにぎりだから当たり前とは当たり前なのだが、ここから思わぬ結末を迎えたのだった。な、なんと……!!

・セブンがしょう油多め?

まさかまさかそのまさか。味がビックリするほど同じなのである。しょう油をはじめ、かつおエキスやこんぶエキスと似た原材料を使っているので似るのは仕方ないが、目隠しして食べたら正直どちらか分からなくなりそうなくらいソックリ。先ほど同様に同じ焼きおにぎりではあるが、こんなことってあるの!?

もしかしたら記者のバカ舌が見分けることができないのかもしれないが、明らかに違ったのは焼きおにぎりについた しょう油くらい。セブンイレブンのものは皿の上に置くと……

ペロッとしょう油が残ってしまった。ただ、ホントに違いはコレだけ。個人個人で味覚に差はあるが、まさかここまで違いが見出せないとは思わなかった。もう商品を選ぶ基準はサイズくらい。味はどちらもレンチンと思えないほど美味しいので、自分に合った量で選ぶといいだろう。

・おむすびの日もある

最後に豆知識を1つ。6月18日が「おにぎりの日」と制定されている一方で、1月17日は「おむすびの日」となっている。これは1995年に発生した阪神大震災がキッカケ。炊き出しで被災者が励まされたことから善意を忘れないようにと定められている。あわせて覚えておこう。

参照元:石川県中能登町、セブンイレブン「香ばしい焼おにぎり」、ニッスイ「大きな大きな焼きおにぎり」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24