【2020年福袋特集】パパママ必見!『ボーネルンド』の福袋(3300円)は厳選された良質なおもちゃが入っていて断然オススメ!!

世界中から厳選したおもちゃを販売している『ボーネルンド』。筆者は実店舗で2~4歳向け福袋を購入することができた。店員さんの話によれば、福袋の価格の倍くらいの金額のおもちゃが入っているとのことだ。

実際に商品を見てみたら……これは絶対お買い得! 性別問わず遊べる、こだわりのおもちゃが入っていたゾ。それではさっそくパパママ必見の中身を公開しよう。

『ボーネルンド』の福袋 2~4歳向け(3300円)

・ジョーロ 青:440円
・かんてんネンドStudio 4色セット:1320円
・ワニの親子のぐらぐらゲーム:3960円
・クッキー型 4種セット:不明
※価格はボーネルンド オンラインショップを参照

総額5720円以上相当のおもちゃが入っていて、「クッキー型 4種セット」以外は公式オンラインショップで現行販売されている商品だった。しかも、それぞれ見れば見るほどこだわりが感じられて印象的だ。

・中身を見てその内容に大満足

まず「ジョーロ 青」だが、デザインがカワイイだけではない。力の弱い子どもでも扱いやすいよう取っ手が上に付いているのに加えて、安全面を考慮した丸い注ぎ口が特徴。ちなみにデンマーク製である。

続いて「かんてんネンドStudio 4色セット」は文字通り、アレルギーの心配が少なく乾きにくい “寒天素材” が使用されている粘土。子供が飲み込むのを避けるため、防腐剤のかわりとして苦味のある「にがり」を使用しているという。こちらは日本製だ。

そして「ワニの親子のぐらぐらゲーム」は指先の動きや乗せ方を試すバランスゲームで、大人と子供が一緒に遊べるのがポイント。幼児教育発祥の地であるドイツのベルダック社が開発したおもちゃで、中国製となっている。

正直、開封前はあまり期待していなかったが、中身を見てその内容に大満足。ボーネルンドの福袋は、小さいお子さんのいるご家庭に断然オススメ。我が家でもぜひまた来年購入したい。

参考リンク:ボーネルンド オンラインショップ
Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
★こちらもどうぞ! → 「2020年福袋特集」


Source: ロケットニュース24

三十路の男でも「シルバニアファミリー」は楽しめるのか / 癒されたくてシルバニアデビューしてみたら “世界” を見た話

癒されたい。生き馬の目をボコボコえぐり抜く現代社会、過酷な嵐の中でほっと安らげる時間が欲しいと、1度は心に浮かべたことのある方も多いだろう。かく言う筆者も折に触れて「癒されたい」と願う日々を過ごしている。

そんな筆者の脳裏に、先日とあるおもちゃの記憶がふとよみがえった。何かと言えば「シルバニアファミリー」だ。子供の頃TVアニメに挟まれるCMでよく見かけた、癒しの化身のごときおもちゃ。今まで実物に触れたことはないが、手に取ってみれば十割十分癒されるに違いない。

確信めいた予感を抱く一方で、こうも思った。果たして三十路のおっさんである自分が、女児向けのそれを楽しめるものなのかと

・「シルバニア」を知る

玩具メーカーのエポック社から発売されている、ドール系おもちゃ界の重鎮「シルバニアファミリー」。筆者の子供時代から人気も知名度も抜群だった。可愛いとは思えど手は出せなかったあの頃から約20年、今さらシルバニアデビューは可能なのか

不安やためらいが心を鈍らせる。しかし「癒されたい」という欲求と、そもそも実際に眺めるシルバニアファミリーはどんなものなのかという好奇心がそれらを凌駕した。

ただ、シルバニアデビューにあたってまだ足りないものがあった。それは下調べである。一口に「シルバニア」と言っても種類はさまざま。そこで調査の末に購入したのは、「はじめてのシルバニアファミリー」と呼ばれる商品だ。

こちらのセットには、ウサギの女の子一匹と家屋に加えて、家具やキッチンなども同梱されている。スターターパックとして手を出しやすく、価格もAmazonで2571円(2019年12月11日現在)とお手頃。筆者のような人間にはうってつけである。

商品の外箱を見ると、「シルバニア」の世界観に関する説明が記載されていた。深い森を抜けた先にある、世界のどこよりも美しい村。そんなシルバニア村に住む、世界で一番心優しい仲間たち、シルバニアファミリー。癒される気しかしない。

さらに説明を読み進めると、どうやらウサギの女の子はショコラウサギという種族らしいことがわかった。100点満点のネーミングではなかろうか。

ちなみにこの商品、対象年齢は3歳以上だ。三十路なので余裕で満たしている。考えようによっては、単純計算で10倍楽しめるとも解釈できるだろう。

・「シルバニア」を楽しむ

浮かれた試算もそこそこに箱を開けたところ、すでに組み立て済みの家屋、パッケージされた状態の家具、そしてショコラウサギが登場した。

もうこの時点で大概可愛い。思わず顔がにやけてしまう。三十路の男とショコラウサギ、初めての接近遭遇である。

とはいえ、まだ目の前のおもちゃは完成形ではない。外箱に載っている画像と照らし合わせながら、取り出したパーツたちを家の中や周囲に配置していく。

前述の通り何かを組み立てる必要などないので、数分とかからずに出来上がった。

うら寂しい男1人の部屋に……

温かな「シルバニア」の風が吹いた。

可愛い……!

可愛すぎる。何だこれ。すごい。猛烈な勢いでドーパミンが分泌されているように感じるし、完全に気のせいなのだが甘い匂いもしている。おそらく運気も上がっている。全てを良い方向に向かわせるような、そんな圧倒的な可愛さがある。

ただショコラウサギ一匹に自室を間借りされただけなのに、この衝撃だ。「場が華やぐ」とはこういうことかと齢30にして思い知る。

子供の頃にTVで見ていた「シルバニア」と約20年越しに出会ったことで、不思議な感慨も湧いている。すでにだいぶ満足してしまったのだが、もちろん「シルバニア」は眺めて終わりというだけのおもちゃではない。むしろここからが本番だ。

「シルバニア」の醍醐味。それはショコラウサギや家具を使った人形遊びにほかならないだろう。というわけで、今だけは自分の年齢を忘れて全力で遊んでみることにした。

起きた~。気持ちのいい朝~。

朝食のオムライスを作って……

もぐもぐ。おいしい~。

今日は休みだしゴロゴロする~。

たまに少したそがれてみたり……

蛍光灯替えたりもする~。

夜になったし寝ようと思ったら、なんかポタポタ音がする~。

やっぱり水道の蛇口締まりきってなかった~。

楽しい……!

可愛いし楽しい。何だこれは。思わず夢中になってしまった。スターターパックであってもパーツの数が充実しているし、それぞれのパーツが独立しているので、思っていたよりも遊び方に幅がある。

極端なことを言えば、「ベッドの上に鎮座するオムライスを見つめるショコラウサギ」といった、わけのわからない遊び方までできてしまう。

当然パーツやショコラウサギを買い足せば、いっそう遊びの可能性は広がるだろう。「シルバニアファミリー」ってすごい。

だがそれにしても、内容が充実しているというだけでここまで没入できるものだろうか。これほど「シルバニア」の世界に引き込まれるのは、何か他に重大な理由があるからに違いない。

・「シルバニア」を読み解く

そう考えた筆者は観察の目で癒し空間を眺めていたのだが、ほどなく「理由」は見つかった。ずばり、リアリティである。ファンタジーでありながら、しかし「ここがシルバニアだ」という現実味を抱かせるリアリティが確かに漂っているのだ。

そして、そのリアリティを支える要素は2つある。まず1つは作り込みだ。例えば今回購入した「シルバニア」の家屋や家具には、そこかしこに花の模様が丁寧にあしらわれている。

ダイニングテーブルや椅子にも……

玄関のドアにも……

窓の扉にも……

とにかくいたるところに、ちょっと見とれてしまうレベルの精緻さで刻まれている。のっぺりしているパーツは1つもない。こうした細部まで手抜きのないクオリティが、ユーザーを引き込むのに一役も二役も買っているように思う。

「手抜きのない」と言えば、キッチンパーツの下部の扉を開けたらちゃんと排水管が配備されていた時は普通に驚いてしまったし……

ショコラウサギのスカートの裏地にまで細かな装飾が施されていたのにも、変な意味ではなく目を見開いてしまった。本当にどこに視線を向けてもこだわりにあふれているのだ。

作り込みに加え、もう1つ特筆しておきたいのは質感である。それが最もわかりやすく表れているのは、家屋の床面だろう。

真新しくピカピカというわけではなく、やや年季の入った見た目だ。時間の経った木材特有の、白くかすれたような色味が認められる。

床面だけでなく、柵のパーツも……

キッチンの水道も……

ほどよい古めかしさ、絶妙な経年感をまとっている。そこにはショコラウサギがこの家で過ごしてきたであろう時間が降り積もっているのではないかと、そう思えてならない。

・「シルバニア」をまとめる

作り込みと質感。この2つの要素が支えるリアリティによって、「シルバニア」は単なるおもちゃではなくなっている。シルバニア村のショコラウサギが確実に目の前にいる、のどかな暮らしを営んでいると、そんな風に感じさせてくれる “世界” そのものだ。

だからこそ、幼い子どもたちのみならず、こうして三十路の男までも夢中にさせることができてしまうわけである。今なら自信を持って言える。シルバニアデビューに遅すぎるなんてことはない。年齢も性別も関係ない。

皆さんの中にも未体験の方がいたら、ぜひこの手の込んだエンターテイメントを味わい、そして存分に癒されてほしい。美しい「シルバニア」の世界は、心優しい「シルバニア」の住民は、決して我々を拒んだりはしないはずだ。 

参照元:エポック社「シルバニアファミリー」公式HPAmazon「はじめてのシルバニアファミリー」
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

リビングにおもちゃが散らかる…を解決。秘策は避難場所の用意

12月といえばクリスマス。プレゼントを心待ちにしているお子さんを横に、それまでにおもちゃ収納を整理したいと考えている方も多いのでは? 小さなお子さんがいる家では、リビングにおもちゃを収納していることも多く、「休日ゆっくりしたいのに、おもちゃが散らかっていて気になる」という声も…。

そんなリビングまわりのおもちゃ収納をスッキリさせるポイントを、整理収納アドバイザーのtakaさんに紹介してもらいました。

ポイント1.見た目をスッキリさせる

カラフルな色使いのおもちゃは置いているだけで雑多な印象。スッキリ収納するには、色味を抑えることがポイントです。

おもちゃは箱のまま収納せず、透けない収納ボックスに移し替えて。リビングの家具と収納用品の色合いを統一させると、より色味が抑えられてスッキリ見えます。

ポイント2.おもちゃの避難場所をつくる

遊びかけのおもちゃや、がんばって完成させた作品など、状況によっては”すぐには片づけたくないおもちゃ”が出てきます。

「そんなおもちゃが散乱し、いつになっても片づかない」とお困りの方は、おもちゃ収納とは別におもちゃの避難スペースをつくっておき、毎週末にリセットするなどお子さんとルールを決めておきましょう。

リビングから死角になるスペースにおもちゃの避難場所をつくれば、おもちゃが出しっぱなしでも気にせず生活できます。

ポイント3.子どものレベルに合わせた仕組みをつくる

見た目のスッキリをキープするためには、子どもがラクに片づけできる環境や仕組みをつくることが必要不可欠です。

お子さんがよく遊ぶスペースの近くにおもちゃ収納をつくり、1つの収納ボックスに対して1ジャンルのおもちゃを収納すること(1ボックス1ジャンル収納)を意識すると、片づけがよりラクになります。

片づける場所がすぐわかるように、ものの住所を明記すること(ラベリング)も大切です。

収納用品はフタのないものを選ぶようにすると、出しやすく片づけしやすいのでおすすめです。

また、収納をつくる際は、お子さんの“片づけレベル”に合わせて収納を分けることを考えましょう。アイテムごとにしまう場所を細かく分ければ分けるほど、遊ぶときは探す手間がなく取り出しやすいのですが、片づけるときに元に戻すことが難しくなります。小さなお子さんほどざっくり分けることを意識しましょう。

年末年始は、家族がそろって過ごす時間が増えることと思います。家で過ごす時間が長いほど、ものもおもちゃも散らかりますが、暮らしている以上散らかるのは当たり前。子どもでもラクに片づけできる環境やおもちゃの避難場所をつくっておくと「散らかってもすぐ片づけられる」と気持ちもゆったり過ごせるようになります。

クリスマス前の今こそ、お子さんの片づけレベルに合わせたおもちゃ収納をつくってみてください。

Source: 日刊住まい

2800円の「人が乗るドローン」を感情移入MAXで楽しんでたらキケンなところを執拗に攻めてきて撃沈

人(人形)が乗っているオモチャが好きだ。たとえばミニ四駆でも、ドライバーが乗っている初期型の車種……ホーネットとかブーメランとかファルコンとか……を好んで買っていた。なぜなら感情移入できるから٩( ‘ω’ )و

そんな私がアマゾンでトイドローンを検索していたところ、なんと人が乗っているドローンを発見! たしかに空飛ぶスケボーみたいな「エアーボード」に乗っている!! しかも「パラグライダー」としても遊べるらしい。なにそれスゴイ、楽しそう! さっそく買って遊んでみた〜!!

アマゾンでの商品名は無駄に長ったらしいので省略するが、パッケージを見る限り、どうやら正式名称はEACHINE社製の「E019 AIR FORCE」であるもよう。価格は2800円で、レビューも思いのほか高評価だった。

開封すると……

いろいろ入っているが……

肝心の「人」がいない!

──と思ったら!!

内箱の裏に付いていた〜\(^O^)/

どきどき……

\ベリッ/

おぉ〜、キミかぁ〜!

彼こそが本ドローンのパイロット。名前こそないが、顔立ちから「シュナイダー」と名付けてみた。よろしくたのむぞ、シュナイダー!

んで、充電して、操縦機に電池入れて、シュナイダーを本体に装着すれば……

フライト準備OK!

いざ……

\テイクオフ!/

おおお!

おおおおおっ……!

いい感じ!

だが、けっこう操縦が難しく……

どこいくんだシュナイダー……

なにしてんだシュナイダーーーッ!!

──と、奇怪な行動をとるようになった彼だが、うまく操縦できなくても感情移入できて実に楽しい。人が乗っているだけでドローンと “対話” ができるのだ。コレコレ〜! コレが楽しいのよ٩( ‘ω’ )و

そんな対話を重ねていくと……

徐々に操縦も上手くなって……

一回転(3Dフリップ)もキメられるように٩( ᐛ )و

パラグライダーモードも……

ふうわ、ふわ!

気持ちよさそうだなぁ〜!!

楽しいか〜っ、シュナイダー\(^O^)/

とかやってたら……

墜落!

シュナイダーっ……!!

大丈夫か、シュナイダーっ!!

──と、感情移入MAX状態で遊んでいたのだが、あちこちぶつけたり墜落しまくったりしてプロペラ等が歪んだのか、いきなり操縦が難しくなり、思うように飛ばなくなっていって、最終的には……

\テイクオ……/

うおおおおおおおおおっ!

ナニしてんだシュナイダー!!

──と、股間めがけて飛ぶようになったのだ。それも一度だけでなく……

ぬうおおおおおおおおおっ!

何回も、執拗に……

撃チン!

<完>

参考リンク:Amazon「E019 AIR FORCE」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

「トイレットペーパーを発射する “おもちゃ銃” 」で遊んでみたら意外なほど爽快だったけど、あまりにも明確な欠点があった

エアガンや水鉄砲など、子どもに限らず大人も楽しめるおもちゃ銃。使われる弾丸はBB弾やゴム弾、はたまた水だったりと様々だが、このたびなんとトイレットペーパーを弾丸にするおもちゃ銃を発見した。その名も「トイレットペーパーブラスター」である。

説明によると、水とトイレットペーパーを融合させて弾丸を精製するらしい。仰天のシステムではあるが、しかし「ビチョビチョのトイレットペーパー」ってこの世で最も爽快感から縁遠いものの1つではないだろうか。その銃は本当に楽しいのだろうか。逆に興味が湧いてきたので遊んでみることにした。

・高まる不信感

おもちゃ銃の醍醐味と言えば、やはり弾を発射した時や的を撃った時の爽快感だと思う。だがビチョビチョのトイレットペーパーからそれが得られるのだろうか。

そもそも「水とトイレットペーパーを融合」というのが新しすぎて、どんな具合なのか定かではない。実物を手にすれば全てわかるはずだ。ということで、さっそく詳しく見ていきたい。

「トイレットペーパーブラスター」はバンダイナムコグループのシー・シー・ピーという会社から発売されている。価格はAmazonで1900円(2019年8月16日現在)。パッケージには商品に関する紹介が書いてあった。

水と組み合わせる事によってトイレットペーパーを発射するただ一つの銃」と、いささかダイソンめいた文言が目に映る。「おや?」と思ったが、たまたまかもしれないので心の中にしまっておく。

続けて視界に入ったのは、「トイレットペーパーブラスターを体験した男性」の写真だ。しかも彼の感想まで載っている。

「もしあなたがトイレットペーパーブラスターを持っていて そこにトイレットペーパーと水があれば、あなたは最高の体験をすることができるでしょう」

正直に告白すれば「相当にうさんくさい」と思ってしまったが、なんとか抑え込む。

視線を移すと、弾丸に関する説明も記載してあった。ウォーターポンプで水を供給してペーパーを溶かし、空気を圧縮するとともに、それらを融合させるとのこと。

そうして精製された弾丸は、トイレットペーパー1ロールにつき最大約650発も撃てるらしい。撃てすぎではなかろうか。

さらに驚くべきことに、最大飛距離は約9メートルだという。待ってほしい。本当か? 本当にビチョビチョのトイレットペーパーがそんなに飛ぶのか? ぐったりとした放物線を描くのが関の山ではないのか? ここに来て今まで抑え込んでいた不信感が噴出してしまった。

だってビチョビチョのトイレットペーパーだぞ……とますますヒートアップしかけたが、ギリギリで思いとどまる。とにかく検証するしかない。それにもしかしたら、こちらが勝手に思い込んでいるだけで、そこまでビチョビチョではないのかもしれない。

・芽生える爽快感

そんな可能性に望みをかけ、パッケージの封を開けることにする。

中から銃を構成するパーツを取り出し……

説明書に従って組み立てていき……

トイレットペーパーを取り付け、銃上部のレバーを引いて内部に巻き込ませる。発射の前には毎回この装填が必要となる。

最後に水道水を入れたウォータータンクも取り付けて、銃の方は準備完了。

あとはどのようにして遊ぶかだが、公式HPから専用のターゲットを2種類ダウンロードすることができる。1つはダーツの的のようなタイプ、もう1つは点数表示とトイレの絵が散りばめられた、例えが見つからないタイプのものだ。

半ばヤケ気味に後者のターゲットを印刷し、部屋の壁面に張りつける。

いよいよ銃発射の段階となった。不安と緊張に苛まれながら精神を集中させていく。「トイレットペーパーブラスター」……あの紹介文が本当に正しいのなら、私に最高の体験をさせてくれ……ダイソンのような希少性を感じさせてくれ……。

そして願わくは、そんなにビチョビチョじゃありませんように……!

わななく指をトリガーに置き……

ターゲット目がけて、発射────

ボバッ!!!!!!!!

……!!

一瞬の出来事だった。だが確かに弾は飛んでいった。グリップを握っている手には、発射の感覚がジンジンと響いている。恐る恐るターゲットに近づいてみると……

あぁ……

めちゃくちゃビチョビチョ……!!

そしてめちゃくちゃ絵面が汚い。湿りきったペーパーの断片が広範囲に張り付いている。想像を超えるビチョビチョ具合に加え、想像を超える飛び散りっぷりだ。普通のおもちゃ銃ならこんなことにはならない。規格外にもほどがある。

しかし……何だろう、胸に湧き上がるこの感情は。もう1度撃ちたい。いや、もっと撃ってみたくてたまらないのだ。その感情の正体を確かめるべく、ターゲットを新しいものに取り換えてから、再びグリップを握る。心の赴くまま、2度、3度と銃を発射した。

バチュッ!! ブビャッ!!

ビャチャチャアアァッ!!!!

楽しい……!!

そう、楽しいのである。弾丸がビチョビチョであることは動かしようのない事実だが、決して緩い速度などではなく、勢いよく的へ飛んでいく。自分の思い違いが恥ずかしい。パッケージには「人に当たっても痛くない」とあったが、これだと多少は痛いのではと思うほどだ。

だが、その速度が実に良い。強烈な威力で弾を放ち、広範囲に飛散させるさまは、まるでショットガン(散弾銃)だ。感覚としては「発射する」というより「ぶっ放す」に近く、そこには確かな爽快感がある。しかも他のおもちゃ銃ではなかなか味わえない類のものだ。

弾を撃つごとに弾痕が異なり、変化があって飽きが来ないのも良い。飛び散り方によってはターゲットにおける得点が何点なのか非常に判断に迷うのだが、そんなのどうでもいいくらいに楽しい。

ちなみに今回使ったトイレットペーパーはシングルで、説明書によるとダブルのものを使うとさらに弾が大きくなり、飛距離も伸ばせるらしい。最大飛距離9メートルというのも、今となっては嘘ではないのだろうと思える。

本当に画期的なおもちゃだ。まさかトイレットペーパーでここまで素晴らしい体験ができるとは。「トイレットペーパーブラスターを体験した男性」に謝らなくてはいけない。どんどん快感にやみつきになってきている自分がいる。夢中になって弾を撃ってしまう。

ブボァッ!! ビュパァアッ!!

バッチャチャァアアア!!!!

いやぁ、楽しい……。思わず歯茎をむき出しにしてニタニタ笑ってしまうくらいには楽しい。ただまぁ……

いかんせん本当にマジで絵面が汚い。

・紛れもない充足感

というわけで、「トイレットペーパーブラスター」は明確な欠点はあるものの、大人でも十分以上に遊べる一品だった。注意点を追記しておくと、屋外推奨のおもちゃではあるが、個人的には後処理が楽な屋内の方が向いているように思う。その際、水に弱いものはよけておこう。

何にせよ、皆さんにもぜひ遊んでみることをおすすめしたい。トイレットペーパーの弾丸と一緒に、固定概念さえも弾け飛んでしまうはずだ。

参照元:トイレットペーパーブラスター 公式HPAmazon「トイレットペーパーブラスター」
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

「史上初のブラックホール画像」のジグソーパズルが地獄すぎて精神が崩壊しそうになった話

2019年4月、人類が史上初めて撮影に成功したブラックホールの画像が世界的に話題となった。そして6月21日、そんな歴史的画像がジグソーパズルとなって発売されたと聞いた私(西本)は、さっそく商品について調べ、同時にそのパズルの異常性に度肝を抜かれた。

黒いのである。ブラックホールの画像だから当たり前なのだが、絵柄と言えば光るリングの部分くらいで、ほぼ漆黒なのである。相当な難易度であることが予想されたが、「ブラホ(ブラックホールの略)のパズルなんて超イカすべ? ちょっくら遊んでみっか」と軽いノリで購入した。それが地獄の始まりだとも知らずに

・パズルとの対面

株式会社ビバリーが発売した「ブラックホール ジグソーパズル」。価格はAmazonだと1835円(2019年6月27日時点)となっている。なおフレームは別売であり、別途自分で用意する必要があるので注意だ。

入手したパズルのパッケージには、撮影されたブラックホールにまつわるさまざまな情報が記載されていた。

5500万光年の距離にあるこのブラックホールを撮るためには、巨大な望遠鏡が必要だったらしい。そこで世界各地の電波望遠鏡をつなぎ、地球サイズの仮想望遠鏡を構成したそうだ。難しくてよくわからないが、偉業であることは伝わってきた。

撮影画像にある「光るリング」が何かと言えば、「とても熱いガス」とのこと。この輪のおかげで、ブラックホールは名前の通り「黒い穴」として我々の目に映っている。

大勢の学者の方々の並々ならぬ努力と、宇宙のロマンが詰まっているのが目の前のパズルというわけだ。ワクワクするではないか。

興奮しつつパッケージを開けると、バラバラのピースが袋に詰まっていた。これからこの断片たちをつなぎ合わせ、ブラックホールを創造していくのだ。気分は超次元の存在である。

と、ここまでは極めて呑気(のんき)に構えていられたのだが……

メチャクチャ漆黒多いな……

袋からピースを取り出すや、ハイテンションに陰りが生じ始める。黒いピースが多いことはわかっていた。しかし実際にその多さを目の当たりにすると、なんだか急に不安になってきた。コイツらをつなぎ合わせるのは、お気楽なノリでは無理なのではないかと。

裏返しになっているピースは表向きに直し、ついでに「光るリングの部分」と「それ以外」でピースを仕分けしてみる。

いやメチャクチャ漆黒多いな。どう考えても多いな

文字通りの「黒山のピースだかり」に怖気づく。ピースの数は全部で150個。完成したパズルは26×38cmのものとなる。ピース数だけで言えば難易度は高くないが、それは絵柄満載の普通のパズルの話だ。ブラックホールはその限りではない。絶対に一筋縄ではいかないのでは……?

そもそもジグソーパズルをやるのもいつぶりだろう。子供の頃に遊んだのが最後かもしれない。ブランク明けがブラックホールって、シビアどころではないのでは?

いろいろ考えているうちに、背筋にじっとりと嫌な汗がにじんできた。しかし、おびえてばかりではいられない。気分をパズルモードに切り替えるために、あえて大量の黒い断片と一緒に記念写真を撮ることにした。

メッセージ性の強い現代アートみたいな写真が撮れてしまったが、とにかく頑張っていきたい。

・地獄始め

深呼吸をしたのち、パズルと向き合う。心の中で試合開始のゴングが鳴るとともに、まずはピースの中から、1辺または2辺が平らになっているもの、つまり外枠を構成するものを抽出する。

パズル経験には乏しいが、かろうじて「外側から攻めたら上手く行きそう」という嗅覚が働いたのでそれに従った。

その勢いで、良い感じに4隅にピースを置くことに成功。続いて、他のピースも1つずつ外枠にはめ込んでいく。先ほどは怖気づいてしまったものの、外枠くらいならスムーズに埋められるのではないか。そう思っていたのだが……

その認識は甘いにもほどがあった。スムーズなど夢のまた夢だった。

黒いピースの形状だけを頼りにパズルを解くのが、想像の何倍もキツい。絵柄があれば「このピースはこの辺だろう」とアタリをつけることができるが、圧倒的な黒の前ではそんな戦法も難しい。1つ1つの形を吟味する必要があり、それには多大な集中力を要した。

ほぼ単色のパズルはこんなに辛いのかと早くも思い知る。呑気だった自分を激しく呪った。

だが辛さがすさまじい分、ピースが吸い込まれるようにはまった時の快感はひとしおだった。そうして心のバランスを保ちつつ、つたないながらパズルを攻略していく。

そのうちに形状の種類や、目的のピースを探す際の要領みたいなものも徐々にわかってきて……

なんとか外枠を完成させることができた。この時点ですでに開始から1時間半が経過しており、時計を見た時に愕然となった。

そして残りの漆黒の多さにショックを受けた。こんなの群生するワカメではないか。

道のりの長さにクラクラする。ここまでは地獄の周辺区域を歩いていたにすぎず、ここから中枢に踏み入ることとなるのだった。

・地獄のど真ん中

外枠の攻略を終え、内側のピースをはめる作業に移ると、難易度は飛躍的に上昇した。

平らな辺がなくなったことで、よりいっそうピースの見当がつかなくなってくる。ピースを探す際の作業量が増え、求められる集中力もハードルが上がる。まさしく闇の中を手探りで進んでいくようだった。

今までの自分は補助輪付きだったのだ。ただでさえハードだったのに、まだ難しくなるというのか。

仮に良い感じにピースをはめられたとしても、わずかでもピース同士にズレがあったなら、それは不正解でしかない。そして1つでも不正解が紛れ込んでいると、パズルは完成しない

攻略は遅々として進まなかった。時間が経つにつれ、疲れも溜まってくる。

最初は頭を使っていたが、疲労のあまり、だんだん機械的に総当たりでピースをあてがう「思考停止戦法」に変わってきた。要領もクソもない。残っているピースをただただ順番に試していく。完全に運任せのしらみ潰しおみくじゲームである。

なかなか正解のピースを引き当てられないと、「このガチャ渋いな……」とスマホゲームの廃課金ユーザーのようなことを知らぬ間につぶやいていた。心が壊れてきている。

それでも正解が見つかればいい方だ。一通り試して正解が見つからなかった時の絶望感と言ったらない。どれかピースを見落としているのか、それとも正解のピースを力加減のせいで上手くはめられなかったのか、はたまたどこか別のピースを間違えているのか……。

1つのピースに数分かかることはザラで、さらにこうした「やり直し」が発生すると所要時間は余計に膨らむ。その修行めいた作業を、1つでもピースを間違えてはいけないプレッシャーの中で行うのだ。精神がゴリゴリに削れていく。

開始から3時間あまりが経過しても、ピースのない空白が大きく存在しているような状態だった。

やがて4時間以上が経ち、とうとう限界が近づいてきた。自分で招いた事態であるにもかかわらず、「なあ……俺なんか悪いことしたか……?」とうつろな目でうわ言を漏らしだす。

こんなことになるなんて思っていなかったんだ……こんなに忍耐力が要るだなんて……。

残りの漆黒たちが視界に入った拍子に、心の中でプツンと何かが切れる音がした。

うアアぁあああああ!! もう嫌だァアアあああああ!!

ヤだやだヤだぁあああああ!! ホンギャぁあああアアアア!!

このままではパズル死を迎えかねないと判断し、気分転換もかねて休憩を取ることにした。何か……何か別の遊びをしよう。そうだ、そうしよう。

セロテープでパズルのピースを目に留めて、「両目がブラックホールの断片になってしまった人」を演じてみたり……

パズルのピースを部屋にあった靴下の中に入れて……

「あっ、サンタさんからのクリスマスプレゼントだ!」

「中身は何かな~? ワクワク!」

 

「ブラックホールの断片だった……」

などと奇態な1人遊びに興じてみたりしたが、いっこうに心は晴れなかった。むなしい現実逃避が恥ずかしくなり、結局パズルから離れられていない自分にも気付く。どんなに辛く苦しくとも、心の奥底には「パズルを解き明かしたい」という気持ちがまだ残っているようだ。

・苦しみの果てに

やはりブラックホールパズルと向き合うしかない。このままでは終われない。

気力を振り絞り、再び攻略に取りかかる。思い出せ……ピースを上手くはめられた時の喜びを……! 辛さで忘れかけていたあの快感を……!

気合で頭をフル回転させ、目の前のパズルを解き進める。ピースの黒山も少なくなっていき、残りは「光るリング」の部分だけというところまで到達することができた。

そうだ……いいぞ、その調子だ。ブラックホールの撮影を成功に導いた学者の方々のことを思え……! 彼らの苦労はこんなものではなかったはずだ……! 

じわじわと浮かび上がる「光るリング」の姿が、道筋を照らしてくれるかのようだった。信じろ、この先に輝かしい未来があることを! 自分にはそれをつかむことができると!

行ける……!

あともうひと踏ん張りだ……!

ピースを持つ手が震える。心臓がけたたましく鼓動を鳴らす。

残り3ピース……!

やれるっ……ゴールはすぐそこだ……!

最後の1ピース……!

そして、ついに……

パズルが完成した!!!!!!

ぃやったぁああああああああああああ!!

やったやったやったぁああああ!! よっしゃおらぁあああああ!!

やってやったぞ!!!!! やったんだ俺は!!!!!! うわぁああああ!!!!!!

やったやったやったぁああああああああ~~~~!!!!!!!

やっ……

たぁあああああああああ~~~~~~!!!!!!!!

・パズルから得たもの

そんなこんなで、山あり谷ありのパズルチャレンジを命からがらクリアすることができた。開始から経過した時間はまさかの7時間超え。ブラックホールに1日の大半を吸われてしまった。壮絶な地獄を乗り越えた果てに完成させたパズルを、改めて眺めてみる。

美しい……。パズルをやる前と今とでは、まるで見え方が違う。これから先、別の機会にこのブラックホールの画像を目にした時も、きっと今までとは異なる感慨を抱くに違いない。「俺が作ったんだよな、あのブラックホール……」とか思わずにいられない。

完成した美しいパズルと一緒に記念写真をパシャリ。心なしか2、3歳老けているように見える。あとなぜか全身が筋肉痛になっている。死闘と言うほかない。

いやぁ、本当に大変だった……。しかし胸に湧き上がる達成感は、久しく味わっていなかったものだった。幾度となく挫折しそうになったが、諦めなくて本当によかった。

ブラックホールの撮影に携わった学者の方々の努力に比べれば、私のそれはちっぽけなものだ。なにせ彼らは、このパズルとは比較にならないほど膨大な宇宙の闇と戦ってきたのだ。それでも同じブラックホールという神秘を通じて、少しくらいは苦労や感動を共有できたのではないかと思う。

皆さんにもぜひこのパズルに挑戦してみてほしい……とはなかなかお勧めしづらいが、チャレンジ精神のある方は挑んでみてほしい。漆黒の穴の向こう側に、打ち勝つべきもう1人の自分が見えてくるはずだ。

参照元:Instagram @beverly_puzzleAmazon「ブラックホール ジグソーパズル」
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

ベイブレードの定位置を決めたら、おもちゃに対する息子の意識が変わった!

男の子が大好きなベイブレードは、場所も取るしなかなか扱いにくいですよね。

我が家の小1の息子が、ベイブレードの定位置を決めたことで、おもちゃに対する意識が大きく変わったことを例に挙げながら、おもちゃの収納やおもちゃとの付き合い方について、書いてみたいと思います。

大好きなベイブレードがいつの間にか…

小1の息子はまだリビングで遊びます。

けれどリビングは、ほかの家族にとっても心地よく寛げる空間として整えておきたいので、「リビングに置いていいおもちゃは、この棚に収まるだけね」と約束。

息子といっしょにおもちゃを選びました。

リビング

がんばって厳選してくれた息子ですが、ネックとなったのがベイブレードのスタジアム。

とても大きく、これを1つ置くために、その分おもちゃを減らさなければなりません。

ベイブレード

1度は、それでいいと納得した息子でしたが、やはりどうしてもほかのおもちゃを置くために気づくとスタジアムは床に放り出されているのでした。

通る家族の足にぶつかることも多く、その姿は、とても「たいせつなおもちゃ」には見えませんでした。

ベイブレード

 

ベイブレードの定位置を決めたことで大きな変化が!

そこで、プラスチック製で軽いスタジアムに紐をつけて、フックに掛けて収納にしてみました。

すると急に「なんだか邪魔なスタジアム」ではなくなり、息子も「たいせつ」に扱うようになったのです。

ベイブレード

これ自体はちょっとした工夫なのですが、ジャストフィットする指定席を設けたことで、使いやすく、片づけやすいおもちゃ棚になり、1日の終わりには子ども自身がリセットすることができています。

そして、お気に入りのおもちゃを自分で管理できるようになった息子は、新しいカテゴリーのおもちゃをそんなに欲しがらなくなりました。

フィギュアの箱、ベイブレードの箱などそれぞれのボックスにはまだ余裕があるので、そこに入れられるものに関しては相変わらずおねだりしてきますが、新たに置き場所を作らなければならないものは必要ないようです。

また新しいことに興味が移った時には、全体量は増えないように、今ある物の処分から考えて、本当に必要かどうかを決めてもらおうと思っています。

ベイブレード

クローゼットのストレスが気づかせてくれたこと

おもちゃ

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

17年前に、現在高校3年生の長女の子育てを始めた時から、今、小1の次男に至るまで、4人の子どもを育てながら常に迷いの種だった「おもちゃ」。

おもちゃを買って欲しい子どもの気持ちもわかりますし、買ってあげた時の嬉しそうな顔を見るのは、親ならだれでも感じたことのある幸せな瞬間だと思います。

そうやって、ついつい増えていくおもちゃが、おもちゃ箱から溢れ、家が雑然としてくんですよね。

また、仕事や家事で忙しい時期に、大人のクローゼットが乱れていったことがありました。

引き出しに詰め込んだTシャツはしわが付いて、着る気になりませんでした。

衣類

Svetavo / PIXTA(ピクスタ)

クローゼットは服で溢れているのに、着るものが足りないように感じて、買い足し、物が増え、さらにうまく管理できなくなっていく衣類には愛着を感じられず、イベントの時にはまた新しい服が欲しくなる。

このままじゃダメだと思い、服の量を〝管理できる量〟に減らし、使いやすく収めなおし、満足度の高い状態が完成した時に、子どものおもちゃも同じことが言えるのではないかと感じました。

おもちゃの整理

hiropixx / PIXTA(ピクスタ)

今あるもので満足するには、お気に入りを、ずっとお気に入りとして大切にできるように収めておかなければ、と。

そこで、「わかりやすい」「つかいやすい」をテーマに、おもちゃの見直しをおこなうことにしました。

たくさんの失敗も繰り返してきた今、大人も、子どもも、物への満足度は「量」ではなく「愛着」なのだろうと感じるこの頃です。

物があふれ、物に振り回されがちな時代だからこそ、手に入れた物の管理の方法については丁寧に考えて、ささやかな工夫をしていけたらいいなと思います。

ライフオーガナイザー®森下敦子

Source: 日刊住まい

おもちゃの収納問題を解決!アイデア3つ

増える一方のおもちゃの収納場所の問題で頭を悩ませていませんか。

使わなくなったおもちゃは処分してしまいたいですが、おもちゃは子どもにとっては大切なものなので、勝手に捨てることもできません。

子どもの気持ちを尊重しつつ、部屋を快適に保つためのアイデアを3つご紹介します!

1.「ひとつ手に入れたらひとつ手放す」ルールを決めよう

壊れていても、パーツがなくなってしまっても、愛着のあるおもちゃはなかなか手放せないものです。

子どもに黙って処分してしまうと、大きなショックになるかもしれません。

壊れたおもちゃでさえもうかつに捨てることができず、本当に悩ましい限りですね。

おもちゃは子どものもの。

それならば、片付けや収納についても、子どもにある程度、責任を持たせてみてはどうでしょう。

収納スペースには限りがあること、手に入れたものを丁寧に使うことの大切さなどについて教え、「ひとつ手に入れてたらひとつ手放す」などのルールを作っておくと、おもちゃの管理がしやすくなります。

おもちゃから、“もの”との付き合い方を学んでいけたら良いですね!

詳しくは記事をチェック!

 

 

2.収納&ディスプレイになるオススメのおもちゃ

コンパクトな住まいでは、空間が限られているので、おもちゃの置き場所にも困りますよね。

インテリアを兼ねて飾っておけたり、別の用途にも使える汎用性のあるおもちゃを選ぶようにすると、おもちゃが増えても生活スペースが圧迫されません。

親子ともに大満足だったのは、無印良品のおままごとキッチンセット。

「あそんでしまえるボックス・シンク型&ガスレンジ型」という名のとおり、使わないときはおもちゃの収納ボックスになります。

この他、ディスプレイにも使えるかわいい木製オモチャなどをピックアップ!

詳しくは記事をチェック!

 

 

3.レゴ収納を100均の透明ケースと木製DIY棚で自作!

レゴは形やデザインを考えたり、指先を使って組み立てたりと、知育にも役立つ人気のおもちゃ。

ただし、踏みつけるととても痛いんですよね……。

遊んだ後はきちんと片付けられるように、子どもが片付けやすい収納場所&方法を考えてみました!

使ったのはセリアの透明ケース。

A6サイズ縦とA5サイズ横の2種類を用意し、パーツごとに分類。

棚をDIYで作り、中にケースを入れ込むと、引き出しの出来上がりです。

木目&透明ケースの組み合わせで、インテリアにも馴染むスッキリとした見た目になりました。

引き出し収納にしたことで、必要なパーツが見つけやすくなり、子どもがさらにレゴで夢中になって遊ぶようになったそうですよ。

詳しくは記事をチェック!

 

Source: 日刊住まい