【通販検証】豚まんで有名な551蓬莱の「餃子」を食べてみた

大阪といえば551蓬莱(ほうらい)。そして551といえば豚まんである。このことは大阪出身者じゃなくても知っているが、「551=餃子」の方程式を思い浮かべる人はそこまで多くないだろう。何しろ、同店の豚まんは匂いだけでなくイメージも強烈なのだ。

しかし、視点を少しズラせば違う景色が見えてくる。豚まんがあれだけ美味しければ餃子もきっと美味しいに違いない……と! 新しい餃子を求める “終わりなき旅” をしている今、関西の大御所をスルーしておくわけにはいくまい。

・551の餃子を通販で注文

てことで、お手合わせ願うべく通販で餃子を注文してみた。551蓬莱の焼餃子は15個入りで510円。都内までの送料が1050円だったのでクリックする手が一度止まったものの、大阪まで買いに行くことを考えたら仕方ない。心の中で泣きながらポチって待つこと数日……

551の “餃子” が降臨

そして宅急便の箱を開けると……

見覚えのある赤い箱……!!

いつもなら赤い箱から豚まんが出てくるところだが、今回ばかりは餃子。ちなみに餃子の通販は冷凍で届くことが多いが、551は冷蔵だった。

中には蒸した状態の餃子がキレイに並んでおり、冷蔵保存とあってプリプリしているのが見ただけでよく分かる。

・調理から実食

さて、それでは作ってみるとしよう。他の通販餃子と同じように油をひいて水を入れ、水分が飛ぶまで加熱とカンタン仕様。

ふんふん、551の餃子の匂いは野菜系が中心だな〜。てことは、肉はそこまで使われていないのかな〜。なんて餃子中毒者特有の楽しみ方をしながら5分ほどで……

完成( ・∇・)

食べた感想は、もう結論から言っちゃおう。正直に告白するとナメていた。ぶっちゃけ、551って豚まんが有名なワケだから餃子は大したことないのかなと思っていた。餃子はサイドメニュー的な。だがしかし……

想像以上だ!

これはこれまでにタイプの餃子!!

まずもっとも印象に残ったのはパリパリの皮である。歯で噛んだときにパリッとなるのが心地よい。そしてそこに餡が “ここしかない” というタイミングで喉元にヘッドスライディングしてくるから美味しさがグッと増す。

一言で551の餃子を表すならば、パリッからジューシーに入る時間が絶妙すぎる。説明書には「豚肉は食感を残すために荒挽きにカットしている」と書いてあったが、口当たりがスマートな秘訣はそこにあるのかも。

肉汁がジュワジュワ出てくるタイプじゃないので、系統はバクバク食べられちゃう系。野菜の優しさが伝わってくるような餃子だから、余裕で30個くらいはイケるだろう。

・リピあり餃子

あまりに豚まんが有名なため注目されないような気もするが、フタを開ければさすがとも言えるウマさだった551蓬莱の餃子。これぞ有名店、これぞ老舗。同店に寄ったら「とりあえず豚まん」という人は多いだろうが、思わずリピしたくなる一品だったので餃子好きなら味わっておくことをオススメしたい。

参考リンク:551蓬莱オンラインショップ
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【お取り寄せ検証】餃子のグランプリで優勝した浜松の名店「初代しげ」を食べてみた

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋と一口に秋といってもいろいろあるも、どうしても外せないのが「餃子の秋」だ。いま私が勝手に作ったのだが、そう言いたくなるほど……ほぼ毎日食べる餃子脳になっている。

一日一餃。最近、屁がクサくなって空気清浄機がフルパワーで稼働するのが悩みだが、それも許せてしまうくらい餃子は奥深い。その世界はまるで宇宙のようで探究心が尽きることがない……ということで今日もまた私は餃子をパクリ。今回は静岡県浜松市にある「初代しげ」に通販という名の宇宙船を飛ばしてみた。

・初めての浜松餃子

これだけ餃子を連呼しておきながら言うもの何だが、浜松餃子は初体験。備えている知識といえば、きれいな円形で出てくることくらいである。しかし、これまでいろんなお店の餃子を食べてきたことだし、そろそろ日本を代表する名所の餃子を味わってみたい!

とどまらない餃子欲を抑えられずインターネットで浜松餃子を調べていたら「初代しげ」なるお店がヒット。なんでも、餃王座グランプリなるバトルロイヤルで優勝したことあるお店なんだとか。よーし、君に決めた!

・上手に円で作りたい

Amazonでお味見セット(1814円配送料無料)をポチると数日後に商品が到着。梱包された箱を開けると、1人前(8個)が2つ入っていて真空パック包装だった。タレがついていて日持ちもするようだし、今のところ何も不満はない。

ではでは、さっそく作っていきまっしょい。サラダ油を入れて水を注ぎ、フタをして……加熱!

もちろん、円に並べるし説明書にも「円を描くように」と書かれていた。これできれいな羽根ができていたら最高だなァ〜!! そんなことを思いながら待っていたら……

何やら餃子がフグのようにプクッと膨らんできた。こんな餃子初めてだ! とはいえ、途中でフタを開けるのもダメなのでグッと我慢。あとは頃合いを見て水分を飛ばし、ヤケドに注意してひっくり返すだけ。

そしたらば……

キ、キ、キ……

キタッー!!

どの角度から見てもうつくしい! これが浜松餃子……そしてこれが浜松で玉座に座ったことのある餃子っ……!!

く、崩すのがもったいなような気もするけど、とりあえず食べてみるか! いただきまーす!!

また、私と同じく宇宙とも言える餃子道を突き進むGYOZA羽鳥こと編集部のGO羽鳥も食べる。そして感想は……

浜 松 は ウ マ か っ た

宇都宮と並ぶ名所でキングになった餃子が的を外すわけがない。今回、定番餃子とニンニクを効かせた2種類が入っており、どちらにも共通していたのは野菜の甘さ。あくまで個人的な感想ではあるが、それが肉を通って皮まで染み込んでいるような気がした。もしかしたらフグみたいに膨れた時に……!?

あとは軽さといい、皮のパリパリ具合……餃子としてのバランスがしっかりとれている。ちょっと待って……これ死んじゃうかも……とまではならなかったが、安定感のある一品と言えるだろう。

それにしても、餃子という食べものはなんて面白いのか。どこのものを食べても決して同じじゃないし、それぞれ特別なオンリーワン。飽きる日はとうぶん先……いや、もしかしたらずっと来ないかもしれない。次に小宇宙(コスモ)を感じる土地が楽しみだ。

参考リンク:Amazon「浜松餃子の名店 浜松ぎょうざの初代しげ お味見セット」
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

1日19万個も売れる餃子はどれくらいウマいの? 宮崎県民がこよなく愛する「ぎょうざの丸岡」

餃子といえば? そのように問いかけられたら大抵の答えは「栃木県」や「静岡県」だ。何しろ、宇都宮や浜松は日本を代表する餃子の名所。福岡県の「八幡餃子」や三重県の「津餃子」あたりも候補だが、二大巨頭の存在は揺るがないだろう。

しかしながら、所変われば品変わるというように九州・宮崎県では「ぎょうざの丸岡」が圧倒的な知名度を誇る。同店は日本一のお取り寄せグランプリ(ぎょうざ部門)を獲得した過去があり、今では年間7000万個もの餃子を作っている……つまり1日あたり19万個の計算。これは食べずにいられない!

・まるおか再び

ということで、通販してみたのが今回の話である。実を言うと、筆者(私)は「ぎょうざの丸岡」を経験済み。何なら約3年前にウマくて死ぬかと思った的な記事を執筆しており、とにかく感動したことを今でも覚えている。では、なぜ改めて記事にするのか。その理由は……

「毎日餃子を食べる生活」がもうすぐ2カ月を迎えようとしている当編集部・GO羽鳥の存在である。これまで50店舗以上味わうもまだ飽きが来ず、今も餃子探求に余念がない。そんな彼に「ぎょうざの丸岡は私史上最高の餃子かもしれない」と話をしたところ、ぜひ食べたいとのことだったからだ。あと、私自身も餃子道を歩みだした1人として味を再確認したかった。

・消費期限がとにかく短い

今回、ぎょうざ40個(1040円)、しょうが入りぎょうざ40個(1040円)、焼きぎょうざのたれ(76円)、ぎょうざのたれ みそ(195円)、ぎょうざのたれ 柚子こしょう(215円)をネットで注文。たれは1種類だったような……と思って調べたら、6月1日から新発売していた。新たな顔を見られるため、これは楽しみ倍増!

それではさっそく調理開始……と言いたいところだが、その前に「ぎょうざの丸岡」を知らない人に注意点を1つ伝えておかねばなるまい。ここの餃子はなんと……

即保存がとにかく推奨されている。あと消費期限が発送日から4日とすこぶる短いから気をつけよう。事前に食べられる量を考えて注文しないと、どげんもならんことになるので覚えておいて損はないぞ。

・カンタン調理

んじゃ、今度こそ作っていくとしよう。

ぎょうざの粉(コーンスターチ)を落として、サラダ油をひいたフライパンに並べる。

並べたらすぐに熱湯(または水)を注ぎ、フタをして加熱。最後にサラダ油を少し加え、さらに加熱すれば……

ほい、できた! 肉よりも野菜のいい匂いが漂ってきて、野菜餃子といった方がしっくりくる。ちなみに丸岡のものは豚肉、キャベツ、ニンニク、ネギはすべて国内産。さらに小麦粉はオーストラリア産の最高級種を使用しているこだわりっぷりだ。

うんうん、そういった「プロ意識」って匂いとか、ささいなところにも出るんだよなァ〜。だから餃子は面白いし、やめられない! と感心したところで、いただきまぁぁぅす!!

まずはノーマルのたれにつけて食べると、やはりウマい! 野菜がぎっしり入っていて、程よくニンニクが口の中に広がっていく味も健在でアッサリした たれ とのコンビネーションも抜群だ。コレコレ〜! ヘルシーな感じでいくらでも食べられそうなところがイイんだよな〜!

あいも変わらず私は好きな味。これとビールがあれば幸せな時間を過ごせるが、餃子生活2カ月で人生初の「ぎょうざの丸岡」を食べる男はどうジャッジするのだろうか。

GO羽鳥「うん! これはウマい!! 何と言ったらいいのかな、優しい味だね。ワンタンのような食感がしたかと思えば、焼き目はパリッとしているから面白い。んで、噛むと肉よりも野菜を食べている感じがするね。そして軽い!(笑)

あとはそうだね〜バランスがいいね。餃子から地域の特徴というか、九州のおおらかさが出ていて万人受けするタイプだと思う。大きさも一口サイズで食べやすいから、これは20個……いや、30個くらいは余裕でイケるよ。てか、柚子こしょうのたれウマいね。味変する!」

今回、3種類のたれを試したが、どれも違う顔を覗かせた。ノーマルはあっさりめ、みそは濃くなるし柚子こしょうは味がギュッと引き締まる。中でもオススメは柚子こしょう。餃子を編集部メンバーにも食べてもらったが、全員が柚子こしょうを選ぶほど大好評だったので参考までに。あと余談だが、柚子こしょうは大分県で製造と抜かりなし!

・しょうが入りはどう?

そして「しょうが入りぎょうざ」も食べてみたが、こちらも優しい味にまとまっていた。加熱している時こそしょうがの匂いがするも、食べたらそこまで主張は激しくないので食べやすい。逆にピリッとしたしょうが……宇都宮の人気店「正嗣」などの攻めてくる系が好きな人からすると、ちょっと物足りないかもしれない。

とはいえ、丸岡には丸岡にしか出せない味がある。付属の説明書には水ぎょうざやぎょうざ鍋、さらにはチャーハンにも応用できると書いてあったから、すべてにおいて万能な餃子と言える。

多いときは1日50万個を作るという「ぎょうざの丸岡」。餃子といえば? その答えに「宮崎」と言われるきっかけを作るならココしかないだろう。

参考リンク:ぎょうざの丸岡
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

誰もがウマいとオススメする宇都宮の大人気餃子「正嗣」を食べたら世界が変わった / これホントに通販の味かよ!

一日一善ならぬ一日一餃を始めてから1カ月以上が経った。餃子道を極めた人にしたらまだまだ “ひよっこ” だろうが、毎日のように食べていたら餃子の違いがなんとなく分かるようになってきた。実は一口に餃子と言ってもいろいろで、どの店にも特徴があって十人十色のようなものである。そこが面白いし無限だから餃子探求はやめられない。

ここが美味しい、あそこが美味しいなんて話を聞けばすぐに食べたくなるものだが、いろんな声がある中で圧倒的に支持されているのが宇都宮の正嗣(まさし)だ。右も左も誰もが「まさし」「まさし」。王を称えるように叫ぶ声を聞くと、何が何でも食べてみたくなるじゃないか!!

・正嗣の餃子を通販で注文

ということで正嗣のHPを覗いてみたら、嬉しいことに通販をやっていた。宇都宮まで行くとなれば距離があるし、ここは送ってもらうとしよう。で、ポチッた数日後……

正嗣キタッー!

ま さ し の ぎ ょ う ざ

本物だ! 夢にまで見た正嗣が今ここに!!

箱を開けたら餃子30個がぎっしり。しかも、タレまでついてる! 有料のところもあるだけに、こういうサービスは何気に嬉しい。

・ちょっと変わった作り方

期待が大きすぎてすでに興奮しているような状態だが、はたして正嗣はそれさえも飛び越えてくるのだろうか。何はともあれ、まずは作ってみるとしよう。ふむふむ、餃子を並べたら熱湯を入れて強火か……経験上、餃子は中火で作ることが多いからこの時点で他とちょっと違うな。

熱したフライパンに油大さじ5〜6杯をたっぷり引いて……

餃子の1 / 2が隠れるくらいまで熱湯を入れる。水がなくなって焦げ目がついたら出来上がりとのことだが、強火だから早め早めにチェックした方がいいだろう。というのも!

私は「もうちょっと火を入れた方がいいかな」と言っているあいだに思い切り焦がしてしまったのだ( ;∀;)ヤッチャッタ

・正嗣の実力は?

いかんいかん、気を取り直してもう1回。今度は早めに皿へと移すと、きれいなキツネ色で小麦粉というか うどん のような香りが漂ってきて食欲をそそられる。もうね、食べなくても分かる。これ絶対にウマいやつ!

とまぁ、食べなくても分かると言いながら当然食べるのだが、せっかく大人気の正嗣。今回ばかりは複数人で食べてジャッジすることにしよう。静岡出身で浜松餃子という存在がありながら正嗣を愛する営業戦士・じゅんくん、1カ月以上餃子を食べ続けている男・当編集部のGO羽鳥、そして私の3人だ。

ちなみにじゅんくんは現地で食べた経験がある上、日常で正嗣の餃子を通販するほどの正嗣ラバーである。

で、ここからがスゴかった。一口に入れたら……

うわっ……

あっ……

これは……

泣いちゃうくらいウマい!!

いたるところでウマいと言われまくる理由がよ〜く分かった。まずは圧倒的なバランス!

柔らかさと硬さが極端に偏ることない皮が存在感を示したかと思えば、そこからスルリと上品に入りこんでくる餡がたまらない。そして生姜をふんだんに使っていて舌にあたったときのインパクトが他と違う!!

食べたら程よくピリッとして、口の中に生姜が広がっていく。ガッツリ効いているけど、くどいかというとそうでもないから摩訶不思議。なんというか、餃子が口から胃袋までストンッと落ちるかのようにスンナリ入ってくるのだ。これ、30個はペロリだな!

いつか現地で食べてみたい……もしかしたらもしかしなくても、これは正嗣が好きすぎて現地に移住した人もいることだろう。しかも、宇都宮はウマい餃子ばかりと聞くから結構な人数がいるとみた。

今回30個入りで1100円(送料1000円)を注文したが、もっと多くても良かった。とてもじゃないけど通販とは思えず、こんなにウマいのだからそりゃみんな揃って「まさし」を連呼するワケである。見える世界が変わるもん。

ちなみに じゅんくんいわく、通販でも現地の正嗣とそこまで味も変わらないとのこと。とにかく正嗣を味わって思ったのは……

すげえ! すげえよ正嗣!! 

噂にたがわず正嗣ハンパないって……!!

まっさっし! まっさっし!

まっさっし! まっさっし!

まっさっし! まっさっし!

【完】

参考リンク:正嗣HP
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24