【最強説】広島みやげ「生もみじ」だけはガチ

こんなことは言いたくないが、もらってもあまり嬉しくないご当地みやげは実際に……ある。名前は挙げないが、食べてみても「まあそこそこ」というくらいのおみやげは実に多く、そうしたおみやげはいつまでも残ってしまうものだ。

その一方で、北海道の白い恋人、福岡県の博多通りもん、そして東京都の東京ばな奈……などの “ガチみやげ” も存在する。あなたはご存じだろうか? それらに匹敵する広島県のガチみやげ『生もみじ』のことを──。

・もみじまんじゅうも美味しいが

広島県の大定番みやげと言えば、ご存じ「もみじまんじゅう」だ。誤解を恐れずに言うならば、もみじまんじゅう自体は大変おいしい。おいしいのだが、おみやげにはあまり向いていないスイーツだと個人的には思う。

というのも、出来立てのもみじまんじゅうは “しっとり感” がハンパなく、それこそいくらでも食べられるが、時間の経過とともにパサつきが発生し、お茶なしではいささかキツい。これはもみじまんじゅうに限らず、人形焼系の焼き菓子の宿命と言えるだろう。

だがしかし、今回ご紹介する『生もみじ』はパサつき感ZERO。『生もみじ』は昭和26年創業の広島県の老舗菓子メーカー「にしき堂」のオリジナル商品で、デパートはもちろんのこと空港や駅など、広島県の至るところで販売されている。

・何が生なのか?

では『生もみじ』とは一体なにが “生” なのか? 答えは非常にシンプル。生地に広島県産の餅粉と米粉を使用していることで、皮がモチモチしっとりとした食感になっているのだ。ズバリ『生もみじ』とは、皮がモチモチしたもみじまんじゅうである。

その完成度とウマさは、冒頭でお伝えした白い恋人などと同レベルで、あんこ系のみやげならば、伊勢の「赤福」と双璧を成すと個人的には考えている。配りやすさを考慮すれば、赤福をも凌ぐ「国内最強あんこ系みやげ」ではなかろうか?

生もみじを知ってから5年くらいになるが、以来広島に出かけたらおみやげは『生もみじ』と決まっている。1個130円。こしあん、つぶあん、抹茶あんと3種類の味があり、生もみじに関しては「こしあん」が俄然オススメだ。普段は絶対的つぶあん派の記者が言うのだから間違いない。

・もっと知られていいポテンシャルの高さ

今回は「こんなに美味しいのに知名度が低すぎてやるせない」という思いから、筆を執った次第である。なお、生もみじをおみやげで渡した全員が「これはウマい」「ガチですね」「知らなかったけどかなり上位」などと、話していたことを記述しておこう。

とにもかくにも、広島みやげで『生もみじ』を外すことはあり得ない。それほどのウマさだから、広島にお出かけの際は『生もみじ』をお忘れのないように。また、広島に縁がない人は にしき堂のホームページで通販をチェックしてみよう。

参考リンク:にしき堂
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【北海道】青い麺と脳ミソ味のスープ「ZOMRAMEN(ゾンラーメン)」をお土産で買ってみた / 見た目が気にならない意外すぎる味

北海道のお土産といえば何を思い浮かべるだろうか。「白い恋人」や「じゃがぽっくる」、「花畑牧場の生キャラメル」や「ロイズの生チョコレート」等々、定番のお土産だけでも数多く存在する。

つい先日、私は北海道で色々なお土産を物色していた時に、ひと際異色を放つあるお土産を発見した。それがこれから紹介させて頂く、「ZOMRAMEN(ゾンラーメン)」というなんとも恐ろしい見た目のラーメンなのである。

・ポップでグロいパッケージ

パッケージに描かれている、ボロボロで綿が出ているクマは「ゾンベアー」というらしい。出身は北海道の小樽市で、持ち主の少年を探して散歩をしているのだとか。公式サイトの情報を見ると北海道を中心に精力的に活動をしており、ご当地キャラのようである。

その「ゾンベアー」が、北海道ラーメンとコラボした商品が「ZOMRAMEN(ゾンラーメン)」。パッケージのラーメンには、青い麺の上に爪のはがれた指と目玉、そして脳みそのようなトッピングがされており、なんともショッキングなラーメンとなっている……! 

・付属のトッピングはない

ドキドキしながら袋を開けてみると、「青い麺」と「脳ミソ味のスープ」が入っていた。パッケージに載っているラーメンは、あくまで調理例ということでトッピングはついていなかった。

今まで食べてきたラーメンとは、全く異なる色の麺。だが、作り方に変わったところはなく、沸騰した鍋に麺をほぐしながら茹でていく。

そして麺がほぐれていくにつれ、どんどんとお湯も青くなっていく……。作りながらも、ラーメンとは全く思えない自分がいた。

麺が茹で終われば、火を止めてスープを投入する。スープからはにんにくの良い香りがして、思わず “おやっ??” となった。香りだけならば、美味しそう……! あとはこれを丼に移し替えれば、ラーメンの完成だ。

・果たして脳ミソ味とは

丼に移すも、見た目はかなりおぞましい。全く美味しそうとは思えない。ただ香りだけは美味しそうであったため、躊躇せずに一口目を食べられた。まず一口目の感想なのだが、食べた瞬間に私は強くこう思った……。

脳ミソ味って……味噌味のことかーーーーい!!!!!!

察しの良い人は気付いていたかもしれない……。だが私は察することが出来ず、芸人さんバリに盛大に心の中で突っ込みを入れた。そして麺の青さが気にならないくらい、味は普通に美味しいラーメンだった! 味噌味はまろやかで、にんにくはガツンと効いている。少しだけ入っているゴマも良い風味。麺も悪くないし、安っぽいインスタント麺のようなテロテロ感もない。

「ZOMRAMEN(ゾンラーメン)」はお土産として渡せば、かなり話題性がある見た目だ。だが食べてみるとちゃんと美味しい。しかも北海道ラーメンで味噌味なあたりは、きちんとご当地感もある。値段も378円とお手頃価格で、近しい人へのお土産としては最適だと感じた。北海道のお土産を買う機会がある人は、是非参考にしてほしいと思う!

参考リンク:ゾンベアー
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

京都のデパ地下で見つけた老舗漬物屋の絶品発酵食品 / 京都駅と四条河原町でしか買えない限定モノ

筆者の地元は京都府だ。先日帰省をして、京都市最大の繁華街、四条河原町をふらついていた。なんとなく交差点にそびえ立つ高島屋が目に留まり、足の向くまま地下1階に降り立った。美味しそうな食べ物が所狭しと並ぶデパ地下の景色に魅せられ、「何か買って帰りたいな~」と購買欲を募らせていると、この商品と出会った。

京都老舗の漬物屋「京つけもの 西利」の『奈良漬クリームチーズ』だ。店員さんに勧められるまま試食をすると、たしかにうまい。そのうち片っ端から商品のフタを開け始め、試食を勧めてくる。この店員さん、いい人だ。

京都は世界的な観光地であるだけに、お土産の種類も山ほどある。いざ土産物店に入って、「え? どれ買おう?」と頭を悩ませる人が多い。八ツ橋や茶の華などは有名かつ鉄板だが、それ以外にも美味しいお土産はけっこうある。なんだかその1つを見つけたような気がして、3つほど購入して検証することにした。

・きゅうりのドレッシングがまろやかでめちゃうま

今回筆者が購入したのは、『奈良漬クリームチーズ 山椒』、『きゅうりの乳酸発酵ドレッシング』、『かぼちゃの乳酸発酵ポタージュ』の3つだ。

奈良漬が発酵食品であることは言わずもがな、ドレッシングやポタージュにも「ラブレ乳酸菌」が入っているようだ。昨今の乳酸菌ブームを思い出してしまう。個人的に、そこに魅力はそんなにないかな~。

やはり一番知りたいのは、美味しいかどうか。まずは奈良漬クリームチーズのふたを開けてみる。

奈良漬の独特の匂いが鼻孔を漂う。少し酸っぱいのはクリームチーズだろうか?

野菜やクラッカーにディップすると、ワインや日本酒のおつまみに合うという。よし、のちほど検証しよう。続いてふたを開けたのは、きゅうりのドレッシングだ。

お皿に垂らしてみると、なんとも言えない黄土色。ドレッシングの色としては珍しい。スプーンでなめてみると甘酸っぱい。きゅうりの風味がほのかに口に広がり、オリーブオイルのまろやかさとはちみつの甘さが柔らかいクッションになっている。最後にツンとするのはお酢の刺激だ。

角の取れたきゅうりのドレッシングとして成立している。これだけで何杯もすくって飲めちゃう。

いかん、さすがに完飲は体に悪い。ここからは実食しながら検証を進めよう。

・すべて京都の2カ所でしか販売されていない限定モノ

それぞれ実食するべくテーブルに並べてみると、ちょっとした朝食に見えてきた。まずは、かぼちゃのポタージュに手をつける。

かぼちゃらしい黄土色の液体をよく確認すると、繊維質がしっかり残っている。トロトロのスープを口に運ぶと、生のかぼちゃを飲んでいるようだ。甘み、風味、香りがダイレクトで舌に感じる。うまい。

思わず一気飲みしそうだ。温かいジュースみたい。

商品のパッケージはそのまま加熱できるよう便利にできている。うん、良い商品だ。それだけに「乳酸発酵」を推す必要はない気がする。

続いては奈良漬クリームチーズ。茶色に染められたクリームをクラッカーにディップして食べてみると、両者の良いとこ取りが楽しめた。奈良漬にはちょっとクセがある。そのクセをクリームチーズがまろやかにして、甘みと酸味の両立した味わいに笑顔がこぼれる。奈良漬のシャキシャキした歯ごたえもいい。最後にスッとする山椒がアクセントだ。これはワインが合いますね。晩酌したいですね。

きゅうりやにんじんにつけて食べても、やっぱりうまい。サラダじゃなくておやつ感覚だろうか。野菜の臭みが消えてポリポリいけてしまう。間食を止められない人が試してみるといいかも。

最後はサラダだ。きゅうりのドレッシングをたっぷりかけて食すと、驚いた。はちみつの甘みとオリーブオイルのまろやかさで青臭さが消えた。野菜の角を取る効果があるようだ。きゅうりのドレッシングなのに。

では肝心のきゅうりの存在は……いないけど、絶対にいる。あまり感じないけど、いなくなったら本当に困る。まるで音楽のベースやドラマの名脇役のような存在感。

どれも満足できるお味だった。京都の変わり種のお土産として購入していいかも。すべて老舗漬物屋「京つけもの 西利」が手がける純京都産で、京都駅西口2階南北自由通路(南側)の「酵房西利 亰(みやこ)店」と、高島屋京都店の地下一階「発酵生活 ブティック」の、2カ所でしか販売されていない限定モノだ。

京都を観光する予定があれば、ぜひお店に立ち寄ってもいいだろう。だって高島屋の店員さんはめちゃくちゃ試食させてくれたねんもん(決しておねだりしないように!)。

参照元:京つけもの 西利発酵生活
Report:いのうえゆきひろ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

『嵐にしやがれ』で紹介された「牛タンラー油」が飛ぶように売れてたので実際に食べてみた結果…

一昔前に「食べるラー油」という言葉が流行ったのを覚えているだろうか。新語・流行語大賞のトップテン入りしたのは2010年で、今から約9年も前のことである。ちなみに同年の大賞は「ゲゲゲの〜」、トップテンには「〜なう。」「AKB48」などが選ばれている。

それを聞くと時の流れの早さを感じずにいられないが、いまだに食べるラー油の人気は健在なう。何なら、杜の都(もりのみやこ)こと宮城県仙台市では、進化した形で売られていた。なんと牛タン入りだ!

・嵐の番組などで紹介された商品

記者が「牛タン仙台ラー油」を発見したのは、仙台駅構内のお土産ショップを訪れたときのこと。あらかじめ地元の人から「ラー油が美味しくて、お土産にもオススメ」と情報を得ていたのだが、実際に商品を見てビックリ! そう……

『嵐にしやがれ』で紹介されましたとあるではないか!!

しかも、販売元の「陣中」の公式サイトを調べたところ、最近『マツコ&有吉かりそめ天国』でも紹介されたらしい。過去を遡れば『ペコジャニ8』『大食い女子決定戦』など、テレビで取り上げられまくり!

これはぜひとも試してみたい……とすぐさま買いたい衝動に駆られたが、まずはお客さんがどれくらい買うのかウォッチングしてみた。1人、2人、3人……次々にお客さんが来店し、飛ぶように売れていく。750円とそこそこ値段するのに、みなさんお構いなしだ。

しかも老若男女が買っていくあたり、さすが嵐効果……いや、マジでウマいからこそ買っているのだろう。ちなみにラインアップは「仙台ラー油」とその「辛口タイプ」。そしてせっかくなので、どう考えてもウマそうな「仙台みそ南蛮」「仙台そぼろ」も買ってみた。さてさて、お味はいかに!

・白米と食べてみた

まずはオーソドックスな「仙台ラー油」から。具の9割が牛タンという贅沢な一品で、ホカホカ白米との組み合わせは天国へ行けるだろう。とりあえず一口……

あ、あれっ、意外と普通の「食べるラー油」じゃね……?

と最初こそ思ったが、記者の貧乏性が牛タンラー油のポテンシャルを引き出せていないだけだった。というのも、実際ケチらず豪快に乗せて食べたら素直にGood。牛タンから肉の甘みがジュンジュワーと溢れてきて、白米をかき込めば……この世の幸せである。牛タンとラー油、それらと白米のコンボが抜群すぎる。考えた人、天才か!

次に辛口タイプを食べてみることに。容器の中を覗き込めば、紅に染まっていてすでにウマそうだ。分かる……これって食べなくてもウマいことが分かる……

と言いつつも食べるのだが、これまたピリリッとしたアクセントが素晴らしい。まあまあ辛いので好みが分かれると思われるが、刺激のある牛タンラー油も白米で死ねるくらいウマい。あと「仙台そぼろ」は、思った通り米との相性が天井をつけ抜けるくらい良かった。これ、米三合はイケるやつ!

・ライザップサラダと食べてみた

唯一、食べ方に困ったのが「仙台みそ南蛮」。これに関しては野菜系かなってことで最近話題のライザップサラダと食べてみたが、想像以上にピリッとしていてザップのヘルシーさを食ってしまう。ご飯でも試してみたが、温野菜のディップなどの方が相性良さそうだった。それにツマミでお酒なんて組み合わせがベストかも。

・通販でも買える

食べてみると売れているのも納得だった「仙台ラー油」。販売元である陣中の直営店舗は県内に6店舗。高速道路SAなどでも購入が可能だ。また、通販もやっているので気になる人は試してみるといいだろう。食べるラー油ファンは要チェケラ!

参考リンク:陣中オンラインショップ
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ギネス認定された「博多通りもん」を初めて食べてみたら、切なさのあまり泣きそうになった

2019年6月、福岡名物「博多通りもん」の名が、朗報とともに日本全土を通り抜けた。「最も売れている製菓あんこ饅頭ブランド」として、ギネス世界記録に認定されたのだ。年間生産数は6400万個、去年の売り上げは75億円以上にものぼり、その驚異的な数値には「饅頭ヤバい」の念を禁じえない。

そんな「通りもん」だが、名前を知っていても食べたことはないという方も意外に多いのではなかろうか。かく言う筆者も「通りもん」は未体験だ。今回ギネス認定の報を受け、「そんなにすげぇなら食いてぇ」という想いに駆られたので、初実食を試みることにした。

・複雑な想いの果てに

折しも創業90周年を迎えた老舗和菓子メーカー「明月堂」の人気No.1商品、それが「博多通りもん」である。福岡土産の定番として親しまれているが、裏を返せば、物産展やネット販売などを除くと、福岡市とその近郊でしか手に入らない微レア商品でもある。

入手方法が限られているのは、「博多らしさを大切にしたい」という明月堂のこだわりゆえだ。こだわりを貫いたうえでのギネス達成と考えると激しくシブい。

ともかくそんなわけで、東京に住む筆者は「明月堂」楽天市場店で「通りもん」を購入し、実物との対面を果たした。

だが、この期に及んで筆者の心模様は複雑だった。ギネス認定の美味しさに期待する一方で、美味しさが判明した時の 「こんなにヤバウマなお菓子を長年スルーしていたなんて」ショックに耐えられるか、不安で仕方なかったのである。

「美味しいんだろうなぁ、楽しみだなぁ」と「まあまあな味であってくれ」が奇妙に渦巻く中、「通りもん」の箱を開ける。

外箱にも個別包装の袋にも、人の踊る姿のイラストが描かれていた。これは「通りもん」の由来となった「博多どんたく」という博多名物の祭りにちなんだものだ。人々が祭りの最中に三味線を弾き、笛や太鼓を鳴らして練り歩く様子を、博多弁で「通りもん」と呼ぶのである。

歴史と伝統に裏打ちされた商品というわけだ……しかし、だからといって美味しいと決まったわけではない……でも、きっとメチャクチャ美味しいんだろうな……。

袋に入った「通りもん」を怪訝(けげん)な目でにらみつつ、舌なめずりはする。食べる前から心身の調子がおかしなことになっているが、この先どうなってしまうのか。

袋を取ると、つやつやと輝くような美しい薄皮がお目見えした。しかしそれが美味しさにつながるとは限らない。

饅頭を半分に割ったなら、たっぷりと詰まった白あんが顔を出して食欲をそそる。よだれが分泌される。実に美味しそうだが、まだわからない。微妙な味かもしれない。いやもういい、食べればわかる。

一口食べて、目をつむって味を噛みしめる。口の中に広がったのは、上品な白あんの味。そして、そこへ織り込まれたバターや練乳、生クリームの味だ。複数の甘さが一息に味覚へ流れ込んでくる。

それでいて甘すぎず、あっさりとしすぎてもいない。ほどよい和洋折衷の味わいは、外交の玄関口となって舶来品を受け入れた、在りし日の博多の風景を思わせるようでもある。

ふんわり柔らかな皮の食感と、白あんのとろけるような口溶けも特徴的だ。よりいっそうこちらを味の深みに引きずり込んでくれる。偶然などではない、研究し尽くされた調和を饅頭全体から感じる。

つまり……まあ、したがって……

メッッッッッッチャ美味いッス……

何だよこれ……メッチャクッチャ美味しい……。いろいろこざかしい理屈をこねたが、そんなの関係なくただただ美味しい……。

いくらでも食べられる中毒性があるし、万人に通用する味だと思う。さすがはギネス認定品。人気のお土産というのもうなずける。これを人に渡せば、大抵のことは上手く行くに違いない。

心の中に「美味しい」が吹き荒れる。それと同時に、案の定「どうして今まで食べてこなかったんだ」という悔しさも湧いてきた。どうして……なぜ私は……。周りの人もこの美味しさを教えてくれればよかったのに。初等教育で教えてくれこんなの。

いや……単に私の知見が狭かっただけだ。もっと言えば交友関係も狭かっただけ……うぅ、切ねぇ……。

切なさで泣きそうになるが、饅頭を食べる速度は増す一方。「食べたい」気持ちが負の感情に勝っている。喉に押し込む勢いで口に運ぶ。

あぁ、美味しい……「通りもん」すごい……でもやっぱり、少し切ねぇ……

・とにかく出会えてよかった

とまぁ、うだうだ言ってしまったが、初めての「通りもん」はとにかく絶品だった。自制しなければ箱に入っている饅頭全てを食べ尽くしてしまいそうなほどだった。最終的には「出会えてよかった」と思えたので、未実食の方はぜひこの機会に「通りもん」を味わってみてほしい。

「通りもん」に限らず、この日本には自分の知らない絶品がいくつも存在しているのだろう。筆者もこれを機に知見を深めていきたいと思った次第だ。「人生という祭りを楽しめ」と、「通りもん」が教えてくれた気がする。

参照元:明月堂楽天市場NHKニュース
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24