大満足のリノベ!アメリカンアンティークや古着コレクションに囲まれて暮らす

キッチンから目が届くリビング

ごくシンプルな2LDKの中古マンションを、スキップフロアのある1LDKに大胆にリノベ。夫が趣味で集めてきたアメリカンアンティークや古着コレクションに囲まれた楽しい空間です。
キッチンとウォークインクローゼット、さらにその先の寝室まで内窓でつながりを持たせ、一体感も開放感もある住まいにリノベしました。さっそく見せていただきましょう。

家じゅうを見渡せる対面式キッチン

腰壁をヘリンボーン張りにしたキッチン

「家族の顔がいつでも見られるように」という思いから対面式にしたキッチン。そこに立つと、リビングでくつろぐ家族の姿を見られるのはもちろん、ウォークインクローゼットやその先の寝室まで視線がスッと抜けていきます。

カウンターに腰掛けると、個性的な内窓の先に夫自慢のアンティークコレクションが広がり、まるで大きなショーケースを見ているかのよう。

キッチン背面のオープン収納

キッチン本体側の収納は、ひと目で中のものを見渡せる引き出し式。逆に、キッチン背面のカウンター収納はオープンタイプに。ゴミ箱用のスペースも確保しています。

ステンレス天板のガスコンロ

ステンレス天板のマットな質感が印象的なガスコンロは使い勝手も良好。

躯体現しとむき出しのダクトでインダストリアルな雰囲気に仕上げたキッチン

躯体現し&配管むき出しの天井とあいまって、キッチンはインダストリアルな雰囲気に。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫30代 妻30代 長女

▼リノベを選んだ理由
夫が趣味で集めてきたアメリカンアンティークを飾ったり、好きな古着をゆったり収納したりできるスペースが欲しかったから

▼住宅の面積やコスト
専有面積/55.64㎡ 物件価格/3150万円 工事費/約1200万円(税・設計料込み)

リビングには自慢のアメリカンアンティークを散りばめて

アメリカンアンティークが並ぶリビング

夫の好きなアメリカンアンティークが並ぶリビング。鉄道の枕木で作られたというテレビボードも、この空間にマッチしています。

窓際のコレクションスペース

窓際のハンギングバーにも雑貨をセンスよくディスプレイ。

蛇腹状のボディが印象的な照明

個性的なアイテムが集まるリビングでひときわ目を引くのは、1920年代に使われていたという照明。蛇腹のボディが印象的です。

靴や洋服コレクションは見せる収納に

大容量のオープンなシューズラック

アメリカンアンティークのみならず、靴や洋服のコレクションも多い宇川邸。玄関には大容量のオープンなシューズラックを造作しました。

「リノベーションしたお宅を見学して、絶対取り入れたいと思ったんです」(夫)

アメリカの映画館で使われていた照明

玄関の天井には、「EXIT」と文字の入った照明が。1990年初期に映画館の出口などに用いられていた照明をアメリカから取り寄せたそうです。

夫の古着コレクションが並ぶウォークインクローゼット

玄関からまっすぐに伸びる土間仕様の廊下の先には、ウォークインクローゼットを配置。「昔は古着屋をやりたかった」というほど古着が好きな夫専用スペースになっています。

寝室は床を80㎝ほど上げた小上がりで収納量を確保

寝室は小上がりで収納を確保

寝室の一部は床を80㎝ほど上げて小上がりに。その下は奥行きのある収納になっていて、使用頻度の低いものを収納しています。当初は壁にクロスを貼る予定でしたが、躯体の雰囲気がよかったので、そのまま残すことに。

ダイニングが望める寝室

「朝起きて、内窓越しにキッチンにいる妻と子どもの姿が目に入る瞬間が好きです」と夫。寝室の内窓は開閉できるので、光や視線だけでなく、風も通してくれます。

床を黒系タイルで統一したサニタリー

サニタリーは寝室に隣接させました。TOTOのスクエアな洗面ボウルをベースに、ゆったりとした洗面台を造作。床をすべて黒系のタイルにすることで、統一感を出しています。

カウンターを採用して食卓をコンパクトに

「経営しているハンバーガー店の内装も同じような雰囲気なので、そのときの経験が生かされました」という夫妻。家じゅうどこにいても好きなものが眺められる空間に大満足しているようです。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション後の間取り図

リノベーション前リノベーション前の間取り図

リノベーション後

プロデュース・設計/リノベる。
物件探しや住宅ローンの相談、設計・施工、インテリアコーディネートの相談まで、専属スタッフがトータルサポート。累計3000戸以上の住宅設計・施工実績を有している。北海道から九州・沖縄まで全国に展開するショールームは、リノベのイメージをつかみやすいと好評

撮影/小川 聡 ※情報は「リライフプラスvol.39」取材時のものです

Source: 日刊住まい

アーリーリタイアして郊外へ。海外みたいなインテリアのマンションリノベ事例

白い壁面収納のあるリビング

この家に暮らすのは、親の介護が終わって、アーリーリタイアを機に郊外へ住み替えることにした吉田さん。「ここを終の棲家にしたい」という思いでリノベーションした住まいは、各部屋のスペースをゆったりと取ってバリアフリーに。

開放感のある明るいリビングダイニングは、海外のインテリア雑誌などを参考に、自分の好きなモノが飾れる空間に仕立て上げました。さっそくリノベ後の住まいを見せてもらいましょう。

海外のインテリアをヒントに大型の壁面収納をデザイン

本や食器、初期の古いマッキントッシュ…。これまでの人生で吉田さんが巡り合ってきた思い入れのあるモノたちが、モンドリアンの絵画のような独特の白い壁面収納の中に収められています。

この壁面収納は、吉田さん自身が収納するモノ一点一点をイメージしながら、自らデザイン図面を起こし、家具職人に制作を依頼したというから驚きです。飾るものに応じてひとつひとつ棚の高さや幅を決めました。

ソファが配置されたリビング

海外のリノベーション事例を参考に、インテリアのイメージをつくっていきました。

壁面収納のレイアウト

壁面収納のレイアウトは、飾りたいものを吉田さんがイメージし、グラフィック専用ソフトで描いたものをベースに設計してもらったそうです。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
本人50代

▼リノベを選んだ理由
親の介護が終わって、アーリーリタイアを機に郊外へ住み替え。妹に誘われて訪れたリノベーション会社・ブルースタジオのオープンルームで、定額制セレクトオーダー「TOKYO*STANDARD」の存在を知り、そのクオリティと自由度の高さに魅力を感じ、リノベをすることにした

▼住宅の面積やコスト
専有面積/68.21㎡ 築25年(1995年7月築) 工事費 1110万円(税・設計料込み)

無垢のフローリングを塗装して、海外風のニュアンスに

好みの色に仕上げたフローリング

床の色はこだわった部分のひとつ。無垢のフローリングに塗装して色味を調整し、好みの色に仕上げました。

PCのディスプレイがきれいに収まるように造作したワークスペース

ワークスペースはPCのディスプレイがきれいに収まるように造作。

ニューヨークのグラフィックデザイナーの作品

吉田さんが現役のデザイナーだった頃に一目ぼれしたという、ニューヨークのグラフィックデザイナーの作品。インスピレーションを受けた思い出の品です。

マットブラックの面材がシックなキッチン

マットブラックの面材がシックなキッチン。調理のしやすさを考えて調理台がコンロより低くなっています。

イタリア製のルーバー収納のつまみ

随所にさりげなく海外製のパーツを取り入れています。ルーバー収納のつまみはイタリアのもの。

リビングダイニングの扉のレバーハンドル

質感と色味が美しいリビングダイニングの扉のレバーハンドル。

玄関土間の床はイタリア産の大理石で、洗練された雰囲気に

床をイタリア産の大理石で仕上げた玄関土間

家に入ったときに視界が開けるように玄関土間をつくり、収納棚も造作。床はイタリア産の大理石で仕上げて洗練されたイメージに。ガラスブロックの壁の向こうは寝室になっています。

デッドスペースを活用して造作された棚

デッドスペースを活用して造作された棚には、スーツケースや防災グッズ、玄関回りのものを収納。

シェルフとガラスブロックで仕切られた寝室

寝室のシェルフは玄関との間仕切りの役割も。上部はガラスブロックで光が入るようにし、下部は見えないように本棚にしています。

雑貨が飾られたシェルフ

シェルフに飾るものを替えたり、ときどき並べ替えたりするのも、楽しみのひとつです。

トイレと洗面は同じスペースにして、ホテルライクな仕様に

ホテルライクな印象の洗面台

寝室の近くにサニタリースペースを配置して動線をコンパクトに。ホテルライクな印象の洗面台は、デンマーク製のヴィンテージの鏡のフチの色に合わせて造作しました。

洗面と同じスペースにあるトイレ

空間にゆとりを持たせるために、トイレと洗面は同じスペースに。トイレットペーパーはひとつひとつ飾るように収納しています。

寝室前の書棚

寝室前の書棚は、本の高さを測ってジャストサイズで造作。おもに寝室で読むための本を収納しています。

談笑する吉田さん(写真右)と妹さん

談笑する吉田さん(写真右)と妹さん。「好きなモノを飾って、いつもそれを眺められる。今までやりたかったことがかなえられた、というのが一番の喜びです」と話してくれました。

間取り図(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図

リノベーション前

リノベーション後の間取り図

リノベーション後

設計/ブルースタジオ
中古購入+リノベーションのパイオニア的存在。不動産と設計のプロが組み、街探しから始まるリノベーションをワンストップでサポートする。団地リノベや街のブランディングなどの実績も豊富で幅広い。定額制セレクトオーダーの「TOKYO*STANDARD」も好評。

※情報は「リライフプラス vol.38」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

フレンチブルドッグ3頭がリビングやバルコニーでのびのび!愛犬喜ぶマンションリノベ

LDKでくつろぐ家族と愛犬たち

愛犬たちと快適に暮らすために、築浅のマンションをリノベーションした小池さん。3頭のフレンチブルドッグと暮らしています。
滑りにくいフロアタイル敷きの床、ペット用カートが出し入れしやすい玄関土間、遊び場にもなる広々としたバルコニーなど、愛犬たちの過ごしやすさや安全性に配慮。
愛犬たちも家族も、みんなが心地よい空間を実現しました。さっそく見せていただきましょう。

フラットで開放的だから愛犬も家族ものびのび!

極力家具を置かないようにしてスッキリとさせたLDK

LDKは愛犬たちのために極力家具を置かないようにしてスッキリとさせています。テレビは壁付けにし、コード類を壁の中に隠しているので安心です。

また、床は滑りにくいフロアタイルを敷いてフラットに。年を重ねて日々の散歩がつらくなってきた愛犬たちにとって、LDKは格好の運動の場となりました。

造作したデスクのあるリビング

LDKに隣接していた洋室の壁を撤去し、リビングスペースを広げました。造作したデスクでは、長女が勉強をしたり夫が作業をしたりするときに活用しています。

室内とフラットにつながるバルコニー

バルコニーに出ると、開放的な空間が広がります。室内とフラットにつながるので、愛犬たちの出入りもスムーズ。アウトドアリビングのような雰囲気です。

愛犬と家族を見守れる、清潔感あふれるキッチン

白で統一した清潔感あふれるキッチン

換気扇や冷蔵庫などを白で統一した、清潔感あふれるキッチン。

ヘリンボーン柄のフロアタイルで仕上げたキッチンの床

キッチンの床は、ヘリンボーン柄のフロアタイルに。すべりにくく、メンテナンスがしやすいというメリットがあります。

室内窓を設けたキッチン背面の壁

キッチン背面には室内窓を設け、隣のドッグルームをのぞけるように工夫されています。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫40代 妻40代 長女

▼リノベを選んだ理由
使いにくかった開き戸を引き戸に替えることへの検討を機に、愛犬を含め家族全員に最適な環境をつくりたい、とリノベーションをスタート。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/70.34㎡ 工事費/858万円(税・設計料込み)

玄関土間の隣にドッグルームを。快適&安全に暮らす工夫がいっぱい

ペットカートごと入れる広い玄関土間

玄関はペット用カートのまま入れるよう、ゆったりとした土間仕様に。玄関土間の隣にはドッグルームがあります。間仕切りがないので、出入りがスムーズ。

空気清浄機を設置できるスペースを確保した玄関土間

玄関土間には空気清浄機を設置できるスペースを確保。リビングから玄関までしっかり風が流れるよう間取りや仕切りの配慮をしたうえで、空気清浄機も活用しています。

ペットを守るために高い位置に付けたコンセント

巾木は傷や汚れに強いビニール製のものに、コンセントは高い位置に移動しました。

ペットを見守るカメラFurbo

ドッグルームには、動作検知機能付きのモニターカメラ「Furbo」を設置。共働きの夫妻が日中不在にしても、室内の状況が分かるので安心です。

グレーのフロアタイル敷きの洗面室

洗面室の床もフロアタイルに。造作した洗面台は収納もたっぷり。

ペットと寝られるローベッドのうる寝室

寝室のベッドは愛犬たちも一緒に寝られるように、やや低めのものを採用しています。

愛犬たちの食事タイム

家のどこにいても家族と愛犬の気配を感じられる小池邸。フルフラットかつ滑りにくいフロアタイル敷きのLDKで、みんながのびのびと安全に暮らせるようになりました。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション後の間取り図

リノベーション前

リノベーション前の間取り図

リノベーション後

設計・施工/SHUKEN Re
社内に不動産部門を持ち、リノベ向きの中古物件探しからワンストップでの依頼が可能。多彩なプランナーによる高い提案力にも定評がある。自社施工なので、施工体制やアフターメンテナンスも万全。自社の家具工場もあるため、オリジナリティのある造作家具を比較的リーズナブルに実現できる

撮影/小川 聡 ※情報は「リライフプラスvol.39」取材時のものです

Source: 日刊住まい

幅4mの壁付けキッチンでDKを広々プランに。家族みんなで使ってます

家族で並んで使える壁付けキッチン

ゆるやかな曲線を描く壁がアクセントになった住まいで、ひときわ目を引くのがこちらのキッチン。4mというワイドスパンの壁付けで、家族みんなでキッチンに立ってもゆったりと使えます。

あえて対面ではなく壁付けにしたことで、ダイニングキッチンの空間がより広く感じられるように。しばらく住んだマンションをリノベーションして快適に生まれ変わったYさんのお宅を訪ねました。

空間にすっと馴染む家具のようなキッチン

キッチンの壁は躯体現しに
キッチンは暮らしに馴染むよう、木の温もりを感じられる家具のようなデザインに。クールな印象のステンレスのワークトップや躯体現しの壁が空間を引き締めています。

4mというワイドスパンの壁付けキッチンは収納が豊富

収納が豊富なので、キッチンに生活感が出にくく、いつもきれいな状態を保つことができます。

「使っていない部分もあるし、まだ余裕があります」(妻)

ステンレスのワークトップとコンセント

シンクの横にはキッチン家電が使えるようにコンセントを設置。ステンレスのシンクはワークトップと一体になっているので、手入れがしやすく、見た目もスッキリ。

お気に入りの食器などをディスプレイ収納

シンク上の壁面を生かし、棚板を取り付けてお気に入りの食器などをディスプレイ収納しています。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫40代 妻40代 長男 長女

▼リノベを選んだ理由
マンションを購入してしばらくそのまま住んでいたが、家族が集まると窮屈に感じる対面キッチンを不便に感じていた。長女の入学を機にリノベーションを決意。夫の同級生でもある御手洗龍さんに設計を依頼した。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/74.20㎡ 工事費/1936万円(税・設計料込み)

アール壁に囲まれた、風と光が通る空間

曲線がアクセントになったLDK

LDKはゆるやかな曲線を描いた壁で囲まれています。壁はグレーがかった白の塗装仕上げ。上部を開けることで空間に一体感をもたらしました。

造作したソファでくつろぐ長女

窓側にゆったり配置されたソファは造作。下部が収納になっていて、使用頻度の少ないものを収納しています。

各個室には個性をもたせて

アール壁で仕切られた個室

アール壁で仕切られた個室。写真右手は夫、左手は長男の個室です。

壁一面に本棚を造作した夫の個室

こちらは夫の個室。構造柱を利用して壁一面に本棚を造作しました。段ごとに棚板の奥行きを生かし、大小さまざまな本を収納したり、趣味で集めていた小物を飾ったりしています。

ほどよいこもり感がある長男の個室

こちらは長男の個室。ほどよいこもり感があります。

おもに長女と妻が使っている北側のスペース

北側のスペースは、おもに長女と妻が使っています。外の景色がより近くに感じられるように、壁をふかしてアルミサッシが見えないよう工夫しました。

落ち着いたデザインのサニタリー

隣接するサニタリーは、室内の雰囲気に合わせて、落ち着いたデザインとしています。

ダイニングでくつろぐYさん家族

家具調のキッチンや、足触りの良い無垢材など、木の風合いが存分に生かされた住まいは、Yさん家族に格別な心地よさをもたらしています。

間取り図(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図

リノベーション前

リノベーション後の間取り図

リノベーション後

設計/御手洗龍建築設計事務所
1978年東京都生まれ。2002年東京大学工学部建築学科卒業、’04年同大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。伊東豊雄建築設計事務所を経て、’13年御手洗龍建築設計事務所設立。住宅の設計からマンションリノベーションまで幅広く手掛ける

撮影/小川 聡  ※情報は「リライフプラス vol.39」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

45㎡でも家族4人のびのび暮らせるリノベ「この団地に出会えてラッキー!」

壁付けから対面式にリノベーションしたキッチン

東京都内の団地の一室を購入して、リノベーションしたMさん夫妻。価格が手頃で、日当たりも風通しもいいところが気に入ったといいます。
専有面積が45㎡と4人家族には少し狭い気もしますが、実際に訪れてみると面積以上にのびのび暮らせる工夫が随所に施されていました。さっそくリノベ後のM邸を見せてもらいましょう。

キッチンは対面式に。テーブルを横並びにしてスペースを有効活用

ダイニングテーブルをキッチンと横並びに置いてスペースを有効活用

壁付けだったキッチンは、リビング側に水栓&シンクのあるカウンターを設けて対面キッチンに変更。ダイニングテーブルを横並びに配置して、限られたスペースを有効活用しています。

掃き出し窓が2つあり、採光も通風も抜群。窓から大きな桜の木が眺められ、リビングは花見の特等席になるそうです。

既存の掃き出し窓がキッチンを快適に。洗濯動線としても活躍。

対面式キッチンにしたことで、キッチンの突き当りに窓があるレイアウトになりました。外の景色を楽しみながら作業ができて、換気もラクラク。バルコニーに面した窓なので、キッチンの通路は洗濯物を干す動線としても活用しています。

広々と使えるワンルームのLDK

キッチン、ダイニング、リビングの境界があいまいなひと続きのLDKにすることで、どこにいても空間の広さを感じながら過ごせます。天井は躯体現し、梁と柱はグレーに塗装してアクセントにしました。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫35歳 妻37歳 長男5歳 次男0歳

▼リノベを選んだ理由
周辺の小中学校の評判がよく、価格が手ごろで公園も多いことから東京都内の団地の一室を購入。雑誌やHPで見た施工例が気に入ったリノベーション会社「フィールドガレージ」に依頼することにした。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/45.00㎡ 工事費1000万円(税・設計料込み)

LDKの一角には小上がり風のスペースも!

子どもの遊び場にも家族の寝室にもなる小上がりの和室

LDKには、さらに小上がりの畳スペースも!ここは以前は独立した個室でしたが、壁を撤去して畳スペースに一新。昼は子どもの遊び場や昼寝スペース、夜は家族の寝室として大活躍しています。
「キッチンから子どもの様子を見守れるので、安心です」と妻。畳の下部は収納スペースになっていて、45㎡の住まいの収納力をカバーする強い味方です。

雰囲気のある塗装で仕上げたLDKと和室の境界の壁

壁式構造のため、LDKと和室の間仕切り壁はすべてを撤去していませんが、グレーの塗装が雰囲気たっぷり。そしてこの壁の裏側は、パソコンコーナーになっています。

撤去した収納スペースに設けたニッチ風のパソコンコーナー

こちらが既存の収納スペースの一部を撤去して設けたパソコンスペースです。ニッチのようなつくりで、コーナーを上手に使って収納スペースも確保。内部だけブルーの壁紙を使っているのがおしゃれです!

唯一の個室は多用途ルームとしてフレキシブルに活用中

収納や家事室として使っている多用途ルーム

玄関のすぐ横にある、M邸唯一の個室は「多用途ルーム」。現在は収納や妻の家事室として活用していますが、いずれ2段ベッドを置いて子ども部屋にする予定です。

有孔ボードでDIYしたお出かけ用アイテムの収納スペース

多用途ルームの壁の一面には、よく使うバッグと帽子がずらり。Mさん夫妻が有孔ボードを使ってDIYしたものです。玄関のすぐ横の部屋なので、お出かけの準備がとってもスムーズ!

ブルーの壁紙のパソコンコーナーが正面に見える玄関

玄関からLDK方向を見たところ。正面のパソコンコーナーのブルーに目が留まり、奥行き感を感じさせます。右手にはオープンな靴用の棚を造作。左手には多用途ルームが続きます。

スペースを有効活用して水回りもゆったり

在来工法で大きな浴槽のある浴室に

浴室は在来工法で美しく変身。「もともとスペースが狭く、ユニットバスだと小さいサイズしか入らない。でも、どうしても広いお風呂にしたかったので、在来工法で大きい浴槽を入れました」と夫。

ブルーのタイルが映える在来工法の浴室

白いタイルの空間に、一面だけ採用したブルーのタイルがよく映えます。既存の窓もそのまま生かしているため、明るい空間になりました。

洗面室とオープンにつながる浴室

浴室と洗面室がオープンにつながる間取りもスペースの有効活用のアイディアです。シャワーカーテンで仕切ることができる浴室エリアの手前にシャワーコーナーがあり、奥に浴槽が設置されています。廊下との間仕切り壁に室内窓を付けられたのも、在来工法の浴室ならでは。

トイレと一体にした造作の洗面台がある洗面室

浴室の手前側には、洗面室とトイレがあります。水回りはスリーインワンとし、限られたスペースでもゆったり使える工夫をこらしました。造作の洗面台は収納を上部に集中させて、カウンターや下部はすっきりさせています。

オープンな靴用棚を造作した玄関

「環境抜群で予算は当初の半分。この物件に出会えてラッキーでした」とMさん夫妻。リノベで広々&暮らしやすく変身させて、団地のメリットを120%享受しながら、家族4人で快適な毎日を送っています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図リノベーション前

リノベーション後の間取り図リノベーション後

設計・施工/フィールドガレージ
自由な暮らしを提供したいという思いから、2004年にリノベーション専門の設計事務所を設立。現在は工事の請負、不動産仲介も手掛け、リノベ向きの物件探しからローン審査・売却、賃貸管理のお手伝いまでトータルにコーディネートしている

撮影/山田耕司 ※情報は「リライフプラスvol.21」取材時のものです

Source: 日刊住まい

長さ4.5mのキッチンに大容量ウォークインクロゼットも。家事をしやすくリノベ

LDKでくつろぐ夫妻

築33年の中古マンションをリノベーションする際、Iさん夫妻が希望したのは、家事がしやすい住まいであること。
長さ4m50㎝、奥行78㎝のオリジナルキッチンは使いやすく収納もたっぷり。LDKの隣に設けたウォークインクロゼットや玄関の正面に設けた収納は大容量で動線も良好。
忙しい共働きの夫妻が快適に暮らせる工夫が詰まったIさんのお宅を見せていただきましょう。

キッチンは扉の材質や枚数にもこだわり、スッキリと

長さ4m50㎝、奥行78㎝のオリジナルキッチン

長さ4m50㎝、奥行78㎝のオリジナルキッチン。無垢材の床とテイストを合わせ、食洗機の扉も他の扉と材質を揃えて統一感を出しました。扉の数が最小限なので、空間がスッキリと見える効果も。

レンジフードの排気ダクトの通し方にも工夫し、空間をスッキリとした印象に。梁の部分はあえてコンクリートの躯体現しにすることで、空間にメリハリをつけています。

整理をしながら収納できる二重引き出し

引き出しは二重引き出しになっていて、大きいモノから細かいモノまで、整理をしながら収納できます。「道具をバッと広げられるし、必要なモノがすぐに取り出せるので、大好きなお菓子づくりも以前より気軽にできます」と妻。

壁の厚さを生かして造作したニッチ

キッチンの横は壁の厚さを生かしてニッチを造作し、調理家電や料理本などを収納したり、パントリーとして活用したり。誰が見てもしまってあるモノが一目で分かり、友人たちからの評判も上々です。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫30代 妻30代 長女

▼リノベを選んだ理由
共働きのため、家事全般がしやすいスッキリした家にしたかった。いちばんの希望は大容量のウォークインクロゼット。夫と妻で左右を使い分けできるようにした

▼住宅の面積やコスト
専有面積/81.44㎡ 築33年(1987年8月築)

仕切りをなくし、明るくて広いLDKに

天井を躯体現しにして開放感を出したリビング

リビング側は天井を高く見せるために、躯体現しにして開放感を出しました。テレビ側には新しく壁を設けて、コード類が外から見えないようにしています。

仕切りのない空間でくつろぐ夫妻

仕切りのない空間でくつろぐ夫妻。窓からは明るい日差しがさんさんと差し込み、心地良さを誘います。

幅広のオークフローリングを寄せ木風のヘリンボーン貼りに

夫が海外のリノベ事例から着想を得たという床。幅広のオークフローリングを寄せ木風のヘリンボーン貼りにしています。

窓際の観葉植物が空間をよりやさしい雰囲気に

窓際の観葉植物が空間をよりやさしい雰囲気に。「これからは、観葉植物やインテリア小物も揃えてもっと暮らしを楽しみたい」と夫。

LDKの隣に念願だった大容量のウォークインクロゼットを

LDKの隣に大容量のウォークインクロゼットを設置

「以前の家では、寝室のクロゼットを2人で使っていましたが、不便さを感じていました」と、共働きならではの悩みもあり、LDKの隣に大容量のウォークインクロゼットを設置。夫と妻で左右を使い分けています。

また、「見える場所に本を置きたくない」という理由でウォークインクロゼット内に本棚を置いています。

2つの洋室をつなげた寝室

2つの洋室をつなげた寝室は、子どもが大きくなったときには、再び2室に分けられるようにしています。

寝室の一角に設けたワークスペース

寝室の一角にはワークスペースを設けました。壁の一部を躯体現しにすることで、空間にアクセントをつけています。

大きめのクロゼットと、細々としたものが収納できる可動棚を設置した脱衣室

脱衣室には、季節家電なども収納できる大きめのクロゼットと、こまごまとしたものが収納できる可動棚を設置。

床から浮かせるように設置した洗面カウンター

床から浮かせるように設置した洗面カウンターは、廊下を広く見せる効果が。ふたり同時に身支度できるように幅の広い鏡を選びました。

白のモザイクタイルでスッキリと清潔感のある印象に仕上げた洗面カウンター

白のモザイクタイルでスッキリと清潔感のある印象に。

ウォークスルー収納で、玄関から部屋までの動線がスムーズ

玄関の正面に設けたウォークスルーの収納

玄関の正面には、部屋から玄関までの生活動線を意識して、ウォークスルーの収納を。靴がたっぷり入る収納には、外出から帰った際にさっと上着が掛けられる工夫もされています。

玄関の正面に間仕切り壁を設けて、玄関側と部屋側の両方から出入りができる収納を造作

玄関の正面に間仕切り壁を設けて、玄関側と部屋側の両方から出入りができる収納を造作。壁面への間接照明の当て方にもこだわっています。

Iさん夫妻は、適切な場所に収納がきちんと確保され、好みのインテリアも実現した住まいでの暮らしを楽しんでいるようです。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図
リノベーション前
リノベーション後の間取り図
リノベーション後

プロデュース・設計/EcoDeco
中古マンションリノベのワンストップサービスのパイオニア。全コーディネーターが不動産探しから設計まで一貫して担当。不動産と設計のプロとしての知識と経験を併せ持ち、内見時には両方の視点からアドバイスができる。施工会社はコンペ形式で、公平性がある。福岡オフィスもあり

撮影/小川 聡 ※情報は「リライフプラス vol.38」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

妻のワーススペースに夫の趣味室。ひとりの時間に没頭できるマンションリノベ

玄関横の個室をリノベで妻のワークスペースに

妻がフリーのフォトグラファー、夫が会社員の長谷川さん夫妻。購入した中古マンションをリノベーションした時に、妻専用のワークスペースをつくりました。以前は洋室だったその場所は、玄関ホールとオープンにつながる土間空間に一新。

テレワークが普及し、自宅にワークスペースが欲しいという希望が増えている今、参考にしたい長谷川邸のケースを紹介します。

4畳弱でも機能的!パソコンも機材も置ける土間空間が妻の仕事場

玄関土間を拡張して設けた妻のワークスペース

玄関近くにあった洋室を撤去して設けた妻のワークスペースがこちら。床は玄関ホールから続く土間仕上げです。

4畳に満たないコンパクトなスペースですが、妻が快適にパソコンでデータ処理作業ができ、造作棚のおかげで撮影機材もすっきり収納できます。

機材などを収納できる造作の棚

大小さまざまなサイズの造作棚に、撮影機材がきれいに納められています。事前にしまうものをリストアップして、それらに合わせて設計しました。

上部の扉付きの部分には、書類やストック品を収納しています。「入れるもののサイズに合わせてつくってもらったので、使いやすいです」と妻。

床の傷や汚れを気にしなくていいのがメリットの、土間仕上げの床

床の傷や汚れを気にしなくていいのが土間空間のメリット。「機材を持ったまま出入りができるのも便利です」と妻。昼間は明るく居心地がよく、いちばんのお気に入りの場所になったとか。

パソコンでのデータ処理に重宝するデスクスペースも完備

撮影した画像の調整や整理など、細かいデスクワークをすることが多いという妻。専用のデスクスペースを確保でき、作業がここだけで完結できるようになりました。

実は妻はリノベ前、「作業はキッチンや寝室の片隅でできればいいかな」と思っていたそう。リノベでLDKとは切り離されたワークスペースができ、オンとオフの切り替えが容易になりました。

照明は土間空間に似合う屋外用のものをチョイス

レトロな味わいのブラケットは、あえて屋外用の照明器具をチョイス。土間と相性がよく、どこかの街角のような印象を演出しています。一方、デスク回りを照らす天井の照明は、機能性重視で蛍光灯にしました。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫36歳 妻37歳

▼リノベを選んだ理由
それまでは2DKの賃貸マンションに暮らしていた長谷川さん夫妻。手狭だったため、もう少し広い持ち家を、と考えるように。希望していた「ゆったりくつろげるリビング」が叶えられそうな約74㎡、3LDKの中古マンションを購入。細切れだった間取りを広いリビングのある間取りに一新するため、リノベーションを行った。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/74.05㎡

妻のワークススペースの隣には、夫の趣味室も実現

ギター演奏などを楽しむ夫の趣味室

リノベで妻専用のワークスペースを設けたのと同時に、夫専用のスペースも実現!ギター演奏などを楽しめる夫の趣味室を妻のワークスペースの隣に設けて、2室を室内窓でつなぎました。

コンパクトながらも夫婦それぞれに専用スペースができ、一人で過ごす時間も充実。それぞれが仕事や趣味に没頭していても、室内窓を介してお互いの気配が適度に伝わります。

既存の和室を撤去して、ゆったりくつろげる広々としたLDKに

既存の和室をとり込んで、ゆったりくつろげるリビングにリノベ

居住空間で長谷川さん夫妻が叶えたかったのは「ゆったりくつろげるリビング」。元のLDKスペースに隣接した和室を取り込んで広さを確保しました。床にはダメージ加工のパイン材を採用してラフな印象に仕上げています。

白く塗装したコンクリートブロックを用いたキッチン

白く塗装したコンクリートブロックの腰壁や、コンクリート板のテーブルで構成された個性あふれるキッチン。

吊り戸棚も備えた背面カウンターや、エキスパンドメタル板(メッシュ状の金属板)の吊り棚も設置し、収納量も十分です。

撮影の背景に使えるように塗装仕上げにしたダイニングの壁

自宅で人物や小物の撮影をすることもあるため、ダイニングの壁は下地のコンクリートが透ける程度に塗装。質感のある背景として使えるようにしました。

隣接する寝室と室内窓でゆるやかにつながるLDK

チェッカーガラスの室内窓は、隣接する寝室とLDKを緩やかにつなぎます。室内窓の高さは、リビング側にディスプレイラックとターンテーブルを置く前提で決めました。

個室や水回りにはこだわりの建具&内装材をセレクト

隣接するLDKから空調の冷気&暖気を得られるように縦軸回転タイプの室内窓を採用した寝室

ベッドを置ければ十分と考えて、ミニマルな空間にした寝室。隣接するLDKから空調の冷気や暖気を得られるように、縦軸回転タイプの室内窓を採用しました。

広めに設計したウォークインクロゼット

衣類などの収納を1か所に集約できるよう、広めに設計したウォークインクロゼット。床はLDKと同じダメージ加工を施した無垢のパイン材を採用しています。

白いタイルと黒のパーツでシャープなイメージに仕上げた洗面室

白い長方形タイルを馬目地貼りで仕上げた洗面室。アイアンの棚やタオル掛け、黒く塗装した木枠のミラーを合わせて、シャープな雰囲気にまとめました。

壁を馬目地貼りのタイルで仕上げたトイレ

トイレの壁も長方形タイルを馬目地貼りに。タイルでまとめた空間の雰囲気を生かすため、吊り戸棚などは設けずに収納はシンプルなラックのみにしました。床は「市松模様が大好き」という妻の希望を反映しています。

床を市松模様に並べたPタイルで仕上げた洗面室

打ち合わせを進めるなかで「ワークスペースもつくれる」とプランナーが提案してくれたおかげで、妻がオンとオフの切り替えをしやすい住まいになった長谷川邸。当初からの希望だった広々としたLDKも叶えられ、暮らしの質が格段に上がりました。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図
リノベーション前

リノベーション後の間取り図
リノベーション後

設計・施工/リボーンキューブ
京都を中心にリノベーションの企画・設計・施工を手掛け、代表の荒井弘さんがデザインを担当。不動産の売買・仲介もしており、中古物件探しからプランニング、住宅ローン斡旋、アフターサービスまでトータルにサポートする。 IKEA キッチン正規取扱店でもある

撮影/山田耕司 ※情報は「リライフプラスvol.21」取材時のものです

Source: 日刊住まい

ギャラリーのような空間にリノベ。愛着あるモノを眺めながら暮らす

リビングで会話する夫妻

ともに30代のSさん夫妻リノベのテーマは「静謐」。DIYも取り入れながら自分たちらしい住まいを実現しました。
細かく区切られていた間取りを1LDKに変更。玄関から土間へと続く空間は仕切りをつくらず、自由度の高いフリースペースとして活用しています。
20畳超えの広々としたLDKは大きな窓を生かし、光と風が通る開放的な空間を実現させました。

インテリアが引き立つギャラリーのような空間

ソファでくつろぐ夫妻

シンプルなレイアウトに白、グレー、木目と色彩を抑えた、インテリアが引き立つギャラリーのような空間。アートと並ぶように置かれた壁付けテレビも絵画のよう。

夫がDIYしたフローティングタイプの収納棚

ビデオデッキを収納しているフローティングタイプの収納棚は夫の手づくり。

塗装の白壁と部分的な躯体現しがアクセントに

塗装の白壁と部分的な躯体現しがアクセントに。壁の塗装はDIYで仕上げました。

「カホン」という打楽器の上に植物を置く

植木鉢を置いているのは「カホン」という打楽器。スタイリッシュなデザインでインテリアとしても人気です。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫30代 妻30代

▼リノベを選んだ理由
「シンプルで穏やかな暮らしをしたい」と思っていた自分たちの理想と、担当デザイナーから提案されたリノベーションコンセプト=「静謐」がぴったり合っていたため

▼住宅の面積やコスト
専有面積/75.60㎡ 物件価格/1960万円 工事費/1220万円(税込み、設計料別)

オープン収納で整理上手に

キッチンで作業する夫妻

リビングと向かい合うキッチンは「ちゃんと料理をつくりたかった」という妻の希望で、収納力と使い勝手を重視。食器が並ぶモルタルのバックカウンター内部に無印良品のシェルフを納め、モノに合わせて収納スペースを自由に変えられるようにしました。

「見えることで緊張感が生まれ、整理を心掛けるようになりました。モノも厳選して購入するようになりましたね」(妻)

DIYでしつらえたバックカウンター

DIYでしつらえたバックカウンター。ラフな質感のモルタルの天板が魅力的。その下に無印良品のシェルフが納まります。

手づくりの梅干しやラッキョウ漬けが並ぶシェルフ

シェルフには手づくりの梅干しやラッキョウ漬けなども。

シンクやコンロ下に調理器具を収納できるスペースを確保

シンクやコンロ下には調理器具を収納できるスペースを確保。

やかんやおひつなど調理道具が置かれたシェルフ

好きな器や道具を眺めながら過ごせるキッチンは妻の憩いの場所。やかんやおひつなど、一見無造作に置かれた調理道具にもセンスが光ります。

一枚板の天板を自分たちで選んでオーダーしたダイニングテーブル

ダイニングテーブルは、一枚板の天板を自分たちで選んでオーダー。リモートワークになった夫の作業場としても活躍しています。

豆から挽いた本格的なドリップコーヒーを淹れる夫

仕事の合間の休憩タイムには、夫が淹れる豆から挽いた本格的なドリップコーヒーを。

コーヒーを楽しむ妻

ダイニングテーブルのペンダントライトはやわらかな光が気に入り、行きつけのショップで購入したもの。

夫がコレクションしているCDを収めたシェルフ

夫がコレクションしているCDを収めたシェルフはキッチン収納と同じく無印良品のもの。

見え隠れのバランスが絶妙なクロゼット

ウォークスルータイプのクロゼットを配置した玄関のフリースペース

玄関のフリースペースにはウォークスルータイプのクロゼットを配置。双方向からアクセスできる本棚が間仕切りも兼ねています。

クロゼットで洋服を選ぶ妻

クロゼットには日常的に使う洋服のみを厳選して収納。ギャラリーのようなスペースに合うよう、インテリア性の高い目隠しカーテンを設置し、ショップのディスプレイ風にコーディネートしています。

スツールを置いた土間

土間に置いたスツールは夫のリラックスタイムの必需品。

ランドリールームを兼ねた洗面室

洗面室はランドリールームを兼ねたスペースに。躯体現しの壁でインダストリアルなムードを演出しました。

白を基調にしたサニタリースペース

サニタリースペースは白を基調にシンプルに。

リビングとサニタリースペースの間に小窓を設置

リビングの隣にあるサニタリースペースは日当たりの悪さを解消するため、小窓をつくってリビングからの日差しを取り入れて明るさをキープしています。

玄関横の和室スペースを寝室に

玄関横の和室スペースは寝室に。床下収納を設けたことで小上がりのような段差ができ、茶室のような雰囲気に。

床下収納にオフシーズンの衣類や生活用品を収納

床下収納にはオフシーズンの衣類や生活用品をしまい、整った空間をキープしています。

自宅で過ごす時間が増え、改めて住環境の大切さを実感したという夫妻。「夫がテレワークになり、ずっと一緒に過ごしていてもケンカはほぼしないですね」(妻)。愛着のあるモノに囲まれた静謐な住まい。豊かな夫婦の時間が育まれています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図
リノベーション前

リノベーション後の間取り図
リノベーション後

設計・施工 /nu(エヌ・ユー)リノベーション
一人ひとりの価値観を反映したオリジナリティのある住まい。そして、そこで過ごす“いい時間”の創造をコンセプトに掲げる。リノベ向き物件の仲介はもちろん、設計前にはしっかりとヒアリングを行い、高いデザイン力で家族の理想をカタチに。施工実績は約1000件。

撮影/小川 聡 ※情報は「リライフプラス vol.38」掲載時のものです

Source: 日刊住まい

木、モルタル、レンガ…自然素材を生かしたアメリカ帰りの夫婦の住まい

簡単な食事もとれる大きなカウンターを造作したキッチン

山手線の最寄り駅から徒歩5分という好立地でありながら、窓の外には緑が広がる中古マンションを購入したSさん夫妻。「すべての部屋から緑を眺められるように」という希望を、リノベーションで叶えました。
木、モルタル、レンガ…と、さまざまな自然素材をミックスした内装も、アメリカ暮らしを経験したお二人ならでは。さっそくリノベ後の住まいを見せていただきました。

窓側にあった和室を撤去して、借景を存分に楽しめるLDKに

都心とは思えない借景が広がるベランダ

こちらは、3階にあるSさん宅のベランダとその先に広がる隣地の借景です。取材時は少し寂しい状態でしたが、暖かい季節は緑豊かな景観が広がり、それが物件購入の決め手になったのだとか。もちろんリノベでも、景観のよさを生かすプランが考えられました。

壁をモルタルで仕上げた、景観を楽しめるリビングスペース

以前和室があった場所は、明るく開放的なリビングスペースに生まれ変わりました。窓側にあった和室を丸ごと撤去したことで、窓からの眺めを存分に楽しめるLDKに。壁は部分的にモルタルで仕上げました。「無骨な感じが逆にカッコいいなと思ったんです」と夫。

窓からの景観を楽しめる、大きなカウンターを造作したオープンキッチン

間仕切りのない開放的な間取りに一新したことで、ベランダから少し離れたキッチンで作業をしていても借景が目に入ります。造作カウンターの下部はオープンにして、ゴミ箱などを収納。冷蔵庫を隠すために新たに立てた壁には表情豊かなオランダの古いレンガを貼りました。

木、漆喰、コンクリートと、さまざまな素材が融合するLDK

木、漆喰、コンクリートと、さまざまな素材が融合したLDK。イメージソースになったのは、ラフな素材感をミックスしたブルックリンスタイルのインテリアです。LDKの一角を壁で仕切り、寝室も設けました。

リビングの窓辺に取り付けたハンギングチェア

くつろいで緑を眺められるように、窓辺にはハンギングチェアを設置しました。「休日にここでボーッとするのが好きですね」と夫。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫37歳 妻33歳 長男1歳

▼リノベを選んだ理由
立地のいい緑豊かな借景が楽しめる物件と出会ったものの、水回りの老朽化が激しく、内装デザインも好みではなかったため、自分たち好みにリノベすることを前提に購入した。

▼住宅の面積やコスト
専有面積/82.00㎡ 工事費/1230万円(税・設計料込み。施主支給分は別途)

寝室からも眺望を満喫するため、間仕切りはガラス戸をチョイス

光も景色も取り込めるように、寝室の間仕切りはガラス戸に

こちらは、LDKの一角に設けた寝室。間仕切りに3枚立てのガラス戸を採用して、ベランダからの景観を寝室からも満喫できるように工夫しています。

カウンターデスクや室内窓を設置した寝室

ガラス戸を引き込めばLDKに対して寝室がフルオープンに。奥にカウンターデスクを造り付けて、玄関ホールに面して室内窓も設けました。ベッドも造作したもので、下部はスーツケースなどをしまえる収納になっています。

室内窓のおかげで、玄関や子ども部屋からも借景に目が入る!

室内窓越しに外の景色が目に入る玄関

玄関からLDK方向への眺め。正面にある寝室の室内窓を通して、玄関からも隣地の借景が目に入ります。

味わいのある色で仕上げた玄関の靴収納と子ども部屋のドア

ダークなトーンのブラウンで仕上げた扉が並ぶエントランス。右と中央は靴収納で、ロボット掃除機が入るように下部を少し浮かせたデザインで造作しました。左は子ども部屋のドアで、妻がひと目惚れしたというチェッカーガラスが入ったものをチョイスしています。

玄関ホールに設置したコートハンガーは懸垂もできる仕様に

玄関ホールに設置したコートハンガーは、夫の体力づくりのために懸垂もできる仕様に!左手の室内窓はキッチンと子ども部屋をつなぎます。

室内窓からベランダの借景が目に入る子ども部屋

ベランダから最も遠い子ども部屋からも、室内窓を介してLDKの先の借景の緑が眺められるつくりに。室内窓はタモ材の建具をオールドネイビーに塗装。壁は漆喰、床はオークのフローリング材を選びました。

下部をオープンなデザインで造作した洗面台

床をタイルで仕上げた洗面室。ものの出し入れがしやすいように、洗面台は下部をオープンなデザインで造作しました。洗濯機横のちょっとしたスペースもムダなく収納に活用しています。

漆喰とタイルでシンプルな内装に仕上げたトイレ

洗面室から出入りする間取りだったトイレは、廊下から出入りできるようにしてアクセスしやすいスペースに。壁と天井は漆喰、床は黒のタイルでシンプルに仕上げました。

ガラスの間仕切り戸越しに屋外の景色がのぞめる寝室

マンションの間取りは、全室からベランダからの光、風、眺めを取り込むのは難しいのが一般的です。

間仕切りの少ない間取りに一新して、空間と空間をつなぐ建具も活用しながら、どの部屋からも自慢の借景を楽しめる住まいになったS邸。

ひとつひとつこだわって選んだ味わいのある内装材とともに、この家を居心地のいい場所にしています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図リノベーション前

リノベーション後の間取り図リノベーション後

設計・施工/スタイル工房
高いデザイン性と、自然素材を生かしたリノベーションを得意とする設計・施工会社。物件探しからのワンストップサービスにも対応する。豊富な施工事例とサンプル素材を用意しているショールームは、リノベーションのヒントをつかみやすいと好評。700件以上の豊富な施工事例を掲載し、毎週更新されるサイトも要チェック。

撮影/中村風詩人 ※情報は「リライフプラスvol.20」取材時のものです

Source: 日刊住まい

リノベで3大人気の「大型収納」で、使い勝手よくておしゃれなお宅を拝見

見せる収納も楽しめる、妻がこだわったステンレスキッチンを囲む家族

近ごろのリノベーションで「三種の神器」とも呼べそうなほど人気のスペースが「パントリー」「シューズクロゼット(玄関土間)」「ウォークインクロゼット」。収納スペースが少なかったり、使い勝手が悪かったりすることが多いマンションの収納問題を解決する強い味方です。

こちらのH邸もリノベで「三種の神器」を採用し、暮らしやすい住まいを手に入れました。使い勝手に関するリアルな声もうかがいながら、それぞれのスペースをじっくり見せていただきました。

パントリーは、キッチンからアクセスしやすい場所に配置

開口部をアーチ形にした、キッチンからアクセスしやすいパントリー

アンティークのテーブルを置いた、明るいダイニング。キッチンに近いアーチ形の開口部がパントリーです。

内部を濃紺にすることで扉なしでもスッキリ見えるパントリー

寒色が好きな妻の希望で内部を濃紺の塗装で仕上げて、外から内部が目立たないようにしています。ドアがないオープンなつくりなので、キッチンからのアクセスがとてもスムーズ。パントリーを設けたおかげで、オーダーでつくったステンレスキッチンのワークトップは、常にスッキリと保たれています。

内部を濃紺で仕上げた収納力たっぷりのパントリー

多種多様な調味料類、カゴに入った食材、保存食を入れた大きなビン類、キッチン家電などをすべてパントリーに収納しています。「キッチンのすぐ横で使いやすいし、暗くて貯蔵庫っぽいのが気に入っています」と妻。

キッチンのオープン棚はお気に入りの鍋を見せる収納に

オープン棚にはさまざまなタイプの鍋が整然と並びます。鍋だけを厳選して「見せる収納」にできるのも、パントリーがあるからこそ。

包丁や調味料がサッと取れるように工夫したキッチンのシンクまわり

作業動線を考えて機能的につくられたキッチン。包丁やハサミは、壁のマグネットに貼りつけて収納しているのでサッと使えて便利です。オープン棚にはおそろいのガラス瓶に詰め替えた調味料がずらり。

大きなカウンターのあるキッチンから、リビングダイニングの様子が一目で分かる

キッチンからリビングの奥まで見通せるので、長男がどこで遊んでいても安心。130×90㎝の大きなカウンターは食材を切ったり、こねたり、でき上がったものを置いたりと大活躍しています。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫37歳 妻37歳 長男3歳

▼リノベを選んだ理由
2人目の子どもの出産を考えて広い部屋への住み替えを検討していたときに、同じマンションに93㎡の空室が出て、62㎡の部屋から住み替えることに。細切れになった3LDKの間取りが使いにくそうだったため、入居に合わせてリノベーションすることに

▼住宅の面積やコスト
専有面積/93.20㎡ 工事費/1320万円(税・設計料込み。施主支給分は別途)

シューズクロゼットは、ブーツやコート、外用のおもちゃの収納などに

たたきにヘキサゴンタイルを使った玄関

たたき部分をヘキサゴンタイルで仕上げた玄関。もともと持っていたアンティークの下駄箱をぴったりと納めました。

玄関のたたきからつながるシューズクローゼット

たたきの延長にはシューズクロゼットも設置しました。寝室までタイル敷きの土間が続いていて、アンティークの下駄箱に入らないブーツなどはこちらに収納。コートや子どもの砂場用のおもちゃなど、外用のものも収納するスペースとして重宝しています。

「実は今、2人目を妊娠中なので、これからベビーカー置き場としても活用したいと思っています」(妻)

内部には収納を設けず、2つの大型収納に隣接させた寝室

2室をつなげて広さを確保した寝室。デスク横のドアはシューズクローゼット、ベッドの足元付近の白い引き戸はウォークインクロゼットの出入り口です。「以前からお持ちのインテリアを生かすために、寝室やリビングに造り付け収納は一切つくらず、この2つの収納とパントリーをつくりました」と設計担当の高木亮さん。

両サイドに明かり取りも設けた造作のリビングドア

玄関ホールとLDKの間には、造作したオリジナルデザインの建具を入れました。スリット状にガラスを入れた明かり取りも設けたので、LDKの光が玄関まで届き、室内の雰囲気も伝わります。

ウォークインクロゼットは、寝室&洗面室に隣接。朝の身支度がスムーズに!

棚を取り付けてスペースをフル活用できるようにしたウォークインクロゼット内部

寝室につなげたウォークインクロゼット。配管スペースの出っ張りを取り込み、棚をうまく配置することで使いやすく設計されています。奥行きの生じた部分には2方に棚をつけ、階段の踊り場のように中で人がすれ違えるようにしました。

玄関や洗面室と近く、朝の身支度がスムーズなウォークインクロゼット

夫妻の服、3歳の長男の服はすべてここに収納されています。寝室、ウォークインクロゼット、玄関という動線ができ、その先の洗面室にもアクセスしやすいため、朝の身支度がとてもスムーズに。寝室からウォークインクロゼット越しに洗面室まで見通せる視線の抜けが、夫のお気に入りとか。

コーラー社のペデスタル洗面台を採用した洗面室

洗面室には、日本に1台しかなかったコーラー社のペデスタル(脚付き)洗面台を取り寄せて設置。右手のルーバー扉の中は洗濯機置き場です。

濃紺の塗装で仕上げたトイレ内部

洗面室からトイレを見たところ。壁と天井は妻の好きな濃紺の塗装で仕上げました。床は掃除がラクなビニールシートに。

キッチンから造作の扉越しに玄関を見たところ

「ムダな動きが一切ないので、子どもの支度を手伝いながらも、毎朝余裕を持って仕事に行けます」と妻。

キッチン隣接のパントリーは、妻こだわりのステンレスキッチンをすっきり保つのに貢献。寝室付近にまとめたシューズクロゼットとウォークインクロゼットは、朝の身支度を断然ラクに。3つの大型収納が、H邸の暮らしやすさに大いに役立っています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図
リノベーション前

リノベーション後の間取り図
リノベーション後

設計/ブルースタジオ

中古物件×リノベーションのパイオニア。フルオーダー住宅はもちろん、アパート再生、店舗デザインまで幅広く手掛け、経験と実績が豊富な頼れる存在。プロ集団が物件探しから資金計画までトータルでサポートしてくれる。毎月行われているセミナーや相談会も好評。
撮影/川辺明伸 ※情報は「リライフプラスvol.20」取材時のものです

Source: 日刊住まい