タピオカ、チーズドッグの次はコレが来る!? 「進化系ベビーカステラ」には天下を取れるだけのポテンシャルがある

世の中、何が流行るか分からない。タピオカやらチーズドッグやらが大流行するなんて、少し前には予想できなかったことだ。そして次に来るのはコレかも知れない──。

そう思えるスイーツと出会ったので、ちょっと話を聞いてくださいな。

そのスイーツとはベビーカステラ。スイーツというよりは、お菓子と呼んだほうが良いかもしれない。いずれにせよ、あの縁日とかで売っているベビーカステラの「進化系」ともいえる商品を発見したのだ。

・お馴染みのお菓子

店頭で焼かれているのを見ると、ついつい買ってしまうベビーカステラ。筆者も大好きだ。しかし食べ続けていると、どこかのタイミングで「もうええかな……」と思ってしまわないだろうか。

あれは何なのか。たぶん食感が原因だと思う。ベビーカステラのフワフワとした食感は最大の魅力だが、それが時間の経過と共に少しずつ「モソモソ」に感じ始めてしまうのだ。

今回紹介するのは、そんなベビーカステラの弱点ともいえる面を補った商品である。

・新感覚!

やって来たのは大阪・心斎橋にある IKKI KASUTEIRA というお店。若者が集うアメリカ村に店を構えているだけあって、外観からしてオシャレな感じだ。

そしてこちらのお店では、生クリームや生チョコにフォンデュして食べるベビーカステラが販売されているのだ! これを食べに来た。

クリームかチョコかで迷った挙句、今回は生クリームフォンデュ(500円)をチョイス。粉砂糖で薄く化粧をしたベビーカステラと、たっぷりのホイップクリーム。盛り付けも良い感じではないか。

フォークでカステラを刺し、クリームにディップする。まあこれは不味くなりようがないだろう。そして実際に食べてみると、やっぱり美味い!

ただ美味しいだけではない。最初に言っていたことを思い出していただけるだろうか。食べ続けるとモサモサしてくる……そんなベビーカステラの抱えるジレンマを見事に解消している。

口当たりの良いクリームをまとわせることで、シットリ感が加わり全く飽きが来ない。このあと他にもグルメ系の取材が控えていたので自重したが、あと2つくらい注文しても余裕で食べられそうだ。

ちなみに三角公園で食事をしていると鳩が寄ってくるのだが、筆者は一欠片たりとも鳩にはあげなかった。こんな美味いもん鳩にやれるか、コラ!

いわばベビーカステラとしての殻を突き破った感のあるテイストに、見た目もポップときた。これは次世代の流行フードとしての資質を備えているといっても過言ではないだろう。

調べてみたところ、こういうスタイルのベビーカステラを販売している店は他にもあるようだ。インスタ女子の皆さん、次に来るのはコレかもしれませんよ!

・今回紹介したお店の情報

店名 IKKI KASUTEIRA 心斎橋店
住所 大阪市中央区西心斎橋1-7-8
時間 11時~21時
休日 無休

参考リンク:IKKI KASUTEIRA
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【悲報】森永チョコフレーク、すでに生産が終了してた → 店頭もしくは在庫限りで販売終了へ

毎日のようには顔を合わせないけれど、ふと気付けばそこにあるもの。その気になればいつでも会えると思っていたけれど、知らぬ間に無くなってしまったもの。近年、次々と生産中止に追い込まれているお菓子たちは、まさにそのような存在ではなかろうか。

最初にお伝えしておこう。1967年から半世紀以上に渡り発売されてきた『森永チョコフレーク』は2019年6月に生産を終了した。つまり、いま店頭にある分及び在庫分が “最後の森永チョコフレーク” ということになる。繰り返す、いま店頭にある分が “最後の森永チョコフレーク” かもしれないのだ。

・消えた定番お菓子

関東地方では入手できなくなった「カール」を筆頭に、明治の「ピックアップ」や「ポポロン」「ポルテ」さらには江崎グリコ「キスミント」……などなど、ここ数年、大定番お菓子の販売終了が相次いでいる。

これも時代の流れ……いくら定番であろうと激烈な競争を勝ち抜けなかったお菓子はただ去るのみ。冷静に考えれば市場原理が機能している証拠であり、誰が悪いということではない。それでも寂しさを覚えるのが人間のいやらしさ、そして人情ではなかろうか。

・すでに生産終了

さて、昨年2018年の時点で森永製菓は以下のように発表していた。

「国内における生産拠点の再編に伴い、2019年春~初夏にかけて森永チョコフレークの生産を終了することとなりました」

森永製菓に問い合わせたところ、今年6月をもって森永チョコフレークの生産は終了しているとのことである。また併せて、冒頭でお伝えした「いま店頭にある分が “最後の森永チョコフレーク” となります」とも教えてくれた。つまり……そういうことだ。

・ローソンで購入可能

なお、ここ最近はスーパーなどで見かけなくなってしまった森永チョコフレークだが、ローソンで購入することが出来る。こちらもローソンの広報に問い合わせたところ「多少の在庫はありますが、それが無くなった時点で販売終了です」とのことであった。

「チョコフレーク」の存在自体は日清シスコのそれがあるため辛うじて無くならないが、再三お伝えしている通り『森永チョコフレーク』はもう間もなくこの世から姿を消す。ありがとう、森永チョコフレーク。テレビCMの「森永♪ チョコフレーク♪」を忘れません。

参照元:森永製菓
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24