水アカやヌメリ対策のポイント。風呂フタ、ソープディッシュ、ボトルの数に注目を

浴室に水アカやヌメリが起こりやすいアイテムは置かない
ちょっと手を抜くとすぐにヌメってしまう浴室。とはいえ毎日しっかり掃除するのは、結構な負担です。

この悩みを整理収納アドバイザーのトノエルさんは、水アカやヌメリが起こりやすいアイテムを使わないことで解決しているそうです。

何を使わないと浴室の掃除がラクになり、清潔な状態を保てるのでしょう?使わなくても不便ではないのかも気になるところです。

カビやすくて掃除しにくい「浴槽のフタ」は持たない

浴槽のフタを使わなければ掃除がラクになる

浴槽用のフタには、「巻くタイプ」「畳むタイプ」「板状のタイプ」など、いろいろな形状があります。どれも大きくて掃除もしにくいですよね。防カビ・抗菌・撥水などの処理がされているモノも多いですが、湿気の多い浴室ではカビやすいしヌメリやすいアイテムです。

筆者宅の浴槽には、フタがありません。お風呂には、できるだけ家族で時間をまとめて入るようにしているからです。また、夏の間はシャワーだけですませる日のほうが多いので、そもそもフタの必要がありません。

冬場は必要というご家庭でも、「それ以外の時期は使ってないかも…」ということはありませんか?冬場以外はフタを浴室ではない場所に保管すれば、掃除の手間が省けます。

石けんカスが付く「ソープディッシュ」は使わない

ヌメリやすいソープディッシュは使わずホルダータイプを使う

わが家ではボディーソープではなく、純石けんを愛用しています。一般的なソープディッシュは、水がたまりやすい構造になっているモノも多くて、石けんカスやヌメリが付きやすいですよね。

代わりに使っているのは、DULTON(ダルトン)の「マグネティックソープホルダー」。ビール瓶のフタのような形状のパーツを石けんに押し込んで取り付ければ、吸盤で壁面に設置したホルダーに磁石でカチッとくっつきます。

ヌメリやすい石けんを空中に浮かせておけるので、毎回乾いている状態で気持ちよく使えます。ドロドロに溶けたりしないので石けんも長持ち。ホルダーも単純なつくりなので、5年ほど使用した現在でも問題なく使用できています。

「シャンプー」は1つに絞る。「洗顔フォーム」は置かない

浴室に置くモノの種類と量を厳選することで、掃除はラクになる

シャンプーのボトルや洗顔フォームなど浴室に置くモノをできるだけ減らすことで、ヌメリも掃除の手間も減らすことができます。

わが家では子どもにも大人にも使える、シンプルなアミノ酸系のシャンプーを家族で使用。子どもが無駄使いしないように、無印良品の「PET詰替ボトル クリア 280ml」(税込250円)に詰め替えて使っています。

また、筆者はメイク落としも洗顔フォームも持っていません。ナチュラルメイクはしていますが、「お湯と純石けんだけでちゃんと落ちるか?」ということを基準にメイク用品を選んでいます。

浴室に置くモノの種類と量を厳選することで、水アカ・ヌメリが付きにくくなり、掃除の負担は大幅に減ります。

ぜひ参考にしてください。

●教えてくれた人/tonoel(トノエル)さん
整理収納アドバイザー、引っ越しコンサルタント。結婚後8年で8回の引っ越し経験を生かし、インスタグラムや各種メディアで、整理収納や引越しをテーマに情報発信。オンラインで整理収納通信講座とコンサルティングを行う

Source: 日刊住まい

カビと汚れ落としは秋に決着を。やるべき5か所と年末大掃除が非効率なワケ

ガスコンロの掃除

年末は大掃除をするもの、と思いがちですが、実は秋こそ掃除するのに適した季節です。
「体を動かすのに気持ちよい気候。なにより寒い冬と異なり、油汚れが固まっていないので落としやすい。掃除で使う水も冷たくなく、手もかじかみません」
そう語るのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。メリットがたくさん。秋掃除をしておきたい5つの場所を教えてもらいました。

キッチンの油汚れは寒くなる前に落とす!

キッチンの油汚れの掃除

冬になると固まって落ちにくいキッチンの油汚れ。秋のうちなら、コンロ周り、壁、レンジフード、換気扇など、ササっと油汚れが落ちやすく短時間ですませることができます。また秋のうちに汚れ落としをしておくと、冬の大掃除が必要なくなります。

お風呂のカビ取り&排水口も掃除

お風呂のカビ取り&排水口の掃除

夏の間にシャワーを何度も使ってきたお風呂。排水口に髪の毛がたまったり、湿気によりカビも生えたりしています。今のうちに汚れを取ってカビ取りを早めに行えば、カビの広がりを抑えられます。

また排水口の掃除もしっかり行うことで、つまりをなくしカビやニオイ防止に。まだ水が冷たくないうちに、しっかり掃除しておきましょう。

エアコンのホコリやカビを取り除く

エアコンフィルターのホコリをしっかり取り除く

夏に大活躍したエアコンには、結露によりホコリやカビが意外なほどたまっています。エアコンフィルターのホコリをしっかり取り除くことで、電気代の節約にもなります。

エアコン吹き出し口の掃除

特に吹き出し口にはカビが生えやすいので、使い捨ておしぼりにアルコール水を染み込ませて拭き取ると、スッキリします。

台風が過ぎたタイミングで窓掃除

窓の外側をじゃぶじゃぶ掃除

大掃除といえば窓掃除。でも、真冬の冷たい水で拭き掃除するのは、とても辛いです。秋のうちなら水がはねて服が濡れてしまっても、すぐに乾きます。

特に秋の台風シーズンなどは、泥はね汚れがつくことも。台風が過ぎたころを見計らって、窓の外側をじゃぶじゃぶ掃除します。泥は水洗いだけで充分きれいになります。

ソファーカバーやカーテンなど大物を洗濯

ソファーカバーなど大物の洗濯

大物の洗濯は年に1回、大掃除の際にという方も多いかもしれませんが、これも、乾燥させやすい秋に行うのが向いています。

分厚いソファーカバーなどは、ぜひ秋のうちに洗濯しておきましょう。夏にたまったアカがとれてスッキリします。黄ばみが出てしまった時は、洗濯用固形せっけんを直接ぬりこみ、こすり洗いすると落とせます。

カーテンを洗濯する

ホコリやダニ、カビがつきがちなカーテンも洗濯して、干さずにそのままカーテンレールに戻せばOK。秋ならすぐに乾きます。

カーテンをデリケートコースで洗う

デリケートコースを使えば型くずれしにくく、シワにもなりにくいです。そのほかぬいぐるみや、枕、布団の洗濯もオススメ。

夏についたカビや汚れは早めに掃除&洗濯すれば、落とすのも簡単。そして秋は、ダニが発生しやすくなる季節ともいわれています。秋掃除で家じゅうスッキリ!ダニ対策にもなって一石二鳥です。

●教えてくれた人/よしママ
元小学校・家庭科教諭。時短&家族にやさしい掃除、洗濯を日々研究し、ブログ「節約ママのこだわり掃除」で発信。著書に『家族が笑顔になる おそうじの魔法』(日本文芸社刊)

Source: 日刊住まい

厚手のタオルをオキシ漬け。ついでにバスグッズや浴槽もピカピカに

厚手のタオル

厚手のタオルは使い心地が抜群ですが、普通のタオルより乾きにくいため、気を付けていても少しずつ部屋干し臭が蓄積してしまいがち。定期的にオキシ漬けをすることで、タオルを清潔に保ち、ついでに浴槽やバスグッズもお手入れする方法を、一級建築士で暮らしにまつわるアイディアをSNSで発信している夏目あや子さんに聞きました。

タオルを漬ける際はバスグッズも一緒に

ボトルに入れたオキシクリーン

我が家では定期的にタオルのオキシ漬けをして、そのついでに浴槽やバスグッズもお手入れしてしまいます。

バスルームとオキシクリーン

やり方はいたってシンブル。まずはお風呂にお湯を張ります。お湯の温度は40~60℃くらいに。我が家の給湯器は48℃まで上がるので、残り湯を48℃まで追い炊きしています。お湯の量は、この写真でだいたい50Lくらい。我が家の一番低い水位(100L)の半分くらいまで水位を下げて使います。漬け込むものの量で調節してみてください。

オキシクリーンの適正量は水4Lに対し28g。50Lの場合、日本版の小さいスプーンだと12.5杯になります。

オキシクリーンを投入する

お湯を張ったらオキシクリーンを入れて、よく混ぜます。手が荒れることがあるので、ゴム手袋などを着用して下さい。

しゅわしゅわーっと発泡する

しゅわしゅわーっと発泡します。よく混ぜて、粉残りがないことを確認したらタオルを浸してください。

オキシクリーンを溶かした中にタオルを浸す

ついでにバスグッズも漬けます。漬け置き時間は2時間くらいまでがベストだそうですが、我が家は30分~1時間くらいで引き上げています。

タオルは引き上げた後そのまま洗濯機で洗濯し、よく干す

タオルは引き上げた後そのまま洗濯機で洗濯し、よく干します。もちろん乾燥機でも良いと思います。しっかり乾かすと、イヤなニオイが取れてスッキリしますよ。

バスグッズも浴槽も一気にピカピカに!

タオルを引き上げた後、小物も一緒に洗う

タオルを引き上げた後、一緒に漬けた小物たちもついでにお手入れしてしまいます。お湯が温かいうちの方が汚れが良く落ちます。

ざらっとしていたお風呂の椅子がピカピカに

ざらっとしていたお風呂の椅子もこの通りピカピカに!

汚れがたまりがちな脚の部分

汚れがたまりがちな脚の部分もしっかり漬け込みます。

汚れがたまりがちな脚の部分の汚れが落ちた

汚れがするっと落ちました!

小物浴槽もピカピカに

バスグッズを洗い終わったら、最後に浴槽を磨きながらオキシ液を流して終了です。浴槽もピカピカになりますよ。タオルも浴室も一気にスッキリしますので、ぜひ試してみてくださいね。

※掃除の際は換気を十分に。洗剤の取り扱いには気をつけましょう。
※オキシクリーンは麻のタオルには使えません。バスグッズも素材によっては使えないものもあります。取り扱い説明書をよく読んでから使いましょう

Source: 日刊住まい

洗濯ホースをラップ巻き!?梅雨に役立つ、洗面所の掃除&収納アイデア

洗面所の収納・整理術

雨が多くジメジメする梅雨シーズンは、カビやぬめりが気になりますよね。湿気の多いバスルームと洗面所は、特に気を付けておきたい場所です。

そこで今回は整理収納アドバイザーの露重和子さんが実践している、カビやぬめりを防ぐ、掃除がラクになる収納のアイデアを教えてもらいました。

吊るす・浮かせる収納でカビやぬめりは防げる!

バスルームは吊るす収納でスッキリ

バスルームのシャンプーやトリートメントのボトルは吊るす収納で、ボトルの底のぬめりを防ぎます。洗面器や掃除道具もS字フックに吊るすことで、カビやぬめりを防ぎます。水気も切ることができ便利です。

洗面所の歯ブラシやコップは浮かす収納で

洗面所では、洗面台にモノがたくさん置いてあると掃除も面倒。カビやぬめりも気になりますよね。そこで吸盤タイプの収納アイテムを鏡に貼り付けて歯ブラシは吊るす収納、コップは浮かせる収納にしています。掃除もラクになりますし、カビやぬめりを防ぎます。

ゴミ受けはステンレス製で掃除しやすく

洗面台の排水溝のゴミ受け

バスルームの排水溝のゴミ受け

洗面台の排水溝のゴミ受け、バスルームの排水溝のゴミ受けはステンレス製のモノに取り換えています。もともと付いていたモノより、ぬめりが付きにくく掃除もラクです。

洗濯機はキャスター付きランドリーラックに乗せて掃除しやすく

洗濯機の下や裏側はホコリがたまりやすく、掃除がしにくいですよね。

洗濯機はランドリーラックに乗せると掃除がラク

そこでわが家では、洗濯機をキャスター付きランドリーラックに乗せています。移動がしやすくなり、掃除がしやすくなりました。

洗濯ホースはラップを巻いて掃除をラクに

洗濯ホースはラップを巻けば、汚れず掃除もラク

洗濯ホースはホコリがたまると掃除が面倒なので、ラップを巻いています。ラップが汚くなったら取り換えるだけなので掃除もラクです。

掃除道具や洗剤は一括収納で掃除に取りかかりやすく

掃除道具や洗剤は一括収納すれば掃除のハードルが下がる
水回りの掃除に必要な洗剤や道具は、掃除に取り掛かるとき、サッと取り掛かれるよう脱衣所のラックに一括で収納しています。面倒だから、と後回しにしがちな掃除に必要なアイテムこそ、取り出しやすい場所に収納しておくことで掃除のハードルを下げています。

洗面所は床置きのモノを減らす

洗面所のゴミ箱は床置きしない
洗面所のゴミ箱は床置きタイプのモノは使わず、使い捨ての自立型のゴミ袋を活用することで、床置きのモノを減らしています。
そうすることで掃除のハードルを下げています。

雨が多くジメジメする梅雨シーズンは、お風呂、洗面回りなどの水回りのこまめなお掃除と、湿気をため込まない工夫が重要になってきます。

気持ちが落ち込みがちな梅雨どきですが、清潔でスッキリした水回りでリフレッシュして、快適に乗り切りましょう。

Source: 日刊住まい