カビ&水垢を防ぐ!入浴後のひと手間でやりたくないことを省略

浴室の水垢やカビは、頑固になる前に予防しておきたいものです。

SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんには、毎日の入浴後にしてる水垢・カビ予防対策があるそう。簡単なのに、効果を実感しているというその方法を教えてもらいました。

時間のかかる掃除はやりたくないから…

浴室

お風呂掃除が苦手な筆者は、特に時間のかかる掃除はなるべくしたくないと思っています。そのためには、頑固汚れがつかない浴室の使い方をしなければいけません。

しかし、浴室は毎日使うのですから、汚れはどうしてもついてしまいます。

試行錯誤をした結果、入浴後に「水滴を拭き取る」「排水口を洗う」「浴室アイテムを乾燥させる」という3つの流れにたどり着きました。入居から2年になる住まいですが、今でも浴室にカビや頑固な水垢はありません。

1.水滴を拭き取る

水滴の拭き取り

まずはシャンプーや石けんの泡が残らないように、しっかりとシャワーで浴室全体を流します。

あとは換気扇をつけてしっかり乾燥させるわけですが、この時にタオルなどで浴室の水滴を拭き取ると水垢の予防となります。わが家では吸水タオルを使って浴室全体を拭き取っています。

慣れると短時間で終わりますので、ぜひ取り入れてみてほしいです。確実に綺麗をキープできます。

鏡拭き

もちろん疲れている時や時間のない時もあるので、そういった日は特に水垢の目立つ鏡だけでも拭くようにしています。あくまでも無理をしないで、綺麗を保つ努力をするようにしています。

2.排水口を水洗い

排水口

排水口は、カバーを開けてみると知らないうちにカビで真っ黒になっていた、ということも多いものです。入浴後はヘアキャッチャーの髪の毛や汚れを取り、軽く水洗いをして、カバーと一緒に立てかけておくだけで嫌な汚れもつきません。
封水筒は外したままだと排水管からの臭いが上がってきてしまうので、ヌメリを洗い流したら戻しておきます。

3.浴室小物の乾燥

バスチェア

バスチェアなどの浴室にあるアイテムはカビが発生しやすいので、使っていない時は立てかける等して乾燥させています。

シャワーホース

シャワーホースも気づくとカビが発生していることがあるので、入浴が終わったらホースが床につかないように、しっかりと上にあげておきます。

蓋の乾燥

わが家では夜間は浴槽の中にお湯を残しておくので、朝まで浴槽の蓋はしたままです。朝お湯を流した後は、浴槽の蓋を壁に立てかけるように乾燥させています。
なるべく蓋の1枚1枚が壁に接する部分がないように乾燥させると、湿気がこもらずカビが生えにくくなります。

毎日できる時もあればできない日もありますが、日々意識しておくだけでも違います。一つひとつはとても簡単な作業ですので、今日から取り入れられる内容もあると思います。
毎日の暮らしのリズムの中に、少し綺麗を維持することをプラスするだけで、気持ちよく過ごせる家になるのではないでしょうか。

Source: 日刊住まい

風呂の床を「オキシ漬け」。カビや水アカがラクにスッキリ

お風呂の床は毎日の入浴時に出る石けんカスなどにより、カビや水アカなどで汚れやすいもの。SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんは、定期的にお風呂の床をオキシ漬けしているそう。しかもとっても簡単でキレイになるといいます。その方法を教えてもらいました。

用意する物はオキシクリーンとダイソーの「置くだけラップ蓋」

オキシ漬け

お風呂の床のオキシ漬けは、オキシクリーンを溶かしたお湯を床に溜める必要がありますが、排水口の栓がないお宅も多いと思います。

その排水口に蓋をするために使用するのが、ダイソーのシリコン製ラップ蓋です。本来は食器などに使うラップ蓋ですが、床にお湯を溜めたい時はこちらの商品を使っています。商品名通り排水口にそのまま置くだけとお手軽で、数種類のサイズがあります。

オキシクリーンで漬けるだけの簡単お掃除

オキシクリーン溶液を作る

オキシ漬け

オキシクリーンの分量は汚れ具合や広さ、素材との相性もあるので、ご家庭のお風呂の状況に合わせて調節してください。わが家の場合はアメリカ製のオキシクリーンを使用していますが、付属スプーンのライン4で1杯~2杯程度入れて溶かしています。

オキシクリーンは40~60度のお湯で使うのが効果的ですので、この湯温で溶け残りがないように溶液を作ります。

溶液を流しながらお湯を溜める

オキシ漬け

シャワーの温度設定を40~60度に設定して、溶かしたオキシクリーンを流しながら床全体にお湯を溜めていきます。

数時間オキシ漬けに

オキシ漬け

お風呂の床全体にオキシクリーン溶液が溜まったら、そのまま数時間放置します。いわゆる「オキシ漬け」です。わが家ではだいたい1~3時間ほどオキシ漬けしています。オキシ漬けが終わったらラップ蓋を外し、オキシクリーン溶液を一度流します。

ブラシで床を洗う

オキシ漬け

水ですすぎ洗いをする前に床全体をブラシでこするとより汚れが落ちやすくなります。全体をブラシで洗った後に、しっかりと水で洗い流せばオキシ漬けは完了です。

定期的なオキシ漬けがおすすめ

お風呂の床のオキシ漬けは力を入れてこすったりする手間がなく、またオキシ漬け中に別の家事が出来るのもうれしい点。大掃除のときだけでなく、定期的にオキシ漬けすることでいつもキレイな状態をキープできます。

※掃除の際は換気を十分に。洗剤の取り扱いには気をつけましょう。

Source: 日刊住まい

大掃除の負担をラクに。事前の知識と計画で備えを

年末年始を快適に過ごしたいなら、早いうちに大掃除の計画を立てましょう。

大掃除に役立つ情報はもちろんのこと、日ごろから心がけておくことで年末の大きな負担をラクにしてくれる掃除にまつわる知恵や習慣もご紹介。参考にして、スマートに大掃除を乗り切ってみませんか。

大掃除を効率的に!時短のために知るべきことは?

大掃除の負担を軽くする。そのためには「計画的に行う」「テクニックを知る」ことが大切。
しっかり備えるための基本を解説していきます。

シンク

今年の大掃除は寒くなる前に!プロ直伝の場所別テクニック

レンジフード・換気扇には、漂白剤溶液を使ったつけ置き掃除がオススメ。以下の手順で掃除をしてみてください。

不用な皿

年末の大掃除がラクになる!今から整理したほうがいい小物7つ

大掃除には備えが大切。事前に小物を整理しておきましょう。

《あわせて読みたい大掃除の記事》
>水垢、金属汚れ、プラスチックの黄ばみを落としてプレ大掃除しよう
>大掃除が急ピッチで進むグッズ+手抜きに見えないピンポイント掃除
>大掃除はピンポイントな場所から。効果絶大!「巾木」掃除のススメ
>「大掃除」は年末にしちゃダメ!今から始める理由とその方法とは?

 

掃除がはかどるグッズを相棒に!試してほしい優等生をオススメ

「使える掃除グッズ」を相棒にすることで、家事がはかどります。
汚れが気持ちいほど落ちるとテンションも上がる!積極的に取り入れてみませんか?

スキージー

無印良品「掃除用品システム・スキージー」が手放せない5つの理由

レンジフード・換気扇には、漂白剤溶液を使ったつけ置き掃除がオススメ。以下の手順で掃除をしてみてください。

すき間掃除グッズ

テレビ裏、洗濯機や冷蔵庫の下がキレイに!「すき間掃除」オススメグッズ3つ

厄介なほこりやゴミがスッキリ取れてモヤモヤも解消!

《あわせて読みたい掃除グッズの記事》
>ほうき掃除は面倒くさがり屋さんにこそオススメ!な理由
>イヤ~な三大排水口掃除が相当ラクになる!100均アイテム3つ
>無印「柄つきスポンジ」をつかったトイレブラシを清潔に保つ掃除術
>そんなトコまで?刷毛(ハケ)が役立つお掃除ポイント7つ

 

結局大切なのは、日ごろの掃除。時短で効率的に汚れ落としを!

そもそも日ごろの掃除ができていれば、大掃除の負担は減るはず。とはいっても、なかなか行き届かないのが実情です。
忙しい人こそ知ってほしい、暮らしを少しラクにしてくれる「掃除の知恵」をお伝えします。

クエン酸パック

頑固な水垢はクエン酸でスッキリ落ちる!お風呂に優しい掃除方法

あなたのやり方、実は間違っているかも。お風呂に優しい掃除方法をまとめてみました。

こより

年末の大掃除をしなくてOK!? 1日1~2時間するだけの「小掃除」って?

大掃除を後回しにしてしまう人にオススメなのが、11月からコツコツと進める「小掃除(こそうじ)」です

《あわせて読みたい「掃除の知恵」の記事》
>洗面台掃除はオーバーフロー穴も重要!丸ごとピカピカになる4つのポイント
>洗濯物のニオイは簡単ケアで解消!タオルがもう臭わない掃除術
>急な来客でもどうにかする!最低限の掃除ポイント3つ
>排水溝の掃除ギライを克服!その3つの方法とは?
>トイレ、ゴミ箱、フローリング掃除を簡単、時短に!目からウロコの掃除術3つ

掃除家電を利用して、賢く時間のやりくりを

頼りになるといわれる掃除家電。その働きぶりはどうなの、と疑問に思う人もいます。
実際に使った人に聞いてみました。

床拭きロボット掃除機

床拭き掃除ロボットが赤ちゃんのヨダレ・手アカ対策にも大活躍

1歳の子育てをするライターが「床拭きロボット掃除機」を使ってよかったと感じたポイントを解説!

ノズルブラシ

マキタ+ダイソーのブラシノズルでちょこっと掃除がしやすくなった!

マキタのコードレス掃除機に足りなかったことを、ダイソーの「すみっこ吸いブラシ」が叶えてくれた!

《あわせて読みたい掃除家電の記事》
>「電気ちりとり」で掃除法が激変!+フロアワイパーでゴミを完全除去
>ルンバの次はコレ!「窓掃除ロボット」に全部お任せでラクラクきれいに

Source: 日刊住まい

カビや水垢に対処。「浴室丸洗い」は月一度で効果を実感

毎日使う浴室はどうしてもカビや水垢の目立つ場所。頑固汚れが付いてしまうとお掃除するのも大変です。

SNSで家づくりやお掃除術などを発信しているbeachmamaさんによると「シャンプーなどの石けんカスが蓄積される前に、きちんとリセットすることがキレイを維持するポイント」とか。
特に浴室全体をキレイに洗う「浴室丸洗い」は、カビや水垢の予防に有効だと実感しているそうです。

beachmamaさんが実践している「浴室丸洗い」の手順とそのメリットについて、本人に教えていただきます。

タイミングを決めて浴室丸洗い

浴室掃除

私はお風呂掃除が嫌いです。

特に鏡の水垢やカビ汚れは落とすのが大変なので、なるべく予防をしたいと思っています。
そこで、入浴する日は入浴前に浴槽だけ簡単に洗い、入浴後はタオルなどで水滴を拭き取るようにしています。

では、床や壁はいつ掃除するのか……。
毎日しっかりと洗うことは私の性格的に少し難しいけれど、カビや水垢は付けたくない。考えた結果、毎月1回念入りにお掃除をする月初掃除のひとつとして「浴室丸洗い」を取り入れることにしたのです。

浴室丸洗いでは、とにかく洗える部分は丁寧に洗います。これだけですが毎月1回やると決めると続きやすいです。
まずは自分ができるタイミングはいつなのかを探すことが、掃除を続けるポイントになります。

カビが発生しにくい環境をつくる

浴室

カビの発生は湿度だけでなく、汚れも原因のひとつです。

毎日の入浴で使うシャンプーなどの石けんカスが残ったままだと、カビが生える条件を増やしてしまいます。
掃除をきちんとしているつもりでも、見落としている場所はあるため「浴室丸洗い」はおすすめです。

お風呂の綺麗を維持するのは難しいと感じる人も多いかもしれませんが、毎月1回でも汚れをリセットすること、水滴をなるべく残さないこと。
これらを意識するだけでも浴室の頑固な汚れは付きにくくなり、カビ予防にもなるのです。

ウタマロクリーナーは浴室にもおすすめ

ウタマロクリーナー

住宅用クリーナーである「ウタマロクリーナー」は中性洗剤ながら汚れ落ちが良いと人気ですが、浴室の洗剤としても使いやすいです。もちろんご家庭にあるお風呂用洗剤でも大丈夫です。

浴室丸洗いの手順とポイント

浴室掃除

浴室丸洗いでは、まず全体に洗剤を付けて洗っていきます。

普段、壁はなかなか洗わない場所だと思いますが、石けんかすなどが飛んでる場合もありますので、柔らかいスポンジを使ってしっかり洗います。風呂桶や椅子、ラックなどの小物も忘れずに洗いましょう。

浴槽エプロン洗い

浴槽をカバーするエプロンが外せる場合は、エプロンも外して洗います。汚れがたまる場所なので、定期的にエプロンは外して洗うようにしましょう。
ネジまわりの細かい部分は、歯ブラシなど細いブラシを使うと洗いやすいです。

洗剤を流す

浴室全体を洗い終えたら、洗剤が残らないように洗い流します。このとき、カウンターの下や棚の裏など、見落としがないかチェックしながら流します。

洗い終わったら水滴を綺麗に拭き取ります。拭き取る理由は水垢予防と、最後に仕上げの除菌をするので除菌剤が薄くならないようにするためです。
タオルでも大丈夫ですが、洗車の時に使用するような吸水タオルや吸水スポンジなどがあると拭き上げも楽にできます。

仕上げに除菌スプレーや防カビ剤

浴室の除菌

最後に、無印良品のフローリングモップに防カビ、除菌スプレーを拭きかけて浴室全体を除菌します。丸洗いの時に天井を洗うのは難しいので、天井もモップを使いしっかり除菌しておきます。

浴室細部の除菌

エプロンと浴槽の隙間やカビの付きやすいパッキンなどは、タオルなどに直接スプレーして除菌します。

防カビ剤の使用

2か月に1回の頻度で使用する防かび剤もおすすめです。丸洗い後はしっかり浴室全体を乾燥させておきましょう。エプロンもしっかり乾いてから元に戻すと、内部に湿気がこもりません。

頑固な汚れが付く前に、浴室丸洗いを習慣にしてみませんか。

※浴室掃除の際は十分な換気を。洗剤の取り扱いには気をつけましょう
※浴槽エプロンの洗い方については取り扱い説明書をよく読んでから行ってください

Source: 日刊住まい

浴室のカビは未然に防ごう。梅雨時期を快適に過ごすカビ対策3つ

いよいよ本格的な梅雨が始まります。

お風呂のジメジメやカビが気になる季節ですね。

梅雨の時期でもお風呂をキレイに保っている人は、便利グッズを使ったり、思い切ったアイディアで、ラクに快適さをキープしているようですよ!

浴室のカビ対策に関するお役立ち記事を、3本まとめてご紹介します。

1.銭湯方式!? 目からウロコの収納術

空気中の湿度が高くなると、水滴で濡れた浴室はなかなか乾きません。

シャンプーやリンスのボトルの底、洗顔フォームのキャップなどもぬめりやすくなり、気持ち悪いですよね。

梅雨時期はこまめに掃除をしても、すぐにまたぬめりが発生してしまいます。

そこで解決策として考えたのが、“吊るす”収納です。

髭剃りは吸盤付きのものを選び、ミラーにくっ付けました。

かさ高いシャンプー&リンスや、ボディーソープのボトルはまとめて脱衣所に置くことに。

銭湯方式で、使うときだけ浴室に持ち込むという方法で、ぬめり問題が解決!

じめじめしがちなバスマットも思い切ってやめてしまうと、衛生面でも、掃除の面でも、快適さが数倍アップしたそうです。

2.無印の優秀アイテム“進化系”スキージー

お風呂に入ったあとの水滴は、放っておくと水アカやカビになってしまいます。

自然に浴室が渇きにくい梅雨の時期は、スキージーなどの道具を使ってお風呂の水切りをするのがオススメです。

無印良品で発見したのは、スポンジ付きで掃除もできちゃう“進化系”スキージー。

スポンジとスキージーが表と裏にくっ付いていて、くるっとひっくり返すだけで掃除から水切りまですべて1アイテムで終えることができますよ。

時短にもなる便利な無印良品の掃除アイテム。その名も「掃除用品システム・スキージー」。

一度使うと手放せなくなる、5つの魅力とは?

無印良品「掃除用品システム・スキージー」が手放せない5つの理由

 

3.浴室の棚をマグネット式に変えたらスッキリ!

お風呂の壁付け棚はプラスチックで、使い続けるうちに水垢が目立ってしまいます。

傷が付いてしまいそうで、ごしごし力を入れて擦るわけにもいきません。

おまけに、壁と設置面のパーツの隙間までブラシが入らず、掃除で歯がゆい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

そんな悩みに応えて登場したのが、「マグネット式のホルダー」です。

浴室は構造上、マグネットがくっつく場所が多く、最近はマグネット式のホルダーがいろいろと出ています。

ステンレスタイプのものを購入してみたところ、見た目もカッコよく、汚れもつきにくいと、良いこと尽くしだったそうですよ。

 

Source: 日刊住まい