【初出店】丸亀の新業態、つきたて餅の「福はうち」が最高すぎた! ただし…

丸亀製麺を運営する「トリドールホールディングス」の勢いが止まらない。昼時の丸亀製麺はほぼ激混みだし、そんでもって実際に食べると超ウマい。別業態の「天ぷら定食のまきの」や、から揚げ専門店「とりサブロー」も激ウマだから、真面目な話「いま1番勢いのある外食チェーン店」と言っていいだろう。

同社は2025年までに世界6000店舗の出店を目指しているとのことだが、2019年9月に開始した新業態『福はうち』もハッキリ言って最高だ。『福はうち』はお餅の専門店。店内でついた出来立てのお餅が食べられる「つきたて餅専門店」である。ね? 最高っぽいでしょ?

・西葛西に1号店がオープン

『福はうち』は2019年9月19日にオープンしたばかりのトリドールホールディングスの新業態である。記念すべき第1店舗目は東京メトロ西葛西駅から徒歩8分ほどのところにある「パトリア葛西店」の中にオープンした。

店は「持ち帰り」と「イートイン」に分かれており、どちらも店内で作られた出来立てのお餅をいただくことが可能だ。ただでさえ餅はウマいのに、つきたての餅なんてウマいことが確定しまくっている。これは流行りそう……! というわけで、西葛西に直行した。

・イートインがオススメ

パトリア葛西店が想像よりも小規模な商業施設だったことはさておき、平日の朝っぱらから『福はうち』はそれなりに混雑していた。カウンター越しに見えるせいろで炊かれるもち米や、もちを丸めて大福を作る姿は、丸亀製麺を彷彿とさせる。うむ、遺伝子が濃い。

また、朝の時間帯はイートインが狙い目なのかもしれない。持ち帰りは行列が出来ていたが、記者が訪れたときイートインは行列0。それはそうだ、朝から餅を食べにくる餅マニアなんてそうそういないハズ。記者は迷うことなくイートインで注文した。

・最高すぎた

オーダーしたのは「ちぎりもち(390円)」「串もち(190円)」「どんぶり餅(490円)」の3つ。どんぶり餅以外は、粒あん・きなこ・磯辺・みたらしなどが選べるようになっており、串もちはつきたての餅をさらに焼いてくれるからたまらない。最高かよ



そして味は実際に最高だった。つきたてのお餅はとにかく柔らかく、伸びーーーる! 町内会や祭りで食べた “つきたてのお餅” が圧倒的にウマいのと同じ原理で、おいしくない要素が1つとしてない。つまり、そういうことだ。ウマいに決まってるんだ。



特にオススメは「どんぶり餅」だが、今回注文していない「ぜんざい」「クリームあんみつ」「お雑煮」なども絶対に美味しいハズ。目の前でもちを調理してくれるライブ感もあり「これは流行る」と確信した次第である。というか、近所にあったら絶対に行く。

・気になった点も

ただし、気になる点もあった。オープンして間もないせいと思われるが、持ち帰る側のオペレーションは一言、カオス。行列の人数の割にはメチャメチャ時間がかかる会計に、西葛西のおじいさん、おばあさんたちが殺気立っていたことは記述しておきたい。

また「豆大福(180円)」と「おはぎ(170円)」を持ち帰りで購入し1時間後に食べてみたが、このレベルなら他にも美味しい店はある。もっとも美味しいのは買った直後。『福はうち』は鮮度が生命線だと覚えておこう。味を求めるならズバリ、イートイン推奨だ。

なお、トリドールホールディングスに問い合わせたところ「機会があれば出店を検討する予定です」とのことである。お餅大好きっ子たちには最高でしかない店だから、近所に『福はうち』ができる日を心待ちにしておこう。トリドールホールディングス様、どうか新宿に1店舗オナシャス。

参考リンク:株式会社トリドールホールディングス
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【期待大】『マックフルーリーカスタード 白玉のっけてみた』を食べてみた結果…

タピオカ、パンケーキ、生クリーム……。数あるスイーツの中でも “鉄板のコンビネーション” が存在する。それが「アイスクリーム × モチ」の組み合わせだ。ハーゲンダッツの「華もちシリーズ」が、品切れになるほど爆売れすることをご存じの方も多いことだろう。

その鉄板コンビネーションで勝負に出たのが、2019年9月4日から期間限定で発売開始となったマクドナルドの『マックフルーリーカスタード 白玉のっけてみた』だ。ハッキリ言ってこれは期待大。爆売れの予感がプンプンする大本命スイーツである。

・初めてのモチ

ソフトクリームとクッキー、チョコレートなどをまぜまぜしたマクドナルドの定番スイーツ、それが「マックフルーリー」だ。オレオやキットカットなど、これまで様々なフレーバーが誕生しているが、白玉……つまり “もち” が入るのは今回が初だという。

なぜならば「白玉がくっついてしまう」などの障害が多くあったようで、マクドナルドの発表によれば「開発に1年以上をかけました」とのことである。さらには「これまででもっとも苦労したメニューです」ともしているから、満を持しての発売ということだ。これは……ウマいに決まってる。

・いざ実食

というわけで、発売日当日、マクドナルドで『マックフルーリーカスタード 白玉のっけてみた』を注文。価格は税込み320円で、10月上旬までの販売を予定しているとのこと。ぶっちゃけ、オレオなどと比べて地味な見た目であることは否定できないが、大切なのは味。ワクワクしながら口に運んでみると……。

おや?

あ、あれれ?

うーーーーーーむ。

まず、全部で4つ入っていた白玉自体はとても美味しい。カスタードでコーティングされてはいるが、アイスと食べるとカスタードの味がほぼわからないので、白玉は白玉だ。うむ、美味しいし、食感ももちもちに決まっている。おもちだし。

そして、それ以上に「サクサク食感のコーンクラッシュ」がベリーナイス。サクサクとした食感はもちろんのこと、全体的に甘いマックフルーリーに香ばしさを与えてくれていた。んが、手放しで褒められるのはそこまでだ。

・味に締まりがない……

『マックフルーリーカスタード 白玉のっけてみた』は、その名の通りソフトクリームをカスタードクリームをまぜまぜしたスイーツなので、一言でいえば味に締まりがなかった。濃厚と言われればその通りだが、オレオのような後引くウマさが感じられなかったのは残念だ。

また、ソフトクリームと白玉のコンビネーションも、やや歯車がかみ合っていない印象である。これはひとえに「ソフトクリーム」と「カスタードクリーム」が同系統の味わいであるため、イマイチ白玉の風味が活きていないのだろう。せっかくの白玉が食感要員だけになってしまっているところが実に惜しい。

というわけで、期待値が高すぎたせいもあるが、やや “コレジャナイ感” があった『マックフルーリーカスタード 白玉のっけてみた』。ただ、これはあくまではじめの一歩に過ぎない。王者・マクドナルドの盛大なリベンジに期待だ。

参考リンク:日本マクドナルド
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24