【松屋カレー戦争】自分から喧嘩を売っておきながら「落ち着け」とのたまう記者への最後通告 / そろそろ『ごろチキ』vs『ごろビー』に終止符を打とう

先日発売された松屋の新メニュー『ごろごろ創業ビーフカレー』について、私(あひるねこ)は「ごろチキがいない世界線ならエースを張れた」という内容の記事を書いた。これに対し、「その目と舌は節穴ですか」と挑発的な態度を取ってきたのが当サイトの記者・K.Masamiだ。要は私と『ごろチキ』に喧嘩を売ってきたのである。

その喧嘩を買う形で前回、私は松屋カレー戦争の開戦を宣言。徹底抗戦の構えを示したのだが……何をトチ狂ったかK.Masamiは、こちらの反論に対し「落ち着け」などと意味不明な供述をしており始末に負えない。先に喧嘩を売っておきながら「落ち着け」? お前は何を言っているんだ?

・再びの反論

2020年6月2日、当サイトにて「【落ち着け】やはり『ごろビー』こそ真のカレーであることを証明しよう / 勝手に「松屋カレー戦争の開戦」を宣言した記者への反論」という記事が公開された。K.Masamiによる私への反論である。

・再びの猛攻

記事における彼女の言動は相変わらず挑発的だ。私に対しても「どうしたん? ごろチキに寄生でもされたん?」と、やはり尋常ではない煽り方をしてきており、外見とは裏腹のその気性の荒さには改めて震えざるを得ない。

またK.Masamiは、私が『ごろチキ』最大の魅力として挙げた “中毒性” という言葉を勝手に持ち出し、数行にわたって「ごろビーこそ真の中毒性保有カレー」と後出しじゃんけんの如く主張。息をするように喧嘩を売っていくその過激な姿勢は、敵ながらあっぱれと言えよう。

しかしK.Masamiよ、私は前回こう忠告したはず。これ以上挑発行為を繰り返すようなら、私も全力をもって迎え撃つと。そっちがその気ならこちらも容赦しない。ここまでこじれてしまっては、もはや和解は不可能である。『ごろチキ』と『ごろビー』、どちらかが滅びるまで徹底的にやり合うしかないだろう。

・最悪のシナリオへ

こうしてK.Masamiとの熾烈な殲滅戦を覚悟した……その時だった。

「……ろ。……ろ。争……な……」

……なんだ? 冷凍庫から声が聞こえる。

ま、まさか……。

か、神ッ!

・復活の『ごろチキ』

思わず『デスノート』の魅上みたいな感じになったが、実は私は来たるべきディストピアに向け、販売終了直前に『ごろチキ』を冷凍保存していたのだ。こ、これが神の声……!

ごろチキ神「あひるねこよ。戦争なんぞしたらアカン。同じ松屋のカレーを愛する者同士。ワシもウマいし『ごろビー』もウマい。それでええやないか。あのねーちゃんのことは許したれや。さもないとしばき倒すぞ」

『ごろチキ』、お前……そんなキャラだったんか。一人称ワシでしばき倒すて。『ごろチキ』というより、これではゴロツキである。しかし……たしかに神の言う通りかもしれない。私だってK.Masamiだって、『ごろチキ』と『ごろビー』どちらもウマいことは分かっているのだ。

・両雄並び立つ

私は『ごろチキ』を解凍した後、近所の松屋で『ごろビー』も買ってきて二つを同じように盛りつけ、並べた。そして食べた。すると……

タイプはまるで異なるものの……

それぞれが唯一無二の輝きを放っており……

お互いがお互いを補完し合うかのような……

それはまるで陰陽の調和。

そうか、これが……

友愛の心……!

・戦いに終止符を

気付くと私の頬には一筋の涙が流れていた。否定して、否定されて、また否定して……それが一体何になる? やめよう。こんな無益な争いはもうやめよう。代わりに理解し合おう。尊重し合おう。愛し合おう。

K.Masamiに終戦を提案すると、彼女も思うところがあったのか、実にウマそうな『ごろチキ』の写真が送られてきた。Masami……。

War is over. 戦争は終わった。『ごろチキ』と『ごろビー』というイデオロギーの違いによって対立した我々は、『ごろチキ』と『ごろビー』のすべてを包み込むようなウマさによって和解を果たしたのだ。そう、不可能なんてないさ。この世界には数えきれないほどの希望が “ごろごろ” しているのだから──。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【松屋頂上決戦】「ごろチキ派」にモノ申す 『ごろごろ創業ビーフカレー』こそ真のカレーであると

ちょっといいかな。 “ごろチキがいない世界線ならエースを張れた” とか書いた人、そこに座ってもらっていいかな。言っておきたいことあるから。「ごろごろ創業ビーフカレー」はウマいが、「ごろチキ」と比べるとまだまだ水たまりだって? その目と舌は節穴ですか。

いま一度立ち止まり、 “ごろごろカレー” の存在意義について考えてほしい。同商品の核はなんであるかを。そうすれば自ずと気付くはずだ。 “ごろチキ” はカレーの一部でしかなく、重要なのはカレーであると。カレーとしてのクオリティこそが、大事であることに。となれば、言わなくても答えはわかるよな。

・まるでごろチキの彼氏面

かねてより思っていたのだが、当サイトのライターはそろいもそろって “ごろチキびいき” が甚だしい。口を開けば “ごろチキ最高” だの “ごろチキ神” だの……まるでごろチキの彼氏面である。恋は盲目とよく言ったものだが、その目は曇りきってはいやしないか。

確かに「ごろチキ」は激しくウマい。あの暴力的なまでの肉の量。独特なスパイシー具合。どこをとっても素晴らしいことは、記者もわかっている。しかし、である。もはやカレーがメインなのかチキンがメインなのかよく分からない(No.16参照)との言葉通り、ごろチキのメインはもはやカレーでなくチキンとなり果てているのだ。

我々は、あのゴロゴロ肉を食べるために、カレーを食べている……いや、食べさせられていると言っても過言ではない。圧倒的な肉を目の前に、人類はひれ伏すのみ。反旗を翻すなどもってのほかであることは、理解できる。しかし記者は声を大にして訴えたい。本来味わうべきは、肉を含めたカレーなのだ! 

・ホテルから間違えてやってきた疑惑

そこへ来ると「ごろごろ創業ビーフカレー(税込790円)」のトータルバランスはどうだ。脂身と赤身のバランスが良い牛肉がごろごろと、それでいてカレーの旨味を邪魔しないように入っているではないか。これぞカレー、それでこそ “ごろごろカレー” である。

口に含むとホロりと溶ける肉、またその肉の脇をそっと、しかしがっちりと支えるジャガイモとニンジン。米と一緒にそれらを口に放り込むと……一瞬にして、気分はホテルのレストランである。いやいやいや。冗談抜きで松屋さん、間違えてホテルの厨房から持って来た? 

正直松屋にしては高いのではと思っていた価格だが、食べた瞬間その時の感情は忘れた。安いわコレ。このクオリティのカレーを千円切る値段で出された日には、そのほかの専門店は商売あがったりである。さすがは松屋、恐るべし。

・カレーはチームプレイ

おわかりいただけただろう。カレーはいつだってチームプレイ。チームで強い方が強いのだ。ワン〇ースだって、ルフィだけじゃ戦いに勝てないでしょう? それと同じである。ごろチキもなかなかレベルが高いことは認めよう。しかし今回ばかりは、相手が悪かった。やはり『ごろビー』こそ神。

参考リンク:松屋
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【実食】松屋の新メニュー『ごろごろ創業ビーフカレー』に “ごろチキ” 信者も一定の理解「ごろチキがいない世界線ならエースを張れた」

諸君らが愛してくれた松屋の『ごろごろ煮込みチキンカレー』は死んだ。なぜか? 本日2020年5月26日より新メニュー『ごろごろ創業ビーフカレー』が発売されたからさ。……あえて言おう、カスであると!

──以上が『ごろチキ』信者を自称する私(あひるねこ)の、今の率直な気持ちだ。『ごろチキ』終了を受け入れることなど到底できるワケがない。とは言え、同じ『ごろごろ』の名を持つ新カレー。義理を通す意味でも、一度は食べておく必要があるだろう。

・松屋の新カレー

『ごろチキ』に対抗するかのように、自らを『ごろビー』と名乗る『ごろごろ創業ビーフカレー』。サザビー(シャア専用)みてぇだなと思いつつ、私は松屋のWEB予約サイト「松弁ネット」から同メニューのネット注文を試みた。

通常だと税込790円の『ごろビー』だが、テイクアウトの場合に限り50円引き。「松弁ネット」を経由すれば20%のポイント還元が受けられる(共に6月9日午後3時まで)。非常にお得なので利用しない手はない。

ただ、袋から出してちょっと思った。

容器ちっさ!

・スープかよ

『ごろチキ』と比べて一回り小さくなっている印象だ。コイツは本気で『ごろごろ』するつもりがあるのだろうか? 食べる前から何やら心配になってしまうが……。

いざ持ち上げてみると……

マジでごろっごろ……!

・マジごろ

中から角煮のような牛肉の塊が出てきたではないか。でっか! 松屋のプラスチック製スプーンが重みでへし折れそうな勢いである。しかし食べてみると、これがまたトロットロになるまで柔らかく煮込まれており激しく美味。

元々『創業ビーフカレー』には牛バラ肉が繊維状になるまで煮込まれているが、そこに食べごたえのある「ごろ牛」が加わることで、さらなる強い満足感が生まれている。ルーに溶け出した牛肉と野菜の甘みといい、味の深さに関しては悔しいが『ごろチキ』以上だ。

値段は少々張るものの、さすがカレーに定評がある松屋。食べて損をすることはまずないだろう。ただ、『ごろチキ』に匹敵する中毒性があるかと聞かれれば、正直そこまでには達していないのではないか。

・神の存在

一度ハマると抜け出せない底なしの沼、それが『ごろチキ』だ。たしかに『ごろビー』はウマいカレーだが、『ごろチキ』と比べるとまだまだ水たまりである。『ごろチキ』がいない世界線なら間違いなくエースを張れる選手なのに……まあ今回ばかりは相手が悪かったな。やはり『ごろチキ』は神。

参考リンク:松屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24