優しく甘い! と思わせて辛い! 大阪名物・甘辛カレーの美味しさを貴方は知っていますか / 梅田「インデアンカレー」

いまや国民食といっても過言ではないカレー。欧風、インド風、スープカレー、スパイスカレー……数え切れないほどのジャンルがあるカレーだが、今回は大阪で特に好まれる「甘辛カレー」をご紹介しよう。

甘口でも辛口でもなく、甘さと辛さが同居するツンデレな美味しさ。なぜか病みつきになるその味を、もっと多くの人に知ってほしい!

・シンプル and スピーディ

ウマイモンには事欠かない食い倒れの街・大阪だが、カレーにも独自の文化があることをご存知だろうか。俗に「甘辛カレー」と呼ばれる独特な味わいのカレーを提供する店が、数多く存在するのだ。

今回やってきたのは、阪急電車・大阪梅田駅の地下街に居を構える「インデアンカレー 三番街店」である。インデアンカレーは甘辛カレー発祥の店としても知られており、創業は1947年という老舗店だ。

メニューは超シンプルで、基本はインデアンカレーとハヤシライスの2種類のみ。他にタマゴ入りやライス大盛などをチョイスできるものの、トンカツやエビフライなど定番のトッピング類は存在しない。ルウを味わうカレー屋としての矜持が伝わってくるようだ。

そしてメニューがシンプルなせいか、とにかく提供スピードがハンパなく速い。筆者がカウンター席に着いてからカレーが到着するまでに要した時間は、わずか30秒ほど。速っ! まさに「世界最速のインディアン」である。

・「時間差」がポイント

注文したのはインデアンカレーのタマゴ入りで、価格は830円(カレー780円 + タマゴ50円)。付け合せには福神漬ではなくキャベツのピクルスが付いてくる。

さて、気になる味の方はどうだろう。甘辛カレーというだけあって甘味と辛味が同居しているのだが、ポイントは2つの味わいが同時にやってくるのではなく、時間差で押し寄せてくること。

まず先に感じられるのは、甘味。フルーティで芳醇な甘味が口の中に広がる。イメージとしては、昔ながらのカレーパンに入っているカレーフィリングのような味と表現すれば良いだろうか。そんな優しい甘味に顔がほころぶのも束の間、コンマ何秒か置いて今度はスパイスの辛味がやってくる。

「甘 → 辛 → 甘 → 辛」と交互に味覚を刺激してくるため、飽きが来ない。途中でタマゴを崩したりピクルスを加えたりしながら食べ進めていくと、さらに味が複雑になる。この表情豊かなルウの味を楽しむことこそが、甘辛カレーの醍醐味といえよう。

ちなみに今回訪れたインデアンカレーでは辛味が少しばかり甘味に勝っている印象だったが、店によっては甘味を強く感じられるところもある。そんな違いを感じながら食べ歩きをするのも楽しいぞ。甘辛カレー、大阪に来た際には食べていただきたいグルメのひとつです!

・今回紹介したお店の情報

店名 インデアンカレー 三番街店
住所 大阪市北区芝田1-1-3
時間 10時~22時
休日 不定休

参照元:インデアンカレー
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【広島グルメ】呉市のソウルフード「呉冷麺」がバカウマ! 人気店『呉龍』のワンタン入り冷麺で完全昇天しちゃいました

先日、戦艦大和の生誕地として有名な広島県呉市に行く機会があった。JR呉駅から徒歩5分の場所には、年間およそ100万人が訪れる「大和ミュージアム」や、実物大の潜水艦が屋外展示されている「てつのくじら館」がある。さすが旧軍港市だ。潜水艦デカ過ぎィィィイイイ!

──さて、せっかく呉市に来たからには、地元で人気の “呉冷麺” も食べておきたい。そこで今回は、行列覚悟の人気店「呉龍(ごりゅう)」に行ってきたぞ。んで、もう結論を先に言ってしまうと……ワンタン入り最高。あれはやめられないとまらない美味しさですわ。

・行列は当たり前

JR呉駅からまっすぐ伸びる今西通りを15分ほど歩いた場所に「呉龍」はある。いわゆる “昔ながらの町中華” という雰囲気で、日に焼けた赤いテントとドラゴンボールみたいな2匹の龍が目印だ。

11時45分頃に到着すると、店の外にはすでに行列……パパッと分析してみたところ、地元の方が9割の行列である。勝手な予想だが、これは信頼度が高い。同市出身の先輩に「冷麺が美味しいんですか?」と聞いたら「ワンタン入りね」と一言。よし、オーダー決定である。

20分ほど並んでから入店。店内は背中合わせのカウンター席のみ。水を受け取ったタイミングで「ワンタン入り冷麺(900円)」を注文した。はあ~楽しみだ。周りを見ても、ほぼ全員が冷麺を食べている。ワンタンは入れているのかな……まあいい。待とう。

・ワンタン入り冷麺

そして、いよいよ登場した冷麺。なるほど、平麺なのか。ひらひらな平麺が呉冷麺の特徴のようだ。ツヤがあって美しいぞ。そして「お前そこにいたのかよ」と言いたくなるのがワンタン。なぜなら麺が同じ色 & 平打ちなので、ワンタンがカメレオン的に隠れられるのだ。

ワンタンがカメレオンなのはさておき、冒頭でお伝えしたとおり、この冷麺は食べ始めたら止まらなくなるほどウマい。ツルツルで柔らかい麺を……チュルチュルゥゥゥ~! 滑らかで艶やかな舌触りが最高に気持ちいい。今さらだけど大盛りにしておけば良かった

スープはチョイ甘め。スゥ~っと染み入る柔らかな旨味と、ピリッとした辛味も感じられる。これはクセになるぞ。ちなみに卓上の酢で好みの味に調節が可能だ。少し入れておこう。

そして陰の主役・ワンタンは、自慢のプルンプルン食感でスープとの相性がバッチリ。ステルス的なビジュアルだが、味のインパクトは十分である。昔から変わらぬ美味しさが、この一皿に凝縮されているんだろうなぁ。呉冷麺、中毒性の高いご当地グルメだったぞ。

・材料がなくなり次第終了

サッと10分ほどで完食して店を出ると、さっきよりも長い行列。おそらく地元の方は、席の回転がはやいことを知っているのだろう。なお、営業時間は11時30分から15時頃とのことで、材料がなくなり次第終了となる。呉市に訪れる機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

名称 呉龍
住所 広島県呉市西中央5-10-20
時間 11:30~(材料なくなり次第終了)
休日 月曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

肉じゃが発祥の地で出会った「肉じゃがオムライス」は和洋中が一体となった新感覚のグルメだった / 京都・西舞鶴「フォレスト」

肉じゃがとオムライス。いずれも日本人には馴染みの深いポピュラーな料理だが、その2つを合体させると一体どんな味に……? 肉じゃが発祥の地ともいわれる京都府の舞鶴市で「肉じゃがオムライス」なる料理を発見したので、今回はその味をお伝えしようと思う。

和風、洋風、そして中華風の味付けまで加わった新感覚のグルメだったぞ! 

・肉じゃがの町、舞鶴

日本人の食卓には欠かせない肉じゃがだが、一説では舞鶴市が発祥の地といわれている。

京都府のHPによると、舞鶴の海上自衛隊の図書館で見つかった旧海軍の料理教科書に日本で一番最初に書かれた肉じゃがの作り方があったそうな(料理の起源については、他にも説があり)。そんな縁もあり、舞鶴では肉じゃがを使った町おこしなども行われている。

・初耳グルメ

筆者が「肉じゃがオムライス」と出会ったのは、つい先日のこと。取材の途中に訪れた西舞鶴駅で、ランチを探していたときだった。

駅前をブラブラ歩いていると、「フォレスト」というカフェを発見。お店の前には、「肉じゃがオムライス」と書かれた旗が。肉じゃがもオムライスも大好きだが、肉じゃがオムライスとは聞いたことがない。これは食べてみねば!

運ばれてきた肉じゃがオムライス(880円)の見た目は、ネギと糸唐辛子が散らしてあるのが特徴的。卵はいわゆる「フワフワトロトロ」なタイプ。薄焼き卵でくるんだ家庭的なオムライスも良いけど、やっぱり外で食べるオムライスはこうじゃなきゃね。

ざっくり半分に割ってみると、卵の中から肉じゃが登場。あめ色になるまで煮込まれた牛肉、たまねぎ、じゃがいもが何とも食欲をそそるではないか。それでは一口、いただいてみよう。

「!」

一口食べた瞬間、頭のなかにエクスクラメーションマークが。これ、ウマイわ。

甘めに味付けされた肉じゃがとフワフワ卵が相性抜群なのだが、食べ進めていくうちにそれだけではないことに気付いた。実はオムライスの表面に中華風のピリ辛ソースがかかっており、これがポイントになっているのだ。

肉じゃがもオムライスも、どちらかというと優しい味付けの料理。それだけに、この中華風ピリ辛ソースが料理全体の味を引き締めるアクセントとなっている。ご飯をグイグイ進ませる犯人はお主だったのだな。

和・洋・中の味わいが三位一体で攻めてくる新感覚の美味しさ。ジェットストリームアタックかよ!

日本海が近く海鮮が美味しいイメージのある舞鶴だが、今回紹介した肉じゃがオムライスは、わざわざ食べに行く価値ありの逸品だ。お店は駅から歩いてすぐの場所にあるので、舞鶴を訪れた際にはぜひ食べてみてほしい。

・今回紹介したお店の情報

店名 フォレスト
住所 京都府舞鶴市引土17-3 JR西舞鶴西口前
時間 カフェ 7時30分~17時、バー 19時~3時
休日 水曜日(バーのみ日曜日定休)

参照元:フォレスト京都府HP
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

福岡が誇る名物駅弁「かしわめし」は九州の旅が始まる味 / 旅情をかきたてる超人気駅弁を食べてみた!

鉄道旅行に欠かせない「駅弁」には、地域を代表するロングセラー商品が数多く存在している。やはり鉄旅には、旅情をかきたてる「昔ながらの弁当」が合うのだ。たとえば、大正10年から100年近く愛されている東筑軒の「かしわめし」なんて最高だろう……食べたことないけど。

今回は、福岡県を代表する名物駅弁「かしわめし」を食べてみたい! ということで、JR九州の折尾駅(北九州市)に行ってきた。ちなみに博多駅でも……東京駅でも「かしわめし」は買えるらしいが、まあ少しでも “鉄旅気分” を味わうために現地入りした次第である。

・立ち売りも有名

折尾駅の「かしわめし」といえば、実は駅弁そのものと同じくらい “弁当の立ち売り” も有名。古き良き時代の情景は必見……だったのだが、記者が駅に到着した時間が遅すぎたため見ることができず。クソッ、悔しいです。ただ、駅西口を出てスグの東筑軒でも弁当は買えるっぽい。

てことで、西口前の東筑軒へ。こちらメインは「立ち食いうどん」だが、テイクアウトで「かしわめし(770円)」を買うことも可能。17時を過ぎていて完売の不安があったものの、なんとか……なんとか最後の1箱を買うことができた!

それにしても、歴史ある駅弁の昔懐かしいデザインはとてもイイ。包み紙に描かれた「路線図」と「この駅弁の味から、夢多き九州の旅が始まるのである(石黒敬七談)」という文章が旅心をそそる。アルコール、もしくは熱いお茶でも買って遠くへ行きたい。

・かしわめし

弁当箱は「経木(きょうぎ)」と呼ばれる昔ながらの木製折箱だ。通気性が良くて水分を吸ってくれるから、食品の鮮度を保てるらしいぞ。パカッとフタを開けると、かしわめしの甘い香りと、ほのかな木の香りが広がる……! 優しい香りいいい~!

そして目に飛ぶ込むのは、「かしわ肉」「錦糸卵」「海苔」の鮮やかな3色。遊び心のある昔ながらのスタイルがとてもクールだ。いやもうマジでたまらんね。変わらないって素晴らしい。それではさっそく、いただきます。パクリ……

うん、美味い。鶏ガラスープを吸い込んだ炊き込みご飯は、間違いなく絶品だ。木の容器が余分な水分を吸っているから、米が適度なかたさを保っている。粘りと柔らかさのバランスがちょうど良いぞ。これが100年近く受け継がれている伝統の味か……おそるべしクオリティ。

そして「かしわ」。九州では鶏を “かしわ” と呼び、冠婚葬祭のときに庭先で育てた鶏で客人をもてなす習慣があったのだとか。つまり、最高のごちそうだ。単体でも美味しい炊き込みご飯と、旨味がギュギュッと凝縮された鶏の刻み肉……冷めていてもしっかり美味しいな~

弁当の定番メンバー「錦糸卵」と「海苔」も、炊き込みご飯との相性が抜群。派手さはないが、安定感のあるベテランらしいナイスな働きをしている。もちろん、お茶とも合いますよね~。

・次は「立ち売りの方」から買いたい

なんとも駅弁らしい駅弁だったから、やはり駅ホームの「立ち売り販売」から購入するのが最もオススメ。とは言え、福岡が誇る「かしわめし」は、評判通り、見た目・香り・味の三拍子が揃っているのでチャンスがあればぜひ食べてみてほしい。九州の旅が始まる味を……ぜひ!

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ロバート秋山パパが店主『ファンキータイガーアジト』があまりにもファンキー! 激ウマ豪快メニューに度肝を抜かれたでござる

先日、福岡県北九州市の門司港に行った際に、芋洗坂係長がオーナーを務めるお店で「ちゃんら~」を食べたのだが、そこからスグ徒歩圏内の場所に、ロバート秋山竜次さんの父親のお店『ファンキータイガーアジト』もあることを知った。マジかよ。すげーな門司港。

秋山パパのお店といえば、門司港名物の海賊船レストラン「ファンキータイガーカリビアン」を思い浮かべる方が多いだろう。こちら実は、2018年の9月に「船の老朽化」などの理由で閉店したのだが、海から陸に上がってリニューアルオープンしたのが “アジト” なのである!

・全面ピンク

かつて国際貿易で栄えた門司港エリアは、大正ロマン漂うレトロな街並みが特徴的だ。駅前のファミマも景観に配慮をして白黒だったりする。となると、お目当ての “アジト” を探し出すのも大変なのでは……と不安に思ってしまうかもしれないが、ファンキータイガーをナメてはいけない

ファンキータイガーアジト

死ぬほど派手だ。

それにしても全面ピンクとはさすがである。まさにファンキーな外観だが、「ほとんどの内外装工事を、秋山パパと店長の2人で仕上げた」というエピソードも相当ファンキー。あっぱれとしか言いようがない。

・プチ博物館

それでは店内へ。聞くところによると「陸に上がった海賊が潜伏するアジト」をイメージしているそうだが……まず目に飛び込んできたのは、満面の笑みを浮かべる秋山さんのパネルと、人気キャラのトータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMIのポスターだ。海賊も土下座するレベルのインパクトである。

他にも、秋山さんが「クリエーターズ・ファイル」で披露したキャラクターの映像や写真展示などもあって見どころ満載。 “プチ博物館状態” の店内は、ファン必見と言えるだろう。

・1番人気のメニュー

さて、注文したのは、同店1番人気の「ハンバーグ in 焼きカレー(サラダ付き1500円)」。門司港周辺には様々なスタイルの「焼きカレー」が存在しているが、その中でもファンの多い人気メニューなのだとか。さあさあ、こんがり焼かれた状態で登場しました。アツアツの器から放たれる香ばしい匂いがたまらん。食欲そそるな~。

さっそく一口食べてみると……おいマジで美味いぞ。とろけるチーズが濃厚なカレーの美味しさをぐっと引き立てて、食べるほどにマイルドかつディープな旨味が増していく。恐るべしコクと旨味、ファンキー過ぎるだろォォォ!

そして、海賊船時代からの名物であるハンバーグは、超ジューシーで食べ応えもMAX。こちら国産牛を100%使用してアメリカ仕込みの味に仕上げたそうだが、こんがり焼きカレーとタッグを組むことで、美味しさのポテンシャルを最大限に発揮したと断言できる。注文に迷ったらこれでOKだろう

・ファンキーな出会いにも期待

この日、残念ながら秋山パパは不在だったが、アジトに潜伏している時には写真撮影にも気軽に応じてくれるという。名物のハンバーグ・焼きカレーはもちろん、ファンキーな出会いにも期待して同店を訪れてみてはいかがだろうか。ちなみに狙い目はオープン直後だぞ!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

名称 ファンキータイガーアジト
住所 福岡県福岡県北九州市門司区港町3-14
時間 11:30~21:00
休日 水曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

香川県小豆島のご当地グルメ「ひしお丼」が激ウマ! オリーブ牛の破壊力にも震えが止まらない… / オリーブ園『オリーブパレス・レストレア』

先日、香川県小豆島に行ってきた。「あずきとう」じゃないぞ。「しょうどしま」である。オリーブ、そうめん、醤油、胡麻油などの生産が盛んな小豆島だが、そこで初めて食べたのが「ひしお丼」というご当地グルメだ。

島メシとも呼ばれる「ひしお丼」には三つの約束事があり……まあ、これは後でご紹介するとして、とにかくコイツが激しくウマかったためお伝えしたい! 同時に、初体験した香川が誇る黒毛和牛「オリーブ牛」の実力にも震えたぞ……!!

・目指すは小豆島

空港からバスで高松へ移動し、そこから小豆島へはフェリーで向かう。約1時間の船の旅だ。小型の高速艇も嫌いじゃないが、フェリーに乗る時はなぜか無性にワクワクしてしまう。旅感が強いからだろうか。

瀬戸内の海はどこか穏やかで、太平洋や日本海と比べると水面の色も少々違うようだ。辺りを見渡せば様々な島が点在しており、ああ、瀬戸内海に来たんだなぁという感慨が込み上げてくる。

・オリーブ園へ

上陸後はレンタカーで島内を移動したのだが、その途中で立ち寄ったのが「小豆島オリーブ園」というスポットだった。こちらにはオリーブ製品のお土産がたくさん揃っているということで、トイレ休憩も兼ねて入ってみることに。

敷地内には『オリーブパレス・レストレア』というレストランが併設されており、私(あひるねこ)はそこで初めて「ひしお丼」の存在を知ることになる。小豆島のご当地グルメか、これはぜひとも食べておかねばなるまい!

・三つの約束

というわけで、皆さまお待たせしました。先述した「ひしお丼」の三つの約束事がこれだ。

その1:「醤(ひしお)の郷」で作った醤油やもろみを使うこと。
その2:小豆島の魚介、野菜やオリーブなど地元の食材を使うこと。
その3:箸休めはオリーブか佃煮を使うこと。

醤とは塩を加えて発酵させた塩蔵品のことで、その代表格が醤油や佃煮である。それらの工場が軒を連ねるエリアが「醤の郷」と呼ばれているとのこと。つまりまあ、上記の三つの条件を守ってさえいれば、あとはお店の自由というわけだな。

・オリーブ牛が食べられる

さっそく注文しよう思ったら、気になるメニューを発見した。1日10食限定という『特製ソースでいただく オリーブ牛のひしお丼(税込1250円)』だ。オ、オリーブ牛だと……!? 絶品と噂に聞くプレミアム黒毛和牛が、「ひしお丼」で食べられるというのか? こりゃあ、行くしかねぇ……!

・ソースがウマい

我がテーブルに降臨した『オリーブ牛のうしお丼』には特製ソースが付いており、もろみがたっぷり使われているのだがこれが非常に美味。野菜を無限に食べれそうな劇的有能ソースだ。そこにオリーブオイルを適量もこみちれば、ウマさはさらに倍付けとなる。

で、お待ちかねのオリーブ牛なんだけど……ぶっちゃけ量は少ないっす。牛丼みたいな小間切れ肉がちょこちょこっと盛られている感じだな。ですよねー。まあこの値段では仕方ない。と、あまり期待せずに食べたのだが……。

・激ウマ

うわーーーーーッ! 何だこの肉めっちゃウメぇぇぇぇええええ!! 薄く小さく切られているにもかかわらず、かみしめた時の牛肉の旨みがとんでもないことになっているのだ。高い味ッ! これ、高い肉の味がしますよお母さん!! ていうかこいつ、どんだけエナジー注入されて育ったんだよ!

小豆島産オリーブのしぼり粕を配合した、特別なえさで育てられたというオリーブ牛。それが「ひしお丼」と組み合わさると、こうも凶悪なご当地グルメが完成してしまうとは驚きである。肉はウマいわ、野菜はウマいは、ソースはウマいわ、箸休めのオリーブはウマいわで、マッハで完食してしまったぞ。ゴチ。

・また食べたい

オリーブ牛は言うまでもなく最強だったが、私は「ひしお丼」自体も非常に気に入った。店によって内容は大きく異なるようなので、今度島を訪れたら食べ比べなどしてみるのも一興だろう。小豆島、というか瀬戸内海。再訪決定である。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 小豆島オリーブ園 オリーブパレス・レストレア
住所 香川県小豆郡小豆島町西村甲2171
時間 9:00~16:00(食事の提供は11:00~15:00のランチタイムのみ)
休日 無休

参考リンク:小豆島オリーブ園
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24