伝説のすた丼屋の新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』のコンセプトがパワー系すぎて笑った! これが、ハンバーグの正しい使い方…!!

ただでさえ野郎メシのイメージが強い「伝説のすた丼屋」であるが、本日2020年1月29日より発売となった新メニュー『パワフルバーグ合盛りすた丼』の場合、そもそものコンセプトが狂おしいほどに漢(おとこ)なので覚悟が必要だ。

いやまさか、すた丼の肉山の中にハンバーグを丸々1個ブチ込んでくるとは思わなかったぞ。やることが完全にパワー系のそれというか、いつまでも変わることのない男子的メンタリティーには感動さえ覚えてしまう。まあ要はバカだ、バカ! さっそく食いに行くぞ! バカ最高ォォォォオオオ!!

・期待の新メニュー

ここのところ、いい感じのヤバイ商品を立て続けに発売している「すた丼屋」。前回食べた『トリプルすたみな爆肉丼』なんて、最終決戦みたいな内容で震えたものである。当然、今日から始まる『パワフルバーグ合盛りすた丼(税込920円)』にも期待したいところ……なのだが。

食券機を前にしてとんでもないことに気付いてしまった。そうか、今日は29日で「肉の日」だったんだ! 貼り紙によると……何ーーー!? マママ、マジかよ! すた丼の肉50%増量キタァァァァアアア!!

その結果……

肉の山の中に……

え?

なんかおる。

箸でよけてみると……。

こ、これは……!

ハンバーーーーーーーグ!!!!!!!

・まさかのダブル主演

なんと増量された肉の隣に、ハンバーグが丸ごと1個ねじ込まれていたのである。ちなみに、ハンバーグが「すた丼屋」に登場するのはこれが初めてとのことだ。いや、ならハンバーグ単体でもよかったろ! 両A面シングルかよ!! しかし、この過剰さこそ「すた丼屋」の本領と言えなくもない。

肉をかき分けるように食べ進め、

いざハンバーグにかじりつく! も……むむ? 「すた丼屋」によると、フライヤーで揚げることで外はカリッ&中はジュワッの新食感になっているという話だったが、私(あひるねこ)が思い出していたのは、子供の頃に食べたお子様ランチのハンバーグだった。

・懐かしい(?)味

そう、あらびき感のある肉っぽさとはまるで無縁で、なんかこうやたら柔らかいのだ。いや、ソースはニンニクが効いているし、これはこれでウマいが、どこがカリッやねんという気はちょっとしてしまったな。もしかして揚げ忘れたのだろうか? まあ、普通揚げないもんね。ハンバーグって。

こうして、豚肉のチェイサーにハンバーグを食べるという狂気の野郎メシタイムがしばらく続くことになる。肉、ハンバーグ、肉、ハンバーグ……。途中で「いやどっちも肉だろ」「ハンバーグはチェイサーではない」と気付きながらも、やはり極上にハピネスなひと時だ。我、カロリーを一身に浴び。

・できれば今日行け

ちなみに360円(税込)追加すると、ハンバーグが2枚になって総重量450gを超えるらしいぞ。なるほど、いよいよ戦争だな。期間限定なので食べたい人は急いだ方がいいだろう。今日中に行けば肉1.5倍だ! きっとあなたはそこで、ハンバーグの正しい使い方を知ることになる。

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【アカン】「伝説のすた丼屋」の新メニュー『トリプルすたみな爆肉丼』を頼んだら最終決戦みたいなのが来た

先週、2019年11月29日。令和初となる “いい肉の日” に合わせ、ボリュームに定評にある丼チェーン「伝説のすた丼屋」から新たな商品が発売された。その名も『トリプルすたみな爆肉丼(税込990円)』。

「爆肉」という不穏ながらも意味はよく分からないネーミングに惹かれて頼んでみたら、最終決戦みたいなのが来ちゃったのでお伝えしたい。アカンでこれぇ……。

・すた丼の新商品

「すた丼屋」にはやっぱり、頭悪いくらいとびきりボリューミーな丼が似合うよね! と考える私(あひるねこ)からしても、あの新メニューはいささかやり過ぎな気がしてならない。それも別方向に、である。順を追って話そう。

『トリプルすたみな爆肉丼』は、牛 × 豚 × 鶏という三大メジャー肉が一つの丼に集結した「すた丼屋」初となるトリプルコラボ丼だ。茶碗約3杯分の大盛りご飯にのった総肉量は、なんと290(ニク)グラムにも上る。まさに男子ホイホイ的一杯と言えるのではないか。それがこちら。

はいドン!

・安定の肉尽くし

なるなる、な~る! さすがのボリューム!! ラグナロクかな? と思いつつ、現場がカオスすぎて話が見えないため一つずつ見ていこう。まずは牛代表の「牛焼肉」だ。大正義・牛カルビと玉ねぎ、そしてニンニクの芽がパンチの効いた “特製すたみな焼肉ダレ” で炒められているぞ。

うむ、間違いないウマさである。

続いて鶏代表「すたみな唐揚げ」! もはや説明不要の人気メニューが3つも のっているのは嬉しい限り。こちらも牛同様たっぷりニンニクがが効いており、食べ手の「ご飯かっこみたいですね」欲求を極限まで高めようとしてくるので気を抜けない。

押忍! 押忍押忍ッ!!

・予想外の光景

で、最後は言わずもがな豚肉……なのだが、唐揚げの逆サイに視線をずらした私は一瞬、完全にフリーズすることになる。え!? いや……ん? は!?

何やコレ!!!!

・謎の物体

白ォォォッッ! 茶一色の丼内において、ここのエリアだけ異彩を放っているではないか。一体何が起きたんだ? もう一度よ~く見てみると……私、とんでもないことに気付いちゃったんです。マ、マジかよコイツ……。

とんかつじゃん!

・かつだった

なんとその正体は、豚代表の「とんかつ」だったのだ。そこにソースと共に、“特製からしニンニクマヨネーズ” が親の仇のようにかけられている。なるほどぉ、だから白かったのかぁ……って莫迦(ばか)! いくら何でもかけ過ぎなんだよォォォォオオオオ!!

・はしゃぐマヨ

別に とんかつにマヨ自体を否定するつもりはない。しかし、これでは とんかつというよりマヨ単品である。ラクレットチーズみたいなノリでかけるんじゃないよと言いたい。さすがにこの量はキツいので、牛と鶏にもマヨをつけて減らしていくことにする。

運良く牛焼肉にも唐揚げにも激マッチするマヨ。ちょっと減ったところで、ようやく とんかつをガブリ。うん……まあウマいさ。が、これがチーズだったらなと思わずにはいられない。ただでさえ超ボリュームなのに、マヨまでハッスルしまくっているせいで気分はもう戦争だ。若さ故の過ちのような丼である。

・さらに上がある

それでもなんとか完食することに成功。34歳にはヘビーだったが良かった良かった……と思ったら、メニューをよく見るとプラス360円で牛焼肉を約1.5倍に、唐揚げを4個に、そして とんかつを2枚に増量できると書いてあるではないか。正気かよオイ!

・爆肉納めに

「すた丼屋」の新商品『トリプルすたみな爆肉丼』。それは、激動の2019年を締めくくるにふさわしい最終決戦仕様の丼であった。注入すれば(食べれば)パワーがモリモリ湧いてくること必至。期間限定なので、挑戦する場合は急いだ方がいいだろう。ただし、マヨが苦手な人は十分に注意されたし!

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

「伝説のすた丼屋」の新メニュー『ロックステーキ唐揚げ合盛り丼』が狂気に満ちていて笑った! ステーキの上から “背脂” かけるとかマジかよ!!

血気盛んな男子たちから圧倒的な支持を集める丼チェーン「伝説のすた丼屋」と言えば、やはり味のパンチとボリュームが最大の魅力である。ある意味、肉とメシにひたすら特化した分かりやすいブランドと言えよう。

当サイトではこれまでにも「すた丼屋」のヤンチャ極まりないメニューをいくつかご紹介してきたが、今回も期待通りヤバイことになっているぞ。本日2019年11月1日より発売となった『豪快 ロックステーキ唐揚げ合盛り丼』。この新メニューがちょっと……いやだいぶ狂った仕上がりなのだ!

・カロリーを欲する

「一気に気温が下がり肌寒い季節に突入し、身体がカロリーを欲しがり食欲が増す時期になってまいりました」

という、少々頭のおかしめな案内を我々メディア向けに送ってきた「すた丼屋」。この一文からも、今回の『豪快 ロックステーキ唐揚げ合盛り丼』がどのような性質のメニューなのかが一発で分かってしまう。カロリーを摂取すべく、さっそく店舗へと向かった。

・さすがのボリューム

並盛りで税込990円と決して安くない価格だが、実物を見ればそれも納得。丼の上には熟成赤身ステーキ&から揚げが3個、その名の通り超豪快に盛り付けられているのだ。まさに「すた丼屋」ならではの大迫力なルックスである。

・まさかの “追い〇〇”

さあ、ここでステーキをよ~く見てみよう。何やら怪しげな白いブツが肉にかかっているのが分かるはず。実はこれ……なんと背脂なのだッ! そう、ステーキの上に背脂がかかっているのである!! いやどんなコンセプトだよ! ジャンクを突き詰めた者の末路のようなトッピングに震えざるを得ない。

しかし、ステーキを口に運んでみると……あらヤダ! 一切れ一切れは小さいけど、思ったよりもだいぶ柔らかいぞ。ニンニクのパンチが効いたガーリックソースとの相性も文句なく、ご飯がもう進む進む! さらに背脂が加わることで、ジャンキー感がより濃度を増している印象だ。

もちろん から揚げも負けていない。ジューシーかつニンニクが効きまくったハイパーな味付けは、さながら白米吸引装置。ステーキをも超える濃い~パンチにノックアウト寸前だ。これぞ正しき野郎メシ! 両者とも、食べていて逆に疲れてくるくらいパワーに満ち溢れているぞ。

・背脂もかすむレベル

その結果、本来ならもっともマッドマックスな要素である “追い背脂” の存在が、心なしか薄くなってしまうという逆転現象が起きているのは面白い。二郎みたいに「アブラマシマシ」とかコールできたらよかったのかもしれないけど……いやいや、さすがにそれは胃がイカれるというものだ。

・期間限定

ステーキに背脂をかけたという狂気の新メニュー『豪快 ロックステーキ唐揚げ合盛り丼』。その最大の武器は、背脂の存在をもかき消す純粋な味の強度にあった。ちなみに期間限定。マジで口の中がニンニク一色になるから、食べるタイミングを考えた上で挑戦してくれよな!

参考リンク:伝説のすた丼屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24