【100均検証】ダイソーに100円で売っていたそうめん『島原素麺』が予想外にウマくて大反省! 教訓「価格でそうめんを見てはいけない」

反省している。私は先日、とても失礼なことをしてしまった。無知ゆえに、まるで「身なりで人を見る」ような感覚で、「価格でそうめんを見る」をしてしまったのである。

そりゃ見るだろ! 価格は重要だろ!! というか、ふつう、いや、とくにそうめんは味と価格が比例しているだろっ!! ……とツッコむ人も多いだろう。そしてそれは事実かもしれない。

だが!!!!!!!

そうでないこともあるんだなってのが今回のお話。それも100均のお話である。

・揖保乃糸を切らしていた

自分の中での史上最強そうめん汁「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」を作り終えた私は、おもむろに食料庫をチェックした。たしか揖保乃糸の残り半分(3束)があるはずだ。それを45秒ほど茹でたら完成……ふふふふふ……とニヤニヤしながらゴソゴソ探るも……

ない。

どうやら揖保乃糸、知らぬ間に食べちゃったらしい。オウマイガー……。今からスーパーに行くのは嫌だし、今さら「これ(汁)は冷凍保存しておいて、別の料理を食べる」なんて選択肢は考えられない。もう口が邪道そうめん。何がなんでも、邪道をキメたい! ファイヤーッ!!

──と、そこで思い出したのが、いつぞやかダイソーで買った100円の『島原素麺』だった。ネタになったらいいなと買っておいたそうめん。食糧庫じゃなくて「100均倉庫」のほうに、おそらくそれは眠っている。ゴソゴソゴソ……

あった。

ということで、「そうめん難民」の状態からは抜けているのだが、私の心はブルーだった。正直言おう。「チッ、100円のかよ……」と思っていた。「どうせそんなに……」と思っていた。つまるところ、ナメていた。無知がゆえに、ナメていた。

パケ裏の調理法を見てみると、茹で時間は2〜2分半とある。ほっほ〜、ということは、おそらくこれ、ちょっと太め?

やはり、やや太め。というか……

なんか「棒ラーメン」を茹でている感覚……

仕上がりも……

そこはかとなくラーメンっぽいぞ……?

まぁでも、汁が絶対的にウマいから、たとえ「麺」がダメでも満足できる……とか、失礼すぎることを考えながら作っていた。

そして……

何も期待はしていなかったが、

むしろ「消化試合」的な感覚だったが、

ためしに「麺」だけを食べてみたところ……

\ズズズズッ……/

おや?

あれ?

これはこれで……

うまくないか?

ためしに「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」に浸してみると……

よくからむ……というか、染みているというか、なんというか……まるでラーメン! そして、まさかと思いながら食べてみると……

アイヤーッ……!!

う、う、美味すぎるアル……!!(KO)

ちょっとこれ、「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」にピッタリというか。むしろ揖保乃糸よりも、こっちの「島原素麺」のほうが合うというか! なんなら「邪道そうめんピリカラ豚なすデスマッチ」のオフィシャル推奨そうめんに指定したいくらいのドンピシャ感! しかもなんだろう、あまり食べたことのない感覚の「そうめん」なのだ。ラーメンみたいなそうめんというか……。

決して「安い味」なんかじゃない。こんなのが1パック(6束)100円で買えるとか奇跡だろ!! ちょっとこれ……「スタメン入り(常備)」決定じゃない? 次ダイソーで見かけたら、3パックくらい買っとこっかなって。甘く見ていて大反省! ナメていた自分に喝! である。

・悟りのそうめん

島原素麺が教えてくれたのは「そうめんは価格ではない」ということ。なにごとも、中身、いわば実力、すなわち「真」を見てから判断したいものである。

これがあるから100均検証はやめられない。100均パトロールとは “出会い” であり、“気付き” であり、そしてなにより修行である。またひとつ、悟りの境地に近づいた気がする。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【インスタ映え】そうめんの進化が止まらない! 恵比寿『そそそ』の釜玉そうめんが絶品!!

長年過小評価されている食べ物の1つに「そうめん」がある。誰もが子どもの頃から食べているにも関わらず、ラーメン・うどん・そば・パスタなどとは明らかに扱いが異なり、チェーン展開されている訳でもなく、専門店もごくわずか。

近年はソーメン研究家のソーメン二郎氏の地道な活動の甲斐あって、着実にブーム到来の予感がしてる。もしかして、今年ブレイクするか!?

そこで紹介したいのが、2018年1月に東京・恵比寿にオープンしたそうめん専門店「そそそ」である。ここのメニューは従来のそうめんのイメージを根本から覆す、進化系そうめんだ!!

・そうめん店を感じさせない外観

お店は、恵比寿駅の西口を出て徒歩約5分のところにある。恵比寿といえば、オシャレな街というイメージがあり、コジャレタ飲食店も数多く軒を連ねている。そんな街にあってこのお店は、そうめん専門店を感じさせないシックな雰囲気。

看板の横向きの「そそそ」の文字がとても印象的である。メニューを見ると、豊富なそうめんメニューがズラリ。スタンダードなつけそうめんはもちろん、あたたかいそうめん(にゅうめん)。明太クリームそうめんや大葉ジェノベーゼそうめんなどなど、実にバラエティ豊かだ。

・メレンゲとそうめん

それら個性的な品々のなかでも、もっとも視覚インパクトが高かったのが、「ふわふわ釜玉そうめん」(650円)である。メニューの写真を見て、「これがそうめん!?」と衝撃を受けた。いまだかつて、これほどまでにオシャレな見た目のそうめんがあっただろうか? いや、ない! インスタ映えするそうめんがコレだ!!

ついにそうめんが、たまごの白身を泡立てたメレンゲと共演する日がきた……。なぜいままで、このような美しいそうめんの一品がなかったのだろうか。それはひとえに、そうめんが軽んじられ、そうめんの本当の美味しい食べ方を多くの人が知らなかったからにほかならない。これをそうめんの進化と言わずにはいらないのである。

・絶対に写真を撮る

別添えのだし醤油をかけて頂く。美しいメレンゲを崩してしまうのはちょっと気がひけるが、崩さないことには食べることができない。黄身を割ると、白と黄色のコントラストがとても美しい。これ、絶対写真撮るでしょ!

お店で使用しているそうめんは、瀬戸内海・小豆島の手延べそうめん「島の光」とのこと。だし醤油は、同じく小豆島の金両醤油を使っているそうだ。

メレンゲは一般的に、放っておくとしぼんでいくものである。見た目よりも水分が多く、麺と絡めるのは難しい。ふわふわでなおかつ細麺に絡みやすいように、研究を重ねたそうだ。箸で麺をつかむと、たしかにメレンゲをまとっている。一口すすると、ふわりとしたたまごの食感と、麺のもっちりとした歯ごたえが相まって実に美味しい。

いままで数えきれないほど、そうめんを食べてきたはずなのに、今まで食べてきた、どれとも違うそうめんがここにある。知らなかった。そうめんにはまだまだ料理としての可能性があり、それが少しずつでも着実に進化していることを。近年の静かなブームを知らず、「そうめんでしょ?」とお思いの方、ぜひ一度たしかめてみて欲しい。進化系そうめんのその味を。

・今回紹介した店舗の情報

店名 そそそ
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-4-1
営業時間 11:30~15:00、17:00~00:00 金土祝前11:30~15:00、17:00~翌4:00
定休日 不定休

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24