使い捨ておしぼりを掃除に。用途に適した使い分けを解説

お弁当やサンドイッチなどを買うともらえる使い捨ておしぼり。お出かけのときにあったら便利そうと、使わなかったぶんを持って帰ってストック。でも結局使わないまま、たまる一方…。

「じつはこの使い捨ておしぼりが、お掃除に使えるんです!」と教えてくれたのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。乾いて使えなくなってしまう前に、掃除にガンガン使って有効活用しましょう。

使い捨ておしぼりいろいろ

おしぼりの素材によって用途を使い分ける

じつは、使い捨ておしぼりには種類があって、それぞれにどんな掃除に向いているかが違います。ざっくり分けると、伸びやすいものと伸びにくいものの2つ。その見分け方と使い方を紹介します。

広範囲の掃除に向く、伸びやすいおしぼり

伸びやすい素材のおしぼり
筒型に丸められているおしぼりには、伸びる系が多い気がします。凹凸加工がなく、生地が柔らかいのも特徴です。

伸びる素材のおしぼりは、やぶれにくくて丈夫なうえに、すべりもよく、細かいゴミやホコリを繊維がからめとってくれます。床や壁、机の上など広範囲の拭き掃除がスイスイすすみます。

フローリングワイパーにつけて使う

フローリングワイパーに取りつけて掃除することもできます。

ウエスがわりに使える、伸びにくいおしぼり

伸びにくい素材のおしぼり

長方形にたたんであるおしぼりは、伸びにくく、凸凹のあるエンボス加工のものが多いと思います。この凹凸が汚れをかきだします。おしぼりで汚れを拭きとる

すべりにくい素材なので、細かい部分の掃除向き。フライパンやボウル、食器についた油分を取ったり、コンロ周りのゴミを拾ったり、排水口のゴミを集めるのに役立ちます。

乾燥したおしぼりはどうやって使う?

乾燥したおしぼりは濡らして使う

乾燥したおしぼりは、水や除菌スプレーで濡らして再生。

拭き掃除に使う

リビングの床、壁、扉などいろいろな場所で使えます。トイレの床や便座の拭き掃除にも重宝。素材によっては水に溶けないものもあるので、トイレ掃除後に便器に流さないように気をつけましょう。

家にため込んでいる使い捨ておしぼりがあったら、ぜひ掃除に活用してみてください。

Source: 日刊住まい

100均「プルアウトボックス」でラク掃除。水回りやテレビ横にぜひ

棚のホコリや水回りの汚れが気になったとき、「あとで掃除しておこう」と思ったまま、忘れてしまうことはありませんか?

「その解決策は、目につきやすいところに掃除道具を置いておくこと。気づいたときにすぐに掃除ができるようにしておくと便利です」と話すのは、整理収納アドバイザーの藤野ことさん。100均アイテムを活用した解決法を教えてもらいました。

プルアウトボックス

100均の「プルアウトボックス」は掃除グッズの収納に最適

ちょっとした汚れやホコリが気になっても掃除を後回しにしてしまうのは、掃除道具の収納場所が原因の1つ。見えづらく、出し入れしにくい場所にあると、すぐに掃除する気になりません。

たとえば洗面所。蛇口の汚れが気になったときに、すぐ横に掃除グッズがあれば、サッと掃除ができますよね。そんな掃除グッズの収納に重宝なのが、100均の「プルアウトボックス」です。

プルアウトボックス

購入したのはセリアですが、キャンドゥ、ダイソーにもあります。こちらのトールサイズは幅11×奥行13×高さ8.7cm。素材はフタがポリエチレンで、本体がポリプロピレン。汚れてもすぐに水洗いできます。

プルアウトボックスに収納するときは、フタを開けてモノを入れ、取り出すときは十字の穴からそのまま。片手で取り出せるため、気楽に「ながら掃除」や「ついで掃除」ができます。

ホワイトの無地なので、どこに置いても悪目立ちしないのもポイント。洗面所やトイレ、キッチンなどあらゆる場所で使える優秀な収納ケースです。ただし、危険なのでガスコンロの近くには置かないでください。

活用術1:メラミンスポンジを入れて水回りに置く

プルアウトボックス

蛇口や洗面ボウルの掃除に使うメラミンスポンジをプルアウトボックスに入れて、洗面台に置いておけば、歯磨きのついで、手洗いのついでに掃除が可能です。

活用術2:ウェスを入れてホコリが気になる場所に置く

プルアウトボックス

古布を使いやすくカットしたウェスは、ホコリをサッと拭き取るのに便利。わが家では、ウェスを入れたプルアウトボックスをリビングのテレビボードの脇に置いています。

テレビ周りは静電気の影響でホコリがたまりやすい場所。すぐ横にウェスがあれば、テレビを観ながら掃除ができます。ピアノの上や寝室の収納棚に置くのもおすすめ。

「ついで掃除」が習慣づけば掃除ストレスから抜け出せる!

掃除は「やらなくちゃ…」と思えば思うほどストレスがたまるもの。そして、汚れがたまればたまるほど、どんどん面倒になるもの。

汚れが目についたら、サッと掃除する習慣を普段からつけておけば、汚れがたまらず、掃除がそれほどストレスにはなりません。「ついで掃除」「ながら掃除」だったら、かかる時間は1分程度。すき間時間を活用するだけでキレイが保てます。

そのためには、気づいたときにすぐできるように、掃除グッズを掃除する場所に置くのがポイント。別の場所に掃除グッズを取りにいって、掃除してまた戻す動きはムダでしかありません。

掃除グッズの収納を見直して、こまめな掃除を習慣づけましょう。

Source: 日刊住まい