【爆盛り】十割そばはもういらん! ってなる秋葉原「そば処 つつみ」の『もういらん盛り』が嫌というほどそばの山!! 立ち食いそば放浪記:第180回

一度でいいから飽きるほど食べたい! 大好物についてそう夢見てる人は多いと思うが、そば好きは秋葉原『そば処 つつみ』に行くと良い。食べても食べても減らないそばの山は、まさに飽きるほどの量! 十割そばはもういらん!!

・もういらん盛り

そんなメニューの名前は「もういらん盛り(税込930円)」という。食券機に、小、中、大、特盛と並ぶもりそばのサイズのボタン。その並びで異彩を放つ「もういらん盛り」のボタンに惹かれないそば好きはいないのではないだろうか。

初めて来店した際の私(中澤)もそうだった。そのボタンの放つ魔力に吸い寄せられるように、気づけば注文していたのである。そして、目の前に築かれたのは……

そばの山!!

・夢

この時の感情を言葉にするなら……そう、至福。約束された夢がそこにあった。果てしないそばの向こうにoh oh 手を伸ばそう!

食べてみると、麺はかなりコシが強めで、つゆは辛めかつ濃厚な味わい。私の箸を止めるものは何もない。心のまま箸は行くのさ。誰も知ることのない「もういらん盛り」へ。

View this post on Instagram

十割そばの山

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Sep 27, 2019 at 1:38am PDT

・な、なにい!?

一心不乱に食べていると、減ってたお腹も落ち着いてきた。もう大盛一杯分くらいは食べたんじゃね? そう思いながら「もういらん盛り」を見てみると……な、なにいッ!?

こいつ全然減ってねェェェエエエ!!

──ここから闘いの火ぶたは切って落とされたのだった

食べる私。減らない「もういらん盛り」。

それはさながら膠着状態。聖闘士星矢で言うと、実力が伯仲する黄金聖闘士同士が陥ると言われている「千日戦争(ワンサウザンドウォーズ)」だ。燃えろ!! 俺の小宇宙!

セブンセンシズで食べていると、徐々に減り出す「もういらん盛り」。しかし、私の意志に反して箸からスベリ落ちるそば。限界は近い。むう……。

もう少し……もう少しなんだ。しかし、ひと口が重い。

マジでもういらん

そんな中、ついに最後のそばを飲み込んだ。やった……! 奇跡は起こるんだ! 諦めない限り何度でも……!!

なお、後で店員さんに伺ったところ「もういらん盛り」の量は600グラムくらいとのこと。1キロとかを食べられる人には物足りないかもしれないが、私でもギリ食べきれる量なので、普通の胃袋の人が飽きるまで食べるにはちょうど良いかもしれない。

とりあえず、しばらく十割そばはいらん。

・今回紹介した店舗の情報

店名 そば処 つつみ
住所 東京都千代田区神田佐久間町2-25
営業時間 月~金7:30~ 23:00 / 16:00~居酒屋営業
定休日 土・日・祝

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24