おにぎりで「チキンラーメン」と「どん兵衛」を再現! ローソン新商品の『カップ麺風おにぎり』2種類を食べ比べてみた!

お湯を注いで数分待つだけで食べられるカップ麺。もはやカップ麺の存在は当たり前のようになっているが、改めて便利な商品だと思う。今ではいろいろな種類があって、味も自由に選べるので好きな人は多いのではないだろうか。

そんなカップ麺を使った新しい商品が、2019年9月17日からローソンで発売された。その名も「チキンラーメン風おにぎり」と「どん兵衛風おにぎり」という商品である。有名な2種類のカップ麺がおにぎりとは、気になる人も多いと思うが果たしてその味は……。

・「チキンラーメン風おにぎり」&「どん兵衛風おにぎり」

両商品ともに、パッケージはカップ麺に近いデザインをしている。「チキンラーメン風おにぎり」はひよこのキャラクターが大きく描かれており、「どん兵衛風おにぎり」は緑色のパッケージに大きくどん兵衛と書かれている。

ちなみに値段は両商品とも税込み120円。コンビニおにぎりの相場で、場所によっては「チキンラーメン」や「どん兵衛」のカップ麺とも同じくらいの値段をしている。

・カップ麺の再現率

まずは袋から出して、おにぎりを見比べてみる。両商品ともに、海苔はついていないタイプのおにぎり。お米は既に味がついていそうなきつね色をしており、特に「チキンラーメン風おにぎり」の方が全体的に色が濃い。

そして本当にカップ麺のあの味なのかという疑問だが、特に気になるところだと思うのでそこから言及させてもらう。もし再現度を点数で5点満点でつけるならば、「チキンラーメン風おにぎり」は満点の5点。「どん兵衛風おにぎり」は美味しいが 3.5点くらいだと私は感じた。ただしタイプが全く違う2種類だったので、詳しい味はについてはこれから説明をしていく!

・「チキンラーメン風おにぎり」

「チキンラーメン風おにぎり」は、食べてすぐに「チキンラーメン」だと感じる。ローストしょう油の風味がとても香ばしく、「チキンラーメン」の主張がかなり強い!  そもそも「チキンラーメン」の麺がおにぎりに入っており、そのままの味がベースになっている。

それに加え、「かやく」に似たネギやたまごも入っており、具の雰囲気も全て「チキンラーメン」。どこを食べても「チキンラーメン」を元に作られたおにぎりだということが分かる。

・「どん兵衛風おにぎり」

一方「どん兵衛風おにぎり」は、「どん兵衛」感があまりない。というのも「どん兵衛」の味はかつお出汁を使っているため、かつお出汁の炊き込みおにぎりという感じが強い。「どん兵衛」はジャンク感があまりないので、味ではカップ麺だと分かりづらかった。

また「どん兵衛風おにぎり」にも、カップ麺と同じようにきざみ揚げやかまぼこなど、「かやく」に似たものが入っていた。しかしこれが、より炊き込みごはん感を強めているように感じた。

・タイプが違う2つのおにぎり

両方ともおにぎりではあるものの、「チキンラーメン風おにぎり」はカップ麺寄りのおにぎりで、「どん兵衛風おにぎり」はおにぎりに寄ったカップ麺の商品だと思った。どちらにも個性があるので、気になる人は食べ比べすると面白いかもしれない。

個人的には、「チキンラーメン風おにぎり」の方がカップ麺独特のジャンクさもあって好きだった。だが、カップ麺とおにぎりの融合度でいうなら、私は「どん兵衛風おにぎり」をオススメする。またこれら商品は数量に限りがあるそうなので、気になる人は見つけ次第お早めにだぞ~!

参考リンク:ローソン
Report:mai
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】ヤマザキの「まるでコロッケ」をコロッケそばにしたら美味いんじゃないのか? どん兵衛で確かめてみた!!

製パン会社の最大手『山崎製パン』は、2019年6月の新商品として、「まるでコロッケ」を発売開始した。この商品、コロッケの中身をパンで包んだ惣菜パンとのこと。

実物を見たら、たしかにコロッケだ。黙って食卓に置いてあったら、パンであることに気付かないかもしれない。逆に考えたら、これをそばにのせて「コロッケそば」にしたら美味いのではないか? 早速ためしてみた!

・「まるで」以上にコロッケ

袋に入った状態だと、「惣菜ドーナツ」と書かれていることから、パンであることがわかる。しかし袋から出して皿にのせてみると……

あれ? これパンだったよね。コロッケ? メンチカツ? 揚げ物でしょ? パンであることを完全に忘れる見た目。「まるで」どころか、コロッケそのものにしか見えない。

半割りにしてみると、ますますコロッケにしか見えない。再現度高すぎだろ。パン生地の薄さから、ヤマザキの本気がうかがえる。

食べてみると、限りなくコロッケに近い食感。ポテトのペーストがほのかに甘く、やっぱり夕食の食卓にあったとしても全然不思議ではない。これをおかずに白飯を食ってもいいのでは? と思えてしまうほどだ。

・VS どん兵衛天ぷらそば

さて、コロッケそばの検証をするために、用意したのはどん兵衛の天ぷらそば。残念だが、今回はボーカルの天ぷらの出番はない。天ぷらには “そばのステージ” から降りてもらおう。

かわりにゲストボーカルとしてステージに姿をあらわしたのは、まるでコロッケだ。存在感は十分。ほぼ1人でステージを占領しているような状態になってしまった。

その上から! 熱湯を投下!! まるでコロッケは温めた方が美味しいらしいので、そばと一緒にコロッケも温める。はたしてどうなるのか?

……待つこと3分……

できた! まるでコロッケそばッ!!

ただでさえ容器に対して大き目だった まるでコロッケが、お湯を吸ってさらに肥大化。これはもはやコロッケの大陸と言ってもいい。

食べるにあたって、最初に気付いた問題はそばが取りにくいことだ。はっきり言って、まるでコロッケが邪魔である。仕方がないので、まずは まるでコロッケを箸で割る。

コロッケ大陸を引き裂きつつ、そばをすする。その繰り返しとなった。

食べてみた率直な感想は、アリといえばアリかな。パンのままで食べていると、それほど甘さは気にならないのだが、出汁に浸すとその甘さが際立って感じられる。食えないほどではない、しかし気にはなる。

当初の疑問「美味しくなるのでは?」に対する答えとしては、「美味しくはない」だ。でも食える。つまるところ、この食べ方は短時間でお腹を膨らますのには向いているのかもしれない。

時間がない! でも腹いっぱい食っておきたい! という人はお試しあれ。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24