【アイデア商品】自宅で手軽に縄跳びトレ! ロープを使わない「エア縄跳び」が意外に有能なアイテムだった

ステイホーム生活の影響で、近ごろ運動不足が気になる人も多いのではないだろうか。もちろん軽い筋トレなんかは部屋の中でも出来るが、ジョギングなどの体を大きく動かす有酸素運動はどうしても外に出ないと厳しいものがある。

かくいう筆者も、どう考えても運動不足。なにか良いものがないかと思いながらネット通販を物色していたところ、「エア縄跳び」なる謎のトレーニング用品を発見した。

なんでもこれを使えば場所を選ばずに縄跳びを楽しめるというのだが、その正体やいかに……?

・縄跳びを「エア」で!?

縄跳びもまた気軽にチャレンジできる有酸素運動のひとつだが、自宅でやるとなると多少ハードルが高いのも事実。縄跳びのロープは意外に大きな弧を描くし、あまり広くない部屋だと周りのものに当たってガッシャーン……なんてこともあり得る。

そこで今回の「エア縄跳び」だ。長いロープを使わないので、室内でも縄跳びを楽しめますよというコンセプトの商品。それだけ聞くと、きっと多くの人はこう思うだろう。それは果たして縄跳びなのかと。何も持たず飛び跳ねるのと何が違うのかと。

そのあたりの疑問を解消するため、さっそく詳しいディテールを見ていこう。筆者が購入したのはAmazonに1999円で出品されていた商品。こちらをベースに今回はレビューしていくが、似たような製品が複数のメーカーから発売されているぞ。

先端に重りが付いた短いヒモが2つ付属しており、このヒモをハンドルに装着してヒュンヒュン回しながら跳ぶというのが「エア縄跳び」の正体だ。これなら確かに必要なスペースは少なくて済みそう。

また通常の縄跳びに使う長いロープも付いてくるので、ロープを付け替えることで2WAY使用が可能。設定した運動時間や回数をカウントダウンしてくれる機能も搭載されている。

・代替品としてならアリ!

商品の概要が分かったところで、気になるのは「エア縄跳び」で縄を跳んでいる実感、言い換えれば手応え的なものが得られるのかということである。

実際に室内で「エア縄跳び」してみたところ、商品の意図しているところは何となく伝わってきた。ヒモの先端に付いた重りの重量が、ちょうど良い感じなのだ。通常の縄跳びではロープを回す際の空気抵抗が手に伝わってくるが、それに近い感触が得られる。

したがって「縄を回して、跳ぶ」という上半身と下半身の連動が自然に生まれ、縄跳び本来の楽しさであるリズミカルな感覚はしっかり再現されている。

思っていたよりも使えそうな商品ではあるのだが、しばらく遊んでいると何となく「物足りなさ」のようなものも感じてきた。それが何なのか分からなかったので、少し外に出て通常の縄跳びと交互に跳んでみたところ……

物足りなさを感じた理由が分かった。それはやはり、ロープが存在しないことである。普通の縄跳びだと足元をロープが通過するので、高く跳ばないと絡まって中断してしまう。しかし……

「エア縄跳び」にはロープがないので、疲れてくると体が勝手にサボり始めるのだ。少しずつジャンプの高さが削がれていき、気が付けば自分ではしっかり跳んでいるつもりなのにヒョコヒョコ屈伸しているだけの状態に……!

もちろんロープがなくても高く跳べばいいだけの話ではあるのだが、それが意外に難しい。「ロープがない」「跳ばなくても転ばない」という事実がサボりを誘発してしまうのだ。

つまりストイックに運動するという点では、「エア」は少し劣るかもしれない。しかし前述のように手軽に縄跳び気分を味わうことは充分できるし、室内で軽く汗をかきたいときの代替品としてなら余裕でアリ。

今回レビューした商品は2WAY仕様なので、TPOに応じて使い分ければかなり活躍してくれるアイテムではないだろうか。運動不足が気になっている方はチェックしてみるといいかも!

参照元:Amazon
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【100均検証】果たして本当にダイソーの「チャレンジ二重跳びなわとび」は “二重跳びラクラク” なのか? 普通のと比べながら跳んでみた!

大人になった今となっては、なわとびの「二重跳び」が何回できるかどうかなんて何の役にも立たないスキルだったりするが、私が小学生の頃なんて、ラクラクと二重跳びができたら “神” だったのである。二重跳びができるだけで尊敬されるし、二重跳びができるだけでモテた疑惑もある。

だが、おそらく、今の時代も子供たちの間で「二重跳び」は重要事項であると見た。なぜならダイソーに “二重跳びに特化したなわとび” が売られていたからである。これは試してみるしかあるまい。モテるために。

今回購入したのは2種類のなわとび。まずは普通の『ラメ入りなわとび(なまえカード付)』。そしてもうひとつは、二重跳びに特化した『チャレンジ二重跳びなわとび』である。共に長さは2.6m、価格は100円だ。

・ラメ入りなわとび(なまえカード付)

まず最初に、普通のなわとびから軽く紹介しておこう。おそらく誰もが幼少時代に使ったことがあるであろう「持ち手が透明のプラスチック」のアレだアレ。ロープのラメがキラキラきれい。んで、名札も付いているので……

かならず名前は書いておこう。誰のなわとびか分からなくなっちゃうからね。特筆すべきは、そのくらい。ちなみに長さの調節も可能だぞ〜。

・チャレンジ二重跳びなわとび

続いては期待の『チャレンジ二重跳びなわとび』だ。まずパッと見で違うと感じるのは、透明プラスチックの中身である。名札ではなく……

ズシリと重い銀の玉と、謎の棒が入っている。なんでもこのオモリにより、「重みで手首がぶれず安定! 二重跳びラクラク」なのだという。だが、こちらの棒、油性マジックなら文字が書けるので……

かならず名前は書いておこう。誰のなわとびか分からなくなっちゃうからね。ちなみに、こちらのロープも

ラメでキラキラ。

よって両者で違う点は、透明プラの中身が「名札か、オモリか」なだけだ。だとしたらオモリ付きのほうがオトクだよな〜。オレが小学生なら絶対にオモリ付きのほうだな。だってオモリと棒だけでも遊べるし……。

それはさておき、さっそく実際に跳んでみよう。まずは普通の『ラメ入りなわとび(なまえカード付)』で二重跳びをしてみたところ……

けっこう跳べる。

続いて、『チャレンジ二重跳びなわとび』で二重跳びをしてみたところ……

けっこう跳べる。

っていうか……

そう変わらねええええ!!

おそらく、「重みで手首がぶれず安定!」するのは力の弱い子供だけで、そこそこ手首も強くなった大人(40歳)の私にとっては、オモリがあろうがなかろうが手首の安定っぷりは変わらないのであった。

それにしても、ひさしぶりに二重跳びしてみると、これがけっこう気持ち良い。想像以上にゼェハァと疲れるし、上手く跳べたら気分も良いし、言うことなしだな二重跳び。たまには二重跳びにチャレンジしよう。モテるために。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24