【大正義】吉野家の「ねぎだく牛丼」が最高すぎる → 玉ねぎだけ追加できないのか中の人に聞いてみた結果…

出だしから唐突ではあるが、もうみなさんは吉野家の『ねぎだく牛丼』を召し上がっただろうか? 万が一まだ「食ってないけど?」という人は、悪いことは言わない、今すぐ吉野家へ駈け込め。自動ドアを突き破る勢いですべり込め。それくらい『ねぎだく牛丼』は最高だ。

おそらく吉野家の「ねぎだく牛丼」は「オニオングラタンスープ」と同じくらい玉ねぎがウマいメニューであるが、欲を言えばもっともっと玉ねぎだけを追加したい。どうにかならんものか……? いても立ってもらいられず、吉野家に問い合わせてみることにした。

・ウマいけどややこしい

遠慮なしに申し上げるが、吉野屋の『ねぎだく牛丼』はシステムがやや難しい。というのも通常の「牛丼」と『ねぎだく牛丼』ではそもそもの価格設定が違い、多くの人がイメージするであろう「値段はそのままだけど玉ねぎが多めの牛丼」ではないからだ。

つまり「牛丼」と『ねぎだく牛丼』は「カレーとカツカレーの関係」だと思えばスッキリする。通常の牛丼に玉ねぎを追加トッピングした牛丼、それが吉野家『ねぎだく牛丼』なのだ。

ところがどっこい、さらに複雑なのは「小盛」「並盛」「アタマの大盛」「大盛」「特盛」「超特盛」……と、それぞれ肉と玉ねぎの比率が違うため、玉ねぎ単体での追加注文ができないということ。これが一般的なカツカレーと大きく異なるところで、例えば「ねぎダブル」のような注文は不可能だ。

・なんとかならないのか?

とはいえ、マジのマジで吉野家の「ねぎだく牛丼」……いや、吉野家の玉ねぎはウマい。とろけるような食感、かと思えばシャキシャキ食感、濃厚な甘み……などなどまさにパーフェクトな玉ねぎである。もし記者が玉ねぎに転生するならば、ぜひとも吉野家に出荷してもらいたいものだ。

それはどうでもいいとして、本気で玉ねぎだけ追加できないものか……! というわけで吉野家の広報に連絡し「玉ねぎだけを追加する方法はないのか?」聞いてみることにした。

──ねぎだく牛丼、最高でした。

「ありがとうございます」

──ただ、少々ややこしいですね? 確認ですが「牛丼とねぎだく牛丼」の関係は「カレーとカツカレー」の関係と考えて間違いないですよね?

「はい、間違いございません。牛丼に玉ねぎをトッピングしたメニューとお考えいただければと思います」

──ただですね、一般的なカツカレーと違って、玉ねぎだけの追加トッピングはできませんよね?

「そうですね……。現状、そのような注文は承っておりません

──そこが理解できません。ハッキリ言って吉野家の玉ねぎは最高です。なぜ玉ねぎだけの追加を可能にしないのでしょうか?

「そうですね……。そもそも、ねぎだく牛丼にはかなりの量の玉ねぎが入っておりますので、さらに玉ねぎをご所望するお客様がいらっしゃることを想定していませんでした」

──ここにいます(キリッ)。というか、日本中に200万人くらいいると思います。

「なるほど……。もしそのようなご要望が多いようであれば、我々としても単体での注文を検討させていただきますが、現状では導入予定はございません……」

──ということは、現段階で “玉ねぎ10倍トッピング” をするとしたら、ねぎだく牛丼を10個買ってくるしかないですかね?

「そうですね、玉ねぎは別容器でご提供させていただいておりますので、その方法であれば10倍なども可能かと思います」

──わかりました。やるしかねえ。

ご覧のように、現時点で「玉ねぎだけの追加オーダーは不可」ということであった。残念ではあるが、まだ発売開始したばかりの商品。鬼神の如く『ねぎだく牛丼』を食いまくりながら、今後の展開を見守ろう。

2020年が始まって間もないが、吉野家の『ねぎだく牛丼』は多くのビジネスマンのスタンダードランチになる可能性を秘めている。まだ召し上がっていない方は、ぜひ1度ご賞味いただきたい。

参考リンク:吉野家
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【激震】吉野家で『ねぎだく』が復活!「超特盛」だと玉ネギまみれなのか? 気になって仕方がないので “中の人” に聞いてみた

ねぎだく。──どんな牛丼なのかは、今あなたの頭にある通りだ。そのまんまではあるが念のために説明しておくと、玉ネギが多めの牛丼のこと。『つゆだく』とか『つゆぬき』とか『頭の大盛』などといったオーダー方法の1種である。

それが、明日2020年1月8日の11時より全国の吉野家で復活する。値段は並盛で454円(税抜)。大盛だと614円(税抜)で、特盛は734円(税抜)、超大盛は824円(税抜)。また吉野家によれば、「サイズによっては増量分の玉ネギが丼の上に乗り切らない場合があるため、別鉢での提供」とのことだ。

──そう聞いて、あなたは気にならないだろうか? 超特盛になったら、どんだけ玉ネギまみれの牛丼になるのか? と。

・並盛は牛肉と玉ネギが1:2

ちなみに、『ねぎだく(並)』では、牛肉と玉ネギの割合が1:2。玉ねぎの量は、通常の並盛の4倍……と事前に発表されている。では、大盛、特盛となるにしたがって、玉ネギの割合は増していくのだろうか? たとえば、大盛りなら牛肉:玉ネギが1:3、特盛だったら1:4といった感じで。

もしそうだとしたら、「超特盛」はほぼ玉ネギご飯になってしまう。ありえないと思うかもしれないが、吉野家の牛丼は玉ネギも美味いので、“ほぼ玉ネギご飯牛丼” の需要があっても不思議ではない。なにより、そんな特殊なビジュアルの牛丼が出たら……ますます吉野家を好きになってしまう! 

──と思いながら、“中の人” に聞いてみた。

Q:ねぎだくの超特盛だと、牛丼が玉ネギまみれになるのでしょうか?

中の人:「いいえ。ねぎだくの超特盛では、牛丼と玉ネギの割合が1:1です。ちなみに、玉ネギのグラム数は非公表になります」

──やはり……と言うべきか。吉野家はネタに走らず! 繰り返す、吉野家はネタに走らず!!

意外だったのは、超特盛になると、並盛の1:2から玉ネギの割合が下がっていること。これは当然、全体のバランスを考えてのことだろう。いくら『ねぎだく』を頼む人が基本的に玉ネギ好きとはいえ、その割合を増やしまくるのは味的に得策ではないとの判断らしい。

記事を書くうえではちょっと残念だけど、吉野家の真面目さを垣間見たようだ。

・『ねぎだく』の歴史

なお、『ねぎだく』は元々、吉野家の1号店「築地店」限定で提供されていたサービス。なんで築地かと言ったら、吉野家によるとこういうことらしい。

「築地店は魚市場で働く食のプロが常連客であることが多く、常連客は自分好みの牛丼を食べようと通好みする特殊注文を生み出し、店舗もそれらの注文に応じた牛丼を提供していました」

──「自分が店員だったら面倒くさくて絶対にキレてる」と思わなくもないが、実に築地らしいエピソードではないだろうか。早い話、食にこだわりの強いプロが客として集まる店だからこそ、生まれた注文方法らしい。

しかし、2018年10月6日に『ねぎだく』は一旦幕を閉じる。築地市場の豊洲移転に伴い、吉野家「築地店」自体が閉店したからだ。以降、『ねぎだく』は幻の注文方法となってしまったのだが……!

ここからは、先に述べた通り。明日、いよいよ復活するぞ〜!

・他の注文方法は復活する?

ついでなので、もう1つ余談を。吉野家のファンであればご存知かと思うが、幻となった注文方法は『ねぎだく』だけではない。『あつしろ(ご飯が通常よりさらに熱々)』や『つめしろ(冷ましたご飯で牛丼)』、『肉した(ご飯の下に牛肉)』なんてものもある。正確に言うと、あった。これらのオーダー方法は、現在どの店舗でも対応不可。しかし……!

いつの日か、『あつしろ』とかも食べられるのかな〜と思って “中の人” に聞いてみたところ……

中の人:「それらの復活は、現在検討しておりません」

──とのこと。

よって、今後 “幻” の中から復活するのは『ねぎだく』だけかもしれないぞ。個人的には、『肉した』や『とろだく(脂身の多い牛肉を盛り付け)』は是非とも食べたいところだが……そんなことを言っても仕方がない。ここは素直に「ねぎだく」の復活を祝おうではないか。SAY! ね〜ぎだく! ね〜ぎだく! ね〜ぎだく!!

参照元:吉野家(PDF)
執筆:和才雄一郎


Source: ロケットニュース24