【衝撃】はなまるうどんが「かけ(温)」を70円値上げ → 価格の推移を調べてみたら…大変なことになっていた

「はなまるうどん」は本日2020年5月19日、『かけ(温)』、つまり かけうどん(温)の価格改定を発表した。大・中・小それぞれ70円の値上がりとなり、新価格は5月26日から適用される。仕方がないとは言え、庶民にとっては大きな負担増だ。

この値上げにより、これまで税抜150円だった『かけ(小)』は税抜220円になるワケだが……そういえば「はなまる」の『かけ(小)』って、昔はめっちゃ安かったよなと思い価格推移を調べてみたところ、大変なことになっていたのでお伝えしたい。

・『かけ(小)』の価格推移

はなまるうどんの創業は今から20年前の2000年。覚えている人もいるかもしれないが、当時の「はなまる」の安さは凄まじかった。『かけ(小)』がなんと税込105円で食べられたのだ。105円て! コンビニのおにぎりみたいな値段である。

うどん店とは思えない激安っぷりに、初めて行った時は衝撃を受けたものだが、2013年11月になると「はなまる」は初の価格改定を実施。『かけ(小)』は25円アップの税込130円となる。まあ、これでも十分すぎるほど安いのだけど。

・値上げラッシュ

その後はしばらくこの価格が続くも、2019年3月に再びの値上げに踏み切り、『かけ(小)』の値段は税込130円から税抜150円に変更となった(価格の表記方法も内税方式から外税方式へ変更)。ちょうど去年の話である。

そして本日、3度目の価格改定が発表されたワケだが……先述の通り今回は、税抜150円から税抜220円というかなり大きな値上げになった。つまりこの約6年半で、『かけ(小)』はなんと2倍以上も高くなってしまったのだ。「はなまるうどん」は今回の値上げについて、以下のように説明している。

「昨今のマーケットや飲食業界を取り巻く環境の急激な変化により、企業努力のみでは現行価格でご提供を維持することが困難となりました。

安定的にそしてこれからもお客様へおいしい讃岐うどんを皆様にご提供し続けるため、やむを得ず、今回すべてのサイズの『かけ』商品の価格を改定することにいたしました」

仕方ねぇ……! それは仕方がねぇよ「はなまる」。ていうかよく考えたら、今までが安すぎるだろ! 去年まで100円台て!! さらによく考えたら、税抜220円でも普通に安いと思うぞ! 自信持てよ!!

・不器用なんで

数字だけ見ると2倍以上アップしているが、もしかすると20年越しの適正価格に辿り着いただけなのかもしれない。気付くのに だいぶかかったなぁ……。そんな不器用な「はなまるうどん」を、これからも応援していこうと思う。頑張れ、はなまる。

参照元:はなまるうどん
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【奥の手】はなまるうどんの『はまぐりうどん』が丸亀製麵の「あさりうどん」に勝つ方法

こんなことを大っぴらに言うのもどうかと思うが、最近はほとんど「はなまるうどん」に行かなくなってしまった。理由は簡単、丸亀製麺に足を運んでしまうからである。はなまるが悪いワケではない、ただ丸亀が強すぎるんだ……! そんな人、意外と多いのではなかろうか?

2020年2月4日、劣勢……っぽい「はなまるうどん」から『はまぐりうどん』が期間限定(〜3月中旬)で発売となった。これは丸亀最強の呼び声も高い「あさりうどん」へのカウンターメニューとも取れるが、実際に食べてみたところ “ある工夫” をすれば「あさりうどん」に勝てると感じた次第だ。その工夫とは……!

・最強、丸亀のあさりうどん

言うまでもなく丸亀製麺の「あさりうどん」は最強だ。毎年、春先に発売される あさりうどん のウマさは、ハッキリ言って極上の一言。普段は週1で足を運ぶ記者が、あさりうどんのシーズンは週3で丸亀に入り浸ってしまうのだから、そのウマさがわかるというものだろう。

はまぐりうどんは2018年から登場したメニューだから、今年で3回目の登場ということになる。丸亀製麺が2016年から「あさりうどん」の販売を開始していることを考えれば、はまぐりうどんは丸亀製麺の「あさりうどん」に対抗するメニューと考えていいハズだ。

2大うどんチェーン店同士、しのぎを削るのは大いに結構。ガンガンやり合ってユーザーにいい商品を提供して欲しい。だがしかし、端的に申し上げて「はなまる・はまぐり」と「丸亀・あさり」を純粋に比較した場合、味は丸亀に軍配が上がると言わざるを得ない。

・はなまるが勝つための秘策

貝のお出汁については好みの問題があるので評価は避けるが、やはり店内で製麺している丸亀はうどんそのものに大きなアドバンテージがある。これは一見埋めがたい差であるが、今回お伝えする “奥の手” を使えば、はまぐりうどんが勝つ可能性も決して低くない。

それは「バター」である。

ご存じの方も多いかもしれないが、2018年まで丸亀製麺は「あさりうどん」と共に「あさりバターうどん」も販売していた。バターとあさりのコンビネーションは無双と呼ぶにふさわしく、ノーマルの「あさりうどん」の存在が薄らぐほどのウマさであった。

……のだが、2019年からなぜか「あさりバターうどん」の販売を中止し、あさりうどん1本で勝負に出たのだ。ハッキリ言ってこれは愚策。バターとあさりの相性は、はちみつとチーズ、パクチーと山椒に匹敵するほど良く、正直なぜ自らバターを放棄したのかわからない。もう1度言おう、完全に丸亀の愚策である。

・バターありなら勝つ可能性

実際に記者の周囲にも「あさりバターうどん難民」はいるから、そうした層をターゲットにはなまるは今からでもバターを導入すべきと進言したい。相手の隙を付く奥の手ではあるが「はまぐりバターうどん」であれば、丸亀の「あさりうどん」に勝つ可能性はある……と思う。

ただし、今年から丸亀があっさりと「バター復活しました~♪」なんてことになったら、この奥の手も一瞬で無力化することは申し上げておきたい。はまぐりうどん自体も高クオリティの商品であるが、逆説的な見方をすると「そうでもしないと追いつかないくらい丸亀のあさりうどんはウマい」ひいては「神」と言えるだろう。

先述の通り、競合同士がしのぎを削るのは大いに結構なことである。どんな業界も1強だと衰退しやすいものだ。日本のうどん文化のためにも頑張れ、はなまるうどん。意地を見せろ、はなまるうどん。バター導入してくれたら週2で通うよ!

参考リンク:はなまるうどん丸亀製麺
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ズルイ】中国のはなまるうどんが牛丼・カレー・ラーメンの要素をちゃっかり取り入れてる! 独自に進化した『豚骨味玉チャーシューうどん』を食べてきた

うどんは『ダシ』が命である。この繊細で深い味わいは外国人にゃ分っかんねぇだろうなァ……と日本人は思いたいのかもしれない。しかし分かっているかどうかは別として、いま海外で日本のうどんが大人気であることは紛れもない事実なのだ。

中国で着実に店舗数を増やしている『はなまるうどん』。味付けの濃いイメージがあるこの国でも、ダシの風味が受け入れられたということなのだろう。嬉しいじゃあねぇか……! そう思い上海の店舗をのぞいてみると、なんだか思っていたのと違う気がするんスけど……。

・カレー! 牛丼! とんこつ!

店先のメニューを見てまず気になるのは、その半分近くが「牛丼」と「カレー」で構成されていることだ。まぁ最近はどこの牛丼屋にもカレーがあるし、別にいいのか……。でもここはうどん屋……はなまる……う〜ん。

そしてメニューに記載された11種類のうどんのうち2つが「カレーうどん」。牛丼の具を乗っけたとおぼしき「牛肉うどん」も2つ。この時点でうどんすらカレーと牛丼に寄っている。日本でおなじみのメニューは「天ぷらうどん」と「わかめうどん」か。

唐揚げとチャーシューが豪快に乗った「肉肉うどん」が「和風」に分類されている点は、難しいところだが和風ダシベースという観点からギリOKとしよう。問題は残り4つが「とんこつスープうどん」であるという点。トッピングにはおいしそうなチャーシューと煮卵が……

……うん。これは明らかに「とんこつラーメンの麺だけうどんに変えたもの」だね。

「日本を代表するファストフードは?」と聞かれたとき、おそらく「牛丼、カレー、ラーメン」の3つを挙げる人が多いのではないか。はなまるうどんは中国進出に際し、それら3つ全ての要素を取り入れにかかったのである。すこし「よくばり」な気もする。

・おいしけりゃいいんだけどネ

まぁ、よくばりだろうがおいしければ問題ない。ラーメンだって中国が発祥であり、日本で進化したのが中国でも認知されたのだ。そこに中国人がうどんを入れただけのこと……「逆・逆輸入」ともいうべき『豚骨味玉チャーシューうどん』を食べてみようではないの。

店のつくりは日本と比べて違和感がない感じである。トレイを持ってオカズを取るスタイルも同じ。

揚げ物コーナーに異常なし。

納豆が大量に陳列されている。中国人の口に合うのだろうか、それとも日本人客が多いのかな?

おでんもある。中国のコンビニでは真夏でもおでんが売られており人気なのだろう。

薬味コーナーも特に変わった点は見られない。

・攻撃力ゼロ

運ばれてきた『豚骨味玉チャーシューうどん』(33元 / 約500円)からは豚骨というより、まろやかなコンソメっぽい匂いが漂っている。1口すすってみると…………うわぁ〜!

コンソメスープみたいだぁ〜!

例えるなら『カップヌードル シーフード味』からパンチをなくした感じ。「豚骨と言われれば豚骨だけど、シーフードと言われればシーフードな気もする」ってなフワッとした味だ。細かいことは抜きにして、とにかくひたすらに優し〜い白濁スープなのである。

丼に添えられた菜っ葉とチャーシューは一切の自己主張をせず、ほのかな味わいと食感のみを残している。卵にいたっては薄味すぎて、ただのゆで卵と見分けがつかない。商品名になっているくらいなので確かに『味玉』のはずだけども……。

どこまでも控えめなスープと具材は、まるで男性の3歩後ろを歩く大和撫子のようだ。気が強い女性の多い中国では、おとなしい日本人女性に憧れる中国人男性が多いのだという。そんな日本人女性をイメージして作られた1杯なのではないか……そんな気すらするまろやかさであった。

・なぜ天ぷらだけ攻めたのか

ちなみに最後に食べたエビ天だけメチャクチャ中国風味だったこともお伝えしておきたい。衣に「スパイシーな何か」が練りこまれているのだ。「中国のはなまるうどんはまろやか」で締めるつもりが……そう簡単にいかせてくれないのがこの国のニクイところである。

メニューをよく見れば『うな重』にまで手を出している様子の、どこまでもよくばりな中国のはなまるうどん。次は一体どのジャンルに手を出すつもりなのか? 現地を訪れた際には確かめてみてほしい。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24