【名古屋メシ】ひつまぶしの超有名店「あつた蓬莱軒」に初めて行ってみて分かったこと → ひつまぶしは一人で食うべきものである

先日、日帰りの出張で名古屋に行ってきた。ひと仕事を終えた後、まだ少し時間があったので、名古屋名物でも食べてから東京に帰ることに。こうなったら行くか……! ひつまぶし……!! となれば、場所は “あそこ” しかあるまい。

創業140年、名古屋市内に3店舗を構える ひつまぶしの老舗「あつた蓬莱軒」。言わずと知れた超が付くほどの有名店である。口コミ等を読む限る凄まじい大行列だそうだが……もう決めたぞ。私は今日、初の「あつた蓬莱軒」でひつまぶしを食らうッ!

・ひつまぶしの超有名店

市内に3軒ある「あつた蓬莱軒」の中で、今回私が選んだのは名古屋駅からもっとも近い「松坂屋店」である。地下鉄で10分程度と出張客も行きやすい立地だ。駅直結の松坂屋10階に店舗はあった。

いくら行列店とは言っても、平日の夕方でまだオープン前だし余裕やろと思っていたら、店の前ではすでに20人ほどが列をなしている。マジかよ、さすが有名店……! 貼ってあった案内によると並び方はあらかじめ決まっていて、行列がフロア全体に及ぶことも どうやらありそうだ。

・緊張の初来店

オープン後しばらくしてカウンター席に案内される私。店内は高級感が漂い、秩序立った非常に良い雰囲気である。特に理由はないが、これは飲まざるを得ないだろう。というわけで、瓶ビールの中瓶(税込750円)を注文し一人乾杯。本当にありがとうございます。

さて、ひつまぶしは湯葉のお吸い物と漬け物が付いて税込3990円となっている。肝吸いに変更する場合はプラス250円とのことだ。決して安くはない金額のため脳裏に一瞬サイゼのメニュー表がよぎるも、おひつのフタを開けるとそんな考えは彼方へブッ飛んでしまった。

キ……

キ、キキ……

キターーーーーーーーッ!!!!

・歓喜の瞬間

中には、うなぎがギッシリ詰まった至高のひつまぶしが……! くッ、なんちゅう眩しさだ! あまりに眩しすぎる!! このルックスだけでビールをもう1本イケそうではないか。まだ食ってないけど、名古屋最高ォォォォオオオオ!

うな丼感覚でガツガツかっ込みたくなるのをグッと堪え、ここは正しい食べ方でうなぎに感謝を示していきたい。はじめにおひつの中をしゃもじで十文字に4等分します。

・3通りの堪能法

そう、1杯目はありのままのうなぎの味を楽しむのです。食べてみるとこれがまた、外はカリッ&中はフワッという完全無欠の仕上がりでして、もうこのまま全部食ったろうかなという気になってしまいました。ひつまぶしとか関係あらへん。

それを再びグッと堪え、2杯目はねぎ・わさび・のりの薬味三銃士を心のままバシがけ。う、うめェ……。特にうなぎとわさびの相性の良さは異常である。うなぎの香ばしさ、そして上質なその旨みを、わさびがどこまでも引き立てるのだ。これなら無限に食べられそう。ていうか食べる。

という衝動をまたまたグッと堪え、3杯目は薬味三銃士の上から出汁をかけてお茶漬けに。うなぎの脂を出汁と薬味がサラリと洗い流し、上品な余韻だけを残していく。まるで素晴らしい映画を観終わった時のような気分だ。アタシ今、人生で一番幸せよ。

・どうすればいいのか

しかし、問題は4杯目である。この3つの食べ方の中から一人だけを選ばねばならないという、『バチェラー』も真っ青な無慈悲展開。私は一体誰を選んだらいいのか。そもそも一人になんて絞れるのか。果たして、自分はそこまでの男なのか。選べない……。

こうして何度も何度も自問自答を繰り返した結果、最終的に私が選択したのは4分の1をさらに3等分して12分の1にし、それぞれを3通りの食べ方でもう一度楽しむという掟破りの荒技であった。ナンバーワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリーうなぎ。

・うなぎの声を聞く

「あつた蓬莱軒」のひつまぶしを食す──。それはもはや食事ではなく、私とうなぎとのある種の対話だったと言ってもいいのではないか。ひつまぶしと向き合っている間は他のことなどを考えている余裕はなく、その後の食べ方も含め、常に100%うなぎに集中しなければならない。

周囲を見渡すと、一人客よりも誰かと一緒に来店している客の方が多いようだ。皆、それぞれに会話をしながら食事を楽しんでいる。だが私はこう言いたい。それで本当にうなぎと言葉を交わせるのかと。生命の力に満ち満ちたうなぎのすべてを受け止めきれるのかと。

・孤独のグルメ

まあ、突き詰めれば食事とはすべてそういう行為なのかもしれないが、特にひつまぶしに関しては うなぎとの対話が必要不可欠。よって私は、ひつまぶしとは一人で食べるべきものだと考える。「あつた蓬莱軒」は、彼らの声を聞くのにこれ以上ない場所だった。県外の方もぜひ足を運んでみてほしい。もちろん、一人でね。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 あつた蓬莱軒 松坂屋店
住所 愛知県名古屋市中区栄3-30-8 松坂屋名古屋店南館10F
時間 11:00~14:30、16:30~20:30(平日)、11:00~20:30(土日祝)
休日 不定休(松坂屋名古屋店に準ずる)

参考リンク:あつた蓬莱軒
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ひつまぶしに代わる名古屋の新名物になるか!? 「海老まぶし膳」が怒涛の海老づくしで海老料理専門店の本気を見た / 桂新堂 百福庵

名古屋の名物といえば? というと、鰻のひつまぶしを挙げる方は多いのではないだろうか。筆者も真っ先に鰻のひつまぶしを思い浮かべた、美味しいし。しかし、名古屋で密かに鰻のひつまぶしの地位を脅かす食べ物が誕生していた。その名も──「海老まぶし」。

名前からひつまぶしの海老Ver. であることがうかがえるが、果たして美味しいのか!? 名古屋の新名物になりうる食べ物なのか、さっそく食べてみた!

・まさに海老づくし

名古屋で1866年から海老菓子の製造・販売などを行なっている老舗、桂新堂。以前当サイトで取り上げた高級海老せんべいも、ここ桂新堂の商品だ。そんな桂新堂が営む海老料理専門店「百福庵」でお昼にのみ、海老まぶし膳が提供されているらしい。

受付で前菜の海老を塩焼きにするかお造りにするかを選択して百福庵のある地下へ降り、席へ案内される──かと思いきや、店員さんが桶を持ってきた。「こちらがこれから前菜になる海老です」と桶を差し出され、中を覗き込むと……

生きた海老!! 生け簀(いけす)があるお店は多いが、これから食べる魚介類をわざわざ桶に入れてまで見せてくれるお店は初めてだ。間近で生きている姿を見たあとだと、ちょっと食べづらいかも……と思っている間もなく運ばれてくる、前菜のお造り!

時折ピクピク動くので、心の中でごめんねと謝りながら口に含むと……はちゃめちゃに美味しい! 普段食べている海老のお刺身と全然ぷりぷり感が違う。甘くて旨味もあって、まろやか。さすが、さっきまで生きていただけある……。最高でした、ありがとう海老さん。

海老さんに思いを馳せながら余韻にひたっていると、メインの海老まぶし膳が運ばれて来た。

一緒にやってきた椀物は甘海老のしんじょう、吸物は桜海老とおかひじき。何から何まで海老づくし。徹底している……。

そして海老まぶし膳はご飯が見えないほどに海老が乗せられている。ここは海老天国か?

一面に敷き詰められた車海老に食欲を掻き立てられながら、まず一膳目はそのままいただく。車海老たちの旨味も最高だが、ご飯に満遍なくまぶされている赤海老のそぼろがイイ味出してる! 口いっぱいに優しい海老の風味が広がる。

続いて二膳目。今度は薬味のネギと柚子コショウを入れ、海老の風味を消さないよう注意しながら、ダシ醤油をほんの少しだけ垂らしていただく。意外なことに、ふんわりとしていた海老の風味が消されるどころか、際立ってきた。味が締まって、これもまた良い。

お次はいよいよ出汁をかけて……と思いきや、なんと卵をかけていただくそう。

少し温められて口当たりの良さが増した卵をかけ、一口。

こんなの美味しいに決まってるじゃないか……! 卵を入れると味がマイルドになりすぎるかと思ったが、海老の旨味は卵をも包み込む。優しい味わいなのに、海老は意外と根強く主張してくる。まろやかな食感と海老の風味を楽しみながらつるっと三膳目を食べきり、ついに出汁をかけていただく。

あ〜、締めにふさわしいお味。落ち着く……。出汁の香りとともに立ち上がる海老の香り。優しいのに決して物足りなさを感じない、豊かな味わい。夢中になって食べていたら、あっという間に食べきってしまった。寂しい。もっと食べたかった……。最後に季節の海老せんべいをいただき、ついに海老づくしランチが終焉を迎えた。

最初から最後まで海老づくしだった、最高。一膳目からもう一周したい……。

・予約は出来ない

海老料理専門店の本気が味わえる「海老まぶし膳」がいただけるのはランチタイムのみ、おまけに1日50食しか提供されない。さらに、予約は一切受け付けていない。筆者は平日の11時半ごろに入店していただくことが出来たが、すでに店内はほぼ満席だった。

海老まぶし膳は鰻のひつまぶしと並ぶ名古屋の名物になりうる美味しさだったが、食べられるかは運次第な幻の名物になりそうだ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 桂新堂 金山本店 百福庵
住所 愛知県名古屋市熱田区金山町1-5-4
営業時間 11:00〜15:00(L.O. 14:00)
定休日 日曜日

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【小声】ひつまぶし食べ放題で1泊6000円代!? ビジネスホテル『ベッセルイン栄駅前』が名古屋旅において無双すぎる

知らない街を歩いてみたい♪ 旅は良いものだ。普段の場所から離れて遠くの街へ。心の垢を落とすのにもちょうど良い。そんな旅において重要なのが泊まる場所

この度、私(中澤)が名古屋で泊まったビジネスホテルがかなり素敵だったためご紹介したい。泊まるだけで、名古屋に来た目的の半分くらいは満たせてしまった

・ひつまぶし食べ放題

皆さんは、名古屋と言えば何を連想するだろうか? 私の場合はグルメ! ひつまぶし、みそカツ、どて煮、あんかけスパゲティーと名古屋はとにかくB級グルメの宝庫である。もはや、大阪以上に「食い倒れ」と呼べるのではないだろうか

名古屋に来たからには名古屋メシを堪能しないといけない。それは私にとって半ば使命のような欲求だった。そんな欲求が、今回泊まったホテル『ベッセルイン栄駅前』の朝食1回で全て満たされてしまったのである。朝起きて、朝食を食べに2階のラウンジに行くと……

みそカツ!

どて煮!!

ひつまぶしィィィイイイッ!!!

ビュッフェ形式の朝食は名古屋メシのオンパレード! しかも、嬉しいのは、ひつまぶしがちゃんとタレと共に炊き込まれていること。ビジネスホテルの朝食にもかかわらずかなり本格的なひつまぶしを食べることができる。ウンマッ!

もちろん、ビュッフェのため、サラダやフルーツ、パンなどの洋食もよりどりみどり。かなり手抜かりのないラインナップと言えるだろう。

・オープンしたばかり

と、この朝食だけでも名古屋のビジネスホテルの中で無双しているわけだが、細かい点で、いくつか気に入ったポイントがあったため追記したい。

実はこのホテル、2018年11月1日にグランドオープンしたばかりなため、とにかく新しくてキレイなのだ。フロントも廊下もキラッキラである。さらに気に入ったのがベッドの固さ

・住みたい

私はホテルによくある「ぼふっ!」と背中が沈むようなふわふわすぎるベッドが苦手で、寝不足になったりするのだが、ここのベッドは非常に寝心地が良かった。

ある程度の固さがあるのだが、だからと言って固すぎない。寝やすすぎてチェックアウトぎりぎりまでゴロゴロしてしまった。このベッドから離れるのが名残惜しい。もはや住みたい

そうそう、チェックアウトと言えば、デフォルトでチェックアウト時間が11時なのも嬉しい。朝のバタバタとは無縁で、観光などで使う場合にも最適だ。ちなみに、チェックアウト時間は追加料金(1時間あたり1000円)を払えば14時まで延長することができる。

・1泊の値段

でも、お高いんでしょ? ここまで読んできてそう思った読者の方もいるかもしれない。宿泊の値段は曜日や時期によって様々だが、サイトで直近の料金を検索してみたところ……

最安値で税込6200円(朝食付き)。

2019年6月の月曜日と日曜日は全て6000円代で、繁忙期や予約時期などによって上下するようだ。ちなみに、私が泊まった6月7日金曜日は税込み1万100円だったが、正直、1万円代でも十分満足だったので、6000円代でこのクオリティーは無双すぎる。

なお、立地に関しても、名古屋市を代表する繁華街の駅・栄駅の出入り口から徒歩1分くらいと旅人にとって最強。名古屋旅の際は、1度このビジネスホテルで宿泊日の値段を見てみることをオススメしたい。

・今回紹介した店舗の情報

店名 ベッセルイン栄駅前
住所 愛知県名古屋市中区錦3-14-13

参照元:ベッセルイン栄駅前
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24