【大食い検証】びっくりドンキーで10万円分食べられるのか? 男5人で挑戦した結果… / 第3回「10万円食べるもんズ」

登山家がただ目の前の山を登るように、競走馬がただ全力でゴールを目指すように、ただ目の前の料理を食べ続ける男たちがいる──。そう、我々ロケットニュース24が誇る大食い専門部隊「10万円食べるもんズ」だ。過去の戦績は0勝2敗ながら、その姿に涙した人も多いに違いない。だがしかし……。

そんな「10万円食べるもんズ」に、厳しい視線を送る男がいた。彼の名前は佐藤英典(さとう ひでのり)氏、ロケットニュース24の「元祖大食いエース」である。今回、我々が国内最大級のハンバーグチェーン店「びっくりドンキー」に挑戦しようとしたところ、佐藤氏から思いがけぬ申し入れがあったのだ。

・俺たちの誇り

「10万円分食べられるのか?」というシンプルなルールにのっとり、過去にサイゼイヤスシローで激闘を繰り広げた10万円食べるもんズ。結果的に惨敗だったことはさておき、これだけは誓って言える「全員が限界まで食べ続けた」と。

そう、10万円食べるもんずに限らず、我々は過去に実施した大食い企画の際「これくらいでいいだろ」的に手を抜いたことは1度もない。ただの1度もだ。手抜きは読者への裏切りであり、そしてまた大食い精神に反する卑劣な行いだからである。

・伝説の男、登場

ただ、いま思えばそれすら甘かったのかもしれない。いつしか我々の中に「ベストを尽くせばそれでいい」という空気があったのだろう。そんな空気を機敏に察知した佐藤氏が、びっくりドンキーへ向かおうとする我々の前に立ちはだかった──。

佐藤氏「おい、お前ら。これまで黙ってたけど、どうせ10万円分は食えないと思ってるんだろ? ……そんなもんやめちまえ! たかだか10万円分すら食えないなんて、情けないと思わないのか!! だからお前らはいつまでもチンケなド3流ライターなんだよ! このダボハゼどもがッッ!!」

突然のブチギレにうろたえたものの、確かに佐藤氏の言い分には一理ある。だがしかし、我々の本職はあくまでライターであり、大食いファイターではない。実際問題として、10万円の壁はとてつもなく高いのだ。そう告げると、佐藤氏は先ほどまでの鬼の形相から一転、仏のような笑顔でこう語りかけてきた。

佐藤氏「俺もお前らが憎くて言うてるんやないんやで? 早く俺の見えとる世界を見せてやりたいだけなんや。よっしゃ、今回は俺も参加したろ。赤子のようなお前らに “勝利の味” を教えてやるよってに。ワシが参加するからには “100万ドル食べるもんズ” でもええんちゃうか? ガッハッハ!」

さすが、ワシントンポストに登場した経験を持つワールドワイドな佐藤氏である。「世界の佐藤」の異名はダテではない。また、我々にとっても豊富な経験を持つ佐藤氏の参戦は、大きなアドバンテージである。私、P.K.サンジュン、あひるねこ、K.ナガハシ、Yoshio、そして世界の佐藤の5人は「びっくりドンキー」に足を進めた。

・びっくりドンキーに勝つ方法

今回対戦する「びっくりドンキー」は、言わずと知れた国内最大級のハンバーグレストランチェーン店である。ボリューミーかつ激ウマなハンバーグが手頃な価格で味わえるとあって、当日も多くのお客さんで賑わっていた。とはいえ、実は我々には佐藤氏以外にも、とある勝算があったのだ。

それは「びっくりドンキーの価格が全国一律ではない」という事実である。びっくりドンキーは同じメニューでもエリアごとで違う価格設定を採用しており、今回決戦の舞台となったびっくりドンキーは偶然にも「最も価格の高いびっくりドンキー」であった。

10万円食べるもんズ、必勝のセオリーは「とにかくコスパが悪いものを食べ続けること」である。そういう意味で今回の店舗では「日本一コスパの悪いびっくりドンキーのメニュー」を探し当てることが可能なのだ。少々汚い戦法ではあるが、勝負とは非情なもの。びっくりドンキーの首が見えた──。

というわけで、いよいよ始まったびっくりドンキーへの挑戦。だがしかし、まさか我々の中に裏切り者、すなわち「ユダ」がいることを知る者はいなかった。そして世界の佐藤氏はどんな限界突破を見せてくれたのか? 男たちの死闘は後半(https://wp.me/p25BsW-5p8D)へGOだ!

参考リンク:びっくりドンキー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【聖地】「びっくりドンキー」の原点となった店『ベル』に行ってみたら、いろいろ “びっくり” させられた

みんな大好きびっくりドンキー。その記念すべき第1号店は、北海道札幌市にある……と思っている人はいないだろうか? いや、ある意味でそれは正しい。運営会社アレフの所在地も札幌である。しかし、実はびっくりドンキーには、原点となるお店が存在するのだ。

と言っても有名なエピソードなので、ご存知の方も多いだろう。その名は「ベル」。岩手県盛岡市にある「ハンバーグレストラン ベル大通店」である。びっくりドンキーの元祖と呼ばれるこちらのお店に、先日生まれて初めて行ってきたぞ。さあ、聖地巡礼といこう!

・いざ聖地へ

我らが「びくドン」の聖地は、盛岡の繁華街の中にあるらしい。盛岡駅から少し歩いて大通商店街を進んで行く。ちなみに、先日ご紹介した盛岡冷麺発祥の店「食道園」もこのあたりだ。んで、通りからちょいと小道に入っていくと……

え、岩!?

・岩があった

岩じゃ。盛岡の繁華街には岩がおる。何やらゴツゴツとした外観の、アトラクション施設みたいな建物がそこにはあった。おそらく、ここが聖地「ベル」なんだろう。味のある古めかしい看板もいい感じだ。

・マジ元祖

ただ、あまりにも「びくドン」感がないというか、本当にここは全国的なハンバーグチェーンの店舗なんだろうか……? 入口付近でキョロキョロしていると、そんな私の不安を感じ取ってか、「ベル」は優しくこう語りかけてきた。

「ご存知でしたか? “べる” がびっくりドンキーの1号店なのです

はい、ご存知でした! 疑ってすいません!! 実はこれ、びっくりドンキーのホームページにもハッキリ書かれている。1968年12月、ハンバーガー&サラダの店として誕生した「ベル」は、1971年に主力メニューをハンバーグに変更。その後「びっくりドンキー」の名で全国へ展開することになる。

つまり札幌にある びっくりドンキー1号店は、名前が変わってからオープンした最初の店舗ということになるのだ。勉強になりましたね。というわけで、お腹もすいたことだし中に入ろう。

・歴史を感じながら

店内は思っていたよりもだいぶ広く、そしてこれは後で知ったことなのだが、なんと座敷席も選べるらしい。ざ、座敷!? びっくりドンキーで? まるで居酒屋ではないか。さすが聖地。さて、2階に案内される道中にも注目すべきポイントはあるぞ。

階段の壁に飾られたいくつもの写真や資料。これはまさに びっくりドンキーの歴史そのものだ。当時の「ベル」の写真から……

1971年時のメニュー表まで。そこにはハンバーグ200グラムが400円とある。安いッ! と言っても、今の感覚だといくら位なのかはよく分からないが。そしてそれ以上に驚いたのが、メニューにパインバーグがあるってことだ。お前、変化球と思いきや……そんな昔からいたんか!!

・古い洋館のよう

聖地「ベル」は、洋風かつレトロな内装で非常に雰囲気がよろしい。作られた演出としての “レトロ風” ではなく、本気でレトロなのだ。人が通りすぎてすり減ってしまった床に長い年月を感じずにはいられない。ただ、メニュー自体は完全に「びくドン」なので逆に違和感があるな。写真を撮り忘れるくらい、いつも通りの「びくドン」なのだ。

・倍ウマい

結局その日は、安心安定のチーズバーグディッシュを注文。当然いつものバーグが来るわけだが、なぜだろう……いつもよりウマく感じてしまう。時間の流れも心なしか緩やかだ。よく考えたら先月池袋の「びくドン」に行ったばかりなんだけど、まあ、食事って雰囲気も大事よね。

・盛岡に寄った際は

びっくりドンキーのような、でもびっくりドンキーじゃないような……。聖地「ベル」は、そんな不思議な空気が漂う歴史ある名店だった。都心の店舗では決して味わえないであろう温もり、そして独特の匂いがそこにはあったように思う。とびきりの “びっくり” を求め、ぜひまた訪れたいものだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ハンバーグレストラン ベル大通店
住所 岩手県盛岡市大通1丁目4-7
時間 9:00~0:00(モーニング:9:00~11:00、ランチ:10:00~17:00)
休日 日・祝

参考リンク:びっくりドンキー
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24