ほっかほっか亭の『のり弁当』が久しぶりにリニューアルしたので、久しぶりに食べてみた → 特に「マヨしょうゆ」がウマい

海苔ドーン、揚げ物ドーン、ご飯ドーン、シンプルイズベストーンな弁当と言えば……? そうだ、のり弁だ!! そんな「のり弁」の代名詞と言えば、ほっかほっか亭の『のり弁当』であるが、2020年11月頭よりリニューアルしているらしいぞ! 

なんでも上に乗っている白身フライがでっかくなったほか、これまでなかった “マヨしょうゆ” が付いてるんだって。そんなん絶対美味しいやん~~!! ということで、久しぶりに食べてみることにした。

・久しぶりのリニューアル

何年ぶりのリニューアルなのだろうか。気になったので問い合わせてみたところ「ちょっと調べてみないことには……。さかのぼろうにも、だいぶ時間がかかるかと思います」とのこと。なるほど、きっと即答できない程には久しぶりなんだな! 

どうやら細かなバージョンアップはちょいちょい行われているらしいが、ここまでガラっと変化することは、近年なかったようだ。それにもかかわらず、値段は据え置きというのだからありがたい。記者が購入した店舗では、税込360円だったぞ。

・単純に白身がデカい

それにしても、ほっかほっか亭の『のり弁』を食べるのは久しぶりだ。同級生のTちゃんが高校生のころ、近所のほか弁でバイトしていたことを思い出す。記者の通っていた高校はバイト禁止だったため、ひと足先に大人になられたような、当時はそんな気分になったものだ。

思い出に浸っている間に、早くも『のり弁』ができあがったようだ。そそくさと持ち帰り、ぱかっと蓋を開けると……白身フライドーン、海苔ドーン、ご飯ドーン! うんうん、これぞ『のり弁』である。

確かに言われてみると、フライがでっかくなっている気がする。かじってみたところ衣でカサ増ししている感はなかったので、単純に白身がデカくなったのだろう。こりゃあ、嬉しい。

リニューアルに伴い付いて来るようになった “マヨしょうゆ” をかけると、さらにボリュームアップだ。ってかこの、マヨしょうゆがウマい。そりゃあマヨネーズとしょう油のコンビで美味しくない訳ないが、それにしてもウマい。

まるで揚げ物の上にかけるために生まれたソースのようである。……いや、実際そうなのだろうが、思わず「うむ!」とうなずいてしまうくらいにジャストフィットしていた次第。

あとはそれらをご飯と海苔、そして間に挟んであるかつお節と一緒にかっ込めば、そこに広がるのは幸せな世界だ。のり弁って、こんなに満足度の高い弁当だったっけ……と驚いたのは、ここだけの秘密である。

こちらの『のり弁』はいずれも地域によって品ぞろえが変わり、値段も異なるようなので気を付けてほしい。特に四国地方ほか岩手県、青森県は販売している弁当メニューが違っているとのことなので、要注意だ!

参考リンク:ほっかほっか亭
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

ラーメン屋なのに「ほか弁持ち込み歓迎」!? 京都で長年愛される老舗店・タンポポの謎に迫る / 京都ラーメン巡り

京都の美味しいラーメン屋を食べ歩く「京都ラーメン巡り」。今回は京都市北区にある創業25年の老舗店「タンポポ」をご紹介しよう。

唐辛子がこれでもかと振りかけられたインパクト抜群の醤油ラーメン。そして店内には「ほか弁持ち込み歓迎」と謎の掲出が。飲食店なのに弁当持込OKって、いったいどういうこと? 謎に包まれた名店の魅力に迫る!

・恐妻弁でもOK?

お店は京都市北区の紫野と呼ばれるエリアにあり、近くには佛教大学のキャンパスがあることで、平日は学生客の姿も多い。夕方5時すぎにお店に到着した。

見るからに年季の入った外観。「昔ながらのラーメン屋」という表現がピッタリの雰囲気だ。

店内はカウンターと小上がり席。これまたレトロな雰囲気が漂っている。そして……。

あった……! 冒頭でも触れた、弁当持込OKとの掲出。「ほか弁・愛妻弁持ち込み歓迎(恐妻弁でもOKよ)」と書かれている。恐妻弁でもOKらしい。

そもそも飲食店に食べ物を持ち込むことなど、基本的にご法度のはずである。ガムや飴くらいなら怒られないかもしれないが、弁当など持ち込んだ日にはソッコーでキレられても仕方がない。それがOKとは……。

こちらの真相は後ほど伺うとして、まずは肝心のラーメンをいただくことにしよう。

・辛い、だけじゃない!

なんといっても目を引くのが、鉢一面に振りかけられた一味唐辛子。とても辛そうだが……。

確かに辛いが、辛いだけではない。一味唐辛子特有の風味というか、良い意味での苦味が鶏ガラ&豚骨ベースの醤油スープに溶け出し、奥深い味わいを醸し出している。麺は少し柔らかめだったので、固めが好きな人はメンカタを頼むといいかもしれない。

トッピングはたっぷりのネギと、チャーシュー、メンマ。特筆すべきは味がよく染みこんだチャーシュー。脂身部分がトロトロになるまで煮込まれている一方で、赤身部分には噛み応えも残してある。このチャーシュー、ご飯にも合うだろうなあ……。

はい。合います。サイドメニューのミニチャーシュー丼は、表面に醤油タレを塗られたチャーシューとゴマの風味で、ご飯が進むこと。箸を持つ手が止まらねえぇぇぇ! ラーメンとミニチャーシュー丼のセットで、お値段は950円となっている。

・車内で弁当を食べる人を見て……

お腹もふくれたところで、そろそろ「弁当持込OK」の謎に切り込むとしよう。お店を切り盛りするお母さんに、話を伺うことができた。

──ズバリ聞きますが、どのような理由で?

「特に深い理由はないんですけどね(笑)。ほか弁屋さん(かまどや)が隣にオープンしたときに、車の中で弁当を食べている人がいるのを見て『食べる場所がないならウチの店でラーメンと一緒に食べればいいのに』と思ったのがキッカケなんですよ」

──なるほど。……って心広い! 実際にお弁当を持ってくるお客さんって結構いるんですか?

「たまにいらっしゃいますよ。ほか弁に限らず、手作りの弁当とか、おにぎりを持ってきてラーメンと一緒に食べていらっしゃるお客さんが」

ということで、想像以上にシンプルかつ豪快な理由であった。それもお客さんのことを思うからこそ。絶品ラーメンとチャーシュー丼、そしてお店の心意気にお腹いっぱいになりました。

日本広しといえども、ほか弁とラーメンを一緒に食べられる場所というのは少ないだろう。今度はからあげ弁当を買っていって、ラーメンと合わせてセルフからあげ定食、なんて食べ方をしてみようかな。

・今回紹介したお店の情報

店名 タンポポ
住所 京都市北区紫野西蓮台野町57 UKハイム 1F
時間 月~土 11:30~23:00(LO / 22:45)、日 11:30~15:00(LO / 14:45)、17:00~21:00(LO / 20:45)
休日 ほぼ不定休(元旦は休み)

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24