ニトリのキッチングッズ3選。ミニサイズが意外なほど使いやすい

毎日の食事づくりに欠かせないキッチングッズ。使い勝手や機能性も大事ですが、意外にもどのぐらいのサイズのものを使うか?も、作業のしやすさのポイントになります。よく使うフライパンやまな板こそ、サイズ選びが重要。

今回は、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんがニトリで見つけた、“ミニサイズ”のキッチングッズを紹介してもらいます。

お弁当作りに欠かせない!「グリルプレート」

毎日の食事作りに使っているフライパン。家族の人数分作るには、大きめサイズの方がいろんなメニューに対応できて便利です。ただ、お弁当に入れる一切れの鮭やソーセージを焼くのには大きすぎます。

ニトリのグリルプレート

そこで、一人分に便利な調理グッズを見つけました。「魚焼きグリル対応 グリルプレート ハンドル付き 小」(15×12㎝)です。814円(税込み)。

取っ手をつけたところ

取っ手を取り外したところ

魚焼きグリルにも使える

ハンドルが外せるタイプなので、グリルの入り口幅21㎝以上、奥行28㎝以上、網の上からグリル入り口の高さ5㎝以上の魚焼きグリルなら、前後に2個入ります。

IHコンロでも使用可能

ガス火でもIHでも使用できます。オーブンや食洗機も使えますが、電子レンジでの使用はできません。

フライパンや卵焼き器と大きさを比べる

 

どのくらい小さいか比べるために、わが家の一番小さいサイズのフライパンと卵焼き器に重ねてみました。フライパンだと少量の調理には大きすぎるのが一目瞭然!ハンドルを外せば、収納場所を取らずにしまえます。

カットも盛り付けも1枚でOK!「サービングプレート」

 

サービングプレート

大きなまな板を出すほどでもないけれど、少量の食材を切りたいときってありますよね。そんなときにおすすめなのが「サービングプレート アカシア」。サイズは幅20×奥行10×高さ0.8cm。199円(税込み)。

プレートの上でチーズをカット

まるでままごとセットのサイズ感ですが、チーズをカットするときなどとっても便利。

そのままお皿がわりにも

サービングプレートなのでそのままお皿代わりにも使えます。たとえば平日の昼に一人でランチなら、これで十分。洗い物も少なくてすみます。

ミニサイズなので洗うのも楽

グリルパンとサービングプレート

グリルパンもサービングプレートも、小さいので洗うのがとても楽。作業スペースの邪魔にならないのも嬉しいですね。

配膳もあとかたづけも楽!「木製トレー」

木製トレー

家族との食事のときに便利なのが「すべりにくい木製トレー・ヤナギM」。1180円(税込み)。わが家では、食事のときにはランチョンマットを敷いていましたが、いちいち準備して配膳してという作業が手間でした。

木製トレーでテーブルセッティング

このトレーをマット代わりに使ったところ、配膳と後片づけがとても楽に!一人分をあらかじめセットしておけば、家族にテーブルまで運んでもらえます。こんなふうに1人分ずつトレーにまとめると、カフェ風でオシャレな雰囲気の食卓になります。サイズは幅36×奥行28×高さ1cmとランチョンマット並の大きさなので、食器も十分収まります。

傾けてもお皿がすべらない

木製トレーのパッケージ

表面がウレタン塗装で加工されているので食器が滑りにくく、少し傾けたくらいではビクともしません。
持ちやすいサイズなので子どもにもお手伝いをおまかせできそうです。

後片付けも自分の分は自分でシンクまで運んでもらえばいいので、家事の負担がグッと減ります。

トレーを棚に収納

4枚重ねても薄いので、収納するのも場所を取りません。

家事の手間を楽にするのは「道具のサイズ感」。あまり気にしない方も多いかもしれませんが、ほどよい大きさで扱いやすいものは、作業が効率よくはかどります。ぜひ試してみてください。

Source: 日刊住まい

100均まな板でメイク道具をおしゃれに収納できる「ボックス&ラック」を作ろう!

細々とした道具や小物を収納するのに便利な「ボックス&ラック」。ごちゃつきがちなメイク道具も、コンパクトにスッキリかわいく収まります。

今回はこちらの「ボックス&ラック」の作り方を、ハンドメイド雑貨やインテリアに関する著書もあるpinkoさんに聞きました。なんと、「まな板」を材料に使って作るそうですよ!

材料は100円ショップの2アイテム

ボックスとラック(棚板)が一体となった、便利でおしゃれな収納アイテム。どちらもオープンになっているので使いやすく、レイアウトを活かした「見せる収納」も楽しめます。

材料として使うのは「桐まな板」と「ウッドケース桐」の2アイテム。まな板はキャンドゥで、ウッドケースはセリアで揃えました。まな板とウッドケースのフタの横幅が、ぴったり同じサイズというところがポイントです。

ネジ止めだけの簡単DIY!ボックス&ラックの作り方

使う道具はネジとドライバーだけでOK!誰でも簡単に作ることができます。

ステップ1 ウッドケースを分解する

ウッドケースの本体からフタの部分を取り外します。接続部は竹串のような細い丸棒で繋がっているだけなので、丸棒をカッターで切断すれば簡単に取り外すことができます。

ステップ2 まな板とウッドケースを接着する

垂直に立てたまな板に、ウッドケースの本体を接着して固定します。(写真上)

次に、ウッドケースのフタ部分をまな板の真ん中あたりに合わせ接着します。(写真下)

どちらも仮固定なので、しっかりとした強度で接着しなくてもOKです。

ステップ3 全てのパーツをネジ止めする

まな板の裏側から、ウッドボックス本体とフタ部分をネジ止めします。ネジを入れる板厚が薄いので、直径2mm程度の木工ネジを使うとうまく固定できます。これでボックス&ラックの本体ができあがりました。

ステップ4 全体をペイントする

ボックス&ラックの本体を、好みのカラーにペイントします。今回は「オールドウォーターワックス ウォーターベースコード(チーク)」と「ミルクペイント(クリームバニラ)」の2色を使い、清涼感のあるフレンチカラーにペイントしてみました。

塗料をしっかりと乾かせば、おしゃれな「ボックス&ラック」の完成です。

ボックス&ラックをインテリアアレンジしてみよう

ごちゃつきやすいメイク道具をおしゃれに収納。取り出しやすく、どこに何があるのかが一目で分かるので実用性も抜群です。メイク道具をインテリアの一部のように、おしゃれに収納することができます。

お気に入りの小物をレイアウトする、インテリアユースにもぴったり。フレンチカラーの大人びた色合いが飾るものの魅力を引き立て、繊細で美しく見せてくれます。

100円ショップの2アイテムを組み合わせて作る、「ボックス&ラック」をご紹介しました。長さや幅がぴったりと合うものを組み合わせることで、まだまだ色々なアイデア雑貨を作ることができそうですね。

みなさんもぜひ作ってみてください!

Source: 日刊住まい