【注意喚起】200日以上続いた「禁煙」を終了させた最凶悪魔について / タバコをやめられたと思っても危険だから気をつけろ!

禁煙を妨害するものは何なのか。それを確かめるべく、自らタバコをやめて妨害要因を探ったことを過去の記事で紹介したのだが……覚えておられるだろうか。知らない人はそちらの記事を読んでいただくとして、今回は新たな妨害要因が判明したので紹介したい。

妨害要因とはいっても、これほど喫煙者に厳しい世の中では外的要因などはほとんど無いから、自分の心の中に生まれる誘惑の話。過去の記事ではそれらを悪魔と言っていたので、今回もそのように記載することにしよう。この度、私が発見した悪魔とは……

「禁煙なんてどうだっていいから、とにかく今の気分を変えよう」と囁く悪魔

──ただし、これだけではどういう悪魔かよく分からないだろうから、以下で簡単に状況を説明したい。

・233日続いた禁煙が終了した状況

その日、私はどうしても今の気分を変えたかった。どんな手段を使ってでも変えたかった。だから罪悪感を覚えながらも、コンビニでタバコとライターを購入。そのまま深夜営業している居酒屋へ駆け込み、10本以上連続で吸った。これで、233日間続いた禁煙が終了。

──というところ。

長く禁煙が続いていたのに、あっさりと終わってしまった。「もったいないことをした」と思う一方で、今振り返っても不思議なのは、タバコを吸ってもそれほど気分が変わらないと自分で分かっていたことだ。10年以上喫煙歴があると、タバコを吸ったところで気持ちが変わらない経験は何度もしている。

……にもかかわらず吸ったのは何故か? 自分でもよく分かっていない部分があるのだが、「気分を変えるならタバコ」という昔からの発想が自分の中で大きくなって止められなくなった──ということになるだろう。

冷静に考えれば、気分を変えるなら他に有効な手段はいくらでもある。風呂に入るとか、寝るとか、カラオケに行く……などなど。それらはタバコなんかよりも劇的に気分を変えてくれるものだと、個人的には思う。

だから、気分を変えるためにタバコを吸うというのはまったく理屈に合わない。なぜそんな意味不明なことをしたのかというと……強いて説明するならば、「最低限の合理性さえ入り込む隙間もないような気分の時が、たま〜にあるから」ってことだろうか。

で、私なりにこの悪魔に勝つための対策を考えたところ、やはり「他の “気分レフレッシュ術” をいっぱい知って、実践しておく」ってことが大事な気がする。あのとき、私の中で「気分を変えるならタバコ」よりも「気分を変えるなら風呂」の方が強かったならば、タバコを吸わずに風呂に入って寝ていたはずだ。

・またイチから禁煙チャレンジ

とにかく、今回の経験を踏まえてまた1から禁煙にチャレンジしたい。私は禁煙を放棄するつもりは毛頭ない。233日続いた禁煙はチャラになってしまったが、タバコを止めようという意思は変わらない。どう考えても、タバコを吸って良いことなんて1つもないから。

なお、できれば今回のような記事は執筆したくなかったのだが、どんな展開であっても起こったことを忠実に記載すると過去に書いた手前ご報告した次第である。個人的には苦い経験となってしまったが、私の失敗が禁煙しようとする人にとって少しでも役に立てば幸いだ。

執筆・イラスト:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【禁煙】半年間タバコをやめている間に「襲ってきた悪魔」と「悪魔を一撃で昇天させた呪文」

タバコをやめるのは地獄の苦しみ……という喫煙者は少なくない。そのあたりは個人差があるものの、人によっては悪魔に襲われる体験をすることも。どんな悪魔かというと、「頭痛を引き起こす悪魔」や「イライラに火をつけまくる悪魔」、「それだけだと寂しいと騒ぎ出す悪魔」など。

詳しくは、今から約1年半前に、私が禁煙したときの記事をご確認いただくとして、今回は新たに発見した悪魔の情報、さらに「悪魔を一撃で昇天させた呪文」について紹介したい。

最初に言っておかなければならないことがある。なにかというと、私が1年半前に行った禁煙は完全に失敗に終わったということ。つまり、悪魔の攻撃にやられてしまったのだ。だが、それから約1年後──。

禁煙外来に通うことによって、私は見事に復活を果たした。以降、私は悪魔をまったく寄せつけていない……つまり、タバコを一切吸っていないのだが、禁煙を継続している6カ月の間に、何度も私に襲いかかる悪魔がいた。どんなヤツかというと……

「タバコとコーヒー(またはアルコール)を一緒にキメる快感を思い出せって! タバコをやめるってことは、一生それを味わえないけど……いいのかなぁああああ?」

──とささやく悪魔だ。

陰湿。なおかつダーティーな攻撃ではあるものの、パワー自体は貧弱極まりない。こんな悪魔が襲いかかってきても、私の場合は以下の呪文を唱えたら一瞬で撃退できたぞ。

「タバコをやめたからこそ、味覚が元に戻って今超幸せ♡」

──喫煙が味覚に影響を与えるって話は、過去記事「禁煙すると『タバコの匂い』が耐え難くなったのはなぜ? 」を参照してもらうとして、呪文のパワーをさらに強くする方法も併せてお伝えしておきたい。それは……

タバコをやめた状態で食を楽しむことだ。たとえば、「紅茶もうまいな」とか、「タバコを止めた後って、コーヒーとケーキの相性がマジすごいな」といった “気づき” が積み重なることで、さらに呪文がパワーアップするように思う。

これで上の悪魔はほとんど昇天するだろうが、万が一……万が一まだ生きていたら、以下のような呪文など、どうだろうか。

「電車で喫煙者の隣に座ったときの衝撃を思い出せ! あの絶望的な臭さを思い出せ!!」

──以上、あくまで私の個人的体験であるものの、タバコをやめようと思っている人にとって参考になれば幸いだ。同士の健闘を祈る。

執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24