アイリスオーヤマの「エアリーマットレス」は軽い、丸洗いできる、干さなくていい!

敷布団は「毎日の上げ下ろしが重たくて面倒」「敷きっぱなしにしていてカビが生えた」「ベランダがないので外に干せない」などの悩みがつきもの。

アイリスオーヤマの「エアリーマットレス」は通気性が高くて軽量、丸洗いもできるため、そうした悩みから解放されます。整理収納アドバイザーのFujinaoさんも愛用者のひとり。使ってみて感じたメリットやリアルな使い心地について、詳しく教えてもらいました。

通気性、軽さ、丸洗いできるのがエアリーマットレスの魅力

中身がチューブ状の繊維だから通気性が高い

エアリーマットレスの特長といえばなんといっても通気性の高さです。というのもエアリーマットレスの中身は綿ではなく、チューブ状の繊維。

エアリーマットレスの中身はチューブ状の繊維

この繊維のおかげでマットレス内には空気が満たされ、湿気を溜め込みにくい構造になっているのです。マットレスの下に結露が溜まりにくいので、朝起きたら軽く壁などに立てかけておくだけですぐに湿気が飛びます。

「マットレス」という括りですが、敷布団としても問題なく使えます。ベッドを置けないお宅でも湿気の悩みから解放されます。

約95%が空気だから軽い

アイリスオーヤマのエアリーマットレス

特長の2つ目は「軽い」こと。なんと、エアリーマットレスの製品体積は約95%が空気。ですので、昔ながらの綿の布団に比べてとっても軽いのです。毎日布団を上げ下げする場合、体への負担がかなり減りますね。

丸洗いできる

エアリーマットレスをベッドに敷いたところ

3つ目の特長は丸洗いできる、ということです。子ども達が小さい頃、綿の敷布団におねしょをされると大惨事でした。丸洗いすることもできませんし、中綿まで染み込んでしまった水分はなかなか乾かない…。
エアリーマットレスは中のチューブ状の繊維まで洗うことができます。マットレスのカバーを外し、中のチューブ状繊維はシャワーなどで丸洗い。当然カバー類も洗濯できます。

また、中が繊維なので天日干しする必要もありません。小さなお子様を持つ家庭や布団叩きなどの余計なモノを持ちたくない人にもおすすめなマットレスなのです。

独特の音がする、軽すぎる故にズレやすいというデメリットも

いいことづくめのエアリーマットレス。ですが、その機能性の高さゆえにいくつか普通の敷布団と違う点もあります。

重さがかかると独特の音がする

まず、1つ目が音です。エアリーマットレスは中身がエアロキューブと呼ばれるチューブ状の繊維でできているため、重さがかかると「ギュッ」という独特の音がします。

とくに布団に入る時や寝返りをうった時などにこの「ギュッ」という音がします。寝ていて目が覚めるほどの大きな音ではありませんが、感じ方には個人差があるので、ホームセンターなどで実物に触れてみるといいかもしれません。

軽すぎてズレやすい

2つ目の注意点はその「軽さ」。布団の上げ下ろしにはとても便利な「軽さ」なのですが、軽い故にズレやすい、という反面もあります。

例えばマットレスを2枚並べて寝ている時、朝起きたらマットレスがズレていて真ん中に子供が落ちて寝ていた、なんていうことも。

「締め蔵くん」で2枚のマットレスを固定

我が家ではマットレスがズレないように固定できるバンド「締め蔵くん」という商品を使って固定しています。ベッドの上でマットレスを並べて使いたい時には、こんなアイテムも必要かもしれません。

厚さは3種類。いちばん薄い5㎝でも底つき感なし

エアリーマットレスの厚さは5㎝、9㎝、12㎝の3種類。(厚さ7㎝の敷布団タイプもあります)我が家では床に直敷きで5㎝、ベッドの上で12cmを使った経験があります。

感じ方に個人差がある部分だとは思いますが、我が家の場合は厚さ5㎝でも底つき感がなく、エアリーマットレス1枚で十分に過ごすことができました。

ベッド購入を機に12㎝も使用してみたのですが、寝心地はどちらもそんなに変わらない、というのが正直な感想です。5㎝と12㎝は保管に必要なスペースがかなり変わってきますので注意が必要です。また、5㎝タイプでは普通の硬さと硬め、2種類から選ぶことができます。

湿気や上げ下ろしの問題にお悩みの方は、検討してみてはいかかでしようか。

Source: 日刊住まい

【衝撃】一度も掃除したことがない軽自動車の座席に「バキュームクリーナー」を使ったら地獄絵図になった / アイリスオーヤマ『リンサークリーナー』

いやぁー暇だな。でも飲みに行ったり遊びに行ったりはできないしな。どうすっかな……。そうだ、車の掃除でもするか。と言っても、私(あひるねこ)は自分の車は持っていないので、編集部が所有している980円のミニカを掃除してみようと思う。

2014年の購入以来、何度も記事に登場している当サイトのマスコット・ミニカちゃんだが、実は今まで座席の掃除をしてもらったことがないらしい。え、6年間ただの一度も!? そりゃあ大変だ。そこで「バキュームクリーナー」を使っての清掃を試みたのだが……結論から言うと、待っていたのは掛け値なしの地獄であった。

・初めてのキレイキレイ

キモイおっさんの痛車にされたり油性マジックで全塗装されたり、かと思ったらそのまま洗車機にブチ込まれたりと、これまで散々いいように扱われてきたミニカ。にもかかわらず、肝心の座席が汚いままなんてヒドい話だ。どうせ暇だし、今日は私がばっちりキレイにしてやるぞ。

使用するのは、Amazonで以前購入したアイリスオーヤマのバキュームクリーナー『リンサークリーナー RNS-300』(税込7718円・2020年5月1日時点)。こちらはカーペットやソファなどの布製品を水洗いできるという便利な代物である。

かなり強い汚れだと多少は跡が残るが、基本的に水だけでOKってのは手軽でいい。座席シートの掃除ならこれだけで十分ではないか。

・清掃開始

さて、クッションなどをどかすと、意外にも座席はそこまで汚れているようには見えなかった。しかし考えてみて欲しい。喫煙者だらけの当編集部は、当然車内でもタバコを吸いまくっている。つまりミニカのシートは、そのヤニを胸いっぱいに吸い込んでいるというワケだ。考えただけでも……オ、オエェェェェェェエエエ!

……限界なのでさっそく清掃していこう。①まず清水タンクに水を入れ、バキュームホースに繋げる。

②続いて噴出レバーを引き、シートの全面に水を吹き付けていく。

③電源を入れたらバキュームスタート! デカめの掃除機みたいな音が鳴り響くので、夜の使用は控えた方がいいだろう。

吸入口をシートに押し付け、手前に引くと……。

ぎゃあああああああああああ!

・アカン

汚れが水と一緒に吸引されるのだが、何だよコレ泥水かよ! たまりにたまった6年分の汚れが、ギュワンギュワンとクリーナーの中に吸い込まれていくではないか。

まあその様子は気持ちいいっちゃ気持ちいいんだけど、一言で表すなら超汚えーーーーー! タバコのヤニやほこり、その他様々な汚れがドス黒い水となって今、私が握っているこのホースの中に……オ、オエェェェェェェエエエ!

・終了するも

清掃すること約15分。水の汚れがだいぶ薄くなってきたので、そろそろ頃合いだろう。ところが……! 見た限り、シートの色は清掃前と比べそこまで違いがないようである。えええええ? あんなに吸い込んだのに?

うーん、もっとこう……

劇的な変化が欲しいところだが……。

・効果はイマイチ?

やや拍子抜けした気分になりながら、私はタンクにたまった汚水の処理に取り掛かった。本来ならそのまま捨てるところだが、ちょっと気になったので洗面器に移してみることに。フタを開け、タンクから器の中へちょろちょろ注いでいくと……

ぎゃあああああああああああ!

・嘘やろ

先ほど泥水と書いたが、訂正しよう。これはそんな生易しいものではない。例えるならば暗黒。少量ながら、この世のあらゆる不吉を具現化したかのような、おぞましき地獄絵図がそこには広がっていた。あーこういう時、「これいくらもらったら飲める?」とか考えちゃう自分が嫌だ。

オ……

オ……

オエェェェェェェエエエ!!!!!

・水洗いは大事だよ

みなさん。どうやらこの世界には、掃除機だけでは吸い切れない汚れが存在するようです。自分は定期的にキレイにしてる? 本当にそうなっているでしょうか。もしかすると今座っているその座席の中では、とんでもないことが起きているかもしれませんよ。一応、忠告はしました。それにしても長い間ごめんな、ミニカ……。

参考リンク:Amazon「リンサークリーナー RNS-300」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【100均検証】5980円で買ったばかりの加湿器に、ダイソーの「加湿器用アロマウォーター」を入れてみた

つい最近、加湿器を買った。Amazonで5980円。アイリスオーヤマの加湿器で、木目デザインがゲキシブなうえ、なんとアロマオイル対応ときた。加湿しながらアロマの香りも楽しめるなんて欲張りすぎる加湿器だなァ〜なんてニヤニヤしていたのだが、

アロマの香りがほのかすぎる……

……のである。本体内のアロマオイルを垂らす部分にピュッピュと垂らしても漂う香りはごくわずか。ならばとばかりにフルスイングでドピュドピュやっても、なんだか物足りない感じなのだ。

まあ仕方ない。だってこれ、加湿器だし。アロマディフューザーじゃないし……なんてスネ夫ばりに口をとんがらせていた時、衝撃的な商品をダイソーにて発見した!

か、加湿器用アロマウォーターだとぉ……!

加熱式、沸騰式の加湿器には使用できないだとぉ……?

てことは、それ以外の加湿器といえば「超音波式」となるわけで、なんと偶然、ちょうどよく、タイミングよく……

ダイソーのミニ加湿器(スクエア型)があるではないか! 500円で買ったやつ。しかもこれ……

ちょうどよく超音波式!

これで加湿器用アロマウォーターを試してみよう……

──なんて最初は思っていたのだが、

そんなことでいいのかGO羽鳥。

そもそもの悩みは、超大容量4.5リットルの加湿器のアロマ機能がイマイチってことだったんじゃないのか羽鳥GO。

なに100均の加湿器でごまかそうとしてるんだ羽鳥豪。

豪、逃げてんじゃねえ!

……そんな幻聴が聞こえてきたので、ここはイッパツ覚悟を決めて、買ったばかりのアイリスオーヤマ加湿器で試すことにしたのであった。

とはいえ買ったばかりである。絶対に壊したくはないのである。そんなこんなで血眼で説明書を確認しまくったところ……

超音波式 / ハイブリッド式の切り替えOK!

ヒーターをOFFにすれば超音波式の加湿器になるんだってコレ! となるとダイソーのアロマウォーターも使用可能!! なんて便利な加湿器を作ってくれたんだアイリスオーヤマ! 最高じゃぁ〜〜〜〜っ!!!!

つーことで規定の量、具体的には……

水1リットルあたりキャップ1杯(5ml)を入れてから……

超音波式モードでONにしてみたところ……

キタッ!

どれ……

おお……!

するする! ラベンダーのニオイする!! アロマオイルをアロマディフューザーで出した香りには負けるけど、たしかに加湿器からラベンダーの香りがする!! ちょいと弱めの超巨大アロマディフューザーになった……くらいの感覚だ!

よき。

\(^o^)/ よき〜! \(^o^)/

参考リンク:アイリスオーヤマ「ハイブリッド加湿器 PH-UH35
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24