【千代のフチ!?】横綱 千代の富士のガチャガチャが登場! ありがた〜く回してみたらコップが土俵になった

相撲好きの私は日常会話にさりげなく “相撲ネタ” をねじ込むことがあるのだが、なかなか気づいてもらえず寂しい思いをしている。しかし疲れた時に使用するワード「体力の限界」だけは気づいてもらえることが多いため、ありがたく多用させて頂いているのだ。

「体力の限界」は “ウルフ” の愛称で知られる横綱・千代の富士が引退会見で発した名言である。割と若い世代の人からも「おっ、千代の富士」と返されることがあるのは、ファッション業界で活躍する娘さん・息子さんの影響が大きいらしい。

そんな千代の富士のガチャガチャが登場したらしいとの噂をききつけ、私は街を探し歩いていた。数え切れないほどの種類が存在するガチャガチャ業界、お目当てを見つけるのはひと苦労なのである。あ〜マジ体力の限界だわ〜。

・さりげなくアキバに

ガチャガチャ専門店も多く存在する秋葉原の片隅で、ようやく千代の富士ガチャを発見した。千代の富士関ご本人の写真がバーンと貼られたそのマシーンからは、品格と力量をビンビンに感じることができる。

ちなみに “千代の富士のガチャガチャ” と聞いた私は「キーホルダーかマグネットだろう」と思っていたのだ。ところがマシーンをよく見ればそこには『千代のフチ』の文字……こ、これは……つまり『コップのフチ子』に代表される “フチシリーズ” じゃあないか!!!

「 “富士” と “フチ” がメチャウマくハマっとるな」などと感心している場合ではない。相手は横綱だ。横綱ってのは神様なんだ。千代の富士は特にスゴイ横綱だから「神の中でも特に神」ってことになる。いいのか? フザけて大丈夫なのかよ!?!?

・中身は……

しかし心配になってマシーンをよく観察すると、小さく『AKIMOTO Inc.』の文字が見えた。これは千代の富士本人のご家族が経営する会社の表記だ。よかった……ご家族公認ならひと安心である。さっそくガチャってみよう。

『千代のフチ』は1回300円で全5種類。中身がほとんどなかったところを見ると結構売れているのではないだろうか。とりあず回してみると最初に出たのは……

『座りバージョン』だ! ……けどあんまり似てないかも……。

まぁ鋭い目つきが特徴である千代の富士の “笑った状態” を表現するのは難しいと想像がつく。どちらかというと魁皇っぽいかもね!

この複雑なポーズでフチに静止してくれるのかと不安になったが……意外と大丈夫なようだ。

つづく『四股バージョン』は少し大鵬入ってるような……

『横綱バージョン』はやや琴櫻っぽいかなぁ……

『力塩バージョン』が一番ご本人に似ているかもしれない?

・シリーズ化希望

コップを丸い土俵に見立ててみれば、フチシリーズの中でも相当理にかなっていると言える千代のフチ。願わくばライバル力士や行司さんにも登場してもらい “コップの東西横綱対決” とシャレ込みたいところである。今後の展開に期待だ。

ただし絶妙なバランスをキープしてフチに留まっているため、コップを揺らしたり動かすと一気にメチャクチャ縁起が悪いことになる。まさに土俵際の粘り……飲む時はストロー必須な。

ちなみにこの日は秋葉原で合計3台の『千代のフチ』を発見。うち1つはマシーンのデザインが実写ではなくイラストバージョンだった。少しレアだから見つけたら立合い速攻で!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【秋葉原】「焼きチーズカレー油そば」なるパワーフードを食べてみた結果 → DEBUが恋する5秒前の味わいと判明

理由はよくわからないが、なぜか秋葉原にはコッテリ系のグルメ店が多いように思う。もちろんアッサリ系の店もあるにはあるが、カレー・ラーメン・ナポリタン……と、ヘビー級の店が非常に目に付く。しかも普段なら「重いかな~?」というメニューも、秋葉原でなら完食できてしまうから不思議だ。

つい先日のこと──。いつも通りに秋葉原を散策していたら『焼きチーズカレー油そば』なるパワーフードを発見してしまった。おい……いくつ重ねるつもりだ。果たして『焼きチーズカレー油そば』はアキバっ子たちの胃と心を掴めるのか? とりあえず食べてみたのでご報告したい。

・パワーフード激戦区

『焼きチーズカレー油そば』は、東京と神奈川を中心に10店舗を展開する油そば専門店「ぶらぶら」の期間限定メニューである。秋葉原店はアパホテル電気街口の1階に店を構えており、周囲には「豚野郎」「春日亭(油そば)」「パンチョ」などが軒を連ねる “パワーフード激戦区” だ。

記者を含め、このエリアにしょっちゅう出没している人たちは、そんじょそこらのパワーフードではもはや驚かない。なにせここは秋葉原……いや、日本有数の “コッテリ地区” なのだ。生半可な新商品では看板を見て「フッ」と流されて終わりである。

だがしかし、『焼きチーズカレー油そば』には一瞬で目を奪われた。なんというテンコ盛り感……! 実際はラーメンよりもカロリーが低いとされる油そばだが、そもそも料理名がABURAそばである。あふれ出すコッテリオーラは隠しようがない。

さらにカレーだけではなくチーズまで……! これだけならまだ耐えられたかもしれないが、トドメの “焼き” である。開発者の「これでもかぁぁぁああああッ!!」という気合いが伝わってくるようではないか。私の負けだ。890円の食券を購入し、店内で『焼きチーズカレー油そば』を待った。

・最後の最後までウマい

やってきた『焼きチーズカレー油そば』は意外とオーソドックスなビジュアルで、想像していたような荒々しさはない。だが、その味わいは紛れもなくヘビー級……! もっさりとした口当たりも、ガツンとハードなパンチ力も王道の油そばだ。


憎いのは卓上の様々な味変調味料で、最後まで飽きずに食べさせてくれるところ。ラー油、お酢、刻み玉ねぎなどで、自分好みに味変可能だ。さらに麺が少し残っている状態でスープを投入するとこれが激ウマ! 先ほどまでもっさり麺が一気にチュルンと系の麺になり、2段階の食感が楽しめる。


さらにはスープに白飯をぶっ込むのが大正解!! 麺だけでもかなりボリューミーだが、最後の最後まで攻めまくるのが秋葉原グルメの王道スタイルだ。店を出た後、しばらく「食いすぎたな……」と後悔するくらいがちょうどいい。


というわけで、ぶらぶらの『焼きチーズカレー油そば』はアキバっ子たちを満足させてくれるであろう、アキバパワーフードの王道グルメであった。糖質に次ぐ糖質は完全に「DEBUが恋する5秒前」の味わいで激ウマだから、興味がある人はぜひ出かけてみて欲しい。とっても とっても とっても とっても とっても とっても 大好きヨ☆

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 油そば ぶらぶら 秋葉原店
住所 千代田区外神田3丁目11-4 アパホテル電気街口1階
時間 11:00~23:00
休日 無休

参考リンク:油そば ぶらぶら
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24