【新作アイス】とろ~りソースに溺れたい…『明治エッセルスーパーカップSweet’s アフォガート』の食感が新しい! 秘密は凍らせても固まらないソースだった

少し前までグレードの高いアイスといえば、ハーゲンダッツのようなハイプライスなアイスのみだったが、近年、200円台のアイスも大奮闘している。

なかでも大容量&ウマイ『明治エッセルスーパーカップ Sweet’s』シリーズは新作が出る度にSNSで話題になっているが、今回の新作も思わず「おおっ!」と声が出てしまった。新作はコーヒーが香るイタリアンドルチェ風なのだが、“凍らせても固まらない” 不思議な食感を持つアイスだったのだ!

・『明治エッセルスーパーカップSweet’s アフォガート』

2019年12月16日に発売となった『明治エッセルスーパーカップSweet’s アフォガート(税抜220円)』。アフォガートとは、バニラアイスやジェラートにコーヒーやお酒などの飲料をかけて食べるイタリアのドルチェだ。

日本ではエスプレッソコーヒーをかけたものが一般的。『明治エッセルスーパーカップSweet’s アフォガート』は、そんなコーヒー風味のアフォガートを表現したアイスであるという。

・何なんだこの食感は!?

『明治エッセルスーパーカップSweet’s』はこれまでに様々なスイーツをアイス化しているだけに、すでに期待値大! 試食させてもらったところ……何なんだこの食感は!?

『スーパーカップSweet’s アフォガート』は上から、エスプレッソクッキー、コーヒーアイス、エスプレッソソース、バニラアイスの4層構造となっている。クッキーとアイスの食感はなんとなく想像がつくだろう。今回、特別だったのはソース部分

他の層は凍っているのに、ソース部分だけトロっとしているのだ! スプーンで上から押さえるとソースがブニュッ。明らかにここだけ凍っていない。この状態で口の中に入れると……何この食感、新しい!

口のなかに入れると体温でソースがあたたまり、さらにトロトロに!! そのソースがアイスをジンワリと溶かしていく。そしてクッキー、バニラ&コーヒーのアイス、エスプレッソのソースが渾然一体となり……まるで「アイスにエスプレッソをかける」という工程が口のなかで行われているかのようなのだ。うまーい!

・なんでこんなに「トロ~リ」なの!? その秘密は……

『スーパーカップSweet’s アフォガート』は単にアフォガートの味を再現しただけではなく、その「ソースをかけてアイスをとろけさせる」という感覚をも表現したアイスだった! 鍵は何といっても「凍らないエスプレッソソース」であろう。

なぜこんなことができたのか、どんな温度でも凍らないものなのか、その秘密をPR事務局を通して尋ねてみたところ……

「企業秘密です」

秘密は秘密だった。この凍らせて固まらないソースには、独自技術が使われているそうだ。それだけ特別な技術が使われた特別な食感だと言える。ちなみに私が試したところでは、業務用の冷凍庫から出したてのものより、温度が-18℃程度の家庭用の冷凍庫から出したものの方が、とろ~り感は強いように感じた。

・とろ~りソースに溺れたい

どこか1つの層を食べても良し、4層一気に味わっても良し。かなりの量がありながらも飽きがこない味わいだと言えるだろう。このソースに、もう『スーパーカップSweet’s アフォガート』自体に溺れてしまいたい!

そういえばイタリア語の「アフォガート(affogato)」には、そもそも「溺れた」という意味があるのだとか……。うーん、まさに名前どおりのアイスであった。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24