【報告】アマゾンから「置き配」実証実験の案内メールが届きました / 1月27日より順次スタートとのこと

2020年1月23日、メールをチェックしていたら差出人に「Amazon.jp」と書いてあるのを見つけた。あれ? アマゾンで何か買ったっけな? と一瞬思ったが、よく見ると件名には「アマゾンの商品に関する『置き配』実証実験のご案内」とある。

何だこれは。まさかアマゾンを装った新手の迷惑メールか? リンクを踏んだら妙なサイトに飛ばされるかも? よし、とりあえず開いてみよう。

・アマゾンからのお知らせ

「Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます」と始まった件のメール。その全文がこちらである。

「Amazonはお客様のご注文時の配送オプションとして提供する『置き配指定サービス』の利便性をさらに向上させることを目的として、『玄関への置き配』を標準の配送方法とした実証実験を東京都3区(江東区、文京区、練馬区)、大阪府3区(都島区、西淀川区、生野区)、名古屋市、札幌市のお客様(一部地域を除く)を対象に、1月27日より順次開始します。

このメールは実証実験の対象となるお客様に送付させていただいております。1月27日より順次、Amazon.co.jpで購入された対象商品の標準の配送方法が『玄関への置き配』となります。なお実証実験期間中でも、期間後でも、置き配を希望されない場合には、ご注文時の画面等を操作していただくことで、対面でのお受け取りその他の配達方法をご選択いただけます。」

・新たな配達の仕方

なるほど。で、そもそも「置き配」とは何なのか? アマゾンによると、購入者が指定した場所に荷物を届けるサービスのことらしい。これにより、かねてから問題視されていた再配達の手間を大幅に省くことができるのだ。

もちろん購入者側もサインが不要かつ、当日は必ず自宅にいなくちゃいけないという不便さが解消されるのでメリットはある。配達場所は玄関、宅配ボックス、ガスメーターボックス、自転車かご、車庫などが選べるぞ。

・これが標準に

メールによれば、置き配は1月27日より順次スタートするとのこと。なんだって!? もう来週じゃないか! 注文時に設定しない限りは「玄関への置き配」がデフォになるらしいんだけど……マジかよ、まだ心の準備が。

・不安要素も

個人的にもっとも気掛かりなのは、「もし荷物がパクられたらどうすんの?」という点だ。サイトには「配送状況画面で商品がお届け済みと表示されているのに届いていない場合など、お客様から状況を伺い、商品の再送や返金に対応いたします」と書かれているが、果たして……。

他にも以下のような記載があったため、念のためご紹介したい。

「置き場所を選択する際は、安全に配達するため人目につきにくい場所、風雨の影響を受けない場所を選択してください」
「ご指定の配達場所が使用できない、またはご指定の配達場所が安全な場所でないと判断した場合は、配達を行わずに商品を持ち戻ることがあります」

マンションの1階玄関がオートロックになっている場合、配達ボックスがあるなら問題ないとして、もしボックスがなかったらどうするのだろう。丸見えやないか。購入者と配達員の感覚が微妙にズレていることもあるだろうし、こればかりは実際に試してみないと様子が分からないかもね。

というわけで、置き配が導入されたらとりあえず私(あひるねこ)も利用してみたいと思います。たぶんだけど、仕事中に配達の通知が来たら、その日は心配で早く帰りたくてしょーがなくなりそう。

参照元:Amazon
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【Twitterの闇】「コンテンツ販売」をかたってAmazonギフト券のコードなどを奪う詐欺が横行 / 被害が明るみにならない訳

以前の記事で、Twitterにひそむ “闇の一部” についてお伝えした。裏アカウントをよそい、条件を提示して出会いをほのめかすアカウントが存在する。それだけでも十分危険なのに、裏アカウントの秘匿性を逆手にとって、詐欺行為を行うアカウントも存在するのである。

今回は「コンテンツ販売」をかたるアカウントにDMを送って、購入の希望を示し、Amazonギフト券のコードを伝えた後に、逃亡を図られるまでの一連の流れをお伝えする。

・明るみにならない2つの理由

コンテンツ販売における詐欺行為が、あまり明るみにならないのには2つの理由がある。まず1つが被害額が少額であること。1つのコンテンツにつき、数百円から数千円程度の少額取引が行われているため、被害者が諦めるケースが多いようだ。

もう1つの理由は、販売されているコンテンツがいかがわしいものであること。個人が撮影したいかがわかしい動画や写真など、購入希望者も匿名であるため、騙されてたことを公(おおやけ)に出来ないのである。

前回もお伝えした通り、売り手も買い手も匿名である特殊な状況を逆手にとって、裏アカウントの界隈では詐欺まがいの行為が横行しているのである。今回紹介するのも、その手口のひとつである。

・詐欺と思われるアカウントにアポ

検証を行うに当たって、参考にしたのは詐欺行為の告発アカウントだ。告発アカウントは定期的に問題を起こしているアカウントのIDを投稿して、注意を呼び掛けている。

その投稿に挙がっていたIDのうちの1つを確認してみると、実態は不明だが、動画販売アカウントと称している。

このアカウントに動画を買いたいと伝える。すると……。

相手「カカオトークできますか??」

日本ではメッセンジャーアプリとしては「LINE」が一般的。課金制の出会いアプリに誘導される場合でも、やはりLINEが主流なのだが、なぜかコンテンツ販売の方面では、カカオトークを使うケースが多いようだ。 “裏LINE” 的な用途で使われているらしい。相手はもう1つ、カカオを勧める理由として、こんなことを申し出て来た。

相手「動画の受け渡しはカカオだと助かります ここだと2分くらいの動画しか送れないので! amazonギフト券の準備が出来たら、カカオのQRコードと一緒に送ってください」

Twitterはアップロードできる動画の尺が、ツイートでもDMでも2分20秒(140秒)と決まっている。とは言っても、カカオは動画を送信する場合ファイルサイズが上限100メガバイトと決まっているので、必ずしもTwitterより長い尺の動画を送れる訳ではない。おそらく、動画の長さよりもカカオに誘導する意図があったのだろう。

・決済に使われるもの

もうひとつのポイントして、ここで相手がAmazonギフト券に触れていることが挙げられる。決済に使われるのはアマゾンギフト券のほか、iTunesカードがある。この2つはコードを画像かテキスト送るだけで相手が使用できるため重宝がられているようだ。このほかにも、フリマアプリやウェブマネー、最近ではLINEPayなども利用されている

・アマゾンギフト券のコードを送ると……

話を戻そう。カカオをインストールしてQRコードを取得したところで相手に送信する。

するとすぐさまカカオにメッセージが届き、Twitterでの名前を名乗ってきた。

相手が販売可能な動画をいくつか持っていることを伝えてきたが、ぶっちゃけそんなことには興味がないので、すぐにアマゾンギフト券のコードを送信する旨を伝える。

佐藤 「とりあえずコードを送りますね」

相手 「そうですね、では先にコードの確認よろしいでしょうか?」

ためらうことなく、コードが記載されたギフト券の写真を相手に送信。

予想通り、たちどころに音信不通となったのである。呼びかけても反応はなく、Twitterもブロックされる始末

・氷山の一角

以上がコンテンツ販売の売り子側の詐欺の1つである。このアカウントに詐欺行為をはたらかれたことを訴えている人もいるようだが、被害を訴えている人の数はきっと氷山の一角で、かなりの数の人が騙されている可能性がある。これらのコンテンツ販売にはどんな危険が潜んでいるかわからないので、十分に注意して欲しい。

Report:迷惑LINE評論家:佐藤英典
Screenshot:Android「Twitter」「カカオトーク」


Source: ロケットニュース24

【検証】Amazon1位の「松坂牛カタログギフト券」を自分で自分に贈ってみた / 5000円の価値はあるのか?

お礼やお返しの品を贈る時に便利なカタログギフト券。相手に好きなものを選んでもらうのだからハズしようがない。とは言え、実際に届く商品を自分で確認できるわけではないので、少々不安な部分があるのもたしかである。

そんな時に役立つのが購入者の口コミ、なのだが……。以前も書いたようにカタログギフトに関しては、口コミがまったく参考にならない。グルメ系のギフトにしたって、「自分は食べてないけど相手は喜んでくれました」くらいしか書かれていないのだ。いやいや、そんなん当たり前だろ!

というわけで今回は、Amazonで人気のカタログギフト券を自分で自分に贈ってみようと思う。これにより、正確な口コミがお伝えできるはずである。

・Amazon1位のギフト券

何系のギフトにしようかな~? やっぱりグルメ系かな~? とりあえずAmazonで「カタログギフト」と打ち込んでみたところ、ちょうどいいのが表示されたぞ。食品・お酒ギフトカタログでベストセラー1位の『松阪牛 カタログギフト券 GAタイプ』という商品だ。

送料込みで税込5000円。なるほど「松坂牛」というワードの強さは、贈り物としてかなり強力かもしれない。よし、若干の虚しさはあるものの、このギフト券を自分で買って自分に贈ってみることにしよう。

・注文編

──後日、自分から自分宛てに小さな貼り箱が届いた。それなりに高級感があってグッドなルックスだ。開けてみると……。

好みの松阪牛商品を選べるギフトカードが入っている。すき焼き・しゃぶしゃぶ肉、焼肉、サイコロステーキなど8種類の中から選べるようだ。同封のハガキかネットで注文すると、松阪肉が冷凍で届くとのこと。

と言っても2~3日で届くのではなく、私(あひるねこ)の場合は到着まで約2週間程度かかった。もちろん日時は指定できるが、すぐに食べられるわけではないので注意が必要だろう。で、届いた段ボールを開けてみると……。

キ、キターーーーーー! 松坂牛ィィィィィィイイイイ!! 私がチョイスした『松坂牛焼肉(肩・モモ・バラ)200g』がいよいよ到着。中には証明書のコピーも入っているぞ。これで5000円か……ゴクリ。おいしく食べるには、冷蔵庫でゆっくり解凍させる必要があるという。間違ってもレンチンしないように。

・実食編

さあ、ようやくお肉とご対面の時だ。決して量は多くないが、されど松坂牛。庶民からすると「松坂牛がわざわざ自分の家まで来てくれた」という感慨がある。ありがてぇ……ありがてぇ……!

それでは、焼いていくとしよう。

1切れずつ、慎重に慎重にホットプレートに乗せていく。サッと火が通ってしまうので、焼きすぎないよう気を付けなくては。

食べてみると……うん、普通にウマい。ただ、トロけるというよりは、赤身をじっくり味わうようなウマさかな。ぶっちゃけそこまでの感動はなかったように思う。が! やはり松坂牛だけあって、肉の旨みは非常に強いぞ。この後に別のオージー肉を食べたら、何の味もしなかったほどに深く強い。

・アリかナシか

焼肉店のような味を期待して食べると肩透かしを食らうかもしれないが、肉自体はたしかにウマい。というのが正直な感想だろうか。5000円出して自分で買うかと聞かれると若干迷うが、もらったら嬉しいのは間違いない。

Amazon1位の松坂牛カタログギフト券。贈り物として何の問題もなく利用できるが、個人的には、どちらかというと景品のようなフランクなシーンに選ぶのがベストであるように思う。値段的に使い勝手がいいので、いろいろ重宝しそうな気はしている。

参考リンク:Amazon「松阪牛 カタログギフト券 GAタイプ」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コラム】「カタログギフト」の口コミの参考にならなさは異常 / 相手も喜んでくれました…って当たり前だろ!

大人になると、お礼やお返しとして贈り物をする機会が増えてくる。何をチョイスすべきか? 非常にセンスが必要になってくる局面であるが、そんな時に便利なのがカタログギフトだ。これなら商品を相手に選んでもらえるし、相手も自分の欲しいものが手に入る。万事解決である。

中でもやはり、グルメ系のカタログはもらっても困らないので使い勝手がいい。花なんかは人によって温度差があるしな。そうと決まったら、さっそくネットで検索だ! と、人気の商品をチェックしていたところ……あることに気付いた。カタログギフトの口コミの参考にならなさは異常である。

・カタログギフトの口コミ

例えばAmazonで「カタログギフト」と入力してみると、様々なジャンルのカタログが表示される。価格帯も様々なので、条件で絞りながら良さそうな商品を選んでいくわけだが、カタログに限らず、こういう時に参考になるのが口コミだ。

もちろん口コミにも質の良し悪しはあるものの、いい評価がたくさん付いている商品はどこか安心感がある。「ベストセラー」なんて表記があろうものなら、気持ちがグラリと傾いてしまうのも無理はない。それはカタログギフトの場合でも同様ではないか。

先日、ちょうど私(あひるねこ)もカタログギフトを選ぶ機会があり、何にするか口コミをザーッと眺めていたのだが……もうこの際ハッキリ言ってしまおう。ほとんど参考にならん! そう、その多くが商品を選ぶのにまったく役に立たない情報なのである。いい加減にしろと言いたい。

・具体例

カタログギフトの口コミにありがちな内容をあえて挙げるとするなら、以下のような感じになる。

☆☆☆☆☆:仲のいい友人にプレゼントしました。私は実際には食べていませんが、とても喜んでくれました! また機会があれば利用しようと思います。オススメです」

うむ、ほぼ参考にならん。そもそも「喜んでくれました」ってなぁ……そんなの当たり前だろ! 「もらっといてなんだけど、ぶっちゃけ微妙っした」なんて言うわけないだろうが!! まともな大人なら、どんなものが来ようが建前上は喜ぶに決まっている。私が知りたいのはそこではないのだよ。

とは言え、贈り物である以上、実際にどんな商品が相手に届くかなど分かるはずもない。「どうでした? アタリ? ハズレ? あり? なし?」と、グイグイ問い詰めたらキモすぎるだろう。よって、送る側に書けることと言えば……。

箱や包装の雰囲気
大きさ

──くらいのものではないか。「自分で自分にカタログギフトを送ってみました♪ 味は値段相応って感じですが、もう少し量があると嬉しいかな? でもお気持ちに感謝です!」とか書いてるヤツがいたら、そいつはちょっとヤバイ気配がするので気を付けろ。

・打開策

やはり、カタログギフトの口コミは参考にはならないということなのだろうか? 相手に届くまで質が分からないとか、よく考えたらギャンブルすぎるな……。う~む、みんな知りたい情報だと思うのだけど。

そこで! 先述した「ヤバイ気配がするヤツ」に私が実際になってみようと思うぞ。つまり、自分で自分にカタログギフトを送って、届いた商品をレビューするのだ。あまりの虚しさに今から心が折れかけているが、カタログ王に俺はなる! というわけで次回、乞うご期待。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24