【空耳】ストⅡの「昇竜拳」はアメリカ人には「All you can」に聞こえる / 不知火舞の「にっぽんいち!」は「me bouncy(私揺れるよ)」

ゲーム史に燦然と輝く名作格闘ゲーム『ストリートファイター』。eスポーツの大会「ストリートファイターリーグ」がアメリカで開催されるなど、現在では世界的な人気を誇っている。

そして、その人気が爆発したのは『ストリートファイターⅡ(ストⅡ)』からだ。当時、私(中澤)は小学生だったが、ゲーセンで他の人がプレイするのを見ているだけで楽しかったことを覚えている。小学校では、昇竜拳のモノマネをする子供であふれていた。

きっと「しょ~りゅ~けんッ!」っていう特徴的な発音が子供心にヒットだったのだろう。しかし、そんな昇竜拳はアメリカ人にはこう聞こえていたらしい

・All you can

「All you can!」と。「オ~ユ~キャンッ!」という感じなのだとか。ちなみに、「All you can」は意訳すると「限界まで行け!」的なニュアンスで、昇竜拳の腕を突き上げるポーズにも納得だったのだという。

このことを教えてくれたのは、ロケットニュース24英語版・SoraNews24の記者を務めるアメリカ人・ケーシーだ。現在では日本語も堪能なケーシーだが、当時、ガチャガチャとうるさいゲーセンで聞く昇竜拳の掛け声は「All you can」にしか聞こえなかったとのこと

その擦り込みのためか、それともやはり特徴的な発音と音質のためか、日本語を知った現在でも「All you can」に聞こえるという。ちなみに、「波動拳」はちゃんと「hadouken」らしい。へー!

・不知火舞

ファミコン、PCエンジン、スーファミ、ネオジオなど、多くのゲーム機を所有し、好きなゲームは「イース」シリーズというゲームオタクな一面を持つケーシー。他にも、空耳がないか聞いてみたところ、『餓狼伝説』の不知火舞の名前があがった。

不知火舞は、胸元の開いた忍び装束が特徴的のくノ一(くのいち)。勝利した際には胸を張って「にっぽんいち!」とポーズを取るのだが、ケーシーはこのセリフが「me bouncy!」だと思っていたという

「me bouncy!」は文法的にはおかしいが、意訳するなら「私揺れるよ!」的な感じで、これもポーズで納得したのだとか。オ、オウ

・あの頃ゲームに夢を見た

私が子供の頃、見たこともないゲームとの出会いは夢のようだった。例えば私の記憶だと、「あそこのゲーセンに凄い『ストⅡ』があるぞ!」と噂になってチャリで隣町まで海外海賊版の『ストリートファイターⅡ』を見に行ったことがある。画面を埋め尽くす波動拳にはワクワクしたものだ

私たちの知らないゲームがある。それだけで世界の広さを感じることができたのだ。現在ほどネットが発展していなかった当時、国外で空耳を生んだ『ストリートファイターⅡ』や『餓狼伝説』は偉大と言う他ないだろう。

事件などがある度に「ゲームの影響」などがささやかれる今日この頃。しかし、ゲームが多くの子供に夢を与えている事実も忘れないで欲しい。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【なぜ?】アメリカ人が日本の本屋にブチキレ! その理由がおっしゃる通りすぎた

こんなの当たり前でしょ。何を言ってもそう言う人はいる。辞書を引いてみると、当たり前の意味は「だれが考えてもそうであるべきだと思うこと」だ。では、逆に聞きたい。それって本当に当たり前だろうか

海外の人に話を聞くと、普段我々が当たり前だと思っていることに衝撃を受けている場合がある。日本に住んで5年くらいになるアメリカ人はなぜか本屋にブチキレていた

・アメリカ人から見た日本の本屋の変なところ

「Why!?」と声を荒げたのは、日本で生活するアメリカ人・厚切りデイヴ(仮名)さん。本が好きなデイヴさんは、日本の本屋で非常に不便を感じた点があるという。

厚切りデイヴ「なんで日本の本屋は、同じ作者の作品なのに別々の棚に置かれてるの? 意味わかんないYO!」

──確かに、小説の文庫とかは同じ作者でも出版社別に置かれてるね

厚切りデイヴ「私は日本語できるけど、それでもどこに誰の本があるか分からない。出版社とか買い手には関係ないじゃん。外国人は本屋で本探せないよ」

──とのこと。確かにおっしゃる通り。っていうか、言われてみたら日本人でもアレ結構不便なんだよな。いっぱいある出版社いちいち正確に把握してるわけじゃないし、たまに小さい町の本屋で文庫を作者別にまとめてる店あるけど、やっぱりめちゃくちゃ探しやすいし。そこでふと疑問に思った

「そもそもなぜ出版社別で分けられているんだろうか?」

──。前述の通り、探しにくいのは日本人も同じなのである。じゃあ、この陳列方法は誰のためのものなんだろうか。

・本屋に理由を聞いてみた

考えれば考えるほどに意味がわからないため、思い切って紀伊国屋書店新宿本店に聞いてみた。なぜ文庫は作者別ではなく出版社別に分けられているんですか

紀伊国屋書店「出版社がバラバラになってしまうと探しづらいからです」

──え? 誰がですか?

紀伊国屋書店「お客様です」

──なんと書店側は「客のためにやっている」との答え。マジか。探しやすいと思ってあの陳列方法を採用していたとは……。まさに思いやりが裏目に出るパターンだ。

そう考えると、90年代の恋愛ドラマくらいすれ違っている日本の書店独自の陳列方法。時は2019年、これって本当に当たり前

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24