【なるほど】アメリカ人が驚いた日本の引っ越し事情 / 今日10月13日は「引っ越しの日」

本日10月13日は『引っ越しの日』だそうだ。これは引越専門協同組合連合会関東ブロック会が制定したもので、明治元年のこの日、明治天皇が京都御所から江戸城(現在の皇居)に入城されたことに由来しているという。

おそらく多くの人が1度くらいは引っ越しを経験したことがあると思うが、果たして当たり前だと思っている日本の引っ越し事情は、本当に当たり前なのだろうか? アメリカ人に聞いてみたところ、実に興味深い話を教えてくれたのでご紹介しよう。

・在日アメリカ人に聞いてみた

話を聞かせてくれたのは、ロケットニュース24の英語版サイト「SORA NEWS 24」のケーシーさんだ。アメリカ生まれアメリカ育ち、現在は日本で生活するケーシーさんの目に、日本の引っ越し事情はどう映っているのだろうか?

──ケーシーさん、ケーシーさん。ちょっと聞きたいことがあるんですけど。

「お、PKさんじゃないか。なんだい?」

──10月13日は『引っ越しの日』らしいんですけど、日本とアメリカの引っ越しってだいぶ違いますか?

「そうだな……。うーん、実は俺はアメリカでは1回しか引っ越したことないんだ。しかも6歳のとき。だから細かい手続きとかに関してはあんまりわからないかな」

──そうなんですね。

「でも日本では3回引っ越してるよ。その中で感じることはあったね」

──おお、例えば?

「まずさ “エアコン無し物件” があることに驚いたよね。アメリカでは壁の中にエアコンが埋め込まれているのが一般的で、外付けする発想があまりないんだよ。しかも入居者が自分で購入して取り付けるってのにはビックリしたな」

──なるほど。広大なアメリカならではのエピソードですね。

「あとはやっぱりお金だよね」

──というと?

「アメリカで部屋探しをする場合、普通は大家さんと直接やり取りをするか、その建物を管理している会社と話し合いをするんだ。日本でいうところの “不動産仲介会社” がアメリカでは一般的ではないんだよね」

──ふむふむ。

「でさ、仲介会社を利用すると “仲介手数料” が発生するじゃない? あれには驚いたよ。アメリカならまずかからないお金だからね」

──そうなんですね。

「ただ、来日してすぐのときは日本語も達者じゃなかったから、仲介会社が書類を作成してくれたり、大家さんと交渉してくれたのは良かったのかもしれないな。結果的に助かった部分があったことも事実だ」

・敷金と礼金ってあるの?

──なるほど。ちなみに、アメリカには敷金・礼金的なものは存在するんですか?

「敷金はあるよ。でも礼金は全くないな。そもそも礼金は英語自体がなくて、ほとんどのアメリカ人が混乱するところだね。俺が説明すると “So it’s like a bribe?”(要するワイロってわけだね?)って言われるよ」

──へえ、やっぱり礼金は日本だけの習慣なのかな?

「ただ、アメリカでは賃貸契約終了前で部屋を出ると罰金が発生する地域もある。日本みたいに1カ月前に解約すればOKじゃないんだ。俺は結婚を決めてすぐに部屋を出たんだけど、俺の親(アメリカ人)が驚いてたよ。だから、どっこいどっこいじゃないか?」

・日本で感心した習慣

──なるほどですね。じゃあ引っ越してからは何かありますか?

「そうだな、アメリカでももちろん引っ越しをしたらご近所さんに挨拶はするよ。でもおみやげまでは渡さないな」

──最近ではだいぶ少なくなってる気がしますが、確かにおみやげを渡す風習はありますね。

「結婚して妻と新しい部屋に入った時、妻がおみやげを用意してたんだけど “そこまで気を使う必要あるのかな?” とちょっと思ったね。それまで俺自身が引っ越して来た人からおみやげをもらったことがなかったからさ」

──なるほど。

「でもこの習慣は悪くないと思ってるんだ。なぜなら、おみやげを渡したおかげで隣同士が顔見知りになって、最初から “よろしく” “ありがとう” みたいな気分になれたからね」

──確かにそうかもしれませんね。

「数年前、うちの隣に引っ越してきた人におみやげを貰ったんだけど、かなり美味しいあんこマシュマロだった。うん、そう考えるとやっぱりこの習慣は悪くないと思うな

ご覧のように、やはり日本とアメリカの引っ越しにはそれなりに違いがあるらしかった。ただ、どちらかが全て秀でているワケではなく、それぞれに良いところと悪いところがあるようだ。中でもケーシーさんは「手みやげ付きのあいさつ回り」に感心していた。

というわけで、日米の差が垣間見えた引っ越し事情。もしあなたに外国の友人がいたら、引っ越しの話を聞くだけでも意外と面白いかもしれないぞ。

参照元:今日は何の日?
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ガチのバットマンのコスプレで動物たちを救う男性がカッコよすぎる

カッコいいではない。カッコよすぎるのだ。何って、これからご紹介するコスプレイヤーがである。いや、当サイトではこれまでにもカッコいいコスプレイヤーを何人も紹介してきた。守備範囲が広すぎるイケメンなコスプレイヤーとか神クオリティの台湾コスプレイヤーとかね。

でも、今回ご紹介する男性コスプレイヤーは、さらに、さらにカッコいいのだ! なんて言ったって、ガチのバットマンコスプレで、動物たちを救ってるっていうんだからさ!!

「人の本質を決めるのは名前ではない。行動だ」

そんなバットマンの名台詞を胸に、動物たちを助けているのがクリス・ヴァン・ドーンさんだ。2018年に非営利団体『Batman4Paws』を立ち上げて以来、ドーンさんは米フロリダ州を中心に、シェルターにいる犬や猫などの動物たちを、新しい家族の元もしくは別のシェルターに送り届ける活動をしている。

例えば、ピットブルのココは、フロリダ州の動物愛護シェルターに収容されていた。殺処分になる直前で助け出され、新しい家族が見つかった。だが新しい家族が住むのは、車で8時間もかかるテネシー州。そう簡単には送り届けたり、迎えに行けない距離だ……。

そこに登場したのが、ドーンさん。ココを車に乗せると、新しい家族たちの元に送り届けたのだ。活動をするとき、彼はいつでもバットマンの格好だという。

ドーンさんは「私はただの仲介者ですよ。本物のヒーローは、保護動物たちを家族として迎え入れる人たちです」と海外メディア『The Dodo』に対して語っている。

『Batman4Paws』の Instagram には、バットマンが動物たちを送り届ける写真がいくつもアップされている。茶トラのニャンコを送り届けたかと思うと、ヨークシャテリアを新たな家族と引き合わせ、3匹の犬を新たな飼い主さんに託したり。大活躍だ!

彼がこの活動を始めたきっかけは、2014年に森をさまよっていたオーストラリアン・シェパードを家族に迎えたことだと団体の公式サイトで明かされている。保護されたシェパードは、ボランティアが操縦する飛行機に乗って、ドーンさんの家までやってきたのだ。

そのボランティアの姿に感銘を受けたドーンさんは、幼い頃から憧れていたバットマンの格好をして動物のために活動することを決意。保護されたシェパードはミスター・ブーツと名付けられ、今ではバットマンの最高の相棒ロビンとして、ときどき活躍しているという。

バットマンの格好をしていることについて、ドーンさんは『The Dodo』に対してこう語っていた。

「この格好をしていると、誰もが喜んで、笑顔になるんですよ。バットマンが歩き回って、良いことをしているんですからね。興奮する人も多いですよ」

「私がなりたかったもの、やりたかったことを詰め込んだのがこの姿です。あと、バットマンの格好をしている方が、人から話しかけられやすいですね」

週末は仕事をしているドーンさんは、月・火・水曜日をバットマンとしての活動に当てている。ホンダ アコードに乗っては、自宅のあるフロリダ州オーランドから半径約800キロ以内に動物を届ける。いつかはもっと大きな車、もしくはパイロットの資格を活かして飛行機を操縦し、より多くの動物たちの力になりたいと考えているそうだ。

ちなみにクラウドファンディングサイト『Go Fund Me』では、ドーンさんの素敵な正体をちらりと見ることができる。こちらもカッコいいので、気になる人は要チェックだ!

参照元:Instagram @batman4pawsBatman4PawsGo Fund MeThe DodoBoredPanda(英語)
執筆:小千谷サチ


Source: ロケットニュース24