【閲覧注意】バッタとコオロギを食べ比べてみたら予想外の味がした / 上野「昆虫食自販機」

バッタとコオロギって似てるよな。どっちも草っぱらにいて跳ねるし、格ゲーの色違いキャラみたいじゃない? 味も同じなんだろうか? 気になったので上野にある「昆虫食自販機」で購入して食べ比べてみたぞ! 閲覧注意

・上野「昆虫食自販機」とは?

もはや日本ではないアジア食材の宝庫・アメ横センタービル地下食品街。その入り口に設置されているのが昆虫食自販機である。

ゲンゴロウ、タガメ、竹虫、蚕、フンコロガシ、タランチュラなどなど缶の種類は29もある。種類の豊富さにテンションが下がる稀有な自販機であることは以前の記事でお伝えした通りだ。「グラスホッパー」は1300円で「ブラッククリケッツ」は1100円と、自販機的にはバッタの方が高価なようである。

・缶の中身

さっそく2つを購入して家に持ち帰ってきた。いつも通り缶の中には外袋。これまでの購入経験からすると、この外袋の中にさらにビニール袋が入っており、そこに虫が封入されているはずだ

虫が苦手な私からすると、このビニールの中袋はかなりありがたい存在である。ワンクッションあることで心の準備ができるし、これのおかげで外袋を開けるのがそこまで怖くないのだ。というわけでパカーッ

ギャァァァアアア!!

虫がそのまま入ってるゥゥゥ――――! 裸の虫が!! 中袋ないなら言ってくれよ! どうやら、ビニールの中袋は1匹から数匹入り高級缶の仕様のようだ。

・うじゃうじゃ感

皿に出すとうじゃうじゃしてる。バッタ缶もコオロギ缶も内容量15グラムと書かれているけれど、15グラムってこんなに多いのか。レンチン処理されているようだが、今にも動き出しそうなほどに虫感が残っている

不意をつかれたせいか、食べ物として見ることができなくなってしまった。だがしかし、ここで逃げるわけにはいかない! それが私のジャーナリズムだからだ!! はたして、コオロギとバッタは味が違うのか!? まずはコオロギを……

イクゥゥゥウウウ

あっ……

炒り豆みたい

節分の豆まきで使う豆みたいな味。その中に多少の煮干しっぽさが漂う。なんかおばあちゃん家とか思い出しそうな味だ。

・落ち着く味

コオロギを食べたら逆に落ち着いてきたので、その勢いでバッタを食べることにした。冒頭に記した通り、コオロギとバッタは私の中で同キャラ色違いのため、もはや余裕。余裕に決まってる。俺なら余裕なはず……

パクリ。

炒り豆だ

炒り豆みたいというか、もはや炒り豆そのものだ。パリパリした食感も炒り豆を彷彿(ほうふつ)とさせる。コオロギより少し後味に虫の風味が強い気もするが……いや、コオロギもこれくらい虫の風味したっけ? よくわからなくなってきたのでもう1回食べてみよう。

こっちがコオロギで……

こっちがバッタ。

うん。どっちも豆だ。食べれば食べるほどに節分の豆まきばかり思い出されてどっちがどっちか分からない。子供の頃は草原の英雄だったコオロギとバッタ。2者は食においても並び立っていた。

・気づけば大人になってた

いつからだろう? コオロギやバッタを見て鳥肌が立つようになったのは。草原に足を踏み入れるのが怖くなったのは。大人になるにつれ怖いものは増える一方だ。

もし、そんな自分に不自由さを感じるなら、怖くなってしまったものに今一度ガチで向き合ってみるのも悪くない。ひょっとしたら、新しい発見があるかもしれないぞ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【リアルレポ】緊急事態宣言から初めての週末を迎えた『上野』の様子 / アメ横の店員「このままだとバタバタ店が潰れる」

2020年4月11日と12日、東京都は緊急事態宣言を受けて初めての週末を迎えた。「街からかなり人が減っている」「普段よりは少ないけどさほど変わらない」……などなど、エリアや時間帯ごとに違いはあるが、多くの人が外出の自粛を心がけていることだけは確かだろう。

これまで10近くの街を見てきた記者からすると、パターンは3つあると感じている。それについては後述するとして、今回は緊急事態宣言から初めての週末を迎えた4月11日(土曜日)の東京は上野の様子をお届けする。

・3つのパターン

まずはさっそく記者が感じた街のパターンについて解説していこう。渋谷や原宿など、多くの人がわざわざお出かけするエリアを、ここでは「観光エリア」と呼ぶ。この観光エリアはかなり人が少なく、普段と比べて70%減を達成していると感じた次第だ。

次に「東京駅周辺」や「品川駅周辺」など、ビジネスマンが多いエリアを「ビジネスエリア」とする。このエリアは普段よりは人が少ないものの、ビジネスマンを中心にそれなりに人が多く、特に通勤時には普通に人混みが出来ていた。単純に〇%減とは言えないが、特に駅周辺は人との接触率が比較的高いエリアであろう。

最後は「池袋」や「巣鴨」など、観光地と住宅地、ビジネス街が入り混じるエリアを「混合エリア」とする。混合エリアの特徴は遠くからわざわざ人は来ていないが、地元の人はまあまあいること。結果的に池袋などは住宅の規模も大きいため、決して閑散とはしていない。密度は濃くないものの、こちらは広い範囲で人と接触する可能性を感じた。

・上野は「混合エリア」

さて、今回ご紹介する『上野』の様子を見てきたところ、池袋や巣鴨と同じ「混合エリア」であった。丸井や松坂屋などの大手デパートは臨時休業しており、シャッターを下ろしている店もかなり多い。JR上野駅から出てくる人の数も、普段なら考えられないほど少なかった。



一方でアメ横の中は、魚屋、八百屋、洋服店、靴屋、飲食店……などが3~4割ほどは営業を続けており、買い物に訪れる地元の人らしき人の姿もそれなりに多い印象だ。また、観光客ではない地元に根付いた外国人が多いことも上野の特徴ではなかろうか。


加えて、若年齢層より高年齢層が多いことも印象的であった。土地柄といってしまえばそれまでだが、長年の習慣をなかなか変えられないお年寄りと、変化に順応する若者の差がそこにはあるのかもしれない。当然、全ては個々人の差に拠るが、全体的な印象として記述しておく。

・粘り強い対応を

なお、アメ横で営業を続ける店員さん(職種は伏せる)は以下のように教えてくれた。

「今日は店を開けたけど、もうやらない方がいいね。馴染みのお客さんには申し訳ないけど、これだけ人が少ないと儲からないし家にいた方がマシだよ。うちはまだ保存が効く商品だからいいけど、生鮮食品の店は悲惨だよ。大赤字なんじゃないの?

立ち飲み屋もほとんどやってないけど、仕方ないとはいえ可哀想だよね。補償があるなら喜んで休むんだろうけど、従業員を食わせていかなきゃいけないし。これが1カ月も続くと、アメ横の中もバタバタ店が潰れるんじゃないの?

というわけで、今回は「上野」の様子をお届けした。少なくとも遊びに来ているような人たちはほとんど見当たらなかったので、外出の自粛は一定の効果を生んでいると感じる一方で、地元民の外出の自粛に限界も感じた次第だ。緊急事態宣言からまだ1週目。粘り強い対応が求められる。

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】閉店セール「今だけ1000円!」のお店で腕時計を買って、その販売価格をネットで調べてみた!

皆さんも一度は目にしたことがあるはずである。年中閉店セールをしているお店。“お店” と言うのがふさわしいのかわからないが、ダミ声の販売員が「今までの感謝を込めて、今だけ1000円~! 並んでいる商品、全部1000円で~す!!」と叫んでいるお店である。

「どうせ大したものは売ってないでしょ?」とは思うのだが、買ってみないとわからない。ということで、腕時計を1つ買ってみた!

・おそらくターゲットは観光客

閉店セールのお店は、たいてい人通りの多い観光名所にある。東京なら原宿とか上野とか。秋葉原で見かけたりしたこともある。

普段からその界隈を利用している人はよく分かってる。毎日閉店セールを行っているから「いつ閉店すんだよ」と思いながら、ショーケースの前を素通りしていくのだ。

閉店セールのお店のターゲットは、おそらく、そこに年1回も訪れることがない観光客だ。人によっては、もう2度とそこに来ないかもしれない。

私(佐藤)が最近、閉店セールの店に遭遇したのは、アメ横商店街。ここは年中お祭りのような賑わいで人通りも多く、国内外を問わず、多くの観光客が足を運ぶ買い物スポットだ。

・アメ横で今だけ1000円!

以前から閉店セールのお店があることは知っていた。常時2軒程度のお店が、「今日で最後!」とか「今だけ特別価格!」とか言って、観光客の関心をひいている。

ちょっと買い物してみようと思ったのは、そのうちの1店舗。ショーケースには腕時計やアクセサリーを陳列しており、アジア人と思われる若者2人組が、熱心に商品を眺めている。そんな彼らに向かって販売員は「ワンサウザント! ワンサウザント!」としきりに訴えているが、どうやら彼の真意は若者2人に伝わっていないようだ。

ところで、1000円と言うが、いくらのものを割引と称して売っているのか? 腕時計のところにある貼り紙を見ると、『7800円~12800円の品』とある。

そんな訳がない! いくら閉店でも、最後の売り時なら、そんな値引くはずがない!

…………とは思ったが……買ってみよう。何事も決めつけは良くないもの、うん。

ということで、私なりにカッコイイと思う腕時計を買ってみた。それがコレ!

フランス国旗の柄のドクロの時計! やべぇええええええええええ! めっちゃカッコいい!!

ええやん! イカついやん!! けっこう夏を感じるやん!

これをつけて街を歩いても、誰も1000円の時計とは気づくまい。どれだけ安く見積もられたとしても、さすがに「それ1000円でしょ!」とは言ってこないだろう。安く見られても5000円は下らないはずだ。

・ネットで価格を調べてみる

1000円にしては品がいい。かといって、これが1万2800円もするとはちょっと思えない。一体いくらで販売されている代物なんだ? 気になったのでネットで調べてみることにした。幸いなことに、時計の裏面には、メーカーの名前と型番が刻まれている。

「J-STAR」というメーカーのドクロデザインの腕時計を調べた結果、楽天とアマゾンでそれぞれ商品を発見することができた。まず楽天での販売価格は、税込1500円!

一方アマゾンでは、2980円で販売していた!

やったぜ、ネット通販よりも安い金額で購入することに成功した! ヒャッホー!!

……いや、ちょっと待てよ。冷静になって考えてみると、そもそもこの時計、そこまで欲しかった訳じゃない。さらによく考えると、1500~3000円くらいの価値の時計を、1000円で買っただけだ。それって……あんまり「得した!」とは言えないような気がしてきた……。

という訳で、私のように勢い任せに購入するのではなく、次回同じ場所を訪れて、冷静に「やっぱり欲しい!」となったものだけを買ったほうが良いかもしれない。大丈夫、閉店セールは、ずーっとやっているのだから。

参照元:楽天市場アマゾン
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24