【マジかよ】マスクの正しい着け方は? メーカーに聞いてみた結果 → ずっと “逆” に着けてた疑惑が浮上

まさにマスクで顔を覆いたくなるような事実だった。私はずっと間違った “マスク人生” を歩んでいたのか? このことをもっと早く知っていれば花粉症になることもハウスダストに悩まされることも、風邪やインフルエンザにかかる回数も格段に少ない人生だったかもしれない。

そう思うと悔やんでも悔やみきれないが、マスクが重宝される今こそぜひ正しい着用方法を周知徹底していただきたい。具体的に言うと「マスクのゴムひもは外側か内側か?」という話なのだが……

・ずっと、ゴムひもが「内側」の人生

私は今まで当たり前のように、ゴムひもが内側(肌側)にくるようにマスクを着けていた。理由はただ「内側にした方がゴムと耳が近い」から。正直、どちらでもあまり変わりはないだろうけど「私は内側派!」と思考停止していたのだ。

 

──ところが!

 

・正解は、ゴムひもが「外側」

感染予防や衛生用品アイテムを製造・販売するメディコムジャパンによると……

「ゴムひもを外側に」──というのだ……! ウ、ウソだろぉぉぉーーー!!??

なんてこった……私はずっとマスクを “逆” に着けていたということなのか……!?

 

・「正しい着用法」メーカーに聞いた

──が、逆に着けたとて、マスクの性能に影響はあるのだろうか? それに、メーカーによって着け方も異なるのでは……。ということで、同社に詳しく聞いてみた。

──マスクのゴムひもは「外側」にするのが正しいんですか?

「はい。主な理由は2つあります。まず1つは、内側にするとマスクとゴムひもの接着面が肌とこすれ、痛みや肌荒れを起こす原因となります。もう1つは、内側にすると『マスク』と『肌』の間に隙間ができてしまい、そこからウィルスや花粉が入りやすくなってしまいます」

──どのメーカーでも「外側」ですか?

「もちろんメーカーさんによって違いますが、先述の理由から外側にするのが主流です。商品に特に記載がなければ “ゴムひもは外側” と考えてもいいでしょう」

──仮にメーカーが指定する着用方法を守らなかった場合、マスクの性能は変わります?

「はい。ウィルスや花粉などの侵入率が4割ほど変わってくる場合もあります」

──4割は大きいですね! では、マスク着用時の注意点はありますか?

「鼻からアゴにかけてしっかり着用すること。あと、マスクを手で触らないこと。マスクを外す時に表面を “つまむ” 人が多いですが、表面部分は、ウィルス・菌・花粉を受け止めている “壁” なので、雑菌だらけです。そこを手で触るのは不衛生です」

──でも、せき・くしゃみをするときはマスクの上から手で抑えるのが良い……と聞きますが?

「いえ、その必要はありません。正しいサイズ、正しい着用方法であれば、せき・くしゃみによる飛沫(ひまつ)がマスクの外へ放出される心配は不要です」

──ちょっとマスクを外したいときは、どうすれば?

「マスクを外すときは、片耳のゴムひもを持って顔から外すようにしてください。医療現場でもそうしています。やむを得ず手でマスクを触った場合、手洗いをしていただければ」

──なるほど~。ちなみに、耳が痛くならないための工夫はないですか?

「平ゴムタイプのマスクを使うか、耳とマスクの間にガーゼなどをはさむ人は医療現場にもいますね。あとは、ゴムひもを伸ばすのも1つの方法ですね」

──え! ゴムひもを伸ばしてしまったら、マスクの “防御力” が損なわれてしまうのでは!?

「ダルダルになるまでゴムを伸ばしたら意味はないですが、多少なら性能に影響はないです。 “耳が痛くならない程度” にゴムを伸ばす分には問題ありません」

──大変参考になりました。メディコムジャパンさん、ありがとうございました。

 

・正しく着けて、エチケットも大事に

実際にメーカーに話を聞いてみると終始「へぇ~!」と驚きの連続だった。特に、ゴムひもを外側か内側にするかで性能に4割の違いが出てくるのは衝撃としか言いようがない。マスクを使う際はどちらが外側・内側か、きちんと確認されたし。

なお、なにかと過敏になっている昨今なので、満員電車や人混みの中でせき・くしゃみをする際は “ひじの内側” で抑えるなど、マスク着用時のエチケットも意識した方が良いだろう。

参照元:メディコムジャパン
Report:ショーン
Photo: A.R.メディコム・インク・アジア・リミテッド、RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【気を付けて】3歳の娘が「〇〇」を食べて緊急搬送された話

どうも、みなさんこんにちは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。いきなりではありますが、今回はややシリアスなお話をさせていただきます。つい先日のことなのですが、3歳になったばかり娘が緊急搬送されてしまいました。

原因は「イクラ」──。そう、鮭のタマゴのあのイクラのこと。どうやら娘はイクラにアレルギーがあったようで、アナフィラキシーショックを起こしてしまったのです。今回得た経験と今後の対策を、小さなお子さんを持つ全ての親御さんに捧げます。

・イクラ3粒で

その瞬間、私は娘と一緒ではありませんでした。娘は妻と妻のお母さんと買い物に出かけており、ランチタイムにお寿司屋さんに入ったそうです。そこでイクラを見た娘が「食べてみたい」と言い出し、イクラを与えてしまったんですね。

親御さんならみな経験があるかと思いますが、やはりうちも2歳くらいまではかなりアレルギーに気を使いました。ハチミツや鶏卵、甲殻類などは慎重に慎重を重ねて食べさせましたし、生ものを食べさせるようになったのもつい最近のことです。やっぱり、怖いですもんね。

ただ、娘は食への興味も食欲も旺盛で、今のところ好き嫌いはありません。初めて見る食べ物でも「食べてみたい」と興味を示すので、ここ1年ほどは娘が望めば、私も何となく与えるようになってしまっていました。

・慣れてきた頃に

とことがどっこい、イクラでアナフィラキシーショックです。妻の話によれば、娘が口に含んだイクラは3粒ほどだったそうですが「からい」と言った直後から滝のように嘔吐し、首を掻きむしり始めたとのことでした。声は一瞬でガラガラになり、焦った妻は救急車を手配、娘は緊急搬送されたのです。

幸いにも救急車で運ばれている最中から症状は回復し、入院もせずに済みました。私が病院に駆け付けた頃には本人も元気になっていたので、程度は軽かったのでしょう。そして後日アレルギー検査を受けたところ「イクラ」が原因だと判明したのです。

アレルギー検査に立ち会った際、先生に伺ったところによると「食物アレルギーの対象は無数にある」とのことでした。極端に言えば、全ての食べ物にアレルギーの可能性があるとのことです。そして私は知らなかったのですが、全ての食べ物のアレルギー検査は不可能だとご存知でしたか?

・アレルギー検査は万能じゃない

てっきり私は「娘さんのアレルギーは、イクラと〇〇と●●と△△です」と判明するものと思っていたのですが、検査で調べられるのは指定した13種類程度の食べ物だけで、他については別途検査の必要があるのです。ただ、先述のように食べ物の種類は無数にありますから、実際には現実的ではありません。

つまり「食べてみないとわからない」のが食物アレルギーの恐ろしさで、あれ以来私も妻も戦々恐々としています。ちなみに、イクラと同じ魚卵の「たらこ」は検査の結果、アレルギーはありませんでした。とはいえ、とびっこや数の子などはわかりません。まあ、魚卵を与える気にはなりせんが。

・気を付けて欲しいこと

今回の経験を踏まえて、私から小さなお子さんを持つ親御さんに伝えたいのは以下のことです。

・ その食べ物が初めてかどうかちゃんと覚えておく
・ 初めて食べさせるときは病院がやっている昼間にする
・ とにかく少量だけ与えて様子をみる

神経質になりすぎるのはよくありませんが、これくらいは守った方がいいと思います。例えば、土地勘のない旅先で初めての食べ物を与えるのはリスクが大きすぎます。また、イクラ3粒でアナフィラキシーショックを起こしたことを考えると、少量であるに越したことはありません。

病院の先生によると、成長するにつれアレルギーが治ることもあるそうです。また「イクラは食べなくても困りませんから。小麦なんかと比べるといいほうです」と励まして(?)くださいました。ただやっぱり……心配ですよね。

まとめると「食物アレルギーは食べてみるまでわからないから、初めての時は本当に慎重にね!」ということになります。「あの時、イクラを軍艦ごど食べていたら……」と考えると今でも震えが止まりません。小さなお子さんを持つ親御さんたちは本当にお気をつけください。

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【要注意】ファミマの「タピオカドリンク」で甲殻類アレルギーが発症すると話題 → 他のコンビニも調べてみた結果…

2019年6月現在、日本で最も流行しているのは「タピオカドリンク」であろう。専門店の前には長い行列が出来ており、コンビニも飲食店もこぞってタピオカドリンクを販売している。まさに、猫も杓子もタピオカドリンクといったところだ。

さて、そのタピオカを飲んで「甲殻類アレルギーが発症した」と話題になっていることをご存じだろうか? タピオカと海老・カニなどの甲殻類……。イメージ的にはかなり遠い存在かと思いきや、実は意外な食材が使用されていたのだ。

・イカスミ色素

「甲殻類アレルギーが発症した」と話題になっているのはファミリーマートで販売されている『ファミマコレクション タピオカミルクティー』である。ラベルに表示されている原材料の中に「イカスミ色素」があり、これが甲殻類アレルギーを発症させるというのだ。

イカスミと甲殻類……。一見あまり関係ないように思えるが、全国いか加工業協同組合によると、甲殻類アレルギーの原因物質「トロポミオシン」はイカやイカスミにも含まれているという。なお『ファミマコレクション タピオカミルクティー』のイカスミ色素は、タピオカの着色に使用されているらしい。

気になったのでファミマ以外で販売されているタピオカドリンクも調べてみると、イカスミが使用されているものもあれば、使用されていないものもあった。やはり甲殻類アレルギーをお持ちの方は、その都度ラベルを見て成分を確認した方がいいだろう。

・イカスミでも甲殻類アレルギー発症の可能性

ちなみに、あえて商品名を記載しないのは「イカスミが入っているから悪い」というワケではなし、現在はイカスミを使用していない商品でも、今後イカスミを使用する可能性も否定できないからだ。重ね重ねになるが、甲殻類アレルギーをお持ちの方は面倒でもラベルをチェックした方がいい。

なお、飲んだことがある人ならばおわかりだろうが、専門店で使用されているタピオカとコンビニドリンクで使用されているタピオカは、味もモチモチ感も明らかに別物だ。その専門店のタピオカは「カラメル」で色付けされているものが多いようだ。

とにかく、ネット上に「イカスミが含まれているタピオカドリンクを飲んでアレルギーを発症した」という声があるのは事実。意外な組み合わせではあるものの、甲殻類アレルギーの方は十分にご注意いただきたい。

参照元:全国いか加工業協同組合Twitter
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24