Amazonで買った水を使わない「無水アロマディフューザー」が最高すぎる! 唯一の欠点は…

実は今回紹介するアロマディフューザーを入手したのは人生で2回め。今から約3年前、とあるモノ系の雑誌にて、当商品の使用レビューを執筆していた。あらためて誌面を確認してみると、シンプルに「良い」と書いてある。しかし、やけにサッパリとしたレビュー内容になっていた……。

時を経て3年後。ふと、「そういえばあの商品は……」と思い出し、押し入れをガサゴソ探すも見当たらない。どうも処分してしまったようなので、あらためて購入することにした。結果、これが大正解。というのも、使えば使うほど「最高」と感じる、まるでスルメのような商品だったのである。

・ネブライザー式アロマディフューザー

私が激しくオススメしたいアロマディフューザーは、Amazonで「ENERG e’s Explorer」や「T11-ENS1」なる名前で出品されている商品だ。特徴はズバリ「無水アロマディフューザー」であるが、正式名称は「ネブライザー式アロマディフューザー」と言うらしい。価格は5000円チョイだった。

いずれにしても、もう、アロマディフューザーに「水」を使わなくても良いのである。たとえばこうだ。

構造的には、「アロマディフューザーの本体」と、「オイルセット用アダプタ」で1セット。

アロマの瓶の形状によってはそのままアダプタにセットもできるし……

仮に、たとえば無印良品のアロマとか、そのままアダプタにセットできない瓶の形状であったとしても、スポイト等を使って、付属の空アロマ瓶に移し替えれば使用可能。つまるところ、すべてのアロマで使うことができる。

ガチャッとアダプタを本体にセットしたら……

あとは電源ボタンをONするだけで……

プシュ〜……!

と、霧状になってアロマが出てくるって仕組みだ。

で、忘れないうちに書いておきたいのだが、アロマ好きな私の個人的感想としては、とにかく「香りの広がりがハンパない」と感じている。たった5秒のプシュ〜だけでも、水で薄めたアロマよりも格段に濃く(←当たり前だが)、そして空間に広がるスピードが極めて早い。香りが好きな人なら、もうこの時点で「買い」だと思う。

だが、さらにスゴイのは、ここからだ。

本体上部には、3種類のタイマーが付いている。「稼働時間」のほかに、「噴霧時間」と「待機時間」のタイマーまで付いている。たとえば私の場合だと……

「連続ON」の「噴霧5秒」の「待機60秒(1分)」といった感じ。これをほぼ一日中、付けている。よって、ふと目を閉じたらアコースティックなBGMが聞こえてきそうなくらいに、もう部屋の中が「無印良品のアロマコーナー状態」になっているのだが、そんなことはどうでもいい。

おそらく皆さんが気にしているのは……

水で薄めないアロマが、「どのくらい持つのか」という疑問であろう。

……ハイ。わたくし、こちら、調べました! 用意したのは、一般的な5mlのアロマオイル。もちろん新品。

そして、本体にセットして、先述の「連続ON・噴霧5秒・待機60秒」で、寝ている間もプシュ〜、プシュ〜……。

そして、まるまる24時間後……!

減ってはいるけど、思ったよりも減っていない。だいたい4分の1くらいの消費って感じだろうか。そして、そのまま、もうさらにまるまる24時間。つまり、新品状態から48時間ぶっ通しで噴霧し続けた結果……

やっと半分くらいになった!

ということは、おそらくあと2日くらいしたら5mlのアロマも空になる。つまり、「噴霧5秒・待機60秒」程度の噴霧量であれば、まるまる1日つけっぱなしでも、1mlチョイしか減らないのだ。なんとなく、ガソリンを食いまくるアメ車みたいに、もっとアロマをガンガン食っていくのかと思いきや、意外や意外、実に省エネなマシンなのである。

・不満点

使い始めてから約2週間。特にいまのところ不満はない。強いて言うなら「噴霧音(プシュ〜)がうるさい」ということであるが、寝る時くらい消しておけばOKであろう。

一体どうして3年前の私は、雑誌でシンプルに「良い」程度の評価をしたのだろう。こんなにも「最高オオオォォッ!」な商品なのに。おそらくだが、レビューの試用期間が圧倒的に足りていなかったのだと思われる。そのため、「熱」と「愛」が足りていなかったのだ。これは本当に良い商品だ。心からオススメしたい。3年越しに、愛を込めて。

参考リンク:Amazon「ENERG e’s Explorer アロマディフューザー ネブライザー式 ヨガ室 ホテル 店舗 人気 タイマー機能 ノズルアダプタ2個 空瓶3個・スポイト1個付き T11-ENS1」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

竹串と空き瓶、無印アロマで!リードディフューザーが2分でできた

訪問先でほのかに良い香りがすると癒され、招く側のおもてなしの心を感じるものです。
なかでもアロマボトルにスティックが挿してあるディフューザー(リードディフューザー)は見た目もお洒落。場所を取らず、熱源も不要なので気軽に楽しめます。

プチDIYが好きなライターのKumikoさんは「これは家にあるもので簡単に作れそう」とひらめいたとか。人気の無印良品のオイルを使った、リードディフューザーの作り方を紹介してもらいましょう。

空き瓶、竹串、材料は家にあるものばかり

竹串

小さな瓶の場合は爪楊枝でも代用できます

市販のリードディフューザーのスティックを眺めていて、料理に使う竹串で作れる!と思った筆者。中途半端に残ってしまった竹串をここで大量消費できます。

用意するもの

・無印良品のインテリアフレグランスオイル60ml(ハーバル)
・薬瓶や精油の空き瓶(洗って乾かしておく)
・竹串
・好みのマスキングテープまたはラベルシール
・ハサミ
・古布
・ティッシュペーパーまたはウエットティッシュ
・その他、小さい漏斗(ろうと)があると便利です

空き瓶

材料選びのポイント

薬瓶や精油の空き瓶がおすすめなのは、口が小さいため竹串(スティック)のまとまりが良く、香りが強くなり過ぎないためです。

無印良品は4種のアロマブレンドオイルを展開しているので、心地良いと感じる香りをお選びください。

アロマオイル

作業時間2分であっという間に完成!

材料が揃ったら半分完成したようなもの。切る、注ぐ、貼るだけの簡単な工程です。

ステップ1 空き瓶に竹串を入れ、竹串の長さを確認

竹串は1瓶に対して5本程度にすると、まとまりが良く収まります。

ステップ2 竹串の先端をカット

先端をカットすることで表面積を増やし、オイルを吸収させやすくします。
この時、ハサミで一気に竹串を切ると先端が飛び散る可能性が高いため、下の画像のように、ハサミで竹串に印が付く程度に傷を付けてから手で折ります。

竹串に傷を付ける

手で折る

ステップ3 瓶にフレグランスオイルを注ぐ

古布を瓶の下に敷き、オイルがこぼれた場合の対策をしておきます。
筆者はオイルの瓶の口にウエットティッシュを巻いて注ぎましたが、小さな漏斗をお持ちの方は使うとキレイに注ぐことができます。

オイルを注ぐ

オイルの量は多いと香りが強すぎると感じる場合があり、万が一の転倒も考えて瓶底から1センチ程度にとどめておきます。オイルが減ったら都度補充するようにしてください。

ステップ4 カットした竹串を瓶に入れる

竹串は放射状に入れたほうが見映えが良いです。これでほぼ完成!

ほぼ完成

茶色の瓶はこれで完成としましたが、透明な瓶はココで手を止めずにもう一工夫したいと思いました。いよいよ最終工程です。

ステップ5 シールやマステでデコる

瓶に置きたい場所のインテリアに馴染むデザインを施したり、好みのマスキングテープ(マステ)やラベルシールを貼ります。

マステの準備

筆者は大好きなミナペルホネンの花柄マステを使いました。

マステで装飾

5つの工程を紹介しましたが、作業時間は瓶1つにつきわずか2分でした。3つまとめて作っても5分程度で作れます。

リビング、玄関、トイレ 部屋の香りを統一し癒しのおうち時間を

玄関にディフューザーを置いたところ

小瓶で作ったリードディフューザーは、部屋の小さなスペースに気軽に飾ることができます。
オイルが少量でも初日はかなり香りますが、2日目以降は香りが落ち着いてきます。季節ごとに香りを変えるのもおすすめです。

「香りでおもてなし」はゲストだけでなく、何よりも自分自身が癒されます。身近な材料ですぐに作れますので、試してみませんか。

※フレグランスオイルの取扱説明書を良く読み、特に小さなお子様、ペットがいるご家庭は使用方法や設置場所にお気をつけください

Source: 日刊住まい

【100均検証】5980円で買ったばかりの加湿器に、ダイソーの「加湿器用アロマウォーター」を入れてみた

つい最近、加湿器を買った。Amazonで5980円。アイリスオーヤマの加湿器で、木目デザインがゲキシブなうえ、なんとアロマオイル対応ときた。加湿しながらアロマの香りも楽しめるなんて欲張りすぎる加湿器だなァ〜なんてニヤニヤしていたのだが、

アロマの香りがほのかすぎる……

……のである。本体内のアロマオイルを垂らす部分にピュッピュと垂らしても漂う香りはごくわずか。ならばとばかりにフルスイングでドピュドピュやっても、なんだか物足りない感じなのだ。

まあ仕方ない。だってこれ、加湿器だし。アロマディフューザーじゃないし……なんてスネ夫ばりに口をとんがらせていた時、衝撃的な商品をダイソーにて発見した!

か、加湿器用アロマウォーターだとぉ……!

加熱式、沸騰式の加湿器には使用できないだとぉ……?

てことは、それ以外の加湿器といえば「超音波式」となるわけで、なんと偶然、ちょうどよく、タイミングよく……

ダイソーのミニ加湿器(スクエア型)があるではないか! 500円で買ったやつ。しかもこれ……

ちょうどよく超音波式!

これで加湿器用アロマウォーターを試してみよう……

──なんて最初は思っていたのだが、

そんなことでいいのかGO羽鳥。

そもそもの悩みは、超大容量4.5リットルの加湿器のアロマ機能がイマイチってことだったんじゃないのか羽鳥GO。

なに100均の加湿器でごまかそうとしてるんだ羽鳥豪。

豪、逃げてんじゃねえ!

……そんな幻聴が聞こえてきたので、ここはイッパツ覚悟を決めて、買ったばかりのアイリスオーヤマ加湿器で試すことにしたのであった。

とはいえ買ったばかりである。絶対に壊したくはないのである。そんなこんなで血眼で説明書を確認しまくったところ……

超音波式 / ハイブリッド式の切り替えOK!

ヒーターをOFFにすれば超音波式の加湿器になるんだってコレ! となるとダイソーのアロマウォーターも使用可能!! なんて便利な加湿器を作ってくれたんだアイリスオーヤマ! 最高じゃぁ〜〜〜〜っ!!!!

つーことで規定の量、具体的には……

水1リットルあたりキャップ1杯(5ml)を入れてから……

超音波式モードでONにしてみたところ……

キタッ!

どれ……

おお……!

するする! ラベンダーのニオイする!! アロマオイルをアロマディフューザーで出した香りには負けるけど、たしかに加湿器からラベンダーの香りがする!! ちょいと弱めの超巨大アロマディフューザーになった……くらいの感覚だ!

よき。

\(^o^)/ よき〜! \(^o^)/

参考リンク:アイリスオーヤマ「ハイブリッド加湿器 PH-UH35
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーのUSB電源タイプ「アロマディフューザー(700円)」が最高すぎ! もちろん光るし、なんと連続使用時間は6時間!!

ついに手に入れたのだ! 噂には聞いていたダイソーのアロマディフューザーを……!! いろいろ回った。都内最大級のダイソーこと、アルカキット錦糸町店もパトロールした。だが結局は……中野のダイソーで捕獲に成功\(^O^)/

まず先に結論から述べてしまいたい。ひととおり使ってみたが、はっきり言って最高である! これで700円だったら全然安い。実は無印良品のを買おうかな〜とか、ニトリのを買っちゃおうかな〜とか思っていたのだが、しばらくこれでイイヤ的な心境になっている。要するに大満足だ!

ついつい興奮しすぎて、先に言いたいことを全て書いてしまった気もするのだが、ここからは落ちついて商品のレビューをしていこう。

箱の中身は、本体とUSBケーブルと説明書のみ。

本体ボタンは電源とライトだけのシンプル設計。

しずく型のガワを外すと、内ブタが出てきて……

内ブタを外すと、水を入れるところが出てくるのだが、このように2つに分離する構造、私はとても良いと思う。なにより掃除がしやすいからだ。

1つにまとまっているアロマディフューザーを過去に何個か使ったこともあるのだが、どうしてもブラシが届かないところがカビたりして、結局は不衛生なことになったりもした。ゆえに、2つに分離するタイプ、私は大歓迎である。

んで、水を入れてアロマ入れて……

内ブタをかぶせて……

ガワをかぶせてスイッチONしたら……

イイ!

実にイイ!

ばっちりアロマディフューザーしてる!

ちなみに加湿方式は「超音波」で……

ライトの色は、徐々に変化していくタイプ……

そして連続使用時間は、なんとオドロキの……

6時間!!!!!!

この「6時間」で驚いた人は、けっこうなアロマディフューザー愛好家であると見た。なぜならば、「連続使用時間6時間」のアロマディフューザーなんて、そうそうお目にかかれないからである。

比べちゃって申し訳ないが、たとえば無印良品のアロマディフューザー(5000円くらいのやつ)だったら連続使用時間は3時間。ニトリのアロマディフューザー(2〜3000円のやつ)でも2〜3時間と、この価格帯で「連続6時間」は実にレア。つけっぱでOK、実にラクチンなのだ。

なお、「6時間も噴霧する前に、中の水が無くなるのでは?」と勘ぐる人のために調べてみたのだが、満タンからちょうど6時間で水が無くなる的な使用感だ。たとえば、満タンからフル稼働4時間後に開けてみると……

残り量は、だいたい3分の1といった感じ。あと2時間で終わるかな〜的な塩梅だ。連続6時間、こりゃガチでイケるぞ! デザインも無難、掃除もしやすい。言うことなし!! 探し回った甲斐があった〜\(^O^)/

参考リンク:無印良品「アロマディフューザー」ニトリ「アロマオイル・ディフューザー」
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

アロマで梅雨どきを快適に!水や熱を使わないディフューザーが優秀

先日、ラジオで「梅雨はアロマを楽しめる季節」という趣旨の話題を取り上げていました。
ここでは、生活の木の「aromore (アロモア) 」のディフューザーを使用したレビューをご紹介。

梅雨どきは、湿度が高いとアロマの香りが強く感じられ、香りの持続時間も長くなるようです。いい匂いがするお家って憧れますよね。

我が家はリビングダイニングキッチンが30畳ほどのワンルームになっているので、部屋の匂いは地味な悩みでした。
ディフューザーを使いはじめてから、その悩みが解消され「梅雨はアロマを楽しめる季節」というのを実感しています。

30畳の広さでも、きちんと香る生活の木「aromore (アロモア) 」ディフューザー

リビング

時々行くあるアパレルショップは、いつもとても良い香りがするんです

店内は、結構な広さにも関わらず、いつも変わらないコンスタントな爽やかな香り。
店員さんにアロマディフューザーは何を使っているか聞いてみると、業務用を使っているとのこと。

「ああ、業務用だからこれだけ香りがしっかりしているのか」と感心していたら、同じような商品で家庭用もあると教えて頂きました。

私は勝手に、家庭用のアロマディフューザーには、部屋の中で香る範囲に限界があると思っていました。

リビング

玄関とかサニタリー、まあリビングくらいの広さだったらカバーできるのかもしれないけれど、LDKがワンルーム仕様になっている30畳の空間では、部屋中を香りで包むなんてことは不可能じゃないか、と。

でも、そのお店で使っているディフューザーは、精油の原液をそのまま微粒子化して噴射するため、アロマオイル本来の香りが強く広範囲に広がるとのこと。
これは我が家にぴったり!だと思いました。

生活の木のディフューザー「aromore (アロモア)」を試してみた

aromore (アロモア)

さっそく、先ほどのお店で教えてもらった「aromore (アロモア) 」の家庭用を購入してみました。そして、6畳から40畳まで対応可とのこと。

アロマオイルを水に垂らしてミスト状に噴射にするタイプは雑菌が繁殖しやすく、お手入れも適宜必要な場合が多いと聞きます。

ですが、「aromore (アロモア) 」はお手入れも簡単。
無水エタノールを付属の空ビンに入れて、2時間稼働させるだけ。

オレンジスイー

オイルはオレンジスイートを選択。
オレンジスイートは「ハッピーな香り」と呼ばれているんですって。

娘が学校に行っている間が、私の限られた仕事時間になります。

体や心が疲れているとネガティブな感情に流されてだらだらと仕事が滞ったり、ぼーっと無駄に過ごすことも多かったので、それをどうにかしたい、なるべく効率よく時間を使いたい、と考えていました。

柑橘系のオイルに多く含まれるリモネンにはリラックス効果もあるというではありませんか。
オレンジは胃腸にも良いらしく、胃腸の調子が悪いと心も塞ぎ込みやすくなる私にはぴったりです。

aromore (アロモア) 

デメリットは、オイルの消費が早いことでしょうか…。

我が家の場合は毎日使うわけではないのですが、30mlのオイルで約1か月以上使用できています。

ジメジメした梅雨は、アロマを楽しめる絶好の季節

aromore (アロモア) 

ジメジメした梅雨の季節は何かと憂鬱になりがちですが、アロマを楽しむにはとても良い季節だということを実感しています。

aromore (アロモア) 

拡散する量や、タイマーもついています。水や火を使わないから子どもがいても安心。

気分が落ち込んだ時、リラックスして仕事をこなしたい時、集中したい時、それからお客様がいらっしゃる時など、必要なシーンで必要な分だけ賢く活用しようと思います。
朝食のパンの香りや、ひとりおやつ時に飲む淹れたてのコーヒーの香りなど、日常生活で楽しみたい香りもたくさんありますからね。

リノベーション直後からの部屋のニオイにまつわる悩みは、とりあえず解消できました。
みなさんもジメジメしたこの季節こそ、香りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい