Amazonで買った水を使わない「無水アロマディフューザー」が最高すぎる! 唯一の欠点は…

実は今回紹介するアロマディフューザーを入手したのは人生で2回め。今から約3年前、とあるモノ系の雑誌にて、当商品の使用レビューを執筆していた。あらためて誌面を確認してみると、シンプルに「良い」と書いてある。しかし、やけにサッパリとしたレビュー内容になっていた……。

時を経て3年後。ふと、「そういえばあの商品は……」と思い出し、押し入れをガサゴソ探すも見当たらない。どうも処分してしまったようなので、あらためて購入することにした。結果、これが大正解。というのも、使えば使うほど「最高」と感じる、まるでスルメのような商品だったのである。

・ネブライザー式アロマディフューザー

私が激しくオススメしたいアロマディフューザーは、Amazonで「ENERG e’s Explorer」や「T11-ENS1」なる名前で出品されている商品だ。特徴はズバリ「無水アロマディフューザー」であるが、正式名称は「ネブライザー式アロマディフューザー」と言うらしい。価格は5000円チョイだった。

いずれにしても、もう、アロマディフューザーに「水」を使わなくても良いのである。たとえばこうだ。

構造的には、「アロマディフューザーの本体」と、「オイルセット用アダプタ」で1セット。

アロマの瓶の形状によってはそのままアダプタにセットもできるし……

仮に、たとえば無印良品のアロマとか、そのままアダプタにセットできない瓶の形状であったとしても、スポイト等を使って、付属の空アロマ瓶に移し替えれば使用可能。つまるところ、すべてのアロマで使うことができる。

ガチャッとアダプタを本体にセットしたら……

あとは電源ボタンをONするだけで……

プシュ〜……!

と、霧状になってアロマが出てくるって仕組みだ。

で、忘れないうちに書いておきたいのだが、アロマ好きな私の個人的感想としては、とにかく「香りの広がりがハンパない」と感じている。たった5秒のプシュ〜だけでも、水で薄めたアロマよりも格段に濃く(←当たり前だが)、そして空間に広がるスピードが極めて早い。香りが好きな人なら、もうこの時点で「買い」だと思う。

だが、さらにスゴイのは、ここからだ。

本体上部には、3種類のタイマーが付いている。「稼働時間」のほかに、「噴霧時間」と「待機時間」のタイマーまで付いている。たとえば私の場合だと……

「連続ON」の「噴霧5秒」の「待機60秒(1分)」といった感じ。これをほぼ一日中、付けている。よって、ふと目を閉じたらアコースティックなBGMが聞こえてきそうなくらいに、もう部屋の中が「無印良品のアロマコーナー状態」になっているのだが、そんなことはどうでもいい。

おそらく皆さんが気にしているのは……

水で薄めないアロマが、「どのくらい持つのか」という疑問であろう。

……ハイ。わたくし、こちら、調べました! 用意したのは、一般的な5mlのアロマオイル。もちろん新品。

そして、本体にセットして、先述の「連続ON・噴霧5秒・待機60秒」で、寝ている間もプシュ〜、プシュ〜……。

そして、まるまる24時間後……!

減ってはいるけど、思ったよりも減っていない。だいたい4分の1くらいの消費って感じだろうか。そして、そのまま、もうさらにまるまる24時間。つまり、新品状態から48時間ぶっ通しで噴霧し続けた結果……

やっと半分くらいになった!

ということは、おそらくあと2日くらいしたら5mlのアロマも空になる。つまり、「噴霧5秒・待機60秒」程度の噴霧量であれば、まるまる1日つけっぱなしでも、1mlチョイしか減らないのだ。なんとなく、ガソリンを食いまくるアメ車みたいに、もっとアロマをガンガン食っていくのかと思いきや、意外や意外、実に省エネなマシンなのである。

・不満点

使い始めてから約2週間。特にいまのところ不満はない。強いて言うなら「噴霧音(プシュ〜)がうるさい」ということであるが、寝る時くらい消しておけばOKであろう。

一体どうして3年前の私は、雑誌でシンプルに「良い」程度の評価をしたのだろう。こんなにも「最高オオオォォッ!」な商品なのに。おそらくだが、レビューの試用期間が圧倒的に足りていなかったのだと思われる。そのため、「熱」と「愛」が足りていなかったのだ。これは本当に良い商品だ。心からオススメしたい。3年越しに、愛を込めて。

参考リンク:Amazon「ENERG e’s Explorer アロマディフューザー ネブライザー式 ヨガ室 ホテル 店舗 人気 タイマー機能 ノズルアダプタ2個 空瓶3個・スポイト1個付き T11-ENS1」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

【100均検証】ダイソーのUSB電源タイプ「アロマディフューザー(700円)」が最高すぎ! もちろん光るし、なんと連続使用時間は6時間!!

ついに手に入れたのだ! 噂には聞いていたダイソーのアロマディフューザーを……!! いろいろ回った。都内最大級のダイソーこと、アルカキット錦糸町店もパトロールした。だが結局は……中野のダイソーで捕獲に成功\(^O^)/

まず先に結論から述べてしまいたい。ひととおり使ってみたが、はっきり言って最高である! これで700円だったら全然安い。実は無印良品のを買おうかな〜とか、ニトリのを買っちゃおうかな〜とか思っていたのだが、しばらくこれでイイヤ的な心境になっている。要するに大満足だ!

ついつい興奮しすぎて、先に言いたいことを全て書いてしまった気もするのだが、ここからは落ちついて商品のレビューをしていこう。

箱の中身は、本体とUSBケーブルと説明書のみ。

本体ボタンは電源とライトだけのシンプル設計。

しずく型のガワを外すと、内ブタが出てきて……

内ブタを外すと、水を入れるところが出てくるのだが、このように2つに分離する構造、私はとても良いと思う。なにより掃除がしやすいからだ。

1つにまとまっているアロマディフューザーを過去に何個か使ったこともあるのだが、どうしてもブラシが届かないところがカビたりして、結局は不衛生なことになったりもした。ゆえに、2つに分離するタイプ、私は大歓迎である。

んで、水を入れてアロマ入れて……

内ブタをかぶせて……

ガワをかぶせてスイッチONしたら……

イイ!

実にイイ!

ばっちりアロマディフューザーしてる!

ちなみに加湿方式は「超音波」で……

ライトの色は、徐々に変化していくタイプ……

そして連続使用時間は、なんとオドロキの……

6時間!!!!!!

この「6時間」で驚いた人は、けっこうなアロマディフューザー愛好家であると見た。なぜならば、「連続使用時間6時間」のアロマディフューザーなんて、そうそうお目にかかれないからである。

比べちゃって申し訳ないが、たとえば無印良品のアロマディフューザー(5000円くらいのやつ)だったら連続使用時間は3時間。ニトリのアロマディフューザー(2〜3000円のやつ)でも2〜3時間と、この価格帯で「連続6時間」は実にレア。つけっぱでOK、実にラクチンなのだ。

なお、「6時間も噴霧する前に、中の水が無くなるのでは?」と勘ぐる人のために調べてみたのだが、満タンからちょうど6時間で水が無くなる的な使用感だ。たとえば、満タンからフル稼働4時間後に開けてみると……

残り量は、だいたい3分の1といった感じ。あと2時間で終わるかな〜的な塩梅だ。連続6時間、こりゃガチでイケるぞ! デザインも無難、掃除もしやすい。言うことなし!! 探し回った甲斐があった〜\(^O^)/

参考リンク:無印良品「アロマディフューザー」ニトリ「アロマオイル・ディフューザー」
Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

火を使わない手軽なアロマの楽しみ方、日常使いのおしゃれアイテム

毎日暑い日が続きますね。休日はお出かけも良いですが、涼しい部屋でまったり過ごし体を休めるのも大切です。

リラックスしたい時、気持ちを切り替えたい時に一役かってくれるのが「香り」。
小さなお子様がいるご家庭では、火を使うのはちょっと心配。

ここではインテリアにもなるおしゃれな香りのアイテムを4つご紹介したいと思います。
家時間が楽しくなるおすすめアイテムばかりです。

1.アロマキャンドルにガラスドームがおすすめ!

アロマキャンドルにガラスドーム

通常は火を灯して香りを楽しむアロマキャンドル。
火を灯してしまうと長い期間楽しめないこと、消し忘れなどの心配もありますよね。

そこで、ガラスドームを使って必要に応じてほんのり香りを楽しむのはいかがですか?

ホコリよけにもなるし、ドームをかぶせておくだけで、香りが持続します。
またキッチンやリビングなど、食事をする際には香りが邪魔してしまうこともありますが、ドームがあるだけで香りの調節ができます。

可愛いキャンドルをインテリアとして長く楽しめるのも嬉しいポイントです!

我が家で愛用しているのは、ボタニカルソイキャンドル「sheep」のもの。
ソイワックス100%で作られたキャンドルに、本来捨てられてしまう生花を1つ1つ丁寧にドライにしてキャンドルに飾られた、見た目も可愛く安心して使えるものです。
価格は4,536円と少しお高めですが、火を灯さず香りを楽しむインテリア雑貨として長く楽しむことができます。

2.ストーン+オイルで見た目も可愛く

ストーン+オイルで見た目にも可愛い

こちらはストーンにオイルを染み込ませて楽しむアイテムです。
ストーンに染み込んだアロマがほんのり香り、長く楽しめます。

風が入る玄関などに置くと、来客時ドアの開閉で香りが広がるのでおすすめ。

わが家の玄関で愛用しているのが「マドエレンのストーンポプリ」。ポプリというと、ドライフラワーに香りを染み込ませたものを想像しますが、こちらは天然樹脂の琥珀に香りをつけた珍しいタイプ。

香りが薄くなってきたら、付属のオイルを数滴垂らせば香りが復活!アイアンの容器がインテリアの引き締めカラーとしても一役買ってくれます。

3.スティックタイプのディフューザーは洗面室に

スティックタイプのディフューザー

ニオイがこもりやすい洗面室は、ボトルにスティックを挿して香りを広げるディフューザーがおすすめです。

定期的にスティックを上下逆にしてあげることで、火を使うことなく香りを長く楽しめます。

また、ガラス製のボトルが見た目にも涼しげ!水まわりを爽やかに演出してくれるインテリアアイテムにも。

オススメはプエブコのフレングランスディフューザー。

爽やかなボトルに、ナチュラルな木製のスティックはどんなインテリアにもマッチします。

香りは「Herb」を愛用。HPに「比較的クセのない香り」と書かれていたのが決め手になりました。

4.シンプルなアロマスプレー

モノトーンボトルのシンプルなアロマスプレー。

ゆったりとした時間を過ごしたいなと思った時にシュシュッとするだけで、お部屋が良い香りに包まれます。
いちばん手軽に香りを楽しめるアイテムかもしれませんね!

子どもがお昼寝している時や、就寝前のくつろぎ時間にもおすすめ。

最近ハマっているのが先ほどもご紹介したプエブコのもの。香りは、少し甘めなWhite Fabricを選びました。

アロマグッズをネットストアを利用して購入しようとすると香りが試せないのが難点。
個人的には甘めの香りや、お花の香りをチョイスすることが多いです。
今回は、火を使わず安全に楽しめるおしゃれな香りアイテムをご紹介しました。

家の第一印象を決めるといっても過言ではない「香り」。
来客時はもちろんですが、快適にリラックスできる部屋作りに欠かせないアイテムだと思います。
素敵な空間作りのヒントにしてみてくださいね。

*記事に掲載している商品は2019年8月時点のものです。

Source: 日刊住まい