イオンモールに「ウォーキングコース」があるって知ってた? 実際に歩いてみたら歩数がこれだけ伸びたッ!!

人間にとって最も手軽にできる運動のひとつが「歩くこと」である。しかし歩くことが健康に良いと分かっていても、日常生活の中で運動といえるレベルの距離を歩くことは意外に難しかったりもする。

意識してウォーキングの時間を設けようにも、住んでいる地域によっては「どこを歩けば?」という人もいるだろうし、女性であれば夜に一人でウォーキングすることに不安を覚える人も多いだろう。

今回は身近なところに楽しみながらウォーキングできる場所を発見したので、紹介したいと思う。その場所は公園でも河川敷でもなく……なんとイオンモール!

・ショッピングモールをウロウロ!?

厚生労働省が主導する「スマート・ライフ・プロジェクト」を参照すると、生活習慣病を予防するために必要な一日の歩数は男性で9000歩、女性で8000歩が目安とされている。そして平均的な歩数は、この目標値に1000歩ほど足りていないのだとか。

つまり運動不足の人は少なからずいるということである。では「プラス1000歩」を、どう補うか。最近ではポケモンGOなんかも外を歩く動機付けとして良いものだと思うが、今回紹介するのは……

ずばりイオンモールウォーキング。その名の通り、イオンモールの広大な館内を歩き回るという健康法である。これはイオンの広さに目を付けた一部の人が勝手にやっているわけではなく、イオンモールとしても館内ウォーキングを歓迎している。

店舗によってはモデルコースが設定されていたり、ウォーキングに関するリーフレットが置かれているところも存在する。確かにイオンモールは広いが、その発想は無かった。どれくらい歩数を稼げるのか実際に試してみようではないか?

・驚きの歩数を達成!

ということで、最寄のイオンモールへとやってきた。まずはモデルコースが記載されたリーフレットをゲットしよう。

スタート地点に到着したら、あとはゴールを目指してマップを見ながら進んでいくだけだ。

屋外でのウォーキングと違い、右に左に専門店があるので、ブラブラ歩いているだけでも割と飽きない。コースに従うことで普段は立ち寄らないエリアに足が向くのも新鮮だ。筆者の場合、普段こちらのイオンモールで利用するのはフードコートと映画館くらい?

またウォーキングをサポートする工夫も凝らされている。コース内に数カ所あるチェックポイントでは、その時点での消費カロリーや歩いた距離を確認することが可能。そして心憎いことに、コースは階段を使って各階を上り下りするように設定されている。

そんなこんなでウォーキングコースを攻略していき……

ゴールに到着! さっそくどれだけ歩いたかスマホの歩数計で確認してみよう。

まずウォーキングを開始する前の歩数は、9219歩。この日は別の取材を1本こなした後だったので、実はイオンに来るまでに結構な距離を歩いていた。

それはさておき、ウォーキング終了後の歩数はというと……

1万2490歩。開始前の歩数から差し引きすると……ウォーキングコースを1周して稼いだ歩数は、3271歩!

もちろん店舗によって館内の広さは異なるだろうから、これは参考値として捉えてほしい。でも「プラス1000歩」という最初に述べた仮定に基づけば、かなり優秀な数値といえるのではないだろうか?

重要なのは、あまり運動をしたという意識がないこと。「かっこいいスニーカーが出ているな」「面白そうな雑貨屋があるな」なんて考えているうちに、勝手に歩数が溜まっていく。そして気がつけば3000歩をゲットというわけだ!

・「欲しいけど要らないもの」を買うべし

最後に、筆者なりに考えたイオンモールウォーキングを楽しむ方法を伝授しよう。

それはウォーキングの後に1つだけ買い物をすること。この1つだけというのがポイント。

ただ歩くのではなく、欲しい商品がないか物色しながらウォーキングする。1つしか買えないというルールで自分を縛っているので、あれこれ迷って楽しめるはずだ。金額も1000円までの商品にするとか決めておくと良いだろう。

また日用品よりも、ちょっとした雑貨とか小物を探すほうが楽しいと思うぞ。しいて言うなら「欲しいけど要らないもの」を買うイメージ。

筆者は迷った末にスヌーピーの置物を購入した。キャラクターの置物とか、普段そんなに買わないでしょ?

これは筆者が思いついた楽しみ方なので、各々好きな方法でウォーキングを楽しんでもらえればいいと思う。いずれにせよ、イオンモールを歩いてみるというのはストイックに運動するのが苦手な人にはアリかも。コロナの騒動が落ち着いたらトライしてみてね!

参照元:スマート・ライフ・プロジェクト
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

ベトナムのイオンモールの1ミリも揺らがぬ「イオン感」

ベトナムへ旅行に行ってみたら、街にスーパーがほとんどなくて驚いた。肉は肉屋、野菜は八百屋で買う暮らしは人間らしくて良いものだ。しかし、おみやげの雑貨やお菓子を購入するには少し不便だなァ。

そこで「スーパーマーケット」とスマホで検索してみれば、なんと『イオンモール』がヒットするではないか。地方都市のみに飽き足らず、イオンは海外まで進出していたもよう。なんというアグレッシブさだ。果たしてベトナム風イオンとは……?

・モロにイオン

地方民の強い味方であるイオンモール。私の田舎(鳥取)からは車で片道1時間かかるが、実家にいた頃は週イチでイオンへ出かけていた。なぜならそこ以外に行くところがないからだ。

ベトナムのイオンも中心地から離れた郊外にあるもよう。タクシーを走らせること30分。ようやく出現したイオンモールの姿は……

ほぼ日本と同じ!

「○○県の店舗です」と言われても、疑う日本人はほとんどいないのではないだろうか。ベトナムイオンはそれほど絶妙な “イオンっぽいたたずまい” を形成していたのである。

1階の入り口ぞいにカフェがあるところや……

建物を覆う植物の感じもモロにイオンだ。

駐輪場に停められたおびただしい数のバイクが辛うじて “ベトナムらしさ” を伝えている。

・内部もイオン

建物内に入れば、まず日本でおなじみの『ダイソー』が目に入るところもイオンっぽい。

100円ではなく「40000VND(約189円)均一」なところがベトナムらしさではあるものの……

商品のラインナップは完全に日本と一致。

吹き抜けフロアの1階にアパレルショップが軒を連ねる様子や……

しばらく進めば中央がイベントスペースっぽくなっているところも絶妙にイオンだ。

・スーパーもイオン

「1階フロアを進んでいけばスーパーが出現」という、イオンモールのお家芸ともいうべき配置はベトナムでもモチロン健在。

ズラッと並ぶレジの稼働率は日本より高いかもしれないほどだ。

レジの手前にお酒や贈答品っぽいものが山積みされているあたりが強烈にイオンしている。

ド派手に出店している築地の魚屋さんには行列ができていた。

売られている寿司も刺身も、食べてみる必要がないことはそのツラ構えを見れば分かるというものだ。こんなものウマいに決まっているだろう。

生鮮コーナーはスーパーをグルリと囲むように野菜売り場からスタートだ。

そして乳製品……

お肉と続き……

鮮魚コーナーに古代魚っぽい魚が売られていた点はベトナムらしさともいえるが……

中央の通路を境に “碁盤の目” のようにキッチリと配置された売り場や……

レジ前でうっかり余計なお菓子をカゴに入れちゃうトラップまで、完膚なきまでにイオンである。

「お客様の声」とおぼしき掲示板も完全再現だっ!

・とことんイオン

上フロアを歩いてみても配色からBGMに至るまで、これでもか! とイオン要素が次々に襲ってくる

吹き抜けをはさんで連なるテナントを抜けると……

出現するフードコート……

さらに進むと急に雰囲気の異なるゾーンに突入……

子供服や下着を並べたラックが延々と続き……

壁際にはベビー用品と寝具コーナー……

キッズ向けのゲームセンターがあったかと思えば……

公文式の教室がひっそりとたたずんでいたり……

通路の先にはトイレと喫煙所。ソファと自販機が置かれているこの光景を見ただけで、日本人なら「イオンだ」と瞬時に確信するはずだ。

・イオンらしさとは

チェーン展開するスーパーは全国に数多ある。しかし店舗によって構造が違う場合も多く、ひと目見て店名を当てるのはなかなか難しい。そこへいくとイオンは値札に書かれた文字ひとつとっても「これはイオンの字体だな」と分かるほど。店舗間で特徴に差がないのが特徴ともいえる。

先に述べたようにイオンモールは特に地方民にとって思い入れの深い場所である。「またイオンか……」とため息をつきながらも他に行くあてはなく、週末になると車を走らせた日々。

その過程で知らず知らずのうちに我々は「イオンの立ち回り方」をマスターし、さらに「イオン」と聞けば安らぎを感じるよう訓練されていたのかもしれない……?

このことはつまり、日本全国どこのイオンへ行っても即座に買い物ができるということだ。いや、日本どころかここはベトナムのイオンであるが、私は「どの方向に何があるか」が手に取るように分かってしまった。

「すごく意表を突くわけではないけど期待を裏切ることもない」そんなイオンの持つ絶対的な安定感から、我々は抜け出せなくなっているのではないか? ベトナムの地でも決してブレることはない “強烈なイオン感” に触れ、この旅一番の心地よさを感じた私。それと同時に、自分が「イオンなしで生きられない体」になっているかもしれないことが少しだけ怖くなったのだった……。

・今回ご紹介した施設の詳細データ

施設名 AEON Mall Long Biên
住所 Aeon Mall, số, 27 Đường Cổ Linh, Long Biên, Hà Nội 100000 ベトナム

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24