声優・小岩井ことりさんが推す「VRイヤホン」ことfinal『E500』、ガチでヤバかった → 頭の中がホームシアター化

「VR」、すなわち「バーチャル・リアリティ」はここ数年でずいぶんと身近なものになった。最近では安価なVRゴーグルやVRヘッドセットなども販売されており、気軽にバーチャルな世界への没入感が得られるようになっている。そんな中、「VRイヤホン」との呼び声が高いイヤホン・finalの「E500」が2019年8月末に発売されていた。

「E500」は2020円と格安のイヤホンなのだが、その性能がとんでもない代物だったのだ。声優などで活躍する小岩井ことりさんが「やばい」とツイートしたことにより「バズった」このイヤホン、実際に使ってみたらガチで「やばい」としか言えないイヤホンだった……!

・没入感がやばい

日本のオーディオブランド「final」から発売された『E500(税込2020円)』。同社のサイトには、「バイノーラル技術を用いて音の方向感を再現するゲームやVRコンテンツなどを再生するための新たな研究成果から生まれました」と記載されている。

これだけではどんなイヤホンなのか想像がつかないかもしれないが、以下のツイートを読めば、その凄さが垣間見えるのではないだろうか。

2019年10月10日、小岩井ことりさんが「イヤホン…finalのE500やばい…」とツイートし、1万4000リツイートされるほどの話題となったのだ。この記事を読んで下さっている方の中にも、小岩井さんのツイートを目にした人はいるだろう。

なお、バイノーラル技術を用いての録音は、基本的に人間の頭部を模した人形の鼓膜部分にマイクロフォンを埋め込んだ「ダミーヘッドマイク」、通称「ダミヘ」を用いて行われる。それにより、録音時と同じように音場(音源の位置や距離など)を感じられるらしい。

小岩井さんのツイートによると「(E500で)ダミヘの音声とか聴いたら秒で鼻血……」とのことで、めっちゃ気になる! さっそく、ダミヘを使って声優さんの声や効果音を収録した「シチュエーションCD」を聴いて検証してみるよ〜!

ちなみに「シチュエーションCD」とは、声優さんたちのシチュエーションに沿った演技がたっぷりと収録されたCDのこと。耳元で囁くような音声や、ドアの開閉音や足音など場面に合わせた効果音も収録してあるもので、ぶっちゃけてしまうと普通のヘッドホン・イヤホンで聴いても大ざっぱな音の位置・方向が分かるCDなのだ。それでもなお、「E500」で聴くとそんなに「やばい」と感じるのだろうか。いざ!

──結論から言おう。やばい。「やばい」しか言えない。部屋のドアが開いて足音がするところから始まるのだが、聴き始めた瞬間に自室からCDの中の空間へワープしたとしか思えない臨場感がある。

しかも、イヤホンで聴いているのを忘れるほど、音の鳴り方が自然で違和感がない。部屋に良い声の人がガチで入ってきた!? と錯覚してしまうほどのリアルさ。うわあああ、良い声の人が近づいて来た、耳元ギリギリで喋ってくるううう!

バイノーラル技術で制作された音源は、普通のヘッドホンで聴いても大ざっぱな遠い・近い、音の左右などは分かるものだ。しかし位置が曖昧だったり、鳴り方に違和感があったりするのだが……「E500」にはそうした曖昧さや違和感がほぼない。

しかも、声から登場人物の身長を感じ取れるほど音場の再現度が高い。遠近はもちろん、頭の側で鳴る音は360度どこで鳴っていても、数センチ単位の移動ですら感じ取れるほどだ。正直、これで2020円は凄すぎる……!

・頭の中が5.1chに

『E500』はバイノーラル音源を聴くのに適したイヤホン、とはいえ、バイノーラル制作ではない「普通の音源」を聴いたらどうなのかも気になるところだ。そこで、音楽CDを聴いて検証してみることに。普通のイヤホンで聴くのと違いはあるのだろうか。

う〜ん、音の形がはっきりするというか、位置が際立つような感じはするが、特に普通のイヤホンで聴くのと劇的な違いはない。しかし、歌声が頭のド真ん中から聞こえてくる感じがするのは特徴的かもしれない。また、音楽CDを聴いてみて気づいたのが、2020円という価格に対する音の良さ。低音域はやや軽くざらついている気がするが、中音域だけでなく高音域も綺麗に出ているのは凄い。

音の位置がくっきりする上に音が良いとくれば、これはもしや、バイノーラル音源だけではなく、ライブ映像を鑑賞するのにも適したイヤホンなのでは? そう思いつき、試しにライブ映像を再生してみると……めっちゃ良い!

「普通の音源」ということで、あえて5.1chすら非対応のライブ映像を再生してみたが、パソコンの前に座っているだけなのにライブ会場にいるみたいだ……! 壁や天井に反響した歌声や、歓声の聞こえ方が完全にライブ会場。5.1ch非対応映像だったはずなのに、頭の中がホームシアター化している。「音の位置の再現度が高い」のは、バイノーラル音源でなくとも有効だった。これは嬉しい〜!

ライブ映像に「会場にいる」感が出るならばもしや、と思い舞台・ミュージカルの映像も観てみたが、やっぱり劇場にいる感ハンパない! ライブ映像同様、壁や天井に反響した音の響き方が会場にいるかのような聞こえ方なのはもちろん、静かな会場に響く舞台上の足音などの距離感・聞こえ方が超リアル。

ちなみに、実写映画を鑑賞してみると、確かに音の位置は分かりやすく鳴っていた。が、不思議とホームシアターで鑑賞するような「その場にいる」と思えるほどの臨場感は感じられなかった。これはアニメ作品も同様だった。ライブや舞台・ミュージカルなどの映像と音の録り方、もしくは入れ方が異なるのだろうか。

しかし、「VRイヤホン」との呼び声からバイノーラル音源にばかり目を向けがちだったが、ライブや舞台・ミュージカル作品などの臨場感が手軽に得られるのも『E500』の強みと言っていいのでは。

・『E500』恐るべし

2020円の格安イヤホン、と少しナメてかかっていたが、バイノーラル音源だけでなく、ライブ映像や舞台・ミュージカル作品を鑑賞するときにも手軽に臨場感を出せるのは嬉しい誤算だった。これは自信を持って、買って良かったと言えるイヤホンだ。「VRイヤホン」と呼ばれていただけあり、価格に見合わないほど音の位置や距離感の再現度が高かった。あわよくば、もっと音質を良くした上位モデルが発売されないかな、なんて思ってしまう。

「VRイヤホン」だけでは終わらなかったfinalの『E500』、現在(2019年10月30日時点)は基本的にfinalの公式通販サイトからしか購入出来ないようだが、気になった方はぜひ。

参照元:final「E500」商品紹介ページfinal公式通販サイト、Twitter @koiwai_kotori
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】ワイヤレスイヤホンを鼻にブッ刺すと臨場感のあるサウンドを体感できるのではないか? 確かめて気づいた意外な落とし穴

その昔、私(佐藤)はネット上の噂を信じて、イヤホンの斬新な使い方に挑んだことがある。今から9年前の6月のことだ。その噂とは、「鼻にイヤホンを刺すと臨場感がスゴイ」というものだ。

たしかにスゴかった記憶がある。これを最近のワイヤレスイヤホンで試すとどうなるのか? ふと、気になって試してみたところ、意外な落とし穴があることに気が付いた。

・脳天まで達した記憶が……

「10年ひと昔」というが、これに挑んだのが9年前のことだから、私の記憶は正直なところ曖昧だ。たしか鼻から響くサウンドが頭頂部にまで達して、頭のなかで音が鳴っているように感じた記憶がある。

だが、記憶補正で誇張されている可能性も否めない。とにかく改めて試してみるしかない。使用するのは、最近購入したAnkerの「ZOLO LIBERTY S」という1万5000円くらいで購入したモデルだ。発売日は2019年5月なので比較的新しい製品。これをiPhoneに接続した状態で検証する。

・試してみよう

まずは鼻にイヤホンを突っ込む。カナル型であるため、イヤーピースが本体からせり出した格好だ。思ったより鼻に突っ込みやすい。

準備が整ったところで、さっそく再生ボタンを押してみる。

すると! こ、これは!?

音が小さい……鼻から響くどころか、音は小さすぎて臨場感どころの話ではない。やはりワイヤレスだから馬力が出ないのか? おかしい。ワイヤレスだからと言って、こんなに音が小さいはずはない。

・思わぬ落とし穴

何となく釈然としなかったので、普通のイヤホンも試してみたところ。

う~ん……ワイヤレスよりマシだけど、やっぱり音が小さい。なんでだろう……。

あとから過去の記事を振り返ってみたところ、イヤホンを出来るだけ鼻に突っ込まないといけなかったことを思い出した。だが、ワイヤレスもワイヤーイヤホンも、カナル型で鼻の奥に突っ込めなかった……。まさかこんなところに落とし穴があるとは、思わなかったぞ。

という訳で、鼻イヤホンを試してみたい人は、カナル型ではないイヤホンで試してみてくれよな!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【イヤホン検証】話題の「外音取り込み機能」を搭載した完全ワイヤレス『SOUL ST-XS2』が高コスパ&実用的でマジおすすめ!

続々と新製品が登場している完全ワイヤレスイヤホンだが、近ごろ各メーカーがこぞって搭載している機能がある。それが、内蔵マイクで周囲の音を拾う「外音取り込み機能」だ。

1万円以上の機種によくみられるこの機能だが、今回は7000円台で販売されている人気商品『SOUL ST-XS2』を購入して実際に使ってみたので、感想をお伝えしたい。

・価格の割にハイスペック

『SOUL ST-XS2』は、米国フロリダ州に本社を構える電子機器メーカー、Soul Electronicsの商品である。まずはスペックに注目したい。

前述の外音取り込み機能(オーディオトランスパレンシー機能)のほか、コーデックはSBC、AACの2タイプに対応。連続再生時間は5時間で、充電ケースで5回分(25時間分)のチャージも可能だ。

また、一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない「IPX7」の防水性能も装備。ちなみにAmazonでの価格は7500円程度(2019年6月13日時点)となっている。

なお、他メーカーで1万円以下の外音取り込み機能搭載の機種だと「GLIDiC Sound Air TW-5000s」が挙げられるが、連続再生時間が約3時間で非防水だ。スペックでみると、この『SOUL ST-XS2』の方が高コスパといえるだろう。

・装着感は良好

パッケージの中にはイヤホン、充電ケース、カラビナ、充電用USBケーブル、イヤーピース、イヤーフックが入っていた。

装着してみると、違和感なく耳にぴったりフィット。コンパクトなため装着時のルックスもスマートだ。さらに……

頭を小刻みに振っても外れることはなかった。

・音質も好印象

次は音質をチェック。曲を流すと……低音にパンチがあって高音の表現力も豊かだ。パワフルでありながらエレガントさも持ち合わせた広がりのあるサウンドである。

試しにiPhone付属の『Ear Pods』と聞き比べてみたが、個人的には『SOUL ST-XS2』の方がサウンドに立体感があって好印象だったゾ。

・外音取り込み機能は思っていた以上に実用的

さぁ、それではお待ちかねの外音取り込み機能を使ってみよう。検証のためにやってきたのは札幌駅だ。

イヤホンのボタンを長押しして外音取り込み機能をON! おっ、イヤホンから車の走行音や人の声などが聞こえる!! しかも、マイクで拾った音にしては随分と自然なサウンドだ

また、音楽のボリュームを下げることで駅構内のアナウンスも聞き取ることができて、目の前にいる人との会話もOK。実際に使ってみると、思っていた以上に実用的である。

・接続も安定

それにしても、こんなに小さくて軽いイヤホンによく機能を詰め込んだものだ。さらに接続の安定性をチェックするため、市街地を20分ほど歩いてみた結果……

1度も途切れることはなかった。その他、防水性能を確かめるため水をジャバジャバかけまくってみたがノープロブレムである。

外音取り込み機能を搭載していながら、タフな防水性能も備えた完全ワイヤレスイヤホン『SOUL ST-XS2』はマジでオススメ。ヨドバシなどの量販店でも販売されているので、興味のある方はぜひ1度店頭で試聴してみてはいかがだろうか。

参考リンク:Amazon「SOUL ST-XS2」
Report:イヤホン評論家・K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24