人気カフェオーナーのお宅を拝見。「リノベを繰り返すことで快適に暮らせる要素が分かってきた」

陽当たりのいい南西角部屋

台東区にある築40年のマンションで緑の借景を楽しみながら暮らしているのは、「イリヤプラスカフェ」と「イリヤプラスカフェ カスタム倉庫」のオーナー・今村ナオミさん。

結婚したタイミングで購入したこちらの家を、その時々の暮らし方に合わせて3回のリノベーションを重ねてきました。

余白を残したままのリビングダイニング

3DKだった間取りは1回目のリノベーションで1LDKへと生まれ変わり、この大空間が誕生しました。南東角部屋で二面採光のLDKは、照明を点けなくても明るさは十分すぎるほど。晴れの日はもちろん、太陽が出ていない日も照明なしで過ごせるそうです。

そして、ダイニングには大きなテーブルがありますが、左奥のスペースは余白をたっぷり残したまま。

ソファは置かないんですかとお聞きしたところ、「ソファがあるとそこで寝ちゃうから」というチャーミングなお答えが返ってきました。また、今後引っ越しをすることを考えると、ソファがあると身軽に動けないため、あえて置いていない、という理由もあるのだそう。

ストレッチができる広々リビング

その開放的なスペースでは、毎朝ストレッチを行うのが日課。さらに、週に1日はパーソナルトレーナーに来てもらって、体をメンテナンスしています。

カフェでの仕事は長時間立ちっぱなしが日常的。時には鍼にも行ったりして、ご自身の体をしっかり管理されているそうです。

カーテンで目隠ししたクロゼット

その奥のカーテンを開けていただくと、たくさんの洋服がお目見え。こちらにはもともと何もなかったのですが、3回目のリノベーションで梁下にハンガーポールを設置して、オープンクローゼットにしました。

さらに、天井にカーテンレールを設置して、レースカーテンでゆるく目隠し。扉を開け閉めするよりも、スムーズに洋服が選べて気に入っているそうです。

また、ずらりと並ぶ洋服が彩り豊かなものばかりだったのですが、聞くと「休日はお店では着られないような洋服やヒールのある靴を選んで、テンションを上げて出かけているんです」と今村さん。洋服でオンオフの切り替えを楽しんでいるようです。

そして、カフェでの立ち仕事が大変だから、休日はゆっくりされているのかなと思いきや、「休日だからといって、家でダラダラ過ごすことはほとんどありません。友達と会ったり、夫と映画に出かけたりと、外出する方が好きなんです」とのこと。

こんなお話からも、今村さんがカフェオーナーというオンの顔と、妻でありひとりの自立した女性であるオフの顔をメリハリつけて楽しんでいることが感じられました。

玄関はひと続きの土間廊下に

小窓のある玄関

玄関入って正面には寝室、そしてそのまま土間廊下が続いて、水まわりやLDKへとつながっています。もともとはタタキのある一般的な玄関でしたが、段差をなくしてタイルを貼ってひと続きにしました。

シューズボックスは大容量で、傘入れも兼用。玄関には小窓があるうえ、寝室からの光が届くのでほどよく明るい空間です。

廊下と水まわり

クランクした土間廊下の先に進むと、左手に水回り、正面にLDKがあります。右側の一見壁に見える部分は引き戸になっていて、開けてみるとリビングスペースとひと続きに。開放しておけば水回りにもたっぷり陽が届きます。

水回りの壁やトイレのドアには木をふんだんに使って、ナチュラルな雰囲気に。当時のままというレトロな洗面台が、手作り感あふれるこの空間にお似合いです。

陽が降り注ぐ真っ白な寝室

陽の当たる寝室

玄関の正面にある寝室も二面採光なので、とっても明るい空間で照明いらず。収納はリビングと同じく、オープンクロゼットをレースカーテンで目隠ししています。入居当初は、こちらをワークスペースとして使っていて、リビングスペースに夫がDIYしたロフトベッドで寝ていたのだそう。

ひとつの空間を3回もリノベーションするのは珍しいですよね、とお聞きすると、「リノベーションを繰り返すことで知識が増えて、快適に暮らせる要素もどんどん分かってきました。家が経年変化するのと同時に、住んでいる人のライフスタイルも変わる。それに合わせて、家も変えていけばいいと思います」と今村さんは話してくれました。

撮影/水谷綾子

Source: 日刊住まい

人気カフェオーナーが3回リノベ!? 暮らしにフィットするDIYハウス

台東区にある築40年のマンションで緑の借景を楽しみながら暮らしているのは、「イリヤプラスカフェ」と「イリヤプラスカフェ カスタム倉庫」のオーナー・今村ナオミさん。

結婚したタイミングで購入したこちらの家を、その時々の暮らし方に合わせて3回のリノベーションを重ねてきました。

しかも床材の張り替えや個室を仕切っていた壁の撤去などを行った1回目のリノベーションは、なんと業者を入れずにすべて夫がDIYしたそう。

最近完成したというアイランドキッチンでテキパキとお料理をする今村さんにお伺いした、カフェオーナーとしての暮らしや今まで行ってきたリノベーションについてのお話をお届けします。

IKEAのキッチン

カフェ好きが高じて、ライターからカフェオーナーの道へ

作業スペースのあるキッチン

古民家カフェのパイオニアともいえる「イリヤプラスカフェ」がオープンしたのは2008年のこと。当時はまだリノベーションやDIYという言葉は今ほど浸透しておらず、古民家を改装したカフェも珍しい時代でした。

「イリヤプラスカフェ」をオープンする前のお仕事をお伺いすると、ライターとして雑誌などで活躍していたとのこと。その頃は日本でカフェブームが始まってまだ日が浅く、今ほどあちこちにカフェはありませんでした。

ですが、今村さんはニューヨークに住んでいたこともあり、あちこちのカフェに通うのがとっても好きだったのだそう。そんななか、ずっといいなと思って気になっていた現在の「イリヤプラスカフェ」の建物を借りられるタイミングが訪れ、カフェオーナーへの道を踏み出しました。

その数年後には同じく台東区内に魅力的な倉庫物件を見つけ、倉庫を改装した「イリヤプラスカフェ カスタム倉庫」もオープンさせています。

暮らしに合わせて3回リノベーション

結婚後に購入したこちらのマンション。もともと3DKという間仕切りの多い間取りだったので、夫妻2人で住みやすい1LDKの間取りへ購入と同時にリノベーション。

アメリカ暮らしをしていた夫は、「スクラップ&ビルドよりも、自分で手をかけ、DIYをしながら住み継ぐ方がしっくりくる」という想いから、なんと業者に頼まず、DIYのみでリノベーションを行いました。

床材の張り替えもすべて夫が行いましたが、「大量の木材が届いた時は家中が木材でいっぱいになった」と今村さんは笑います。

そして、この空間をリノベーションすること全3回。1回目のリノベーションでは間取りの変更や床材の張り替え、キッチンの造作などをDIYで行い、住み始めてしばらくした頃、2回目のリノベーションとして玄関や廊下、水まわりを業者に依頼して改修しました。

3回目のリノベでIKEAのアイランドキッチンに

キッチン

そして最近行った3回目のリノベーションでは、キッチンを刷新。キッチン本体やキャビネットはIKEAのTORHAMN(トルハムン)というシリーズをベースにセミオーダーしました。

IKEAの相談コーナーに何度も通い、水栓やシンク、コンロにはじまり、キッチンの高さや棚の数、天板の人工大理石の色など、細かいところもすべてオリジナルで決めていったのだそう。

Ⅱ型のキッチンは作業動線が短く済むので、少ない動きで調理を効率的にできます。

キッチンの高さは2種類から選べましたが、今村さんが選んだのは高めのタイプ。「切ったり盛り付けたりする時にはちょうどいいけれど、フライパンをあおるにはちょっと高かったかも」と潔く笑いながら話してくれました。

調理がしやすいIKEAのまな板

昼前にお店へ出勤して、営業終了までお店にいると、帰宅するのは夜遅く。なので夜は簡単に済ませることが多いそうですが、逆に朝は時間にゆとりがあるのだそう。

「1日3食のなかで、いろんなことを気にせず一番自由に食べられるのが朝食なんです」と話す今村さんは、大好きな焼きそばやうどん、パスタなどの大好きな麺類を朝食にする日もあるとのこと。

作業台の広いキッチン

キッチン背面にはワイドなキャビネットがあり、作業台として大活躍。棚の幅にピッタリ合うカトラリーケースやごみ箱など、キッチンまわりのアイテムもIKEAで揃えたことで、とっても使いやすいのだそう。

サンドイッチ用のパンをのせているまな板も、IKEAスタッフからおすすめされたもの。「壁掛けタイプなので衛生的だし、大きくて使いやすい」ととっても気に入っている様子です。

ちなみに、正面の壁の上部にガラス入りの室内窓が見えますが、この窓の向こうは浴室。もともとはブロックがはめ込んであったそうですが、コンパクトな浴室に解放感を与えるために室内窓へ変更しました。

誰にとっても、暮らしの中心はキッチン

広々としたダイニング

ご自慢のキッチンで今村さんがささっと用意してくれたのは、色鮮やかなサンドイッチと、お気に入りのビタクラフトの鍋で調理したたっぷりの温野菜。その料理たちを引き立てるのは、お店のものを買い付けに行ったポーランドで購入してきたという味わい深いダイニングテーブル。手作り感あふれる空間に、とってもよくお似合いです。

そして窓の向こうにふと目を向けると、そこには気持ちがスッと落ち着くような緑の借景が。その緑はお隣の神社の大木。

キッチンで料理をしたりリビングでのんびり過ごしたりしながら、生き生きとした自然を感じられるのも、この家のお気に入りポイントなのだそう。

イリヤプラスカフェオーナー今村ナオミさん

「お料理をそんなにしない人だって、生活の中心はキッチンだよね」と今村さん。

余白があるくらいにたっぷりの収納、お気に入りの便利アイテム、作業がしやすいスペース、迫力ある木々を望める眺望……キッチンで過ごす時間がついつい長くなりそうな、今村さんご自慢のキッチンでした。

撮影/水谷綾子

Source: 日刊住まい

収納王子コジマジック、リノベ魂あふれるカフェを訪問!

自らの収納ノウハウを詰め込んだ“収納御殿”の実現を夢見る収納王子コジマジック。

今回は、古い倉庫をリノベーションした東京・台東区にある人気カフェ「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」に伺い、インテリアのヒントを探りました。

リノベのヒント盛りだくさんのカフェ

今回訪ねたのはオープン当時築約50 年の倉庫をリノベーションした「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」。

最初はおもちゃ屋さんの倉庫で、その後は、社交ダンスの衣装などを手掛ける会社の倉庫だったそうです。

「看板の“Costume(コスチューム)”の綴りが“Costums(カスタム)”になっていたのが面白かったので、それを店名にしました」とカフェオーナーの今村さん。

さっそくお話を伺ってみましょう。

小島 こちらのカフェは古い倉庫をリノベーションしたそうですね。

今村 当時、築50年ほどの木造2階建てで、とにかくボロボロ。ホコリだらけで、普通に使える状態にするのが大変でした。

トタン屋根のままだったので、さすがにこれでは無理だろうと、天井に断熱材を入れて石膏ボードを貼り、脚立を使って、自分で白く塗装したんです。

ペンキが落ちてきて白髪みたいになるし、首は痛くなるし…。もう、本当に泣きたくなりました(笑)。

例えば2階の床は既存のまま。ホコリだらけでボロボロで、社交ダンスの衣装のスパンコールが落ちたままの床をそのまま水拭きして、ローラーでニス塗りしました。

今村さんが天井を塗ったときに落ちたペンキの跡もそのまま残っています。

今村 塗っていくうちに気持ちが少しずつ整理され、建物と地域に対する愛情が深まって、これも大事なことなんだな、と感じました。

小島 テーブルや椅子なども、レトロでかわいいですね。

今村 家具は、ほとんどがアメリカのポートランドで買い付けてきたアンティークです。

小島 だから建物にマッチしていて、落ち着くんですね。

リノべポイントをチェック!

古い倉庫の趣を残しつつ、味わいのある空間に仕上げた「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」は、リノベーションの見どころが満載!

さっそく1階のカフェからチェックしていきましょう。

店の奥にある厨房はオープンスタイルで、カウンターで注文するセルフ式。

厨房の壁は防火仕様にしなければならないので、外壁用のレンガ調タイルを採用しています。

キッチンが広々としていて、開放感抜群!カウンターの高さもアメリカっぽくてかっこいい!

こだわりのカウンターは、高さがある分、下は収納になりたっぷり使えるんだとか。

本棚 リノベーション ブックシェルフ

次に収納王子が注目したのが構造部分を生かした本棚。

「板と板の間から外壁のモルタルが見えているんです。本来なら内側に壁を張るのですが、これも新しい物件にはない良さだと思うので、このままにしました」と今村さん。

階段 リノベーション

倉庫の階段も大胆にリノベーション。

「以前は昔ながらの急な階段だったので、なだらかにするために位置を変えて回り階段に。その下にトイレを設けました」と今村さん。

新しくつくられた階段と昔のままの壁などが調和しているのも面白い!

階段を上ると2階への期待も高まっていきます。

2階はギャラリーやイベントなどに使用するフリースペース。

天井が高く開放的な空間で、30 ~ 40人はゆったり座れるんだとか!

今村さんがポートランドのアンティークショップで買い付けてきた、椅子やテーブル、照明器具が所狭しと置かれています。

中には、あのエースホテルで使われていたのと同じ100年ほど前の折り畳みの椅子も。

2階奥のカーテンで仕切られたスタッフルームは、壁は合板、床はOSBで仕上げたラフな雰囲気が楽しい空間。

「インダストリアルな雰囲気が好きで。このスタンドのデザインもいいでしょ?」と今村さん。

普通ならば雑然としがちなスタッフルーム、お客様から見えない部分にまでオシャレに気を配る今村さんの精神には脱帽です!

既存の建物の良さを生かすカフェ

”昔のまま×新しい”の融合が面白い「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」。

最近、大家さんが外壁を塗り替えてくれて、すっかりきれいになったという外観ですが、正面のガラス入りの建具は倉庫のときのままで、すりガラスを透明ガラスに変更したそうです。

裏通りの“隠れ家カフェ”という雰囲気ですが、入り口がオープンなので入りやすく、一度中に入るとつい長居してしまいそう。

内装や家具など目に映るもの一つ一つが味わい深い深く、リノベーションのアイデア探しにぴったりな空間です。

ボロボロの倉庫から、“倉庫ならではの良さ”を見出し、それを生かしながらオシャレカフェへと変身させた今村さん。

持ち前のセンスがあってのことですが、その空間からはただならぬ”努力”と”リノベ愛”を感じました。

もっと詳しく見たい方は、ぜひ「リライフプラスvol.31」を参考にしてみてくださいね。

撮影/山田耕司

収納王子コジマジック

【一般社団法人日本収納検定協会 代表理事 小島弘章】片づけ・収納・住まいに関する確かな知識と実績を持つプロフェッショナルでありながら、松竹芸能で25 年の芸歴を積んだ男性ライフスタイル系タレントのパイオニア。整理収納に” 笑い”を取り入れたセミナーが話題となり、年間講演依頼数は200 本以上、著書・監修本は累計40万部を超える。“収育”を理念として掲げた一般社団法人日本収納検定協会を設立し、お片づけを楽しむ検定「収検(収納検定)」をスタートさせる。そのほか収納グッズ開発やマンションの収納監修など、日本や中国を中心に幅広く活躍。
[Facebook]https://www.facebook.com/hiroaki.kojima.73

今村ナオミさん

カフェオーナー。ライター、編集者として活躍していた今村さんは、2008年に古民家カフェブームの先駆けとなった「イリヤプラスカフェ」をオープン。その2号店、当時築約50 年の倉庫をリノベーションした「イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫」だ。「最初はおもちゃ屋さんの倉庫で、その後は、社交ダンスの衣装などを手掛ける会社の倉庫だったそうです。看板の“Costume(コスチューム)”の綴りが“Costums(カスタム)”になっていたのが面白かったので、それを店名にしました」

イリヤプラスカフェ@カスタム倉庫
東京都台東区寿4-7-11 telephone*03・5830・3863
※最新情報はフェイスブックで確認を

Source: 日刊住まい