インドの日清が販売している「カップヌードル マサラ味」を食べてみたら日本のカレーヌードルとは全然違った

カップヌードルの定番の1つカレー味。マイルドかつ濃厚なカレーとそれに負けない日清の個性が融合した味はまさに傑作だ。常に色んな新味が発売されているカップヌードルにおいて、不動のレギュラーであることの理由を感じずにはいられない。

だが、同じ日清のカレーヌードルでもインドのものは全然違った。そんなインド日清のカレーヌードル「カップヌードル マサラ味(税込210円)」がインド食材店にて販売されていたため食べてみたぞ。

・スター・インド・グローサリー

この商品を取り扱っていたのは御徒町にあるインド食材店『スター・インド・グローサリー』だ。多慶屋近くの路地裏にあるこの店。外観は、地域に根差した昔ながらの不動産屋みたいな素っ気なさで何の店か分からないが、入店してみると、インド食材が棚にひしめき合っている。

その内観はまさに外国のスーパー。以前の記事でご紹介したスパイシーフードネットワークと同じく、この辺りに住むガチの人たちのみを相手取るスタイルだ。もちろん、MTRのレトルトカレーも置かれている。そんなガチインド食材の中に、見覚えのあるパッケージを発見した

カップヌードルやん

「MASALA」というポップな字体には見覚えがないが、紛れもなく「CUP NOODLES」と書かれている。会社を確認すると、インドの日清が製造したものの様子。そこで購入して家に持ち帰った。

・謎肉は入っていない

どうやら、作り方は日本のカップヌードルと同じくお湯を入れて3分待つだけのようである。フタを開けると、ぶわっと広がるカレーの香り。中には麺の他に簡易フォークが入っていた。

インドなので当然かもしれないが謎肉は入っていない。具は、グリンピース、コーン、ニンジン、ネギ。粉末だしが入っているところは日本のものと同じだ。

・食べてみよう

それにしても、お湯を注ぐラインが随分下にある。このラインの高さだと、麺が十分お湯に浸りきらないと思うが、ちゃんと戻るのだろうか? お湯を入れて3分待ったところ……

麺はちゃんと仕上がった。ほぐすと一部だけ固いということもなく、フォークで巻き取ることができる。どうやら、つゆは少なめに設計されているようだ。試しにつゆを飲んでみると……

辛ッッッッッ!!!!

舌の先や唇からヒリヒリした辛さが広がり、舌の奥から喉が焼けるように熱い……いや、もはや痛い! 日本のカレーヌードルのマイルドさと違い、マサラ味には攻撃力があった

不思議なのは辛みや味の質が自然なことである。日本のカレーヌードルのように胸に溜まる感じがしない。そのため、辛いもの好きではない私でも、もうひと口が欲しくなった。

・インドと日清の叙事詩

インド製なので当然かもしれないが手抜きなしのインドな味だ。つゆを飲むだけでタージ・マハルが見える(見たことないけど)。が、麺を食べると「さすが日清」と思わされた。麺の味がつゆに負けていないのである

その味はまさに日清印。庶民の舌に馴染むカップヌードルのインスタント味! そのため、全体的な味のイメージはカップヌードルでまとまっている。

手抜きなしの刺激とカップヌードルが叙事詩を歌いあげる「カップヌードル マサラ味」。日本のカレーヌードルに物足りなさを感じる方にはオススメかもしれない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【衝撃】ネパールのインスタント麺「ワイワイ123ヌードル(チキン)」になぜか感じる懐かしさ / この味は日本人に馴染み深いアレだ……!

インスタント麺の良さは手軽で安いところ。そして、何よりあの味だ。カップヌードル、チキンラーメン、サッポロ一番、どん兵衛などなど、たまに無性に食べたくなる味はインスタント麺独特のものと言えるだろう。でも、海外のインスタント麺ってどんな味がするんだろう?

そんな疑問を持ったのが、先日ハラル食材チェーン「スパイシーフードネットワーク」に行った時のこと。店の片隅に、謎のインスタント麺を発見したのである。その名も「ワイワイ123ヌードル」。サイケデリックな色合いの袋に南アジアを感じずにはいられないが……。

・ネパールのインスタント麺

置かれていたのはベジタブルとチキンの2種類。パッケージ裏を見てみると、どうやら「CG Foods」というネパールの会社が作っているようだ。ネパールのインスタント麺ってどんな味なんだろう? やっぱりエスニックな癖のある味がするんだろうか? 気になったのでチキン味を購入してみたところ価格は税抜き100円だった。

・食べ方

インスタント麺と言えば、日本ではお湯で乾麺を柔らかくかえして食べるのが普通である。しかし、「ワイワイ123ヌードル(チキン)」のパッケージには3種類の食べ方が書かれていた。

1つはお湯を入れて2分待つという日本と同じ食べ方だが、他の2つは乾麺のまま食べる方法。お湯を入れず、乾麺と同封の調味料だけで食べる食べ方と、お湯を入れてスープを作った上でトッピングはご自由にという食べ方だ。向こうの人は乾麺好きなのかな?

・作ってみた

さて置き、私(中澤)が知りたいのはインスタント麺としての味なので、お湯を入れて2分待つ日本人的ベーシックスタイルで作りたい。袋を開けると、中には乾麺以外に粉末スープとオニオンフレーバーオイル、唐辛子が同封されていた。

と、ここで気づいたのだが、袋を開けても特にエスニックな香りはしない。これまでスパイシーフードネットワークで購入したレトルトは全て、袋を開けた瞬間にインド料理店的な匂いが立ち込めたため少し肩透かしを食らった気分である。

麺はサッポロ一番のようなちょっと太めのちぢれ麺。サッポロ一番なら鍋で茹でる必要があるが、「ワイワイ123ヌードル」のパッケージの絵では皿に湯を注いでいるため、その通りに作ろう。

湯を注ぎサランラップでフタをして2分待ってからフタを外してみると……

完成……

・衝撃の味

いまいち自信が持てないのは麺が明らかにほぐれていないから。しかし、箸でほぐしてみると、見た目よりは柔らかくなっていた。食べてみたところ……こ、これは

チキンラーメン!?

いや、麺も違うし、口の中がカッカするような辛さがあるため、そのままではないんだけど、奥にあるベーシックの味は完全にチキラーだ。チキラーの上にスパイシーさを乗せたような味なのである。

チキン味なので、方向性が似てるのは当たり前という声もあるかもしれない。だが、これは麺さえ同じだったら、チキラーの新味と言われても全く違和感がないほどなのだ

そんな馴染みの深い味に本場の辛さが利いており、後味で口の中がカッカする。食べるだけで汗をかきそうな味だ。この過激な後味は、日本ではなかなか出会えないレベルである

麺が多少パサついているところが残念ではあるが、良いのはエスニックな風味のクセがほぼないところ。日本人の舌でもこのスープは人を選ばないウマさだと思った。

・心が帰る場所

たまに無性に食べたくなるチキンラーメン。シンプルなあの味に、私はノスタルジアを感じてしまう。帰ってくる場所はここだ……と!

だが、ひょっとしたらネパールにも我々の帰る場所はあるかもしれない。「ワイワイ123ヌードル」の味は、それほどに心の奥底に染み込んでくるものだった。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

“完全栄養食の油そば” が日清から発売されたので食べてみた /「栄養食もとうとうここまで来たか」感がすごい

健康志向の高まりとともに注目を集めつつある完全栄養食。健康の維持に必要な栄養が凝縮されている点が特徴で、急速に研究が進められている分野だが、なんとこのたび日清食品から「完全栄養食の油そば」が発売された

その情報を聞いた時の筆者の心境を一言で表すなら、「魔法を使ったのか?」である。ジャンクの中のジャンク、極限ジャンク食のイメージが強い油そばをヘルシーに仕上げるなど、魔術的手段に訴えない限り困難に思える。さっそく実際の食べ心地を確かめてみることにした。

・このジャンクぶりはまさしく

日清食品は2019年3月に完全栄養食のパスタ「All-in PASTA」を発売し、話題を呼んだ。そして8月19日、満を持して油そばやまぜそばを含む新シリーズ「All-in NOODLES」を世に送り出した。業界をリードする同社らしい先駆性である。

「All-in NOODLES」には麺のみの袋タイプと、具材とセットになったカップタイプの2種類あり、後者には「ごま香る濃厚担々まぜそば」「パクチー香るトムヤムまぜそば」「卵黄だれとラー油をきかせたコク旨油そば」の3品がある。

購入はいずれも公式オンラインストアかLOHACOからとなっており、今回はカップタイプの油そばを注文した。価格は税抜600円(袋タイプは400円)。インスタント麺の中ではかなり値が張る部類だが、価格に対する感じ方は品質によって変わるものだろう。

そんなこちらの心を見透かしたかのように、パッケージには「この一食で、すべての栄養、全部どり」の文字があった。

ビタミン13種やミネラル13種などの「1日に必要な栄養素」、その約3分の1以上の量が1食に詰まっている。しかも糖質40パーセントオフときている。

目が覚めるようなヘルシー具合を可能にしているのは、「栄養ホールドプレス製法」と呼ばれる独自の新技術だ。小麦ベースの層で麺を包み、栄養素を麺の中心に閉じ込めたという。魔法などではなく純然たる企業努力と判明したわけだが、素人目にはもはや魔法と変わらない。

ともあれ、気になるのはやはり味だ。実食に移るべく封を開けると、出てきたのは麺やたれ、かやくなど、他のインスタント麺を食べる際にもよく顔を合わせるいつものメンツだった。

骨の髄に染みついた手順に従い、かやくと麺をカップに入れ……

内側の線まで熱湯を注ぎ、6分待ってから湯切りをする。

少し他と違うのは、専用のオイルで麺をほぐす必要がある点だ。

ほぐし終えたら液体だれと卵黄だれを投入し、十分に混ぜ合わせれば完成。

ほどよく混ざったところで、いざ実食。どんなものかと麺を口に含んだそばから、ラー油のテイストが力強く広がった。かなり辛めで味も濃い。醤油もしっかり効いている。卵黄だれのとろみも、まろやかというよりこってりの方に寄っている感じだ。

しかし、しつこくて食べづらいかと言えば全くの逆だ。この濃厚なジャンクぶり、紛れもなく油そばのそれである。お店のものと比べても遜色ない。美味しい。こってり系を好む筆者は夢中になるまでに5秒もかからなかった。

ただ、全体としてあらゆる点において油そばかと言えば肯定しにくい。前述のコーティングのためか、麺は少しボソッとしたクセのある食感だ。また小麦の風味の奥に、ほんのりと栄養食独特の苦味が個人的に感じ取れた。油そばとそっくりそのまま重なり合わない部分もあるように思う。

だがそれを塗りつぶすほどに、「栄養食もとうとうここまで来たか」という感慨が強い。これだけ美味しくて栄養も豊富なら、「油そばを食べたいけど健康面が気になる」という方にも自信をもっておすすめできる。価格がややネックであるものの、文句は言えないクオリティだ。

・この調子なら間違いなく

というわけで、日清発「All-in NOODLES」の油そばは、進化の余地を残しつつも価値の高い一品だった。技術がさらに進歩すれば、より完成度の高いものが食べられるに違いないと思える。

欲を言えば、進歩に応じたプライスダウンにも期待したいところだ。「完全栄養食の油そば」が栄養以外の部分でも完全になった時、また新たな魔法が見られることだろう。

参照元:日清食品「All-in NOODLES」日清食品グループ オンラインストア
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24