やばいマットレスの危険サインに注意を。正しい手入れ方を紹介

ベッドマットレスのお手入れというと、難しいイメージがありませんか? 「1度はお手入れしないと、とは思っているけれど…」「そもそも、どんなお手入れが必要?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

お手入れを怠っていると寝具から嫌な臭いが漂ってきて、マットレスの買い替え時期を早めてしまうかもしれません。インテリアコーディネーターのタクミさんから、マットレスの正しいお手入れ方法を教えてもらいましょう。

あなたのマットレスは大丈夫? 危険サインをチェックしよう

一般的にベッドメーカーが推奨するマットレスの寿命は、3~5年程度といわれています。けれども「使用する環境」「お手入れの頻度」で、耐久年数が大きく変わります。

もし、お手入れをせずに使い続ければ、たった1~2年で、以下のようなリスクを抱えながら、使い続けていることになります
・良いマットレスを買ったのに、熟睡できない毎日が続いてしまう
・マットレスとして使える寿命が短くなり、交換する頻度が早くなる

シーツ

comzeal / PIXTA(ピクスタ)

まずは、以下の3つに当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

マットレスの汚れと臭いが気になる

ベッドリネンを使わずに、そのまま使っていませんか? ベッドリネンとは、シーツや枕カバー、ベッドパッドといったマットレスを清潔に快適に使うための布製品のこと。

面倒くさいから、シーツもベッドパッドも使いたくない!という方は要チェックです。

・寝室を換気しても生活臭が残って気になる
ベッドリネンは汗やホコリからマットレスを守るために使用します。汗は雑菌の繁殖で臭いの原因となり、マットレス内のコイルの劣化につながります。
清潔に使い、マットレスの耐久年数を上げるためにも、必ずベッドリネンを使いましょう。

マットレスのギシギシとした音が気になる

マットレスの中のコイルからギシギシ音が聞こえて熟睡できない、という声もよく聞きます。お手入れせずに使い続けた人は、このようなトラブルに悩まされるケースが多いようです。

マットレスの腰部分が、沈んできている

使っているマットがへたり始めていませんか?

・横になったときに、背中がゴツゴツする
・寝ているときに、何度も寝返りを打って目が覚めてしまう
上記に身に覚えがあれば、これも要チェック。

腰が乗る部分のマットレスをじっくりと見てみましょう。ちょうど腰の部分だけ、沈んでいませんか? 使い始めて間もないのに、マットレスがへたり始めてしまうのは、お手入れ方法が間違っているのかもしれません。

これらのマットレスの危険サインが出る前に、正しいベッドのお手入れ方法をご紹介します。

長く清潔に使える、正しいベッドのお手入れ方法

シーツ交換

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

ベッドの正しいお手入れの方法は3つ。適切なベッドリネンと、お手入れするタイミングを解説していきます。

ベッドリネンは必ず使用して、1週間に1回交換

シーツ、枕カバー、布団カバーは必ず使用しましょう。ベッドカバー類を付けるメリットはホコリ、汗、臭い。これらの汚れからマットレスを守ることができる点です。

ポイントは、カバー類のストックを2セット以上準備しておくということ。
カバー類の洗濯頻度は、1週間に1回程度が目安です。天候などに左右されず清潔な状態で使い続けるため、リネンをストックしておくのがおすすめです。

ベッドパッドの交換頻度は2週間に1回

ベッドパッドを使用するメリットは汗や血液の汚れを防ぐことができる点です。

ここで一番重要なことは、シーツとベッドパッドを必ず併用するということ。
表面的な汚れはシーツ、マットレスの内部まで浸透してしまう汚れはベッドパッドでカバーしましょう。ベッドパッドは2週間に1回のペースで、洗濯か天日干しをしましょう。

パッド内は多湿状態になりがちなので、調湿機能のあるウール素材のタイプがおすすめです。

ベッドパッド

eugenesergeev / PIXTA(ピクスタ)

マットレスのローテーションは3か月に1回

ローテーションとは、片面使用の場合は定期的にマットレスの向きを180度回転(頭側と脚側を反転)させて、耐久性を上げる作業のことです。両面仕様のマットレスの場合は、裏返して使用することでさらに長く使用することができます。

人が横になったとき腰にかかる荷重は、体重の約44%。マットレスは腰が乗る部分に体重が集中するため、一番へたりやすくなるポイントです。

そこで、腰の部分がへたるのを防止するために、1シーズンごと(3か月ごと)にマットを180度回転させましょう。
回転させることでマットレス全体を均等に使用することができるので、耐久年数が高くなります。サイズによっては1人でローテーションするのは難しい場合があるので、家族やパートナーに手伝ってもらうとよいでしょう。

マットレスを快適に使うために、お手入れはマスト

寝室

つむぎ / PIXTA(ピクスタ)

快適な寝心地をキープするポイントは「ベッドリネンを2セット用意して使用すること」「シーズンごとにマットレスをローテーションすること」です。マットレスから危険サインが出る前に正しくお手入れをしましょう。

Source: 日刊住まい

ツインベッドとダブルベッドの違いをインテリアのプロが解説

自分たちのライフスタイルに合うベッドを選ぶのって難しいですよね。「実際に設置してみたら、想像以上に大きくて圧迫感が出てしまった」「ベッドが思ったよりコンパクトでちょっと窮屈だった」という方もいるかもしれません。

こんな失敗をしないためにも、家具店に5年間勤務した経験を持つインテリアコーディネーターのタクミさんに、ベッド選びのポイントを教えてもらいます。

シングルツインベッドとダブルベッドの違いは2つ

ベッド

KWphoto / PIXTA(ピクスタ)

2人で使うなら、シングルツインベッドとダブルベッドのどちらにするかで悩むケースが多いはずです。それぞれの特徴を知っておくと、失敗しないベッド選びにつながります。

サイズの違い

ベッドのサイズの違い

両者の大きな違いの1つは「大きさ」です。

シングルツインベッドの横幅は約2m。ダブルベッドの横幅は約1m40cm。その差は、60cm。なんと子供1人分の肩幅にもなります。

就寝中、パートナーの寝返りを気にしたくない方にとって、この60cmの差は寝心地を左右する大きなポイントになるでしょう。
「寝返りをされるたびに、肩がぶつかって目が覚めてしまった」などと失敗をしないように、2人が並んで寝たときに窮屈にならないサイズを選ぶのがポイントです。

用意する寝具の台数の違い

用意する寝具の違い

そして、2つ目の違いは「マットレスとベッドフレームを用意する台数」が異なるという点です。

シングルツインベッドは、2台のベッド。ダブルベッドは、1台のベッド。
ダブルベッドは1枚のマットレスとベッドフレームを使用するのに対して、ツインベッドはマットレスとフレームがそれぞれ、2セットずつ必要になります。

必要な家具の総量が多くなると、予算も多く必要になります。「広さを重視してベッドを選んだら、思ったよりも高額になってしまった!」なんてことにならないように注意が必要です。

リーズナブルに揃えるなら、ワンセットで揃うダブルベッド。コストパフォーマンスを大事にするなら、2台セットのシングルツインベッド
このような選び方をしても良いでしょう。

これらの特徴を踏まえたうえで、それぞれのベッドを快適に使うための選び方のポイントをお伝えしていきます。

ダブルベッドを快適に使うための選択ポイント

ダブルベッド選びのポイント

ダブルベッドを選ぶときのポイントは大きく3つ。以下のポイントを確認しましょう。

サイズは小さくないか

2人で並んで、肩がぶつからないか。理想としては10cm以上のスペースは空けたいところです。

マットレスの硬さは適切か

1枚のマットレスを2人で共有したときに、柔らかすぎたり、硬すぎたりしないか確認しましょう。

振動が伝わりづらいマットレスか

マットレスのバネは、寝返りをしても振動が伝わりにくい仕様でしょうか? パートナーが寝返りを打つたびにマットレスが振動すると、寝づらい環境につながります。

シングルツインベッドを快適に使うための選択ポイント

シングルベッド選びのポイン

シングルツインベッドを選ぶときのポイントは大きく3つ。以下のチェックポイントを確認しましょう。

部屋のサイズに適切か

シングルツインベッドの横幅は約2m。6畳以上の広さであれば、ゆとりをもって設置することができます。

マットレスの厚みは2枚とも均等か

2枚のマットレスを並べたときに、厚みが異なると凹凸が目立つ使いにくいツインベッドになってしまいます。
マットレスの硬さを変えると、厚みも変わるケースがあるので確認しましょう。

予算内に収まるか

ツインベッドは、フレームとマットレスが2セット必要になります。そのためシーツや、ベッドパッド、掛布団などのリネンも2セットずつ必要になります。
想定していた予算をオーバーしないように、トータルの金額を事前に確認しておきましょう。

まとめ:ベッドはサイズ選びがとっても大切

ベッド

mvpda / PIXTA(ピクスタ)

2人で使うベッドは、サイズ選びがとても大切ということをお伝えしました。仕事や家事の疲れを癒してくれるベッドは、寝心地の良いものを選びたいですよね。

選ぶポイントをしっかりと見極めて、パートナーと長く使える寝具を選んでくださいね!

Source: 日刊住まい