インドの日清が販売している「カップヌードル マサラ味」を食べてみたら日本のカレーヌードルとは全然違った

カップヌードルの定番の1つカレー味。マイルドかつ濃厚なカレーとそれに負けない日清の個性が融合した味はまさに傑作だ。常に色んな新味が発売されているカップヌードルにおいて、不動のレギュラーであることの理由を感じずにはいられない。

だが、同じ日清のカレーヌードルでもインドのものは全然違った。そんなインド日清のカレーヌードル「カップヌードル マサラ味(税込210円)」がインド食材店にて販売されていたため食べてみたぞ。

・スター・インド・グローサリー

この商品を取り扱っていたのは御徒町にあるインド食材店『スター・インド・グローサリー』だ。多慶屋近くの路地裏にあるこの店。外観は、地域に根差した昔ながらの不動産屋みたいな素っ気なさで何の店か分からないが、入店してみると、インド食材が棚にひしめき合っている。

その内観はまさに外国のスーパー。以前の記事でご紹介したスパイシーフードネットワークと同じく、この辺りに住むガチの人たちのみを相手取るスタイルだ。もちろん、MTRのレトルトカレーも置かれている。そんなガチインド食材の中に、見覚えのあるパッケージを発見した

カップヌードルやん

「MASALA」というポップな字体には見覚えがないが、紛れもなく「CUP NOODLES」と書かれている。会社を確認すると、インドの日清が製造したものの様子。そこで購入して家に持ち帰った。

・謎肉は入っていない

どうやら、作り方は日本のカップヌードルと同じくお湯を入れて3分待つだけのようである。フタを開けると、ぶわっと広がるカレーの香り。中には麺の他に簡易フォークが入っていた。

インドなので当然かもしれないが謎肉は入っていない。具は、グリンピース、コーン、ニンジン、ネギ。粉末だしが入っているところは日本のものと同じだ。

・食べてみよう

それにしても、お湯を注ぐラインが随分下にある。このラインの高さだと、麺が十分お湯に浸りきらないと思うが、ちゃんと戻るのだろうか? お湯を入れて3分待ったところ……

麺はちゃんと仕上がった。ほぐすと一部だけ固いということもなく、フォークで巻き取ることができる。どうやら、つゆは少なめに設計されているようだ。試しにつゆを飲んでみると……

辛ッッッッッ!!!!

舌の先や唇からヒリヒリした辛さが広がり、舌の奥から喉が焼けるように熱い……いや、もはや痛い! 日本のカレーヌードルのマイルドさと違い、マサラ味には攻撃力があった

不思議なのは辛みや味の質が自然なことである。日本のカレーヌードルのように胸に溜まる感じがしない。そのため、辛いもの好きではない私でも、もうひと口が欲しくなった。

・インドと日清の叙事詩

インド製なので当然かもしれないが手抜きなしのインドな味だ。つゆを飲むだけでタージ・マハルが見える(見たことないけど)。が、麺を食べると「さすが日清」と思わされた。麺の味がつゆに負けていないのである

その味はまさに日清印。庶民の舌に馴染むカップヌードルのインスタント味! そのため、全体的な味のイメージはカップヌードルでまとまっている。

手抜きなしの刺激とカップヌードルが叙事詩を歌いあげる「カップヌードル マサラ味」。日本のカレーヌードルに物足りなさを感じる方にはオススメかもしれない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【衝撃的】人生初「インド映画」を最後まで観た率直な感想『バーフバリ / 王の凱旋』

何事も初めての経験には、多少の勇気とタイミングが必要なもの。つい先日、たまたまその勇気とタイミングが上手く重なり、私(P.K.サンジュン)は生まれて初めて「インド映画」を最初から最後まで鑑賞した。

決してインド映画を毛嫌いしてたワケではなく、むしろ毛嫌いするほどの知識もなかったのだが、映画を鑑賞し終えた後、私の心に残ったのは途方もないインパクトだけ。人生初のインド映画『バーフバリ / 王の凱旋』は、なんだかとんでもない作品であった。

・Netflixで観られる

インド映画にハマっているという知人から「Netflixで観られるよ」とすすめられたものの、当初私は同作を鑑賞する気にならなかった。というのも、わかっているのは2017年に公開された「当時の史上最高額で制作されたインド映画」というだけで、アクションなのかコメディなのかサスペンスなのか、ジャンルさえイメージできなかったからだ。

知人いわく「アクションと……ラブ?」とのことで、さらに言えば「歴史もの」だという。加えて引っ掛かったのが「ファンタジーっぽさもある」という一言。歴史もののアクションラブファンタジー(インド映画)とか……初心者にはハードルが高すぎやしないだろうか?

・マジで超大作らしい

……が、調べてみたところ『バーフバリ / 王の凱旋』はそんじょそこらのインド映画とは違う、インド映画史に残る大傑作であるらしいことがわかってきた。実はこちらの作品は『バーフバリ / 伝説誕生』の続編で、1も2も世界的大ヒットを記録したというのだ。

それは日本でも同様で、あの映画秘宝の「2010年代の映画ベスト10」でバーフバリシリーズは5位にランクイン! (1位はマッドマックス 怒りのデスロード)。さらに新宿ピカデリーなどの劇場では、リクエスト上映が開催されるほど根強い人気を誇っているらしい。

バーフバリは置いておいて、映画秘宝だけはガチ……! 2010年代に何千本の映画が公開されたかは知らないが、その中で5位は快挙すぎる。これは観るしかあるまい……!! というわけで、人生初のインド映画『バーフバリ / 王の凱旋』を鑑賞することになった。

・ストーリーはわかりやすい

ネタバレにならない程度にざっくり説明すると「バーフバリ」は主人公の名前で、彼は次期の王と目される超人格者。国民からも圧倒的な支持を得ており、国王に即位する前に花嫁探しの旅に出る……といった感じの出だしである。

で、ようやく花嫁候補が見つかったかと思いきや、次期王の座を狙う兄とその一味がバーフバリの妨害をする、という内容。基本的には勧善懲悪なので非常にわかりやすく、大筋のストーリーに戸惑うことはなかった……のだが!

ぶっちゃけ、各種シーンや展開には戸惑いまくり、むしろ戸惑いの連続であった。いや、戸惑いという言葉は適切ではないのかもしれない。「ツッコミどころ」と言い換えた方がいいだろうか。特に大きく以下の3点は「マジかよ」「ウソだろ」「なんでや!」と強めにツッコまざるを得なかった。

・その1: やたらとカッコいいシーンが登場する(しかもスローモーション)

バーフバリはとにかく強い。超強い。神懸って強い。劇中に戦闘シーンは幾度となく出てくるのだが、基本はバーフバリ1人いれば何とかなる。「一騎当千」という言葉ですらバーフバリの前では軽いもので「一騎当万」くらい言わないとバーフバリの強さとは釣り合わない。

そして見せ場の「弓を引くシーン」「剣で切りかかるシーン」「相手を弾き飛ばすシーン」などの多くはスローモーションで再現されている。そしてこれがいちいちカッコいい! いわゆる “中二病” 的な描写をここまで差し込んでくる映画を私は知らない。「これいる!?」とツッコみつつも興奮を隠しきれなかった。

・その2: 何かにつけてスケールがデカい

あなたは「盗賊が襲ってくるシーン」と聞いたら、だいたい何人くらいの盗賊をイメージするだろうか? 10人? 50人? 100人? バーフバリで言うところの盗賊は「」である。これが人口1億2千万人と13億人の違いなのか、何につけてもスケールがデカい。

それは土地の広さや人口、金銀財宝などの視覚的なものばかりに限らず、ストーリーの展開も実に大胆である。想定内でありながら想定外。邦画と洋画しか観たことが無い人はド肝を抜かれるであろう「マジかよ感」もインド映画、ひいてはバーフバリの魅力なのだろう。

・その3: 明らかにおかしいヤツがいるのに誰も触れない

ネタバレになってしまうので詳しくはお伝え出来ないが、『バーフバリ / 王の凱旋』には明らかにおかしいヤツが1人だけいる。そいつのためにバーフバリはピンチに陥り、結果的に……なのだが、それでもヤツは最後までほぼ聖人として描かれているのだ。

これは日本とインドの文化の違いなのだろうか? そう思わざるを得ないほど、私はそいつの言動に「おかしいだろ!」と序盤から終盤までツッコミ続けていた。バーフバリ最大の謎であり、最高に納得がいかない点であるものの、そうしないとストーリーが成り立たないし、仕方ないのかなぁ……?

初めてのインド映画は率直におもしろかった。確かにツッコミどころは満載であったが、その大らかさもまたインド映画の魅力なのだろう。少なくとも「観て損した」とは全く思わなかったし、何なら第1作も観てみたい。映画秘宝様が5位にした理由も少しはわかった気がする。

冒頭でもお伝えした通り、何事も初めての経験には、多少の勇気とタイミングが必要なもの。もしあなたにその時が訪れたら「インド映画」もアリなのではなかろうか? 『バーフバリ / 王の凱旋』はNetflixで視聴可能だ。

参考リンク:バーフバリ公式サイト 、 Twitter@eigahiho
Report:P.K.サンジュン
Photo:©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.


Source: ロケットニュース24

【映画レビュー】かなりバカにした気持ちでインド映画『ロボット2.0』を見たら、あまりのスゴさに謝りたい気持ちでいっぱいになった!

「SFアクション超大作」と聞いたら、大抵の人がハリウッド映画を思い浮かべるはずだ。近年は『アベンジャーズ』に代表されるような、マーベル作品がシーンを席巻しているのはたしか。だが! SFアクション超大作はアメリカだけのものではない。インドにだってスゴイ映画はある!! 放映開始前から注目を集めていた、『ロボット2.0』だってハンパじゃない。

「インド最強映画」との呼び声もあるこの作品に対して、当初私(佐藤)はちょっと……いや、かなりバカにした気持ちを抱いていた。しかし、実際に映画を見終ったときには「バカにしてすみませんでした」と謝りたい気持ちでいっぱいになったのだ。この映画、面白い!

・浮かれた気分で観に行った

作品のポスターには、こう綴られている。

「 激闘! おじさんロボ VS スマホロボ 」

2019年10月25日の放映開始前に、公式の予告編を目にした人もいるだろう。このキャッチコピーと予告編を見れば、誰しも「カオス」という言葉が頭をよぎるはずだ。私もそうだった。何だかわからんがスゴそう! という浮かれた気分で見に行ったのである。

・ストーリー

本作は前作の続編。前作で主人公のバシーガラン博士は、自分に似せた人型ロボット「チッティ」を作り上げた。感情を与えたがゆえにチッティは大暴走を起こし、自らのクローンロボットを大量に生産して、破壊と殺りくを繰り返してしまう。のちに捕らえられたチッティは、分解されて、博物館に展示される身となった。

本作はチッティ不在のインドで、スマホが人々の手から消え失せる事態が発生したという設定だ。消え去った無数のスマホがまるで意志を持ったように集結し、怪鳥と化して人や街を襲い始めるのである。

しかし、インドの人々はされるがままにスマホの襲撃に遭う訳ではない。バシーガラン博士があらゆる手を駆使してチッティの復活に乗り出し、おっさんロボのチッティでスマホロボを迎え撃つのである。

ストーリーを説明しているだけで、すでに何の話なのかよくわからなくなってしまいそうだ……。平たくいえば、「スマホがモンスターロボットと化して人類に牙をむく」。そんな話である。

・「ド派手な演出」だけじゃない

実際にロボットが街を襲ったり、ロボット同士が戦うシーンは「スゲエ!」という言葉しか出て来ない。『アベンジャーズ』を手掛けたレガシー・エフェクツがVFXを担当しただけあって、ハリウッド映画に劣らない迫力である。

だが、私が心を揺さぶられた場面はそこではなく、そのほかの2つのシーンだ。

1つは、スマホが人を襲う場面。無数のスマホが集合して、意志を持ったかのようにうごめく。その様に背筋が凍るような恐怖を覚えた。部屋全面を埋め尽くす大量の端末が、地響きのようなバイブ音を一斉に鳴り響かせる。誰でも1度は電話の着信に驚いたことがあるはず。その感覚をうまく利用して、恐怖心を煽っている演出は見事だ。

そしてもう1つは、インドの自然を美しく描いている点である。スマホ暴走を引き起こす原因を振り返るシーンで、鳥たちが湖や雪原、夜空を優雅に羽ばたいていく映像は、息を飲むほど色鮮やか。大自然に向けられた視線の優しさを感じずにはいられない。当然、インド映画の醍醐味、歌って踊るダンスシーンも豪華絢爛。近未来的な設定の映画でも、どこか懐かしい。

・現代への警鐘

全編147分。2時間半の大作なのだが、最後まで集中力が切れることなく、見続けることができた。長い物語を通して紡がれているテーマは、現代への警鐘である。なぜ、スマホはモンスターロボットになってしまったのか? そのスマホはどこから来たのか? 誰が必要として、何を使っているのか? そして、我々がスマホを使うために何が犠牲にされているのか?

それらを今一度考えさせられた気がする。物語を深く読み解こうとする時、そこには派手な映像以上のものがあることに気付くはずだ。もちろん、私は随分浅はかな気持ちで見に行ったことを反省した。

参照元:ロボット2.0
Report:佐藤英典
イラスト・Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【魁!! アプリ塾】インドの貨物トラック運転手体験ができるドライブゲームがマニアックすぎる!

アプリの検証をするこの企画「魁!! アプリ塾」は、大抵iOS版を紹介している。今回はAndroid(Google Play)のゲームについてお伝えしたい。

長らくiPhoneを使っている私(佐藤)はGoogle Playで紹介されているアプリについて、ほとんど知らなかった。最近になって詳しく見てみると、思いも寄らないゲームが存在していることに気が付いた。

今回紹介するドライブシミュレーションゲーム『インドのリアル貨物トラック運転手』も意外すぎるゲームのひとつである。

・パキスタンのカントリークラブ?

私は普段、「iPhoneSE」をメインの端末として使用し、サブで「iPhone7 Plus」と「Google Pixel3」の計3台の端末を持ち歩いている。Apple Storeでアプリを物色していたある日、いまさらながらGoogle Playの状況にうといことに気が付いた。そこでゲームをいろいろと見ていたところ、この奇妙な名前のゲームに遭遇したのである。

ゲームの開発者に関する情報を見ると、手掛けたのは「Spirit Games Studio」とのこと。開発者の連絡先には公式ホームページやメアド、住所が記載されている。住所地をGoogle Mapで確認するとパキスタンだ。しかもゴルフ場? バーア・カントリー・クラブとなっている。カントリークラブでゲーム作ってんのか?

・ホーム画面

う~ん、開発の背景は不明だ……。とにかくダウンロードしてインストール。最初にプライバシー・ポリシーに関する記載があるが、英語で何が書いてあるのかわからないので、とりあえず「Accept(同意)」する。

起動するとホーム画面には、中央に2台のトラックが描かれており、左にはいくつかのメニューが表示されている。

左メニューの「WATCH VIDEO」は動画広告の表示。これを見るとアイテムを購入できるコインを付与される。「SHOP NOW」では新しいトラックとプレイ可能なステージを、先のコインで購入できる。画面右の「PLAY GAME」で実際に遊ぶことが可能だ。

・インド感あふれる装飾

PLAY GAMEをタップすると、ガレージに入る。初期設定ではもっともランクの低いトラックしか使用することができない。一応カラーバリエーションは、白・赤・黄・緑・青の5色ある。

ちなみに、ランクの高いトラックはより “インド感” あふれる装飾が施されているようだ。

ゲームモードはサマーモードとウィンターモードの2つがある。ウィンターは雪道となっている。今回はサマーで挑戦。

モードセレクト後に、レベルを選択することになる。

・実際にプレイしてみると……

プレイ開始! 操作は単純だ。アクセル・ブレーキ、ハンドルを操作して、指定の方向に進んでいくだけ。

視点変更も可能。初期設定では第3者視点なのだが、運転席の視点。

車両側面の視点。

俯瞰視点、全4種を切り替えることが可能となっている。

想像した以上に凝ったつくりをしている。これは結構楽しめそうだ!

・むずい

スタート時、荷台は空っぽなのだが、所定の位置で木材を積むことになる。

木材1本でも落とすとゲームオーバー。慎重にハンドルを操作しながら、前へ前へと進んでいく。

だが、思った以上に操作は難しく、簡単そうなルートに見えるが、トラックはあっさりと谷底へ……。

そして水底へ…………。

都合5~6回繰り返して挑んだが、私は結局1面もクリアできないまま、アプリをそっと閉じた……。車ゲームはめっちゃ苦手なんじゃ~。ハンドル操作に自信のある人は、1度挑戦してみてほしい。地味に難しいぞ!!

参照元:Google Play「インドのリアル貨物トラック運転手
Report:佐藤英典
Screenshot:Google Play「インドのリアル貨物トラック運転手」


Source: ロケットニュース24