【映画レビュー】かなりバカにした気持ちでインド映画『ロボット2.0』を見たら、あまりのスゴさに謝りたい気持ちでいっぱいになった!

「SFアクション超大作」と聞いたら、大抵の人がハリウッド映画を思い浮かべるはずだ。近年は『アベンジャーズ』に代表されるような、マーベル作品がシーンを席巻しているのはたしか。だが! SFアクション超大作はアメリカだけのものではない。インドにだってスゴイ映画はある!! 放映開始前から注目を集めていた、『ロボット2.0』だってハンパじゃない。

「インド最強映画」との呼び声もあるこの作品に対して、当初私(佐藤)はちょっと……いや、かなりバカにした気持ちを抱いていた。しかし、実際に映画を見終ったときには「バカにしてすみませんでした」と謝りたい気持ちでいっぱいになったのだ。この映画、面白い!

・浮かれた気分で観に行った

作品のポスターには、こう綴られている。

「 激闘! おじさんロボ VS スマホロボ 」

2019年10月25日の放映開始前に、公式の予告編を目にした人もいるだろう。このキャッチコピーと予告編を見れば、誰しも「カオス」という言葉が頭をよぎるはずだ。私もそうだった。何だかわからんがスゴそう! という浮かれた気分で見に行ったのである。

・ストーリー

本作は前作の続編。前作で主人公のバシーガラン博士は、自分に似せた人型ロボット「チッティ」を作り上げた。感情を与えたがゆえにチッティは大暴走を起こし、自らのクローンロボットを大量に生産して、破壊と殺りくを繰り返してしまう。のちに捕らえられたチッティは、分解されて、博物館に展示される身となった。

本作はチッティ不在のインドで、スマホが人々の手から消え失せる事態が発生したという設定だ。消え去った無数のスマホがまるで意志を持ったように集結し、怪鳥と化して人や街を襲い始めるのである。

しかし、インドの人々はされるがままにスマホの襲撃に遭う訳ではない。バシーガラン博士があらゆる手を駆使してチッティの復活に乗り出し、おっさんロボのチッティでスマホロボを迎え撃つのである。

ストーリーを説明しているだけで、すでに何の話なのかよくわからなくなってしまいそうだ……。平たくいえば、「スマホがモンスターロボットと化して人類に牙をむく」。そんな話である。

・「ド派手な演出」だけじゃない

実際にロボットが街を襲ったり、ロボット同士が戦うシーンは「スゲエ!」という言葉しか出て来ない。『アベンジャーズ』を手掛けたレガシー・エフェクツがVFXを担当しただけあって、ハリウッド映画に劣らない迫力である。

だが、私が心を揺さぶられた場面はそこではなく、そのほかの2つのシーンだ。

1つは、スマホが人を襲う場面。無数のスマホが集合して、意志を持ったかのようにうごめく。その様に背筋が凍るような恐怖を覚えた。部屋全面を埋め尽くす大量の端末が、地響きのようなバイブ音を一斉に鳴り響かせる。誰でも1度は電話の着信に驚いたことがあるはず。その感覚をうまく利用して、恐怖心を煽っている演出は見事だ。

そしてもう1つは、インドの自然を美しく描いている点である。スマホ暴走を引き起こす原因を振り返るシーンで、鳥たちが湖や雪原、夜空を優雅に羽ばたいていく映像は、息を飲むほど色鮮やか。大自然に向けられた視線の優しさを感じずにはいられない。当然、インド映画の醍醐味、歌って踊るダンスシーンも豪華絢爛。近未来的な設定の映画でも、どこか懐かしい。

・現代への警鐘

全編147分。2時間半の大作なのだが、最後まで集中力が切れることなく、見続けることができた。長い物語を通して紡がれているテーマは、現代への警鐘である。なぜ、スマホはモンスターロボットになってしまったのか? そのスマホはどこから来たのか? 誰が必要として、何を使っているのか? そして、我々がスマホを使うために何が犠牲にされているのか?

それらを今一度考えさせられた気がする。物語を深く読み解こうとする時、そこには派手な映像以上のものがあることに気付くはずだ。もちろん、私は随分浅はかな気持ちで見に行ったことを反省した。

参照元:ロボット2.0
Report:佐藤英典
イラスト・Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【魁!! アプリ塾】インドの貨物トラック運転手体験ができるドライブゲームがマニアックすぎる!

アプリの検証をするこの企画「魁!! アプリ塾」は、大抵iOS版を紹介している。今回はAndroid(Google Play)のゲームについてお伝えしたい。

長らくiPhoneを使っている私(佐藤)はGoogle Playで紹介されているアプリについて、ほとんど知らなかった。最近になって詳しく見てみると、思いも寄らないゲームが存在していることに気が付いた。

今回紹介するドライブシミュレーションゲーム『インドのリアル貨物トラック運転手』も意外すぎるゲームのひとつである。

・パキスタンのカントリークラブ?

私は普段、「iPhoneSE」をメインの端末として使用し、サブで「iPhone7 Plus」と「Google Pixel3」の計3台の端末を持ち歩いている。Apple Storeでアプリを物色していたある日、いまさらながらGoogle Playの状況にうといことに気が付いた。そこでゲームをいろいろと見ていたところ、この奇妙な名前のゲームに遭遇したのである。

ゲームの開発者に関する情報を見ると、手掛けたのは「Spirit Games Studio」とのこと。開発者の連絡先には公式ホームページやメアド、住所が記載されている。住所地をGoogle Mapで確認するとパキスタンだ。しかもゴルフ場? バーア・カントリー・クラブとなっている。カントリークラブでゲーム作ってんのか?

・ホーム画面

う~ん、開発の背景は不明だ……。とにかくダウンロードしてインストール。最初にプライバシー・ポリシーに関する記載があるが、英語で何が書いてあるのかわからないので、とりあえず「Accept(同意)」する。

起動するとホーム画面には、中央に2台のトラックが描かれており、左にはいくつかのメニューが表示されている。

左メニューの「WATCH VIDEO」は動画広告の表示。これを見るとアイテムを購入できるコインを付与される。「SHOP NOW」では新しいトラックとプレイ可能なステージを、先のコインで購入できる。画面右の「PLAY GAME」で実際に遊ぶことが可能だ。

・インド感あふれる装飾

PLAY GAMEをタップすると、ガレージに入る。初期設定ではもっともランクの低いトラックしか使用することができない。一応カラーバリエーションは、白・赤・黄・緑・青の5色ある。

ちなみに、ランクの高いトラックはより “インド感” あふれる装飾が施されているようだ。

ゲームモードはサマーモードとウィンターモードの2つがある。ウィンターは雪道となっている。今回はサマーで挑戦。

モードセレクト後に、レベルを選択することになる。

・実際にプレイしてみると……

プレイ開始! 操作は単純だ。アクセル・ブレーキ、ハンドルを操作して、指定の方向に進んでいくだけ。

視点変更も可能。初期設定では第3者視点なのだが、運転席の視点。

車両側面の視点。

俯瞰視点、全4種を切り替えることが可能となっている。

想像した以上に凝ったつくりをしている。これは結構楽しめそうだ!

・むずい

スタート時、荷台は空っぽなのだが、所定の位置で木材を積むことになる。

木材1本でも落とすとゲームオーバー。慎重にハンドルを操作しながら、前へ前へと進んでいく。

だが、思った以上に操作は難しく、簡単そうなルートに見えるが、トラックはあっさりと谷底へ……。

そして水底へ…………。

都合5~6回繰り返して挑んだが、私は結局1面もクリアできないまま、アプリをそっと閉じた……。車ゲームはめっちゃ苦手なんじゃ~。ハンドル操作に自信のある人は、1度挑戦してみてほしい。地味に難しいぞ!!

参照元:Google Play「インドのリアル貨物トラック運転手
Report:佐藤英典
Screenshot:Google Play「インドのリアル貨物トラック運転手」


Source: ロケットニュース24