キッチンリセットは完璧でなくていい。負担な人にはコレで十分

SNSのハッシュタグなどでも話題になった「キッチンリセット」。1日使ったキッチンを綺麗に掃除して最初の状態に戻し、次の日にまた気持ちよく家事をスタートできるようにしようというもの。

「リセットと聞くと難しく感じるかもしれませんが意外に簡単です」と話すのは、SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさん。キッチンリセットの手順や、習慣化のポイントなども紹介してもらいました。

わが家のキッチンリセット方法

夕食後のキッチン

「毎日キッチンを完璧に綺麗にする」と思うと、少し負担に感じてしまう方もいるかもしれません。あくまでも翌日、気持ちよくキッチンでの家事をスタートするのが目的ですので、家庭に合わせたリセット内容でいいのです。

まずは、気軽にできる内容からスタートしてみてはいかがでしょうか。キッチンリセットの意識が少しあれば、キッチンの頑固な油汚れと長時間格闘するということは少なくなるはずです。

リセットは夕飯後一気に

リセットは、夕飯後の洗い物をしたついでに一気にするのがおすすめです。最初に夕飯時の洗い物から終わらせ、ここにプラス掃除をすることで綺麗な状態をキープします。

シンクを綺麗に洗う

シンク洗い

シンクを水で流すだけにしている方は、食器を洗った後に、ぜひシンクも食器と同じように綺麗に洗ってください。洗剤は食器用の中性洗剤で大丈夫です。

わが家では排水口のゴミ受けなどもこの時に一緒に洗います。毎日洗っておけば排水口の汚れもつきにくいので、専用スポンジをわざわざ別で用意しなくても構いません。

全体的に拭き掃除

拭き掃除

シンクを洗い終えたらワークトップやIHクッキングヒーターなどを全体的に拭き掃除します。

わが家では中性洗剤のウタマロクリーナーを少量スプレーして拭いていますが、汚れがひどくない時は水拭きのみです。キッチンパネルなども油汚れが飛んでいるので、必ず水拭きするようにしています。

食事の時に使い捨てのダスターを台拭きとして使用していますが、食事後にもワークトップ、さらにキッチンの床もダスターで拭いています。床の拭き掃除が終わったら、そのままゴミ箱に捨てることができて手軽です。

水滴を拭き取る

水栓の掃除

最後にシンク全体の水滴を綺麗に拭き取ります。この時に水栓も一緒に拭くので、水垢がつきにくく常にピカピカの水栓をキープできます。

ここまでやり、キッチンリセットは終了です。

ただ、水滴を綺麗に拭き取っても、そのあとに家族がシンクを使う時もあると思います。リセット後に家族がシンクを使うと分かってる時などは、水栓だけを拭いて終了することも多いです。

キッチンリセットに完璧を求めないのが大事

掃除後

筆者は今の家に入居してから2年。キッチンリセットは、なるべく毎日続けるようにしているのでもう習慣となっています。綺麗な状態はやはりとても気持ちいいです。頑固な油汚れや黒カビもありません。

家族みんなで使うキッチンなので、もちろんリセット後に汚れることもあります。最後までリセットできない日もたくさんあります。時間がなければ途中までのリセットでもいいと考え、「キッチンリセット」に対してストレスを感じないことが習慣化のポイントです。

今回ご紹介した内容も参考にして、何かひとつでもいいのでキッチンリセットに取り入れてみませんか。

Source: 日刊住まい

月1回の「キッチン丸洗い」で、新築みたいなキレイをキープ

調理後にきちんと掃除をしているつもりでも、油汚れなどが意外な場所についてることも多いキッチン。毎日使用していると、どうしても新築時のようなツルツル、ピカピカのキッチンではなくなってきますよね。

だからこそ、月1回の「キッチン丸洗い」がおすすめ。SNSで家づくりやお掃除術などを発信しているbeachmamaさんに、その方法を教えてもらいました。

月1回「キッチン丸洗い」をする理由

キッチン丸洗い

キッチンは日々の調理や洗い物で、油がはねたり水垢汚れもついています。ワークトップやキッチンパネルなどの、キッチン全体の汚れを月に一度スッキリ落としてリセットすることが「キッチン丸洗い」の目的です。

丸洗い後は汚れが落ちてキレイになるだけでなく、全体のくすみが取れて明くなり、モチベーションもアップします。

丸洗いする前に頑固な汚れは落としておく

それではさっそく使う洗剤や流れなどをご説明していきます。

キッチン丸洗い

IHクッキングヒーターなどについた焦げ付きなどは、専用のクリーナーや重曹を使ってお掃除しておきましょう。重曹を使う時は少量を汚れにかけて、水をつけたラップでこするだけでも綺麗になります。

わが家では中性洗剤の住居クリーナー「万能jrくん」を使うことも多いです。水垢や焦げ付きなどの汚れをキレイにしてくれるので、あると便利です。

キッチン丸洗いの手順

ウタマロクリーナーを吹きかける

キッチン丸洗い

わが家ではお掃除の必須アイテムである中性洗剤の「ウタマロクリーナー」を使っています。

全体を丁寧に洗う

キッチン丸洗い

キッチン全体に洗剤を吹きかけたら、スポンジで全体を丁寧に洗っていきます。シンクはもちろん、ワークトップ、普段は掃除をしない立ち上がり部分なども、水垢がついていたり油はねがあったりしますので丁寧に洗ってあげましょう。

キッチン丸洗い

IHも同じように洗っていきますが、こちらは隙間から本体内部に洗剤などが入り込まないように気をつけながら洗います。タオルなどに洗剤をつけて、汚れを拭き取る形でも大丈夫です。

キッチン丸洗い

キッチンパネルは油汚れでベタベタしてる場合も多いので、念入りに掃除しましょう。ウタマロクリーナーの泡は弾力があり、泡がたれてこないので掃除もしやすいです。

泡を拭き取る

わが家ではペーパータオルで、最初に泡を集めてから再度水拭きをしています。コンパクトな水切りスキージーなどを使用しても良いと思います。

キッチン丸洗い

泡をある程度取り除いてから、一度ペーパータオルを洗って、丁寧にキッチン全体を水拭きしていきます。これを数回繰り返します。

仕上げの除菌スプレー

キッチン丸洗い

最後に乾いたペーパーに除菌スプレーを吹き付けて、全体を仕上げ拭きすれば丸洗い完了です。新築時のような、ツルツル、ピカピカのキッチンになっているはずです。

キッチン丸洗い

月に1度キッチン全体を丁寧に洗うことをルーティーンにすると、毎日気持ち良くキッチンを使えます。ぜひトライしてみてくださいね。

※掃除の際は十分な換気を。洗剤の取り扱いには気をつけましょう
※システムキッチンやIHクッキングヒーターのお手入れ法については取り扱い説明書をよく読んでから行ってください

Source: 日刊住まい

ウタマロクリーナーでレンジフードのベタベタ汚れも解決!

キッチン掃除の中でも、レンジフード掃除が苦手という方は多いのではないでしょうか。
毎日使うことの多いレンジフードは油汚れがつきやすく、掃除をしないでおくと頑固汚れになり落とすのも大変になります。

そんなレンジフード掃除、SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんはウタマロクリーナーを使っているそうです。

中性洗剤でありながら油汚れもスッキリと落としてくれるウタマロクリーナーを使って、簡単お掃除をしてみませんか?

大掃除の強い味方!ウタマロクリーナーとは

洗剤

ウタマロクリーナーの主な洗浄成分はアミノ酸系洗浄成分で、キツい臭いもありません。グリーンハーブの香りで、お掃除中もスッキリとした気分で使用することができます。

中性洗剤なのでデリケートな素材も安心して使えるため、気軽にお掃除できる便利なアイテムです。

中性洗剤だと汚れ落ちが不安な箇所でもしっかり力を発揮してくれ、2度拭きの必要もないので、調理後のキッチンのコンロまわりやシンク掃除などにも活躍します。

※肌が敏感な方や長時間のお掃除の際は手袋などを使用してください

ウタマロクリーナーで手強いレンジフードがスッキリ

レンジフード掃除

レンジフードで洗う必要のある部品はシロッコファン、フィルター、レンジフードの蓋となる整流板などです。
定期的に掃除をしないと油汚れが落ちにくくなりますので、タイミングを決めてお掃除をしましょう。

ウタマロクリーナーは汚れに直接スプレーして使いますが、しつこい汚れの場合は5分ほど時間をおくと効果的ですので、スプレーしてそのまま少し時間をおきます。

レンジフード本体の掃除

シロッコファンやフィルターなどにたっぷりウタマロクリーナーをスプレーして汚れになじませている間に、レンジフード本体のお掃除をしていきます。

レンジフード掃除

レンジフードの上には油汚れだけでなく、ほこりもたくさんつきます。ウタマロクリーナーをスプレーして拭き取るだけで、ほこりやベタベタ汚れもスッキリします。

レンジフード掃除

レンジフードの中も綺麗にお掃除します。ウタマロクリーナーはスプレーして拭き取るだけなので、水洗いのできない箇所も簡単にお掃除できるのが嬉しいポイント。

シロッコファンなどの掃除

レンジフード本体の掃除が終わったら、先ほどウタマロクリーナーを吹きかけておいたシロッコファンやフィルターなどを洗っていきます。

レンジフード掃除

シロッコファンは細かい箇所の掃除が難しいですが、ウタマロクリーナーを吹きかけておくことで汚れ落ちが良くなっているので、軽くこするだけで綺麗になります。

シロッコファン掃除の時にあると便利なのが、隙間用のブラシや歯ブラシ。洗いにくい箇所にも使いやすいです。その他のフィルターや整流板などはスポンジを使って洗います。

すすぎ

レンジフード掃除

しっかりすすぎをして、乾燥させてから元に戻せば終了です。

日常的なキッチン掃除にもウタマロクリーナーが活躍

レンジフード掃除

ウタマロクリーナーは1本で気軽にお掃除できる洗剤です。

レンジフード以外にも調理後のキッチン周辺の日常的な拭き掃除にも活躍しますので、油汚れなどが気になる場合に使ってみてはいかがでしょうか。

※掃除の際は換気を十分に。洗剤の取り扱いには気をつけましょう。レンジフードのお手入れについては、メーカーの取扱説明書を参照してください

Source: 日刊住まい

「手で洗う」が最強。シートもブラシも使わないトイレの掃除法

トイレ掃除にはどんな方法を使っていますか?

お掃除ブラシは水切れが悪いものが多く、清潔に保つのが大変。流せるタイプの使い捨てブラシはストックの減りも早く、柄を洗ったりする手間があります。

「少しでも手間を感じてしまうと、掃除のハードルがあがってしまいます」と話すのは、SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさん。

いろいろな方法を試し、beachmamaさんが最終的に自分に合うと感じた掃除方法は「手で洗う」ことだったそうです。

理想的なトイレ掃除法とは

トイレ

家庭によってもやり方は異なると思いますが、私が求めるトイレ掃除方法の条件がいくつかあります。

1.日常の掃除には中性洗剤を使う

わが家のトイレの取り扱い説明書では、中性洗剤の使用を推奨しています。頑固な汚れ以外は、酸性やアルカリ性は使用NG。

2.お掃除シートは使わない

同じくトイレの取り扱い説明書によると、限定されたメーカーのお掃除シート以外は使用できないことになっています。
限定されたメーカーの物はコストパフォーマンスを考えると継続しにくいので、お掃除シート以外の掃除アイテムを希望。

3.使い捨て

なるべく手間を減らすために、使ったらそのまま捨てることが可能なアイテムを使いたい。

4.コスパが良い

継続して購入しやすい価格設定かどうかも大切なポイント。

この4つの条件をクリアしたわが家の掃除方法をご紹介します。

使用してるトイレ掃除アイテム

トイレ掃除アイテム

掃除アイテムはこちら。
・ゴム手袋
・ペーパータオル
・中性洗剤
・除菌スプレー

掃除に使用する洗剤は、住居用の中性洗剤「ウタマロクリーナー」です。これはわが家に常にストックがある洗剤のひとつなので、在庫の把握もしやすいという理由もあり、こちらの洗剤を使っています。

ゴム手袋

お掃除の時に欠かせないのがゴム手袋です。おすすめのゴム手袋は「ニトリルゴム手袋」。パウダーフリーで手にしっかりフィットし、破れにくいのでトイレ掃除にもピッタリです。

ペーパータオル

ペーパータオルはスコッティの「洗って使えるペーパータオル」を半分にカットして使用しています。ダイソーのクリアケースにまとめて入れて置いています。

掃除方法

水位を下げるボタン

わが家のトイレには便器の水位を下げるボタンがあります。まずは水位を下げておくことでゴム手袋に水が入るのを防げますので、こういった機能がないか確認してみてください。

トイレ掃除

手順はとてもシンプルです。洗剤を便器や便座に吹きかけて、ペーパータオルで掃除していくだけです。

掃除は、汚れが少ない場所から順番にしていきます。トイレ便座蓋、便座、便器という流れだとペーパーを余計に使いません。

自分の手で掃除をするメリットは、細かい場所もしっかり綺麗にできることです。ブラシでは掃除しにくい場所も指を使って洗えます。

ゴム手袋の廃棄

掃除が終わった後はゴム手袋を裏返すようにして外しながら、使用したペーパーも中に入れてしまえば、手が汚れずにそのままゴミ箱に捨てられます。

最後にもう1枚ペーパーを使い、除菌スプレーでドアノブや床などを拭いて除菌をして終了です。

便器に手を入れることに最初は抵抗を感じましたが、隅々までしっかり掃除できることやブラシを洗う手間などを考えると、一番簡単で掃除のハードルを下げてくれる方法でした。

トイレ掃除はシンプルに

トイレ掃除

トイレは汚れだけでなく、臭いなども気になる場所です。嫌な臭いは、汚れをそのままにしておくことでついてしまいます。

でも、トイレ掃除の方法をシンプルにすれば、気軽に掃除をすることができて頑固汚れがつきにくくなります。
頑固汚れがつかなければ、余計な洗剤も必要なく、掃除に長い時間をかけることもなくなるはずです。

トイレ掃除を見直したいという方は、手を使って洗う方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※掃除の際は換気を十分に。マスクを着用し、洗剤の取り扱いには気をつけましょう。

Source: 日刊住まい

カビや水垢に対処。「浴室丸洗い」は月一度で効果を実感

毎日使う浴室はどうしてもカビや水垢の目立つ場所。頑固汚れが付いてしまうとお掃除するのも大変です。

SNSで家づくりやお掃除術などを発信しているbeachmamaさんによると「シャンプーなどの石けんカスが蓄積される前に、きちんとリセットすることがキレイを維持するポイント」とか。
特に浴室全体をキレイに洗う「浴室丸洗い」は、カビや水垢の予防に有効だと実感しているそうです。

beachmamaさんが実践している「浴室丸洗い」の手順とそのメリットについて、本人に教えていただきます。

タイミングを決めて浴室丸洗い

浴室掃除

私はお風呂掃除が嫌いです。

特に鏡の水垢やカビ汚れは落とすのが大変なので、なるべく予防をしたいと思っています。
そこで、入浴する日は入浴前に浴槽だけ簡単に洗い、入浴後はタオルなどで水滴を拭き取るようにしています。

では、床や壁はいつ掃除するのか……。
毎日しっかりと洗うことは私の性格的に少し難しいけれど、カビや水垢は付けたくない。考えた結果、毎月1回念入りにお掃除をする月初掃除のひとつとして「浴室丸洗い」を取り入れることにしたのです。

浴室丸洗いでは、とにかく洗える部分は丁寧に洗います。これだけですが毎月1回やると決めると続きやすいです。
まずは自分ができるタイミングはいつなのかを探すことが、掃除を続けるポイントになります。

カビが発生しにくい環境をつくる

浴室

カビの発生は湿度だけでなく、汚れも原因のひとつです。

毎日の入浴で使うシャンプーなどの石けんカスが残ったままだと、カビが生える条件を増やしてしまいます。
掃除をきちんとしているつもりでも、見落としている場所はあるため「浴室丸洗い」はおすすめです。

お風呂の綺麗を維持するのは難しいと感じる人も多いかもしれませんが、毎月1回でも汚れをリセットすること、水滴をなるべく残さないこと。
これらを意識するだけでも浴室の頑固な汚れは付きにくくなり、カビ予防にもなるのです。

ウタマロクリーナーは浴室にもおすすめ

ウタマロクリーナー

住宅用クリーナーである「ウタマロクリーナー」は中性洗剤ながら汚れ落ちが良いと人気ですが、浴室の洗剤としても使いやすいです。もちろんご家庭にあるお風呂用洗剤でも大丈夫です。

浴室丸洗いの手順とポイント

浴室掃除

浴室丸洗いでは、まず全体に洗剤を付けて洗っていきます。

普段、壁はなかなか洗わない場所だと思いますが、石けんかすなどが飛んでる場合もありますので、柔らかいスポンジを使ってしっかり洗います。風呂桶や椅子、ラックなどの小物も忘れずに洗いましょう。

浴槽エプロン洗い

浴槽をカバーするエプロンが外せる場合は、エプロンも外して洗います。汚れがたまる場所なので、定期的にエプロンは外して洗うようにしましょう。
ネジまわりの細かい部分は、歯ブラシなど細いブラシを使うと洗いやすいです。

洗剤を流す

浴室全体を洗い終えたら、洗剤が残らないように洗い流します。このとき、カウンターの下や棚の裏など、見落としがないかチェックしながら流します。

洗い終わったら水滴を綺麗に拭き取ります。拭き取る理由は水垢予防と、最後に仕上げの除菌をするので除菌剤が薄くならないようにするためです。
タオルでも大丈夫ですが、洗車の時に使用するような吸水タオルや吸水スポンジなどがあると拭き上げも楽にできます。

仕上げに除菌スプレーや防カビ剤

浴室の除菌

最後に、無印良品のフローリングモップに防カビ、除菌スプレーを拭きかけて浴室全体を除菌します。丸洗いの時に天井を洗うのは難しいので、天井もモップを使いしっかり除菌しておきます。

浴室細部の除菌

エプロンと浴槽の隙間やカビの付きやすいパッキンなどは、タオルなどに直接スプレーして除菌します。

防カビ剤の使用

2か月に1回の頻度で使用する防かび剤もおすすめです。丸洗い後はしっかり浴室全体を乾燥させておきましょう。エプロンもしっかり乾いてから元に戻すと、内部に湿気がこもりません。

頑固な汚れが付く前に、浴室丸洗いを習慣にしてみませんか。

※浴室掃除の際は十分な換気を。洗剤の取り扱いには気をつけましょう
※浴槽エプロンの洗い方については取り扱い説明書をよく読んでから行ってください

Source: 日刊住まい