マンションで「ウッドデッキのある暮らし」。パーティや遊び場に楽しく使ってみない?

つむぱぱさんの家のウッドデッキ
ウッドデッキというと、戸建てのLDKと庭の間に設置させるものと思いがちですが、もちろん小さなマンションでも可能です。

ここでは規模の大きなものから、コンパクトで手軽につくれるものまで、楽しい時間が生まれる実例を集めました。

子どもの遊び場にしたり、ホームパーティを開いたり…木の温もりに包まれた屋外空間の過ごし方は無限大です。ぜひ参考に!

CASE1. つむぱぱさんの家のウッドデッキはまさにリビング!素敵すぎ

バルコニー

まずは、かわいいイラストとともにつづられたパパ目線のインスタが大人気の、つむぱぱさんの広いウッドデッキがあるご自宅からご紹介です。

つむぱぱさんが家を探すときに、第一条件に挙げたのは「広いバルコニー」。そして見つけたのが、専有面積は決して広くないものの、バルコニーが広く眺めのよさ抜群の中古マンション。

バルコニーは木のフェンスで囲み 、床にはウッドデッキと人工芝を張りました。ウッドデッキに置かれているベンチはつむぱぱさんの手づくりで、雨の日はマットを収納できるというスグレモノ。

窓

窓の手前にステップを設けて室内と行き来しやすくし、内と外が自然につながるような一体感を演出しています。

手づくりのフラッグや、直射日光や雨を防いでくれるタープも張られ、楽しげな雰囲気。娘のつむぎちゃんや猫のはじめちゃんと遊んだり、ときにはDIYに励んだりと、様々に楽しめる多機能スペースになっています。

単にバルコニーが広いだけでなく、家族と過ごす時間を楽しむ場としての工夫が現在も進行中。つむぱぱさんの家や家族に対する深い愛情が感じられる素敵なウッドデッキです。


日刊Sumai「パパ目線のインスタで大人気!つむぱぱさんのおうちを訪問」(撮影/山田耕司)より

CASE2. ルーフバルコニーをホームパーティも開けるデッキテラスに!

ルーフバルコニーから光が入るダイニング

こちらは築46年のマンションの最上階を購入したリノベの事例です。
玄関のドアを開けるとすぐ目に入るのは、キッチンとひとつながりになっているダイニングテーブル。そしてダイニングスペースの先には広いルーフバルコニーが広がります。

ホームパーティーができるルーフバルコニー

居室とほぼ同じくらいという広さのルーフバルコニーには、一部にウッドデッキをつくりました。天気のいい日にはここで食事をしたり、ゲストを呼んでホームパーティをしたりと大活躍しています。

ルーフバルコニーにウッドデッキをつくるだけで、家での楽しみ方が大きく広がります。

日刊Sumai「広いルーフバルコニーと、つくって食べて遊べるキッチンがある家」(設計/ブルースタジオ 撮影/山田耕司)より

CASE3.マンションなのに戸建気分。バルコニーをアウトドアリビングに

メゾネットマンションのリノベ

広いリビングの先には板塀?マンションなのに戸建に住んでいるような気分になるお宅です。

LDとキッチン、個室を分けていた間仕切りを取り払い、ワンルーム化しました。オープンな空間にはルーフバルコニーがあり、明るさも申し分ありません。

メゾネットマンションのリノベ

このルーフバルコニーを板塀とウッドデッキを張り、まるで屋外にもう一部屋あるような空間に。グリーンが置かれ、とかく無機質になりがちな場所が、心安らぐ場所になっています。

メゾネットマンションのリノベ
バルコニーにはイギリスのデザイナー、ロビン・デイ作のポロチェア(写真・左)が置かれています。ポリプロリレン製で屋外でも使用可能。インテリアも楽しめる空間になりました。

日刊Sumai「オークの床と漆喰壁がベースのLDで好きなものに囲まれて暮らす」(設計/Playmountain/Landscape Products 撮影/水谷綾子)より

CASE4.庭のようなウッドデッキに癒される延床50㎡の小さな住まい

植物が映えるリビング

こちらは50㎡の小ぶりなマンションリノベ。植物が好きなこの家の主は、バルコニー側に植物の手入れなどがしやすいインナーテラスを設けること希望しました。

窓際にはインナーテラス

リビングの一角にはモルタル仕上げのインナーテラスを設けて、以前から大切にしてきた観葉植物を置いています。DIYでデッキを張ったバルコニーにもたくさんの植物があり、リラックスできる雰囲気に。
また、植物の緑が映えるようにと、床材には少し赤みがかった桜の無垢フローリングをセレクトしました。

小上がりの寝室

最大限に広さを感じられるよう仕切りを取り払い一室空間にリノベ。収納スペースもしっかり取れるよう、床下収納のある小上がりの寝室をつくりました。

写真はその寝室からの眺め。ウッドデッキのベランダが小さな庭のよう。室内の緑と窓の外の緑がいい感じで調和しています。

日刊Sumai「細切れで暗かった1LDKを、観葉植物が主役のワンルームに。小上りのベッド空間も楽しい」(プロデュース・設計/EcoDeco 撮影/山田耕司)より

Source: 日刊住まい

実例集:ウッドデッキがあるとマジ楽しい!おしゃれなもうひと部屋のつくり方

LDとフラットにつながるウッドデッキ
ウッドデッキをつくる人が増えています。なかにはおしゃれで楽しいウッドデッキを、DIYするツワモノまで。気軽にアウトドア気分を味わったり、バーベキューをしたり…。もうひとつのリビングダイニングを手に入れる方法として今、ウッドデッキは要チェックです!

ここでは、リフォームの機会にウッドデッキを導入したというお宅の実例をご紹介。もちろん、これから家を建てようと考える人にも参考になります。素敵なウッドデッキをぜひ暮らしに取り入れてみては。

CASE1.まさにアウトドアリビング!書斎にもなるウッドデッキ

セカンドリビング的ウッドデッキ
建主は共働きで手入れが大変な庭に頭を悩ませていました。そこでほかの部分も含め、もっと快適に暮らせるようリノベーションを決意。

悩みのタネだった庭をウッドデッキに!リビング・ダイニングとフラットに連続させたことで、セカンドリビングが誕生しました。

ウッドデッキの両サイドには庭を残し、新たに植栽したので、緑に囲まれたアウトドアリビングという雰囲気です。気持ちがいいのでリノベしてからは、お茶もパソコンもこのウッドデッキで。

以前は引き違いだった窓は、全開できるタイプに。リビング・ダイニングと一体の快適すぎる空間です。

夜になると、壁を照らす間接照明が幻想的な雰囲気をつくり出します。リノベーションして、ウッドデッキに寝転んで月や星を眺める時間ができたそう。

これからもウッドデッキが豊かな暮らしを広げてくれそうな家です。

やわらかい陽の当たるリビング
日刊Sumai「躯体の鉄骨が美しいLDK。広いウッドデッキを愛犬も喜ぶセカンドリビングに」(設計・施工 フィールドガレージ 撮影/山田耕司)より

CASE2. 冬は暖炉の火を眺めながら一杯!遊び心満載のウッドデッキ

デッキ
こちらは、中古の平屋を購入し建築家にリノベーションを依頼。「一人でも暮らしやすく、たまに友人を呼んでお酒が飲めるような家」にという希望をかなえたお宅です。

友人との時間を楽しく過ごせる場所として生まれたのがウッドデッキ。寒い夜、暖炉の火を眺めながら杯を交わし、見上げると空には冬の星座…。まさに至福の時間が過ぎていきます。

デッキ
もともとは軒の張り出した部分には広縁がありました。それをウッドデッキとして延ばすことで、十分な広さを確保。

でき上ったウッドデッキは家と町が適度につながる高さに塀を設置。塀のRCの部分には屋外暖炉を組み込んで、火も楽しめる空間としました。

リビング
室内から直接出られるデッキを設けるとき、高さは室内の床と揃えるケースが多いのですが、このお宅ではあえて腰掛けられる高さまで窓台を上げています。これは微妙に仕切られながら、つながるという仕掛け。室内からはウッドデッキが1枚の絵のように見えます。

リビング

日刊Sumai「室内からデッキへ、平屋を遊び心満載のわが家に。冬は暖炉も楽しい!」(設計/武川建築設計事務所 画像提供/武川正秀)より

CASE3. 隣地との余白にウッドデッキ!室内からの眺めも素敵です

築20年の戸建て

こちらのお宅では自宅のリノベに合わせて、外を取り込む工夫をした事例です。

隣家との目隠しになる壁
まずは隣地とのわずかなすき間。普通は味気ないブロック塀の向こうにお隣さんの外壁!というケースが多いですよね。こちらはそれを解消するために目隠しのために板塀を設置。妻が白くペイントしました。その壁に反射した光が室内に明るさをもたらしてくれます。

DIYのウッドデッキ
この白い塀と家の間には夫がDIYでウッドデッキを設置。ナチュラルなディスプレイは、見ているだけでやさしい気持ちになります。

テラスにテーブル配置
玄関脇にテラスも設置しました。テラスにはテーブルを置いて、天気のよい日にはここで食事も楽しむことも。

キッチンからのアクセスがよいので配膳もラクです。パイプを自分たちで組み、日よけのシェードをつけて、日差しの強い日も快適に過ごせるスペースに仕上げました。

絵になるウッドデッキ、外とつながるテラス…家族の笑い声が絶えない家です。

日刊Sumai「玄関からLDKまでひとつづきの土間に。開放的で超楽しい!リノベ」(設計/アルツ・デザイン・オフィス 撮影/日紫喜政彦)より

CASE4. 雑草だらけの庭が1時間でおしゃれなウッドデッキに早変わり!

庭にウッドパネルを設置
こちらは新しい家に引っ越してから3年も、何もせず放置していた庭をなんと1時間のDIYでウッドデッキに変身させたお宅のご紹介です。

家族で念願のおうちキャンプを楽しめ、庭がテラスどころかリビングの一部になったような感覚に。大満足のプチリフォームとなりました。

3年弱放置していた庭
DIY前はこんな状態でした。雑草だらけです。

ウッドパネルを設置する直前の庭
まずは雑草を抜き、ウッドパネルを設置してもガタガタにならないよう、土を平らにならします。

ウッドパネルは簡単にに設置できる
ならし終わったら、1枚が30㎝×30㎝の大きさのウッドパネルを敷き始めます。裏側には滑り止めが付いていて、ずれにくくなっています。また、水抜き穴もあって水はけがいい仕様のものを選びました。

庭にウッドパネル設置終了
1時間後、雑草だらけで美しくなかった庭におしゃれなウッドデッキが完成!かかった金額はウッドパネル81枚でわずか2万2500円!

さっそくキャンプ用の椅子やテーブルを置いてみると、本格的なキャンプ場のよう。これから楽しい時間がたくさんうまれそうなウッドデッキです。

ウッドパネルを敷いた庭でおうちキャンプを楽しむ
日刊Sumai「ウッドデッキみたいな空間を1時間でDIY。庭でおうちキャンプが楽しい」より

Source: 日刊住まい