【缶詰マニア】7500円の「ウニ缶」を食べてみた結果 → もはやウニじゃなかった / K&K『缶つま極 エゾバフンウニ』

苦みのある味に「大人」を感じるウニ。私(中澤)は、子供の頃あの独特の味が好きではなかったが今では大好物の1つだ。寿司屋に行ったら必ず頼む。寿司ネタで打線を組むなら、スタメン入りは確実な人もいるのではないだろうか。

とは言え、高い店には行かない私。ウニはほとんど回転寿司でしか食べたことがない。そこで、7500円のウニを食べてみることにした!

・北海道利尻島産のエゾバフンウニ

そのウニとは、K&Kから発売されている『缶つま極 エゾバフンウニ(税込7560円)』である。北海道利尻島産のウニを使ったこの缶詰。水揚げされた当日中に蒸し上げ、「宗谷の塩」のみで味付けした一品なのだとか。それにしても回転寿司では100円~300円くらいで食べられるウニが7560円……

本当のウニの価値はどちらが正しいのか? っていうか、ウニって何なの? ウニの概念がよく分からなくなってしまうほどの価格差である。

・お前、本当にウニか?

それはさて置き、缶詰を開けてみると、いきなりテンションが上がった。ふちの際までギチギチにウニが詰まっており缶詰型の固体みたいになっているのである。

皿に取り出してみたところ、ゴロゴロと転がり出してくるウニの塊。布団圧縮袋で圧縮でもされたの

回転寿司に慣れた私にとって、ウニと言えば水っぽいものというイメージがあったが、この『缶つま極 エゾバフンウニ』には水っぽさがない。箸でつまんでみても崩れないウニの塊からは強い結束力を感じる。お前、本当にウニか? まあ、食べてみるか……パクリ

ウンマァァァアアアッ!!!!

口に入れた瞬間、トロけるようなミルキーな甘みがふわっと広がって海の匂いが鼻に抜ける。苦さは感じず、ただただ豊潤な甘みに舌が溶けそうだ。

・もはやウニじゃない

しかし、それ以上に驚いたのはその食感。ツブツブしてる! 回転寿司のウニでは感じたことがなかった1つ1つの卵の食感がしっかりと感じられるのだ。

それでいてトロけているものだから手がつけられない。私が知ってるウニと全然違う! もはやウニじゃねェェェエエエ!!

それほどに別物……それほどに新食感! 今まで私は何を食べていたのか……。味においてもウニの概念が崩壊しそうになるこの缶詰。一生に一度くらいは味わってみても罰は当たらないだろう。

Report:缶詰評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「缶詰マニア


Source: ロケットニュース24

バターの上に生のウニが乗った「極生うにバター」を食べてみた / ウニを超えた新時代のウニ

時おり、信じがたいようなコンセプトにもかかわらず高額な食べ物が販売される。信じがたいのは、きっとグルメ通なブルジョア層向けなため、筆者のようなド底辺庶民の価値観をぶっちぎったモノなのだからなのだろう。

それでも好奇心だけはそそられる。そして今回、その手の商品で試してみたくなるオモシロそうな一品を発見。バターの上にガチで生のウニが乗った、カノーブルの「極生うにバター」なるシロモノだ。さっそく食べてみたぞ!

・店舗で購入

公式HPで通販もなされているが、8月上旬に発送予定となっているこちら。電話で問い合わせてみたら、直営店舗では既に少量だが販売しているそう(2019年7月26日の購入時)。ということでやってきたのは、都内にある販売元のナショナルデパートの店舗。都立大学駅から徒歩5分くらい。

もとより直接販売はそこまで考えていないのだろうか。一見して何かお店をやっているようには見えない。知らなければ素通り間違いなしだろう。一応ほかの種類のバターの看板が出ていた。フルーツ味のバターだとか紅茶味のバターだとかも売っているらしい。

それらも気になるが、ウニほどのインパクトは無い。バターにウニとは……失礼ながら、血迷ったとしか思えない組み合わせだ。しかもそこそこ良いお値段。90グラムで4200円か、35グラムで1650円だ

まあ牡蠣にバター醤油とかは最高にウマいし、もしかしたらそこそこ相性がいいのかもしれない。そんなことを考えながら購入。お店の人によると、ご飯やパスタ、パンなどおおよそあらゆる主食に合うという。しかも、バターごと醤油をかけてそのまま食べてもいいとか。

マジでバターなんだよな? 思った以上の汎用性にますます深まる謎と、高まる好奇心。パスタやパンは、まあちょっとわかる。でもご飯にウニはともかく、バターってどうなのよ。

・ブルジョア向け珍味感

いざ持ち帰ってよく見ると……

けっこうコンパクトである。90グラムってこんなものか。4200円でこの量……やはりブルジョア向け珍味感が半端無い。具体的にどのくらいの大きさかというと、ローソンで売ってる「大盛りコシヒカリごはん(250g)」の四分の一程度である。

裏に書かれている食べ方によると、解凍後はその日のうちに食べないといけないらしい。使用されているウニが無添加ということで、すぐ痛んでしまうのだろうか。下手に多いと食べきれない恐れが出るが、この量なら一人でも余裕だろう。

包みを開けると、そこにはまごうこと無きバターに乗ったウニの姿が!

マジでウニやん……。お店の人から聞いたのだが、下のバター部分にもウニが練り込まれているとのことで、その辺もしっかりウニ味だそうだ。眺めている間にもバターが溶け始めたため、早く食べる必要がある。ということで……

ご飯にドグシャァアアッ!

まずはバターの部分のみご飯と共に食べてみると……

マジかよ……ガチでウマい……!

かなりネットリとしていて、いかにもバターだが……ちゃんとウニ味でご飯に合う。というか、ほとんどウニを食べているようなものである。とろけるバターもとろけるウニも、大体似た様な食感であることを初めて認識した。

ウニの部分は、それはもうそのままウニであり、ご飯との相性については言うまでもないだろう。ウニ部分とバター部分の両方を同時にそのまま食べても普通にウマい。

・ワサビ醤油でチュルッと

そういえば、お店の人が「ワサビ醤油につけてね。こう、チュルッとやるとウマいんですよ」などと言っていた。聞いた時は半信半疑だったが、今ならわかる。それたぶん一番正解の食べ方じゃねぇか……!

残念ながら手元にワサビも醤油も無かったので実践できなかったが、お買い上げになられた方は是非試してみて欲しい。「極生うにバター」は、通常よりもコクとネットリ感が増したウニのカタマリ……のようなものだ。

汎用性においては素のウニを超えていると思う。ウニを超えた新時代のウニ。4200円の90グラムのほうを今回は購入したが、気づいたら完食していた。惜しむらくはその値段である。ウマいがブルジョア向けだ。1日で食べきりで4200円は、ちょっと庶民にはハードルが高い。あとカロリーもたぶん高い。

参考リンク:ナショナルデパート
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24