【コンビニ限定】頭が悪そうなエナジードリンク「超絶エナジー わくわくの実MIX」を飲んでみた結果…

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! つーか……マジで久しぶりだよな。だって2カ月ぶりの登場だぞ? 2カ月もノーエナだったのかよ。いい加減干からびるわ。

と、そこへ現れたのが、本日2019年12月10日より発売となったニューエナドリ『超絶エナジー』だ! なんちゅう頭の悪い商品名だよ、まあ俺も大概だが。全国のコンビニにて数量限定で販売されるらしく(一部店舗を除く)、その現物が編集部に届いたんでさっそくエナってみっぞ。

・久々の新エナドリ

真っ赤なフォルムの『超絶エナジー』は、正式には『モンスターストライク 超絶エナジー ~わくわくの実MIX~(税抜218円)』という名称だ。そう、人気ゲーム「モンスト」とのコラボ商品である。はい終了ーーーーーーー!

おいおい、エナドリなめんなよ。俺はそんな ぬるいエナドリお断りだぜ! ……と思ったけど、まあ一応飲んでみるか。モンストはこの新エナドリについて、以下のように説明している。

「英雄の神殿に実っている『わくわくの実』が大豊作になったので、わくリンが実をたくさん集めて、一生懸命搾ってエナジードリンクを開発♪ いろんな種類のわくわくの実を混ぜ合わせ、トロピカルでフルーティーな甘さに仕上げたぞ!」

何を言っているんだお前は。誰なんだ、わくリンって。まあいい(良くはないが)。まずは恒例のエナジーサーチから始めよう。俺は缶の裏の成分表へと目を移した。すると……エ、エナ!? マジかよこいつ……! めっちゃ妨害してくるやん。

・見えない

シールが貼ってあるせいで、肝心なところが見えないではないか。わくリンの野郎……。だが、何人たりとも俺の疾走を止めることはできない。強制エナジーサーチ、発動。

・強制エナジーサーチ

こうして露わになったデータによると、なになに? 100ml当たりにアルギニンが100mgで、カフェインが32mg? なるほど……激しく普通だな。平均の中の平均というか、完璧に置きに来ている印象だ。『超絶エナジー』ってくらいだから、正直もっとエナが欲しかったカモ。

・エナジーテイスティン

色はピンク……いやオレンジか? 飲んでみると、むッ! たしかにこれはトロピカル系だな。フルーティーな甘みが口の中に広がる。そのためエナドリ特有のフレーバーは皆無と言えるだろう。モンスターエナジーが以前出して話題になった『モンスター パイプラインパンチ』と似た系統の味である。

ここで初代エナジーマンにも飲んでもらったところ……。

「うん、フルーティーで甘い。トロピカルだ」

──わくわくの実MIXとのことだが……。

「わくわくするかしないかで言ったら……まあ、わくわくするな

すんのかい! つまり結論としては、『超絶エナジー』を飲んだら わくわくするということになる。俺的にはエナドリ感が希薄で物足りなかったんだけど、逆に普通のエナドリが苦手な人には飲みやすい……のかもしれない。エナエナ(ふむふむ)。

・コンビニ限定

『超絶エナジー』はなくなり次第終了とのことだ。公式サイトで発売記念キャンペーンを実施しているようなので、特にモンストファンは急いだ方がいいだろう。ただし、くれぐれも飲みすぎには気を付けてくれよな。それではまた会おう! エンナァジイイイィィィッッ!!

参考リンク:モンスターストライク
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「エナジー検証」


Source: ロケットニュース24

【最強現る】ドラッグストア「クリエイトエス・ディー」のエナジードリンクが究極すぎて震えた / このカフェイン量はアカンやろ…!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! いきなりだけど、最強が来たぞ最強が。今回ばかりはさすがの俺もお手上げである。ヤバイってマジで。

数日前、神奈川を中心に展開するドラッグストア「クリエイトエス・ディー」が販売するエナドリがヤバイっていうタレコミがあったんだ。しかも数件な。完全にノーマークだったけど、そこまで言うんならって買ってみたところ、ただのリーサルウェポンで震えたぞ。何なんだよこれ……。

・最強現る

エナドリと言えばやはりレッドブルやモンスターエナジーあたりが有名だが、それらを上回る怪物が西友やイオンで販売されていることは過去の記事でお伝えしてきた。特にイオンの『トップバリュ エナジーハンター』なんて、本気でヤバイって思ったもんだよ。あの時はな。

それではさっそく「クリエイトエス・ディー」のエナドリ(税抜138円)をエナってみよう。缶は紫系であまり派手さはないデザインだが、コップに注いでみると……。

エ、エナッ!? そう、中身はまさかのド派手グリーンである。なんちゅう体に悪そうな色してやがるんだ……。飲んだ瞬間ガンギマれそうなエナジーカラーに、図らずもワクワクしてしまう俺。味の方はというと……。

うん! なんか……普通にウマいエナドリだな。安っぽさもパチモンっぽさも何もない、極めて真っ当なエナドリテイストだ。逆に言うとツッコミどころゼロなわけだが、138円でこの感じならだいぶ安くないか? エナジーリピート確定だわ。エナリピ、エナリピ。

・エナジーサーチ

成分的には特に変わった点は見られなかった。お! これライフガードで有名な「チェリオ」が作ってんのか。エナエナ(ふむふむ)。

その後、何気なく缶の下の方に目を向けていく俺。するとここで、とんでもないものを目にする。100ml当たりのカフェイン量が書かれていたので見てみると……ん? え?

カフェイン……80mgだとーーーーー!?

・アカン

待て待て待て待て! 多すぎるだろ!! カフェイン80mgって、レッドブル1缶分じゃねーか! 何倍入ってんだよ!! 以前 “兵器レベル” と紹介した『トップバリュ エナジーハンター』ですら、100ml当たり65mgだったぞ。一気にステージ飛ばしすぎィィィィイイイ! スーパーマリオの裏技かよ!!

さすが店頭で「国内最強クラスのインパクト」と書かれていただけのことはある。何よりヤバイのが、先述したように飲み口が普通という点であろう。そう、こんな強力なのにスルスル~ッと飲めてしまうのだ。魔剤にも程がある。

ここで初代エナジーマンにも飲んでもらったところ……。

「普通にウマい。西友のエナドリにちょっと似てるかな? レッドブルやモンスターエナジーと比べても遜色ない味だ。文句なし。安いから俺もまた買うぞ! エナリピ、エナリピ!!」

まんまとガンギマっていた。

・エナジーショック

恐るべし「クリエイトエス・ディー」。値段といい、カフェイン量といい、味といい、すべてのエナドリを過去に追いやるポテンシャルを秘めていると言っても過言ではない。こんな化物が、まさかドラッグストアでひっそり販売されているなんて思いもしなかったぞ。

なんというか、とどまることを知らない人々のエナジー欲求を思い知った気分だ。こういったエナドリの未来を観測するのもまた、エナジーマンたる俺の使命なのだろう。エナエナ。一応言っとくけど、エナドリの飲みすぎにはくれぐれも気を付けてくれよな! それではまた会おう。エンナァジイイイィィィッッ!!

参考リンク:クリエイトエス・ディー
Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「エナジー検証」


Source: ロケットニュース24

【やりやがった】モンスターエナジーの「大容量ボトル缶」がついに爆誕! コアファンも納得のハイパーな飲み応えに昇天したッッ!!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! いきなりで悪いが、さすがの俺も今回ばかりは冷静じゃいられねぇ。あ、あの野郎、ついにやりやがった……!

エナドリファンの諸君は心して聞いてくれ。なんと我らが『モンスターエナジー』に、ボトル缶が登場しちまったんだ! それもただのボトル缶ではないぞ。500mlの大容量ボトルであるッ! ぐわあああああ、ハイパーエンナァジイイイィィィッッ!!

・モンエナがまさかの巨大化

エナジードリンク界のトップランナー『モンスターエナジー』と言えば、355mlの細長い缶が一般的だと思う。しかし、そこにとんもでない輩が乗り込んできやがった。2019年7月30日にコンビニ限定で発売される新商品『モンスターエナジー ボトル缶500ml(税込320円)』だ!

数量限定の473ml缶なんてのも過去にはあったが、今回はさらなる増量を果たし、日本限定で売り出されるとのこと。発売前に送られてきた実物を手に持ってみると……デ、デケーーーーッ! ボリューム感がヤバイことになってんぞ!! 大丈夫かよこれ!?

・超ビッグサイズ

通常缶と並べてみるとその差は明らか。高さといいボディの太さといい、一回り以上は大きくなっている印象だ。要はガタイがいい。

また、フタ付きなのでエナジーテイクアウトも楽々可能である。生粋のエナジードリンカーたるもの、いつ何時であろうとエナジーチャージの備えは必要なのだ。切れたらキメる。これよ。

味・成分ともに355ml缶と同様のため、1缶で摂取できるカフェインは200mgとコアファンも納得の量になっているぞ。このボトル缶の存在が、エナジーを欲する者たちにとっての福音となることは間違いないだろう。

・エナジーテイスティング

ここで初代エナジーマンにも飲んでもらったところ、以下のような反応があった。

「うわ! デカーーーーイ!! 持った時の重みからして全然違う。俺、最近じゃ普通の缶でも多いから、レッドブルの185mlショート缶飲んでんだよね。こんなに飲めっかなぁ?」

妙に老いを感じさせる初代の発言。それでも俺たちは、500mlの大容量ボトル缶をグビグビと飲み干した。量は多いが、久々に飲むモンエナの味はやはり格別だ。エナドリ特有のフレーバーと、体中をエナジーが巡っていくようなこの陶酔感。まるでモンエナを通じて宇宙と溶け合い、心まで一体化していくような……。

我ら、太陽よりも高く昇る。

……結論としては、500mlボトル缶を飲むと軽くトベる。もちろん個人差はあるはずだが、145mlの差はそれなりに大きいと言えるだろう。いつものモンエナに満足できなくなったエナジージャンキーたちは、ぜひチェックしてみて欲しい。ではまた会おう。エンナァジイイイィィィッッ!

参考リンク:モンスターエナジー ボトル缶500ml
Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【喝】コカコーラのエナジードリンク『コカ・コーラ エナジー』を飲んでみた感想 → 何がしたいんだコラ!

エンナァジイイイィィィッッ! みんなエナってるか? 久しぶりだな。エナジードリンクをこよなく愛する男、エナジーマンだ!! それはそうと、ついに来たぞ! 待ちに待った「コカ・コーラ」のエナジードリンクがついに発売されたんだぜーーー!!

本日2019年7月1日より全国で発売が始まった新商品『コカ・コーラ エナジー』は、「コカ・コーラ」ブランド初となる本格的なエナジードリンクだ。マジモンの黒船がとうとうやって来たって感じか? 相手にとって不足なし! エナドリを愛しエナドリに愛された男、このエナジーマンがお相手しよう。

・エナジーコーラを求めて

日本初登場となる『コカ・コーラ エナジー』をいち早く体にブチ込むため、近くのコンビニ等にエナジーショッピングに出かけた俺。しかし、ここでいきなり出鼻をくじかれることになる。マジかよ、どこにも売ってねぇ……!

一体全体どうなってんだ? コカ・コーラのエナドリ版だぞ? そんなん飲まねぇバカいるかよ! と、珍しくエナジーアンガー状態に陥っていたところ……ん?

あ、あったァァァァァアアアアア! 会社入口にある自販機で売ってたーーーー!! これをエナドリ界隈の専門用語で灯台下暗しと言う。よーし、自販機限定の190ml缶(160円)をゲットしたぜ!

・エナジーチェック

こうして無事入手した『コカ・コーラ エナジー』だが、とにもかくにも、まずはデザインの圧倒的なカッコよさにシビれる憧れるゥ。おなじみのレッドカラーと、中央にドドンと書かれた “ENERGY” の文字が印象的だ。

さらに飲み口周辺もメタリックレッドに加工されており激クール。さすが世界のコカ・コーラ、ルックスの良さはエナドリ界屈指と言えるだろう。イケメンならぬ、イケエナだな。

・色が違う

試しにカップに注いでみると……エナッ!? 何かこれ、いつもより色薄くねぇ? コーラというと黒いイメージがあるが、この『コカ・コーラ エナジー』は、どこか紅茶みたいな色をしているのだ。エナジーショック!

強カフェイン、ガラナエキス、ビタミンB6、ナイアシンが配合されており、気になるカフェイン量は100ml当たり32mgとなっている。これはレッドブルとほぼ同程度の配合量であり、つまりはガチ。我々のようなエナジージャンキーでも、安心してエナれるってなもんである。

・エナジーテイスティング

さっそくグビっと飲んでみたところ……うむ。コーラだな。分かってはいたけどコーラである。それと同時に、遠くの方に薄っすらガラナがいるような気配もするぞ。レッドブルやモンスターエナジーみたいな、いかにもなエナドリ感は希薄だが、いつものコーラともまた違うというか……。まあそんな味だ。

ここで初代エナジーマンにも飲んでもらったところ、以下のような反応があった。

「うむ……コーラだな。いや、ラムネっぽいコーラって感じか? それともコーラのお菓子? いずれにせよコーラだ。デザインが超カッコイイし、俺は全然嫌いではないぞ。むしろウマい」 

なるほど。では初代よ、これとレッドブルだったらどっちがウマいと思う?

レッドブルだな

これといつものコカ・コーラだったら、どっちがウマいと思う?

いつものコカ・コーラだな

何やそれッッ!

・エナジーレポート

だが、これが真実である。たしかにこの『コカ・コーラ エナジー』は画期的な商品だ。しかし、エナドリとしての魅力は、レッドブルやモンスターエナジーなどにはあと一歩及ばない。成分的にも割と普通と言わざるを得ないだろう。

味については、初代も言うように間違いなくウマい部類である。が、通常のコカ・コーラがあまりにも完成されすぎているため、比べるとどうしても差が生じてしまう。結果、エナドリとしてもコーラとしても、やや中途半端になっているというのが正直なところだ。

・結論

よってこの『コカ・コーラ エナジー』を飲んだ俺の感想としては、何がしたいんだコラ! の一言に尽きる。コーラだけにな。そもそもコカ・コーラは、カフェインが入ってなくても “十分エナジーチャージできるくらいエナ” なので、無理してエナドリ化する必要もないのではないか。そう、そのままのキミでいいんだよ。

参考リンク:コカ・コーラ エナジー
Report:エナジーマン(あひるねこ)
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「エナジー検証」


Source: ロケットニュース24