シンクロ率、止まりません!! エヴァンゲリオンのオリジナルアニメ「使徒、博多襲来」が想像以上にスゴかった inキャナルシティ博多

2019年も残すところあとわずか。クリスマスが近いこともあって全国各地でイルミネーション全開となっているが、福岡県の「キャナルシティ博多」ではシャレオツな仕掛けが施されている。そう、シーズンに合わせたアクアパノラマである。

噴水とイルミネーションが織りなす幻想的な世界……1人で行くと息ができなくなるような場所ではあるが、なんでもショーが無料な上にエヴァンゲリオンのオリジナルアニメも流れているらしい。ふむ……いっちょ行ってみるか!

・3種類のショー

ということでやってきましたキャナルシティ博多。それにしても……

イルミネーションがクソほどまぶしいなァ。こうもギラついているとはね……うっ、この時点で息が……。

逃げちゃダメだ……と自分に言い聞かせるも、活動限界まで時間は待ってくれないので駆け足でショーの行われるサンプラザステージへ向かう。

ちなみにショーは3種類。クリスマスパノラマ、イルミネーションショー、そして『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』だ。

実を言うと、今回の目的であるエヴァのオリジナルアニメは2019年6月より上演されている。幅65m×高さ20mの大画面と噴水、照明、劇場レベルの音響効果で描かれるそうだが、実際に体験したらこれが想像以上にスゴかった。

・驚がくのシンクロ率

──と、本題へいくその前に『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』のあらすじを簡単にご覧いただこう。

玄界灘沖に確認された謎の未確認移動物体(使徒)が「シン福岡市」のネルフ福岡支部を襲う。非常事態宣言のもと使徒迎撃へと出撃する4体の汎用ヒト型決戦兵器「エヴァンゲリオン」。

しかしながら、想定以上に強力な使徒の力の前に容易には殲滅することができない。そこで、葛城ミサトがとった作戦は3体のエヴァによる連係攻撃。はたして碇シンジをはじめとするエヴァンゲリオンのパイロットたちは使徒を倒せるのか?

──公式サイトに書いてあるのをまんまコピペしたが、要するに福岡を守るためにエヴァが使徒に立ち向かうといったもの。エヴァシリーズを見たことある人であれば、それとなく分かるものではないだろうか。

まだ見ていない人もいるからここで詳細をお伝えするのは控えておくが、映像が映し出されると迫力がとにかくハンパない。施設の壁を使った3Dプロジェクションマッピングだけでも圧倒されてしまうのに……

それに噴水、照明演出、爆音などが加わるとまるで映画館……いや、それ以上に豪華な場所で見ているかのようで特別な気持ちになる。油断しようものなら……

バシュッーーーン!!

なんて、子どもたちが悲鳴を上げるほどの噴水が勢いよく発射されるし、疾走感あるシーンが次々と繰り出される。それがエヴァおなじみのBGMとともに展開されたら……たまりませんなぁ〜!

その後も止まらないシンクロ率。お決まりではあるが、「初号機暴走」も目の当たりにすると鳥肌までも止まらない。また、映像のところどころにニクいセリフやシーンもちりばめられているし、10分弱という上演時間で内容がビシッとまとまっているから素晴らしかった。もし博多を訪れたならば見ておくべし!

・見るなら今がアツい

キャナルシティ博多でしか見られないオリジナルアニメ『エヴァンゲリオン 使徒、博多襲来』。12月25日までの上演時間は18:30、19:30、20:30の3回。その先のスケジュールや詳しい時間はキャナルシティ博多の公式HPで随時更新されるので、そちらで確認して欲しい。

エヴァだけ見るのもいいが、前述したようにクリスマスパノラマ、イルミネーションショーも上演されている(12月12日現在)。順番に映像が流れてトータル所要時間はおよそ45分。これから冷える時期だが、せっかくなので全部堪能していくのもいいかも。

参考リンク:キャナルシティ博多
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【アカン】箱根温泉が「エヴァ」とコラボした結果 →『セカンドインパクトの湯』爆誕! まさに血の池地獄…!!

気付けば2019年もあと1カ月半。通りで寒いわけだよなぁ……。こうなると温泉が恋しくなってくるわけだが、箱根にある温泉アミューズメントパーク「箱根小涌園ユネッサン」がこの度、なにやら面白そうな企画を発表したぞ。

なんとあの「エヴァンゲリオン」とコラボして、館内をジャックしてしまおうというのだ。これは気になる! ところが、2020年1月10日から3月31日までの期間限定で登場する温泉が、誰がどう見ても狂っているのである。その名も『セカンドインパクトの湯』……いやアカンてッ! 助けてミサトさぁぁぁぁぁん!!

・エヴァの聖地・箱根にて

小田急グループ「エヴァンゲリオン × 箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」との共同開催によって行われる本イベント。「箱根小涌園ユネッサン」によると期間中は、エヴァの世界感と自慢の温泉をダブルで楽しめるらしいのだが……。

・とんでも温泉、爆誕

そこで登場するのが、先述した『セカンドインパクトの湯』である。ここまで直球なパワーワードも珍しいのではないか。一応説明すると、セカンドインパクトとはエヴァの世界で発生した空前絶後の大災害のことであり、これにより人類の半数が死滅することになった。

それだけではない。セカンドインパクトは世界中の海を真っ赤に染め、そこに住む海洋生物のほとんどを死に追いやったのだ。そんな死の海が、どういうわけか今回……箱根の温泉で再現されることになったのである。何でやねん!

・まるで血のような……

水着で遊べる温泉「ユネッサン」屋外エリアにあるウォータースライダー『ロデオマウンテン』、そして洞窟風呂の2カ所では、セカンドインパクトにより赤くに染まった海をイメージしたお風呂を楽しむことができる。

「まさに血の池地獄」という伊吹マヤのモノマネを、軽く一生分は繰り出せそうなこの強烈なルックスはどうだ。ウォータースライダーから発進する際は「リフトオフ!」の掛け声が必要不可欠であることは間違いない。ただし、ミサトさんはたぶん来ないぞ。思い出すからな……。

・止まらねぇ

さらに公式サイトによると、4月1日から6月30日の期間は『L.C.Lの湯』なる、これまたヤバそうな温泉が登場する模様だ。詳細はまだ不明ながら、「綾波の匂いがする……」と呟くのが今から楽しみなのは私(あひるねこ)だけではあるまい。

・箱根へ湯こう

2020年6月に公開が予定されている『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』。ホントに完成すんのかいな? と疑うファンも多いかと思うが、公開を待っている間は箱根を訪れ、セカンドインパクトの湯加減を味わってみるのもいいかもしれない。

参照元:エヴァンゲリオン × 箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

【新世紀すぎ】エヴァの『残酷な天使のテーゼ』で踊る「盆踊り大会」が東京・丸の内で明日7/26開催! しかも本人降臨の模様…!!

ザ・夏の風物詩とも言える盆踊り。公園や小学校の校庭に祭りやぐらが立っているのを見ると、何やらノスタルジックな気分になってしまうのは私(あひるねこ)だけではあるまい。が、近頃はユニークな盆踊りが増えているという。

去年、ボン・ジョビの曲で踊るお祭りがネットで話題になったのは記憶に新しいが、今年はなんとエヴァンゲリオンの登場である。そう、エヴァの主題歌として有名な『残酷な天使のテーゼ』に合わせて盆踊りをするという、謎極まりない大会が開催されてしまうのだ。マジかよ、いくらなんでも新世紀すぎるだろ……!

・エヴァ曲が盆踊りに

思えば最近のエヴァはちょっとどうかしている。「にゃーにゃーにゃーにゃーにゃ」と歌われる猫版『残酷な天使のテーゼ』がテレビでも頻繁に流れているが、まさか盆踊りにまで使われるようになろうとは……。放送当時からのファンとしては驚きでしかない。

しかも今回流れるのは、『残酷な天使のテーゼ MATSURI SPIRIT』という和太鼓アレンジが施された新バージョンだ。おいおい、完全に踊らせにきているではないか。子供からお年寄りまでがあの曲に合わせて踊るなんて、熱いパトスがほとばしっているな。

・明日開催

さて、盆踊りの詳細についてだが、明日7月26日に丸の内で開催される「東京丸の内盆踊り2019」が天使たちの舞台となる。高さ約5メートルの祭りやぐらを皇居と東京駅をつなぐ行幸通りに組み、そこに和太鼓アレンジ版『残酷な天使のテーゼ』が鳴り響くのだ。なんたるカオス。

・本人降臨

しかも! 当日はなんと、この曲を歌う高橋洋子さんご本人の出演が決まっているぞ。これはもしかすると、高橋さんによる生『残テ』が披露される可能性もあるのではないか。乞うご期待。

それだけではない。高橋さんは丸の内だけでなく、「青森ねぶた祭 前夜祭 高橋洋子ステージ」「第7回 中野駅前大盆踊り大会」にも出演することが確定しているのだ。マジかよ、めっちゃ降臨するやん! サービスサービスゥッ!! YouTubeには振付動画も公開されているので、バシッと習得して当日に備えよう。

・踊れ天使たち

古くから続く盆踊りの歴史に、新たな1ページを刻む気満々の『残酷な天使のテーゼ』。会場の様子がまったく想像できないが、その背中には遥か未来目指すための羽根があることを信じ、皆さんにはぜひ全力で踊っていただきたい。踊り手たちよ、神話になれ。

参照元:キング・アミューズメント・クリエイティブantenna*(アンテナ)
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24