今夜はオリオン座流星群が見ごろ! ただし今年の観測難易度は高めなもよう / 確実に観測するためのいくつかの方法

今年も恒例のオリオン座流星群の季節です。毎年10月21日前後にピークを迎える流星群ですが、今年は21日の15時ごろ。ピーク時にはまだ昼間なので、見ごろとなるのは21日の夜から22日の未明にかけての予定。

今夜の月は20時半ごろに沈んでしまうため、観測において月明りの影響を気にする必要はありません。例年通りであれば、1時間に10個くらいは流星が流れることとなるでしょう。ただし、重大な問題が1つあります。

・天気が悪い

それは天気。気象庁の天気予報によると、21日の日中は晴れていても、夕方以降は全国的に曇や雨に転じるもよう。日本気象協会やウェザーニュースなど、複数の予報で同じ内容です。オリオン座流星群の観測は絶望的な予感。

それでも流星群を見たいという方も多いでしょう。そこで、確実に観測するための簡単な方法を2つほどご紹介したいと思います。1つ目は、夜中に雲よりも高い場所に行くこと。飛行機をチャーターするなり、標高の高い山に登るなりするだけでOKです。頑張ってください。

そしてもう1つは、晴れてそうな国に行くこと。オリオン座流星群は南半球からでも見られますので、選択肢は多いと思います。雨の心配も不要な砂漠とか良いんじゃないでしょうか。やはり頑張ってください。

・オリオン座流星群とは

観測手段が決まったところで、どんな流星群なのか簡単に触れていきましょう。オリオン座流星群の母天体はハレー彗星です。地球は1年で2回ハレー彗星の通ったあとを通過します。その際にハレー彗星が残した塵が地球の大気に侵入すると流星群が生じます。

2回通過するので流星群も2回あり、1つは5月のみずがめ座η流星群。そしてもう1つが今回のオリオン座流星群なのです。名前の由来は、見かけ上の流星の発生地点である「放射点」が、オリオン座の近くにあるから。

・今夜は無理でも

今夜のために雲より高い場所に行ける方や、観測に適した海外に飛べる方はともかく、そうでもない方もいることでしょう。ピークこそ21日の15時で、見ごろは21日夜から22日未明にかけてですが、アメリカ流星協会によれば流星群の活動期間自体は10月2日から11月7日まで続くもよう。

オリオン座流星群は、ピーク時とそれ以外で、流星の数にそこまで差はありません。たとえピークを過ぎても、活動期間中であればそれなりに流れ星を期待できるでしょう。夜中に晴れ間が広がった日には、少し時間をとって夜空を眺めてみるのもいいかもしれません。

参照元:気象庁日本気象協会ウェザーニュース国立天文台AMS(英語)
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

オリオン座流星群が極大! 10月21日深夜~22日明け方が見ごろ

さあ今年もやってまいりました。毎年10月21日前後に恒例の「オリオン座流星群」のシーズン。日本ではオリオン座の知名度と星座の見つけやすさなどから、注目度が非常に高い流星群のうちのひとつ。

2019年では10月22日の朝に極大を迎えるため、見ごろはその直前。つまり21日の深夜から22日の明け方までがよさそう。ということで、今回も流星群の詳細や全国の天気、そして観測のポイントなどをご紹介していくぞ!

・オリオン座とふたご座の間

流星群の名前は、見た目上の放射点が近くにある星座からつけられる。つまりオリオン座流星群の放射点は、オリオン座のすぐ近く。具体的にはオリオンの右肩にあたるベテルギウスからさらに右。

ふたご座のアルヘナとの間あたりにある。そこを中心として、夜空全体に流れていく感じ。ちなみに流星群の母天体はハレー彗星だ。毎度のことながら、基本的に観測において放射点の位置は関係ない。

・月が出てる

ひとつ残念なことに、21日の今夜から明日にかけては下弦の月がちょうどオリオン座の近くに出てくる。国立天文台によると、月の出が23時前後で、午前6時前後に南中するというから、完全に流星群の観測タイミングとかぶってしまっている

こればかりはどうしようもないので、月が目に入らないよう、より夜空の暗い方向を広く眺めるのがお勧めだ。また、夜中ともなるとそこそこ冷えるため、観測しようという方は暖かい格好をして挑んだほうがいいだろう。

・気になる天気は

最後に気になる天気を見ていこう。気象庁によると、残念ながら本州のほとんどのエリアは曇りか雨。ただし、北海道、小笠原、そして九州などは晴れるもよう。その辺りにお住まいの方は、ぜひ観測にチャレンジしてみてほしい。

本州にお住まいで、どうしても見たい……! という方も、まだ諦めないでいただきたい。ピークそのものは21日から22日だが、アメリカ流星学会(AMS)によれば流星群の活動は11月7日まで続くそうだ。

流星の勢いこそ弱くなれども、月がこの先新月に向かって暗くなっていくため、トータルではそこまで条件は悪くならないように思われる。もしかしたらどこかで晴れてワンチャンある……かもしれない。きっと見られると信じて、頑張ってみてほしい。

参照元:国立天文台気象庁AMS
執筆:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24